フォークリフトの軌跡図やCADデータが安全性の向上に貢献する


フォークリフトの走行軌跡図で安全性の向上を目指す

港や工場の影の力持ち的な存在といえば「フォークリフト(forklift)」ではないでしょうか。重い荷物を運び入れたりする専用車になり、車体の前にフォークがついており、そのうえに荷物をのせます。

フォークリフト(forklift)は欠かせない存在だからこそ、さまざまなメーカーで製造されており、コマツ・トヨタ・日産でも数々の軌跡図を残しています。フォークリフトの魅力や役割についてご紹介していきます。

フォークリフト(forklift)とは

フォークリフト(forklift)は、台や棚の上に荷物を乗せる役割や、倉庫や工場で荷物を運ぶ重要な役割を担っています。今までにないフォークリフト(forklift)専用の車として誕生しました。

狭い倉庫内でも問題なく作業ができるように、荷重がかかる前輪はそのまま向きをかえずに後輪(リアタイヤ)で向きを変えるのもフォークリフトの特徴です。前輪は路面を蹴りながら走る機能の役割をしています。

操作方法は通常の自動車のようにハンドルを使っていますが、後ろのタイヤが方向転換をするのは大きく異なります。またフォークリフトは、後ろに移動することもできるので、使う場所を選びません。

そもそもフォークリフトは、車体の前で荷物を持ち運んでいます。ときには人間では持ち上げられないような重い荷物を運ぶこともあります。バランスを維持しないと車体がよろけてしまう危険性もあります。そのため広報部にバラストを載せ一定に保つようにしています。

フォークリフトを製造しているメーカーは、コマツ・トヨタ・日産だけの大手だけにとどまりません。それぞれ、ガソリンエンジンを搭載したもの、天然ガスエンジン、ディーゼルエンジン、モーターなどがあり、パワーに違いがあります。

野外で使うものは主にガソリンやエンジンを搭載したものが多く、室内になるとガスを排出できないこともあり電力でモーターを使って走るものもあります。

フォークリフトの仕組みも3dcadを使ってcadデータの図面を使いながら確認するのをおすすめします。営業で説明しにくいポイントもcadデータの図面を使えば簡単です。3dcadなど無料(フリー)ダウンロードで誰でも使えるのも嬉しいポイントです。

フォークリフトが荷物を持ち上げる仕組み

フォークリフト(forklift)の最大の特徴である、フォークは上下しながら荷物を所定の場所に移動させます。これは、油圧アクチュエーターの動力を使っているものになり、パワーも安定していること、上下に伸びるフォークだからこそ高い場所に荷物を積み上げることもできます。

また、大型のコンテナを運ぶ専用のフォークリフトもあります。工場内で見る小回りのきくものとは違い、フォークリフトのサイズも大きなものになります。小型のものと同様に、コマツ・トヨタ・日産で製造されています。

コンテナの上部を掴んで移動させるなど、積み上げるなど迫力もあります。フォークリフトのなかには、最大5枚まで積み上げる大型のものもあります。

フォークリフトが軽々持ち上げる仕組みも3dcadなどのcadデータを使えば簡単です。Cadでしか説明できないこともありますし、図面も無料(フリー)ダウンロードでき、cadを活用しない理由はありません。Cadの扱い方も慣れれば簡単ですし、無料(フリー)ダウンロードだからこそ使いこなしてみてくださいね。

フォークリフトの多彩な種類は

フォークリフトと一言といっても種類はさまざまなものがあります。コマツ・トヨタ・日産などのメーカーの違いもありますが、そもそもの製造にも違いがあり役割を担って活躍しています。これを知るとフォークリフトの軌跡図が見えてくるはずですよ。

構内運搬車

狭い敷地内で小さめの荷物を運ぶのに使われています。コマツ・トヨタ・日産などのメーカーによっても呼び名が異なり、マイティカーやモートラックなどと呼ばれることもあります。呼び方は違いますが動力はほとんど同じになり、樽のような丸い形状に動力が組み込まれています。

上部に取り囲むようについているハンドルがあり、前のタイヤが360°回転する仕組みです。エンジンもしくは電動モーターが使われています。室内か野外かによっても使い分けられており、環境に配慮されたものもあります。

また、コマツ・トヨタ・日産によってもパーツを付け替えて好みのデザインに変えられる面白さもあります。そのため、ボディはとてもシンプルなものになり、カスタマイズ車とも呼ばれています。構内運搬車の軌跡図を見ると、昭和30年の食事運搬車から始まり、現在はサイドミラーやウインカー付きに進化したのがわかります。これほど軌跡図を感じる作業車はないと思います。

リーチタイプ

フォークリフトのなかでも、車両の向きを変えずに前後左右に動くのがリーチタイプの電動リフトになります。コマツ・日産・トヨタなどで製造されており、旋回やななめ走行などもできる自由度も特徴です。

またこのリーチタイプは、マイナス35°~60°の環境でも作業ができるように、カプセルキャビンがついているものもあります。フォークリフトの軌跡図があったからこそ、生まれた特殊車両です。

他にも、人間が乗るところが上下に動くタイプのフォークリフトを「ハイピックリフト」ともいいます。通常のフォークリフトとは動く場所が全く違うので驚くかもしれません。高所に人間も一緒に移動するときにもとても役に立ちます。

また、人間が歩きながら荷物を運ぶ「電動ローリフト」も、重い荷物を直接持って運ぶよりも負担が少ないことから、さまざまな場所で活躍しています。自動販売機の補充の階段の上り下りでも使われています。これらを見るとフォークリフトの軌跡図が見えて面白いですね。

フォークリフトの種類も3dcadなどのcadデータを使って比較してみましょう。Cadの図面も無料(フリー)でダウンロードできるので、説明するときにも助かります。

フォークリフトの安全性向上への取り組み

フォークリフトは作業中の安全を守るための工夫が取り入れられています。後輪を支える「リヤアクスル」の力によって、急に旋回したときや荷物を持ち上げたときの不安定さを解消しています。

他にも荷物を高く持ち上げたときにマストの傾きによって前に倒れてしまう危険性もあります。これを防ぐために、マストが傾く速度がゆっくりになるフォークリフトなどの工夫もあります。工場などの人がいる場所にて作業を行うこともあり、運転している人と近くで作業を行っている人が衝突してしまう危険性もあります。

お互いが近くになる事故を防ぐために、近づいていることを知らせる仕組みなどもあり、事故を起こすことなく安全に作業できる工夫が取られています。

フォークリフトの安全性向上への取り組みも、3dcadを使ったcadやcadデータを使った図面なら、無料(フリー)ダウンロードでき、わかりやすいのでおすすめです。

Cadは外側からはわからない内部構造も変わりますし、どんな仕組みでフォークリフトが動いているのかなども、cadを通して見るとあっという間にわかります。もっとフォークリフトを知りたいと思う人は、ぜひcadを使ってみてくださいね。

まとめ/フォークリフトの走行軌跡図で安全性の向上を目指す

フォークリフトの仕組みについてわかっていただけたのではないでしょうか。Cadの3dcadを使えば無料で図面がフリーダウンロードできます。Cadデータがこんなに手軽に手に入るなんて驚く人もいるかもしれません。フリーソフトを上手に活かしながらcadならではのフォークリフトの魅力を知ってくださいね。


倉庫や店舗、港湾まで活躍するフォークリフト

フォークリフト(英語:forklift truck)は、その取り回しの良さや荷物を運ぶ際の便利さから、倉庫や店舗そして港湾まで幅広い活躍を見せている建機です。
「forklift」の「fork」は日本語で「爪」、「lift」は日本語で「持ち上げる」という意味です。フォークリフトは爪で荷物を持ち上げるため、合わせてforkliftという名前となっています。ちなみに、英語圏では「forklift」と表現すると釣り上げする機械を指します。そのため、日本語で言うところのフォークリフトを表現するのであれば、「forklift」ではなく「forklift truck」と記します。

フォークリストの各部の名称

フォークリフトの各部にはそれぞれ名称があります。cadで図面を作成する際には、各部のサイズや機体の図面などをチェックしながらcadデータを当てはめるようにしましょう。

フォーク

フォークリフトでメインとなる部分です。荷物を上げ下ろしする爪がフォークとなります。
2dcad図面はもちろんのこと、3dcadにおいてもcadデータでフォークリフトを取り扱う時には、寸法などに気をつけたい部分がフォークです。フリーダウンロードデータや無料のcad図面などを扱う時には、動作部分や長さなどをチェックするようにしましょう。

マスト

フォーク部分を上下させる支柱です。運転席の屋根近くかそれ以上の高さまでの長さとなっているものがほとんどです。3dcadの図面においては、立体的に捉える時に大切な部分だと言えるでしょう。

バックレスト

積み上げる荷物が、マスト部分後方に落ちないように抑えるストッパー的な部材です。

フィンガーバー

フォークの幅を調整したりするバーです。

運転席

運転手がフォークリフトを運転、またはフォークの上下運転を行う操作場所です。後に記述しますが、フォークリフトを運転するには定められた資格が必要となります。

ヘッドガード

運転席の上部にある屋根部分です。落下物などから運転手を守る役目を担っています。

カウンターウエイト

前方の荷物とのバランスを取るため、車体後方に備えられているおもりです。

前輪、後輪

前輪が動力を伝え、後輪で進行方向を操作します。軌跡図などに大きく影響する部分です。また、フォークリフトで使用されるタイヤは特殊なタイヤとなっています。

フォークリフトの仕組み

荷物を運ぶのが仕事のフォークリフトには、荷物を運ぶためにさまざまな仕組みが採用されています。見た目のからもわかる部分としては、荷物の積み込み部分が前方になっているというところです。これは、荷物を見ながら運搬できるように、運転席より前で荷物が運べるように配慮されている形です。
また、荷物の重さに対して十分なパワーを発揮するために、前輪が駆動部となっています。一方で、狭い場所での運転や回転をしやすくするため、操舵を担うのは後輪となっています。

フォークリフトの軌跡

前輪が駆動部で後輪が操舵部のフォークリフトは、一般的な車両とは違った軌跡をたどります。そのため、cadなどで軌跡図を図面化する時には、フォークリフトに対応したcadデータが必要となります。
フォークリフトの軌跡図に適用できるcadデータは、フリーダウンロードできる無料cadデータなどはあまり存在しません。そのため、コマツやトヨタ、そして日産といった各メーカーサイトからフォークリフトの性能表や機体図面を無料でダウンロードして、cadに自作で図面化する必要があります。

フォークリフトのタイヤ

フォークリフトで採用されているタイヤは、フォークリフトが使われる場所にマッチするよう開発されています。
一般的にはフォークリフトのタイヤの色は黒ですが、食品関係の作業場や工場などでは、床面の色に合わせて白や緑といったタイヤが採用されています。
また、作業場所によって素材も変更されます。屋外や油汚れが多い場所ではラバーを、床の汚れを目立たせたくない場所ではウレタンを、冷凍庫などの床が凍結している場所ではウレタンメッシュなどの素材をタイヤに使用しています。
それぞれのタイヤによる軌跡の違いはあまりありません。そのため、軌跡図をcadに図面化する時には、素材の差はあまり気にする必要がないと言えるでしょう。
一方で、3dcadで作業場の色合いなどを表現する場合は、タイヤの違いにも目を配る必要があります。床面の色に合わせた色や素材のcadデータを用いれば、cadでのプレゼンの場においてより説得力のあるcad図面を作成することができるでしょう。フリー素材や無料のcadデータで色合いが揃わない場合は、フリーでダウンロードしたcadデータに色合いを加えるなど、ひと手間かけることが大切です。

フォークリフトの動力

フォークリフトの動力はエンジン式やバッテリ式などが存在しますが、最近注目を集めているのが燃料電池式です。
燃料電池は水素と酸素を結びつけることにより動力を得る仕組みの電池で、トヨタがその仕組みをけん引している状態です。トヨタ系列であるトヨタL&Fが取り扱う燃料電池を採用したしたフォークリフトは、バッテリー式に比べて充填時間が短縮されています。インフラさえ整えば、長時間の稼働も可能となり今後が期待される存在だと言えます。
また、日産フォークリフトの後継会社となる三菱ロジスネクストにおいても、前身会社時代に燃料電池式のフォークリフトを発表しています。
フォークリフトなどの建機を取り扱う主要メーカーの一つであるコマツは、トヨタ系列や日産系列と同様に二酸化炭素排出低下に考慮した環境配慮型フォークリフトを提供しています。
このように、トヨタ系列、コマツ系列、日産系列という主要メーカーが環境に配慮した燃料やエンジンを提供し開発を続けているのです。

フォークリフトの運転資格

フォークリフトの運転には資格が必要です。資格はフォークリフトの最大荷重で2つに分かれます。1t未満の最大荷重のフォークリフトを運転するには、学習講習と実技講習の受講が必要です。一方で、1t以上の最大荷重の場合は、学科講習と実技講習の受講に加えて修了試験の合格が必要です。なお、年齢は18才以上となっています。
これはフォークリフトだけに限った話ではありませんが、フォークリフトの運転資格を保持していれば、cadで図面化をする際には実体験でしか気がつけない部分に気を配ることができます。また、クライアントへのプレゼンなどにも有利に働くはずです。

フォークリフトのアタッチメント

フォークリフトは、荷物に合わせてさまざまなアタッチメントが存在します。「フォークシフタ」と呼ばれるフォークの間隔をレバー操作で調整できるものや、ロール紙を挟み込む「全回転ロールクランプ」、積み重なっているブロックを運べる「ブロッククラップ」など非常に多くのアタッチメントがあります。
作業場や場所、状況により使用するアタッチメントは変わります。トヨタ系列や、コマツ系列、日産系列といった各メーカーで取り扱うアタッチメントの寸法などは違います。また、2dcadだけではなく3dcadで作業場などの図面を作成する時にも、アタッチメントのサイズは影響をする部分です。各メーカーなどからアタッチメントの無料素材をフリーダウンロードして扱うようにしましょう。
一方で、アタッチメントがタイヤの軌跡図には影響を及ばさないものの、フォーク部の軌跡が軌跡図に影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

フォークリフトの作業場は意外にルーズ

コマツ系列のアタッチメントを日産系列のフォークリフトに、トヨタ系列のアタッチメントをコマツ系列のフォークリフトに、といった感じで、現場では意外に道具がルーズに扱われている場合があります。2dcadや3dcadを作成する時には、寸法の差が大きな誤差につながります。特に3dcadは立体でデータを取り扱うため、縦方向の違いにも注意を払うことが大切です。
2dcadや3dcadの図面を作成する時には、フォークリフトのメーカーだけで判断せずに、アタッチメントのメーカーをしっかりと把握して、フリーのcadデータや無料の素材をダウンロードして使うようにしましょう。


フォークリフトのCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、コマツやトヨタの軌跡図など、フォークリフトのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
フォークリフトのCADデータのリンク集まとめ



◇ よく読まれている関連記事と広告


運搬機械 CADデータ
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました