鋼材の強度計算ソフト導入により、作業効率化と安全性の向上に期待

05 cc0111 - 鋼材の強度計算ソフト導入により、作業効率化と安全性の向上に期待 数量計算 ソフト

正確な結果を導き出せるのが鋼材の強度計算ソフトのメリットです

土木・建築工事などの構造設計や、機械設備の設計をするときに欠かせない作業のひとつが、鋼材の強度計算です。
鋼材の強度計算は、手計算よりも、ソフトを用いた方が、正確かつ短時間で行うことができます。

鋼材の強度計算ソフトを導入する際には比較検討が重要です

鋼材の強度計算ソフトにはさまざまな種類があり、一番使い勝手がいいソフトはどのソフトなのかわかりにくいです。
また、種類が豊富な鋼材の強度計算ソフトを集めるのは大変です。

そこで、このページでは、鋼材の強度計算などができるソフトの、ダウンロードサイトへのリンク集を紹介しています。
それぞれのソフトの特徴がリンク先に記載されています。きっとソフト導入の参考になるはずです。


また、この記事の後半では、鋼材の強度計算ソフトを導入しない企業の問題点、鋼材の強度計算ソフトを導入したメリットなどについて説明しています。


鋼材の強度計算ソフト未導入の企業に潜む問題点

鋼材の強度計算ソフトを導入しない理由とは

・鋼材の強度計算は、手計算でできるから。
・強度計算ソフトで、鋼材の強度計算をするには、複雑な操作が必要そうだから。
・わざわざ高額なコストをかけてまで、鋼材の強度計算ソフトを導入するのは無駄だ。

手計算の強度計算では安全性を満たしていない危険がある

・手計算で鋼材の強度計算をした場合、計算ミスをしているおそれがある。
・鋼材の強度計算に用いた公式が間違っていて、実は安全性を満たしていないことに気が付けない。
・計算ミスなどで安全性を満たしていない計算結果を元に施工していたため、事故が起きてしまった。
・手書きの強度計算書をクライアントに提示すると、数字の誤読などで計算結果に疑問を抱かれる。

鋼材の強度計算に要する時間が無駄だと気付いていない

・鋼材の強度計算を求める計算式が複雑すぎて、計算に時間がかかりすぎている。
・計算式が適切か、計算ミスをしていないか、など単純ミスを防ぐため入念な見直しをしている。
・安全性を満たす計算結果となるまで、使用鋼材の変更などを検討してから何度も手計算をしている。
・設計した機械の小型化・軽量化が必要な場合は、鋼材見直しによる強度計算を一から行っている。

引き続き、鋼材の強度計算ソフトを使用する際の問題点を解決する方法について説明しましょう。


鋼材の強度計算ソフトを導入して多くのメリットを得る

些細なヒューマンエラーの発生リスクを低減できる

・鋼材の強度計算ソフトを用いて計算すれば、単純な計算ミスは起きません。
・誤った公式を用いるなど、計算方法を間違えることはありません。
・計算ミスや計算方法の不備などで算出した、安全性を満たしていない計算結果に基づき施工をおこなうことを予防できます。
・強度不足に起因する事故の発生リスクを低減できます。
・クライアントにプリントアウトした強度計算書を提出すれば、数字を誤読されることはありません。
・手書きの強度計算書に比べ、鋼材の強度計算ソフトで作成した計算書は、圧倒的に見やすくなる。

鋼材の強度計算ソフト導入により業務効率化を図れる

・鋼材の強度計算ソフトは、必要な数値を入力すれば即、計算結果が表示されます。
・強度の見直しをおこなうなどの再計算の際も、変更箇所の数値を修正するだけで、計算できます。
・手計算をするよりも、手間と時間を圧倒的に短縮することが可能です。

鋼材の強度計算ソフトを導入なら、まずはフリーソフトを検討

・鋼材の強度が計算できるソフトには、有料・無料のソフトがあります。
・フリーソフトの種類は豊富です。
・フリーソフトは無料でダウンロードできますので、高額なコストは必要ありません。
・基本的なパソコン操作ができる人なら、フリーソフトは簡単に操作することができるでしょう。

・パソコン操作に自信がない人でも、わずかな時間でフリーソフトの操作を覚えられるほど、難しい操作は必要ありません。
・フリーソフトの中には、鋼材の強度計算だけではなく、鋼材のたわみ計算や重量計算、H形鋼の梁継手設計などができるソフトがあります。
・鋼材の重量計算ができるフリーソフトも充実しています。
・フリーソフトには、パソコンだけではなく、タブレットやスマホに対応しているソフトがあります。

・いろいろなフリーソフトを使った上で、物足りなさを感じる場合は、有料ソフトを検討しましょう。
・鋼材の強度計算有料ソフトの中には、一定期間無料でソフトの使い勝手などを試すことができる体験版などを用意している有料ソフトがあります。
・SI単位から工学単位へスムーズに変換できるソフトがあります。
・工学単位での経験が豊富な場合は、単位変換できる機能を有するソフトだと使い勝手がいいです。


まとめ/業務の効率化につながる鋼材の強度計算ソフトの導入

これまで、鋼材の強度計算ソフトの導入に消極的だった方も、以下のようなメリットがありますので、ソフトの導入を検討ください。

会社の信頼性の向上に寄与します

・計算ミスや計算方法の間違いを起こすことはありません。
・強度不足に起因する事故や安全性を満たしていない施工のリスクを低減できます。
・提出する強度計算書は、手書きに比べて見やすいものになるでしょう。

強度計算にかかる時間の短縮は、作業効率の向上につながります

・必要な数値の入力だけで、強度計算が可能です。
・再計算の際も、入力した数値を修正だけです。
・手計算に比べ、短い時間で強度の計算ができます。

フリーソフトの導入であればコストは不要です

・鋼材の強度計算ソフトには、有料ソフトとフリーソフトがあります。
・フリーソフトの種類は多く、無料でダウンロードできます。
・基本的に複雑な操作は必要ありません。
・鋼材の強度計算以外の計算もできるフリーソフトがあります。
・使い勝手の良いフリーソフトが見つからなければ、有料ソフトを検討しましょう。
・有料ソフトの中には、一定期間無料で試せるソフトがあります。
・SI単位から工学単位への変換が可能なソフトがあります。



◇ よく読まれている関連記事と広告




数量計算 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました