採光計算のフリーソフト・エクセル


開口計算、採光計算のフリーソフトです。
建築基準法による採光・換気・排煙の面積計算、換気計算、換気扇能力等のチェックと確認申請図の作成、日影の交点計算、採光有効面積の計算ツール、日影解析と太陽高度・方位角・日影倍率の計算などのフリーソフトやexcelテンプレートが、無料でダウンロードできます。どのアプリやテンプレートも、ランキング上位の人気を備えていますよ。ぜひ、今までの作業と比較してみてください。

採光計算のフリーソフト・エクセル

日影交点計算プログラム

日影交点計算プログラム0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

この計算プログラムは、建築基準法、日影による中高層の建築物の高さの制限に基づく、日影の交点計算プログラムです。規制ラインから何mmクリアしているかが計算できます。もし規制ラインが傾きを持った直線であれば、その最短距離が算出されます。採光計算が簡単にできる、ランキング上位のおススメのシステムツールです。

採光有効面積計算

採光有効面積計算0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

人気の採光有効面積計算プログラムです。建築基準法施行令20条の採光有効面積計算をします。建物名・居室名・床面積・水平距離・垂直距離・窓面積・窓仕様、道路に面するか面しないかを入力し、用途地域と割合を選ぶだけで、採光有効面積が自動計算されます。

日照る君 30

日照る君 300 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

ビル、マンション等建築物の高さと長さを入力し、年月日、場所、緯度、経度から太陽軌道計算し、その日影を時刻毎に表示するソフトです。周辺の建物が日影になる時間帯を把握することができます。日照権の判断基準となる資料を簡単に作成できます。


開口計算のフリーソフト・エクセル

 

開口 Kさん

開口 Kさん0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

採光・換気・排煙の計算をするソフトです。タブで切り替えて、それぞれの項目を入力し、計算ボタンをクリックすると、換気計算や採光計算などが自動計算されます。分かりやすい入力画面で直感的な操作が行えます。付属のサンプルデータやヘルプファイルは、不明なときに見ると便利です。

建基法による開口面積

建基法による開口面積0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

建築基準法による採光、換気、排煙面積をエクセルシートで計算し、チェックします。シートは「使い方」「法規チェック」「DATA」の3つで構成されています。「使い方」のシートを見ると、ソフトの使い方が手順を追って書いてあり、分かりやすいです。ぜひ、このアプリを今までの作業と比較してみてください。

開口部検討

開口部検討0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

建築基準法の採光有効面積の算定方法による「採光補正係数」を求めルソフトです。採光・換気・排煙の計算シート、無窓階の検討シートにより開口部の全ての検討ができます。採光・水平距離シートで、関係諸数を入れることで、必要水平距離が算定できます。

JpEx法 チェック表

JpEx法 チェック表0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

エクセルを使用した採光・排煙・換気面積、換気扇能力等のチェックと確認申請図の作成システムです。簡単な入力で、スピーディーに建築確認申請用の法チェック図が作成できます。変更不可なものは選択ができないようになっているので、誤入力を防げます。

ガラスの安全設計

ガラスの安全設計0 - 採光計算のフリーソフト・エクセル

「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」を、エクセルにより計算するソフトです。日本建築防災協会機能ガラス普及推進協議会編の手引きを参考にしています。シートは、表紙、衝撃計算、早見表、DATAの4つからなります。

採光計画とは

太陽光は李節・大候・方位・時刻により変化するため、採光計画を行う際は、太陽光の変化を正確に把握し、太陽光を上手に取り入れられる工夫が必要になります。

透明なガラスの美しい外観に、自然光があたる開放的な空間は、たいへん魅力的です。西欧では古くからガラス建築が採用されていましたが、わが国では1980年代からガラスを多用した建築物が出現しだしました。光の拡散が大きくなり、やわらかな光環境を創出できますが、効率はわるくなります。
換気扇能力等のチェックと確認申請図の作成、日影解析と太陽高度・方位角・日影倍率の計算など、開口計算、採光計算のソフトです。直接照明は、光源が直接室内を照らすもので、経済的ですが、天井面と輝度対比、陰影が強くなりすぎる欠点があります。

透明で大きな開口部は、夏の直射日光、冬の熱損失などの課題があります

透明で大きな開口部をもつことは、夏の直射日光のまぶしさ、熱の過剰な流入、冬の熱損失の増大などの課題があるため、工夫が必要になります。建築基準法による採光・換気・排煙の面積計算、日影の交点計算、採光有効面積の計算などの開口計算、採光計算のソフトです。
周辺状況を把握し、建物の形状、窓の高さ、庇やバルコニー、ガラスの種類、内装など総合的に検討することが重要です。間接照明は、壁や天井、照明のカバーに当てられた光が、空間を明るくするものです。
建築基準法、熱損失係数、日射計算、住宅性能表示、ダクト計算、照明計算、換気量計算、風圧力計算、ダクト排気計算など、採光・換気・排煙計算のフリーソフトです。日中、太陽光を利用して室内を明るくすることを昼光照明といいます。採光計画、ガラス建築の採光、人工照明からの採光について検討します。熱負荷を抑えるために、高断熱複層ガラス、熱線吸収ガラス、熱線反射ガラス、ダブルスキン工法などが開発され、快適なガラス建築が増えてきています。

建築物の総合的な設計を行うことを意匠設計といいます

建築物の平面計画や立体計画、使用する材料などについて、総合的な設計を行うことを意匠設計といいます。設備設計では、照明やコンンセントなど、電気設備の位置を表した電気設備図、吸気口や排気口などの機器類の配置を描いた空調設備図などを作成します。

今までの作業と比較すれば、雲泥の差ですよ。意匠設計で作成する図書は、敷地に対する建物の位置や高低差の関係、配水管の計画などを表した配置図、間取りやドアの開閉、窓の位置などを表現した基本的な平面図などを作成します。
工事写真、 cad、vectorworks、確認申請、業務台帳、見積書、設置届、建築確認申請書、設置届、建築書式、シックハウス対策、構造設計概要書、申請業務台帳、工事管理報告書など、建築設計・建築設備のソフトです。建築物の意匠設計では、建物の構造から下地・仕上げまでの材料や寸法などの詳細を表した矩計図などを作成します。

タイトルとURLをコピーしました