高所作業車・バケット車、フリーのCADデータが施工計画書の出来映えを変える

66ad1f3f 702c 4fd4 ad8f 385f35048f1b - 高所作業車・バケット車、フリーのCADデータが施工計画書の出来映えを変える 運搬機械 CADデータ

高所作業車・バケット車のCADデータ、使用頻度は高い

高所作業車とは高所にて作業を行うための車両で、ブーム式と垂直昇降式に分けられます。
外部作業での多くはブーム式が利用され、内部作業では垂直昇降式が多く利用されます。

高所作業車の場合はステージを高所に上げるスーパーデッキタイプが多くなります。
作業員と資材や道具を一度に高所に上げ、そのステージ上で資材の加工や仕上げの作業がそのままできる利点があります。

バケット車は、トラックに搭載されたブームやアームの先に、籠・バケットが取り付けられています。
その中に祖業員が乗り込んで作業を行うことになります。

バケット車は、主に外部設備の施工や修理の際などに用いられます。
足場の設置しにくい高所での作業や、垂直昇降式では届かない高所の作業等に利用されます。

また、橋や高架道路での作業には、BT-400・BT-200・BT-110といった高所作業車が使われます。
高所作業車やバケット車のメーカーとしては、アイチコーポレーションやタダノ、レンタル業者としてはニッケンが有名です。


高所作業車は使用頻度が高いため、施工計画書の作成が必要になる

高所作業車・バケット車の建設現場での利用は大変多くなります。特に、スーパーデッキタイプの高所作業車は作業の効率化に重宝されています。
足場を設置するコストや時間を削減できるため、現在の建築現場では無くてはならない建設車両であるといえます。
さらに、橋や高架道路での作業には、BT-400・BT-200・BT-110といった特別な高所作業車が使われます。

高所作業者・バケット車はアイチコーポレーションやタダノ製がよく知られています。購入するのではなく、ニッケンなどのレンタル業者からレンタルすることが多いです。

そのため、高所作業車やバケット車の現場使用に関しては、施工計画書や安全対策書類の作成が必要になります。
使用する高所作業車やバケット車のCADデータが非常に重要な役割を果たします。

とりわけ安全対策書類に関しては、高所作業車やバケット車の特性上、資材の荷揚げに利用したり、作業員の移動手段などの用途外に使用されるケースも多いです。
このようなことから、現場での事故を防止する予防や安全対策が必要となります。

インターネットで検索すると、CADデータをダウンロードできる有料・無料のダウンロードサイトがたくさん見つかります。

エクセルに高所作業車・バケット車のCADデータを挿入して、解りやすく見やすく

施工計画書や安全管理書類などはエクセルを使用して作成されます。
そのため、CADデータをエクセルに落とし込んで、解りやすく見やすくする書類作成が要求されます。

近年ではこのような関係書類も、専門的な解説や建築用語を書き並べるよりは、解りやすく丁寧な文書づくりが推奨されています。

高所作業車やバケット車、スーパーデッキタイプの高所作業車は工事現場での使用頻度が高いため、CADデータをエクセルに落とし込む作業が必要になってきます。
そのためには、スムーズなCADデータの操作と変換ソフトの活用によって、間違いのない書類作りが求められます。
CADデータは無料ダウンロードサイトで入手できます。


高所作業車・バケット車のCADデータを活用した、危険を予防できる関係書類作り

高所作業者・バケット車はアイチコーポレーションやタダノ製がよく知られています。実際は購入するよりも、ニッケンなどのレンタル業者からレンタルすることが多いでしょう。
高所作業車・バケット車は頻繁に建設現場において利用されます。また、橋や高架道路での作業には、BT-400・BT-200・BT-110といった特殊な高所作業車が使われます。

そのため、用途外使用による危険予知や労働災害の防止の注意喚起を行う必要があります。

ただ単に安全表示や標語だけの注意喚起では、作業員の意識には入らず、周知徹底にはなりません。
2DCADデータや3DCADデータを活用し、視覚的にも注意を促す必要があります。

高所作業車・バケット車の使用現場において、例えば2DCADデータであれば車両の設置場所の表示や、図面と合わせて使用禁止区画の表示を行えます。

3DCADデータでは、危険操作の注意喚起や、外見だけでは解りづらい高所作業車やバケット車の機械的な注意点や、危険操作の様子を視覚的に表示することができます。

こうしたCADデータを利用は、工事に携わる作業員への情報の共有や周知徹底に役立ちます。

高所作業車・バケット車のCADデータの拡張子をチェックする

インターネットで検索すると、有料・無料のダウンロードサイトでCADデータがたくさん見つかりますが、CADデータは使用するソフトによって独自の規格があります。
有名なのはAutoCADの拡張子DWGファイルや、JW_CADの拡張子JWWファイル等があります。
使用するCADによってやり方も変わってきます。

その他にはフリーソフトを使い、使用するCADデータをエクセルに添付する方法もあります。
様々な手法やフリーソフトがネット上には存在しますが、全てが正確に添付できるものとは限りませんので注意が必要です。

高所作業車・バケット車のCADデータをエクセルに添付する場合も注意が必要

CADソフトにはDWGファイルを使うAutoCadやJWWファイルを使うJW_CADがよく知られています。
フリーソフト等を使ってエクセルにCADデータ添付する際には、使用するCADソフトのバージョンにも注意しましょう。

使用するCADデータが対応していないバージョンの場合には、データを読み込めなかったり、図面に表示ができなかったりするので注意が必要です。

事前にCADデータの情報を収集して正しく開けないトラブルを回避する

図面に出力せずに、データだけを施主や客先に提供する場合、プレゼン時や住民説明会などで使用する際には、正しく開けないトラブルも発生します。

事前に相手方の使用するCADソフトのバージョンや、CADデータを表示するために使用するソフトがDWGやJWWといった拡張子に対応可能かなどを確認しておいてください。

正しく開けないトラブルを回避するためには、事前に情報を収集しておくことが重要です。


高所作業車のCADデータ、無料ダウンロードとjww変換

高所作業車は、その名の通り高い場所で作業を行うための専用車です。高く梯子などで作業を行えない場所には、この高所作業車は欠かせません。その反面、危険な場所で作業をすることもあり、安全性についても考えていく必要があります。高所作業車は具体的にどのようなものなのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

高所作業車と高所作業の基準(労働安全衛生規則)

高所作業とは主に労働安全衛生規則によって定められているものになります。高さ2m以上のところで行う作業のすべてを高所作業としていますが、その基準は多少の違いがあります。

実際に高所からの転落や墜落による死亡災害は、全部の産業の中でも最も件数が多いといわれています。転落と墜落には似ているようで全く違う意味を持っています。

安衛則第518条の解釈では、「こう配が40度以上の斜面上を転落するとは墜落に含まれる」とされており、40度未満は転落と区分しています。

死亡者だけに限らず、休業4日以上になる死傷者数においても2番目に多いとされるなど、いかに危険性が高いかがわかるのではないでしょうか。なかでも作業床の高さが人間の目線の1.5m以上になると、死亡や重篤な怪我につながる可能性も十分に考えられます。

高さの基準はそれぞれですが、高さ80cm程度の端部に作業台が1.2mの作業台を乗せて作業をしたとすると、実際の高さは2m程度になります。端部だけだと高所作業にはならないものの、作業台と組み合わさったときの高さも考えておきましょう。

他にも安全帯を掛ける設備がない「不安全な状態」だったり、「不安全な行動」にも注意が必要です。これらの危険性のある状態ではいつ何が起きてもおかしくありません。

安全性に考慮するのであれば、作業台を固定したスライド式や、高さ2m以上の水平親網ワイヤロープ、支柱を設置するなどの対策をとります。作業を行うときはハーネス型安全帯のフックを支柱につけるなどの作業を行いましょう。

Cadデータを使えば、より鮮明に高所作業車の特徴が見えてきます。Cadの無料フリーダウンロードを使って図面を用意すれば、作業の効率化にも繋がります。Jwwで困ったときにも使えますし、無料でしかもフリーなので使う場所を選びません。

高所作業車はバケット車とも呼ばれる

長いブームを搭載している高所作業車(バケット車)は、工事や建設現場にとっても欠かせない存在です。高いところで作業をしやすくする役割があります。

長いブームの先に人が乗って作業ができるスペースがあり、作業の効率化にも繋がっています。高所作業者は先端に人が乗る作業台があることからバケット車とも呼ばれます。カゴのように見えることからバケット車の名前がついています。

バケット車だと響きも可愛いですよね。タダノやアイチコーポレーションからバケット車が販売されています。SEA 12000やSEA 12000などがバケット車になり、世界的にも認められています。

高所の作業で足場を組む方法もありますが、時間がかかりすぎてしまうこと、短期工事には向きません。高所作業車は、作業が終わったあとにすぐに片付けられ撤去できる流れになります。ブームを動かしたときにバランスが崩れないように、アウトリガーなどの部品もついています。

クレーン車と同じように旋回し伸縮するなど作業場所によって変えることもできます。高所作業車といってもサイズの違いがあります。小さなものはモーターの力を使って走りますが、大きなものになるとディーゼルエンジンが主流になります。

また走るためにはタイヤが使われているのも高所作業車の特徴といえます。高所作業車は他にも「アウトリガー・アクチュエーター」や「テーブルリフト」などもあり、それぞれの役割を担っています。

高所作業車には、スーパーデッキがついているものもあります。アイチコーポレーションや、ニッケン、タダノから登場しているものの多くに、スーパーデッキがついており、作業の安定性にも繋がっています。

作業床及び昇降装置などで構成されているスーパーデッキは、作業姿勢のままで走行できます。スーパーデッキは時間を無駄にしないこと、長期の作業にもスーパーデッキは向いています。作業内容に合わせてスーパーデッキを選んでください。

高所作業車はそれぞれ違うからこそ、cadのデータを使って図面を比較しましょう。Cadならではの内部しかわからないものもありますし、無料で使えるフリーダウンロードなども十分に活かせます。図面に迷ったとき、jwwで困ったときは使ってくださいね。

世界的に誇るタダノの高所作業車の秘密

高所作業車として有名なのは、アイチコーポレーション、ニッケン、タダノです。

どのメーカーの高所作業車も優れていますが、アイチコーポレーション、ニッケン、タダノのどれを選ぶかはその作業内容によっても違います。中でも人気があるタダノは定番で人気があります。

BT-110、BT-200、BT-400が有名になり、BT-110は余裕のポストストロークが特徴です。BT-110ならではの深い垂直移動ができますし、BT-110はデッキ旋回角度が110°になります。最大作業半径5.6mはBT-110ならでは。BT-110は最大地下深さ7.3mです。

BT-200は高い位置でも低い位置でも作業ができます。BT-200は深い差し込みにアドバンテージがあります。また、BT-200ならではの最大地上高さ7.0mはさまざまなところで活用できる十分な高さになります。BT-200には3mの大型パレットデッキもあり、BT-200の優秀さに驚くはずです。

BT-400は最も大きく作業できるものです。BT-400は高速道路の点検やメンテナンスにも使われています。高いアドバンテージを持つBT-400は見た目の迫力にも驚くはずです。BT-400は使う場所を選ばない高性能さも特徴です。迷ったときはBT-400を選べば失敗しません。

もちろん、アイチコーポレーションもニッケンも素晴らしい会社です。ニッケンを選んでも失敗したと感じることはなく、十分な性能を満喫できるはずです。アイチコーポレーションにもさまざまなサイズの高所作業車があります。タダノ・ニッケン・アイチコーポレーションのなから選んでみてくださいね。

タダノの高所作業車の違いもcadを使うからこそ無理なく確認できます。Cadに慣れていない人でもフリー図面などもありますし、無料でダウンロードできるものもあります。ダウンロードのときにjwwの変換に注意してください。Jwwは初心者ほど戸惑いやすく、jwwから変換できずに困ることもあります。図面の基礎知識も経験を積んでいきましょう。

高所作業車の安全マーキング

高所作業車を語るうえでまずは安全色についても知っておかなくてはいけません。日本でその基準が誕生したのは1951年になり、1953年に「安全色彩使用通則」が制定されました。1995年には「一般的事項」として必ず押さえておかなくてはいけないものに変更され、身近な場所にも使用されるようになりました。

赤…防火・禁止・停止・危険・緊急など(消化器や消防車など)
黄赤…危険・明示(救命具や燃料運搬車など)
黄色…警告・明示(出入り口や、視覚障害者の点字など)
緑…安全・進行・避難標識(避難)・歩道
赤紫…放射能関係
青…指示・誘導

これらは単色として使われることもあれば、同じ場所のなかで複数使われていることもあります。例えば公道の信号は「赤・黄色・緑」の3色になっています。色の違いによって進むべきか、注意するべきか、停止するべきかを伝えています。

2005年に法律の改正が行われた際に、安全色とは対比する色を使った「安全マーキング」も生まれました。対象物をより明確にしていること、わかりやすくするために使われているものです。

安全マーキングは、使われる場所によってもさまざまな色の組み合わせがあります。例えば工事現場などで見かける黄色×黒の組み合わせは「注意喚起表示」を表しています。工事現場にあるとんがった形のカラーコーンは赤色×白の組み合わせになります。

車椅子を使っている人専用の駐車場は青を下書きにした白で形成されています。外国人の人が多く利用する場所でこれらの色を使われることも多く、誰が見てもわかるようになっています。

cadデータを使えば安全マーキングもわかりやすくなりますし、フリー図面を使うのもおすすめです。

高所作業車のcadデータを使えば、作業効率UPにも繋がります。フリー(無料)でダウンロードできる図面もありますし、jww.の変換も簡単です。

Cadならではのお悩みもcadでデータを上手に活用することで、無料でも十分に活かせるはずです。ダウンロードの方法だけ間違えないようにしてくださいね。


高所作業車のCADデータをダウンロードするために

高所作業車は、大きなカゴ状の装置に人が乗って、高い所で作業するための車両で、リフト車やバケット車とも呼ばれます。
1965年に電線工事の感電事故から作業員を守る目的で開発され、現代に至るまで高所における工事、点検、補修作業の現場などで大活躍しています。
ここでは、高所作業車のdxfデータやjwwデータなどのCADデータを無料ダウンロードするにあたり、高所作業車とはどのようなものか、高所作業車の特徴についてご紹介していきます。

高所作業車はバスケットが2m以上の高さに上昇出来る能力を持つ

まず高所作業車の定義ですが、安衛令第10条4項等によると、作業用バスケットが2m以上の高さに上昇出来る能力を持ち、昇降装置、走行装置等により構成され、不特定の場所に動力を用いて自走できる機械の車両のこととされています。ですので、これに該当せずに動力で自走しないものは、たとえ車輪が付いていても高所作業台という解釈になります。 ちなみに、高所作業台に該当するものは、建設現場での高所作業用足場やガラス清掃、電球交換などのメンテナンス用高所作業足場や、スタジオまたはホールなど照明器具や舞台装置の設営やセッティングの際の高所作業用足場として使われるものになります。
フリーダウンロードサイトなどでdxfデータやjwwデータなどのCADデータをダウンロードする場合は、バケット車や高所作業車というカテゴリーであったり、アイチコーポレーションやニッケン、タダノなど製造メーカーなどでも検索できますので、高所作業台の種類にまで気を留める必要はありません。

高所作業車はバケットやプラットホームと呼ばれる作業床が備えられた車両

前項で高所作業車の定義についてご紹介しましたが、若干難しい用語で説明されているため簡単に高所作業車の特徴をご紹介すると、高い場所で作業する際、足場となる作業用バケットやプラットホームと呼ばれる作業床が備えられた車両のことになります。また、前述の定義に補足して、「1.上昇、下降する作業床を備えており、走行機能がある」、「2.作業床の上昇や下降をする際、動力を使用する」「3.不特定の場所に動力を用いて自走できる」という特徴があります。たとえ1と2の条件を満たしていても、自走できないものは高所作業台ということになります。
また高所作業車は上方向のみに上昇、下降できるものと思われがちですが、BT-400、BT-200、BT-110など、高架橋の下などに回り込むために、車両の下方向にもバケットを伸ばすことができる屈伸式の車両もあります。このほか、スーパーデッキタイプと呼ばれるバケットの向きを変えると車幅よりもバケットの幅が広くなる高所作業車もあります。

高所作業車をエンジン式、バッテリー式、バイエナジー式の3種類に分類する

高所作業車は、使用する場所や作業内容に合わせて、様々なバリエーションの車両が用意されています。
まず動力面に目を向けると、エンジン式、バッテリー式とバイエナジー式の3種類に分類することができます。
まずエンジン式は、主にディーゼルエンジンを搭載し、走行用動力やブーム動作用の油圧を作り出します。主に出力の大きい大型機械に搭載されますが、排ガスや騒音が発生するため、屋内で使用する場合は注意が必要です。
次にバッテリー式は、搭載されたディープサイクルバッテリーで直接モーターを駆動させたり、油圧を作り出したりして、ブーム動作用と走行用の動力を得ています。排ガスや騒音の心配はありませんが、充電が完了するまで8時間~12時間程度を必要とすることと、稼働できる時間も短いというデメリットがあります。
最後にバイエナジー式は、エンジンとバッテリーを両方搭載していることが特徴です。自動車のハイブリッド式と同じような使い方ができますが、用途に応じて双方を切り替えて使用することができるというメリットがあります。搭載可能機種は限定されますが、屋内で利用する場合はバッテリー、屋外を走行する場合はエンジンという使い方も可能となります。
dxfデータやjwwデータなどのCADデータをフリーダウンロードサイトなどでダウンロードする場合は、アイチコーポレーションやニッケン、タダノなどメーカーによって搭載されている動力も異なるので参考にしてみてください。

高所作業車の最もポピュラーなタイプはトラック式

高所作業車には、構造や使用用途によって、さまざまなタイプがあります。
まず最もポピュラーといえるタイプが、トラック式です。トラックなどの車両にバケットが搭載され、そのまま公道を走行することができます。実際に作業を行うときには、アウトリガーと呼ばれる安定させるための脚を張り出して設置します。この際、車両の幅以上に設置スペースが必要となる場合はありますので、CADデータを無料ダウンロードする場合は、トラックだけでなく、アウトリガーが張り出した状態の図面を確認しておくことをおすすめします。またBT-400、BT-200、BT-110など車両の下方向にバケットを伸ばせる屈伸式の高所作業車や、バケットの向きを変えるとトラックよりも幅が広くなるスーパーデッキと呼ばれる高所作業車も同様で、現場の状況をしっかり確認してからCAD図面をダウンロードするよう心がけましょう。
次に、形としては高所作業台にタイヤやクローラが搭載され、動力装置によって自走できるものが自走式です。トラックほど長距離の移動を必要とせず、軽自動車よりもコンパクトなタイプが多く、狭い場所での作業に向いています。ただしコンパクトゆえ、それほど高くまで伸ばすことができないことと、バケットが真上にしか伸ばせないものも多く、作業ごとに設置場所を移動する手間が発生するというデメリットがあります。
最後が、不整地や軟弱路での走行や作業が可能となるクローラ式です。クローラ式もコンパクトなものから大型のものまで多くのバリエーションが存在し、キャタピラも路面に優しいゴム製や耐久性のあるスチール製などがあります。バケットの移動方式も上下方向に伸ばせるシザーズ式や、上下左右に伸ばすことができる屈伸式などがあります。
アイチコーポレーションやニッケン、タダノなど主要メーカーからもさまざまなバリエーションの高所作業車が発売されていますので、dxfデータやjwwデータなどのCADデータを無料でダウンロードする際も、高所作業車のタイプやバケットの種類などを注視しておく必要があります。

高所作業車は作業対象によりたくさんのバリエーションを持つ

高所作業車がたくさんのバリエーションを持っている意味は、さまざまな用途が想定されることによります。つまり、作業対象によって選び方も異なるということです。
たとえば、トンネル内で工事を行う場合は、バケットを360度旋回することができ、幅広い範囲を効率的に作業できるスーパーデッキタイプが向いています。
また、高架橋の欄干部分の点検や修理を行う場合は、バケットを上下左右に移動させることができるBT-400やBT-200、BT-110といった伸縮式が向いています。
いくらバケットを上下左右に移動できるからといって、狭いトンネル内で工事する場合は、その効果を存分に発揮させることができません。dxfデータやjwwデータなどCAD図面を無料ダウンロードする場合は、まず自分がどのような作業をどこで行うのか、ということや作業対象を明確にしてからデータを検索することをおすすめします。
ただ一点気を付けておきたいのは、電気工事や通信工事など電線を扱う作業をする場合は、感電の恐れがあるため、必ずブームやバケットが絶縁仕様になっている高所作業車をお選びください。


高所作業車・バケット車のCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、高所作業車・バケット車のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
高所作業車・バケット車のCADデータのリンク集まとめ



タイトルとURLをコピーしました