軽トラックの寸法図やCADデータをダウンロード、大型車輌が入れない現場こそ

94f8f7ff a22a 4720 853a 3b4ee49d81ae 1 - 軽トラックの寸法図やCADデータをダウンロード、大型車輌が入れない現場こそ 乗り物 CADデータ

大型工事車輌が入れない現場こそ、軽トラックの2DCAD・3dcadデータを活用

工事の種類、現場の規模や環境によっては、大型工事車輌の出入りが難しい場合もたくさんあります。

工事現場では工事に関する様々な機器や資材の搬入や撤去が必要不可欠となります。
そのため、工事現場の規模や環境にマッチした運搬車輌の用意が必須となります。

工事現場にマッチした工事車輌かどうか、また搬入したい資材や機器のサイズと重量は適正なものなのかを図面上で判断し手配する必要があります。

このような場合に活用できる車輌には軽自動車である軽トラックや軽バンがあります。
軽トラックや軽バンは、用途に応じてフルキャブ式、セミキャブ式かを選択します。
工事現場やその周辺地域の安全確保も念頭に置きながら使用する車輌を考えていく必要があります。


  1. 小回りの利く軽トラックはあらゆる工事現場で重要なもの
    1. 軽トラックの種類は豊富、寸法図やCADデータも多彩
    2. 軽トラックを使用する上での寸法ルール
  2. 軽トラックの使用を柔軟にするためにやるべきこと
  3. 軽トラックのCADデータのダウンロードは安全確保に繋がる
  4. カスタムの面白さで「スポーツ軽トラ」の需要が伸びている
    1. 現代のハチクロといっても過言ではない「スポーツ軽トラ」
    2. 吸排気のカスタマイズで元気な軽トラエンジンを手に入れる
    3. 軽トラの弱点を解消する冷却系のカスタム
    4. 軽トラックのカスタムはファイナル交換から始めよう
    5. 軽トラックのカスタム初心者はタイヤから
    6. 軽トラックのハイスピードを楽しむためのエンジン
    7. まとめ 軽トラックはスポーツ走行をどう楽しむのかもポイント
  5. 重宝される軽トラックの図面をcadデータで作成する
    1. 軽トラックのオーナーといえば
      1. ・軽トラックの構造
      2. ・農家の一日で見るトラックの実用性
    2. さまざまな工夫でさらに便利になる軽トラック
      1. ・軽トラックを錆から守る
      2. ・重量のある機材も軽トラックで
      3. ・収穫も一工夫
      4. ・雨の日も軽トラックを使える
    3. もし、ぬかるみにハマってしまったら?軽トラ乗りこなし術
      1. ・アクセルは踏まない。まずは降りて状況を確認する
      2. ・前後どちらから脱出するか決める
      3. ・二人いるなら違う脱出方法が一番簡単
  6. 農業や建設など軽トラックの役割や種類の違い
    1. 車体のサイズが小さく狭い道でもスムーズに走れる軽トラック
    2. 軽トラの寸法は長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さは2.0m
    3. 用途に適した軽トラの選び方のポイントとは
      1. ・前輪の位置の違いが2パターンある
      2. ・エンジンの位置はどこにあるか
      3. ・農業用に適しているか
      4. ・MT車かAT車か
    4. 後悔しない中古の軽トラを選ぶ時のポイント
    5. まとめ cad図や軌跡図で軽トラの内部構造の面白さが見える

小回りの利く軽トラックはあらゆる工事現場で重要なもの

工事現場の軽トラックは、工事に関する資材や工具の運搬はもちろん、工事現場で発生する廃棄物の運搬に活躍しています。
そこで働くスタッフの運搬など軽トラックの活用は運搬する種類を選ぶことなく多岐にわたります。中には軽トラックと同じように軽バンを使用する人もいます。

軽トラックは、工事現場ではとても重宝し、一見、何の問題もないかのように感じます。
軽トラックはあくまでも軽自動車の規格に基づいて作られているトラックです。
そのため、積載量や積載寸法は大型のトラックと比べると制限が多くあり、思うように活用できない場合があります。

ただし、軽自動車なので小回りがきくことから、工事現場で自由自在に動かすことができます。
そのために、ちょっとした油断から事故を起こしてしまいがちとなってしまうのも問題です。

このような問題を解消、予防するためには、工事現場に軽トラックが入る前の計画が重要となります。

使用する軽トラックの規格寸法や、積載量、乗入れエリアなどを事前に確認しておく必要があります。
軽トラックの2DCAD・3dcadデータを活用することで、直面する様々な問題を回避することに繋がっていきます。

軽トラックの種類は豊富、寸法図やCADデータも多彩

軽トラックの種類は、日本国内メーカーはもちろん海外メーカーにも多くあります。
CADデータも2D、3D、軌跡図など用途に合わせて選んで使うことも可能です。
そのうえ、無料のcad図でも優良データは多いです。

軽トラックの規格寸法は軽自動車に準じているため、小回りがきき運転しやすい車輌となっています。

種類としては、車輌の前輪の上の部分に運転席があるフルキャブ式は、足元が広くより扱いやすい軽トラックとなっています。

一方、セミキャブ式は車体の前方部分に前輪があるため足元は狭いものの、安定した走行ができるため安全性が高いとも言われています。

軽トラックを使用する上での寸法ルール

軽自動車である軽トラックに定められている最大積載量は、350kgと基本的には道路交通法によるものです。
この最大積載量をきちんと守ることは、軽トラックを工事車輌として活用する上では最低限守るべきことになります。

重さだけではなく長さや高さも最大値が決められています。
長さは、車輌の約10%程度の長さまで、幅は車輌幅まで、高さは2.5mまでとなっています。
この制限値を超えないことを前提に計画を立てる必要があります。


軽トラックの使用を柔軟にするためにやるべきこと

図面上のCADデータを使用し、寸法上の計画を立てた結果、制限値を超えてしまう場合があります。

軽トラックで資材などの運搬をスタートさせる地点の警察署の許可を得ることで、運搬も可能となる場合があるので予め知っておくと便利です。

ただし、道路交通法で定められている350gという最大積載量の制限を超えないということは、どのような条件でも必須となるので注意しましょう。



軽トラックのCADデータのダウンロードは安全確保に繋がる

軽トラックの2DCAD・3dcadCADデータを使用して図面上に建設機械や資材の運搬、作業員の運搬について記載する場合の注意点です。

軽トラックの寸法や積載量をしっかり明記した上で、軌跡を考え、通行予定の経路などを安全に配慮したものとしましょう。

それらの図面はその現場に出入りする作業員すべてが安全に作業するために周知徹底すると事故防止に繋がります。
作業員全体の安全教育のひとつとして軽トラックの2DCAD・3dcadCADデータを活用していきましょう。
フリーの2DCAD・3dcadCADデータから試してみてください。


カスタムの面白さで「スポーツ軽トラ」の需要が伸びている

軽トラックのなかでも「スポーツ軽トラ」の需要が伸びています。なかには軽トラにスポーツってどういうこと?と思う人もいるかもしれません。特に需要が伸びている軽トラックのカスタムについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

現代のハチクロといっても過言ではない「スポーツ軽トラ」

軽トラックのカスタムでもよく耳にするのがスポーツ軽トラです。軽トラックのカスタムの面白さについてわからないと話す人もいるかもしれません。軽トラファンのなかには明確な目的を持って、カスタムを楽しんでいる人もいます。カスタムの需要が伸びている背景において、もともとの軽さも理由の一つです。車重は600kgからありボディの骨格が非常に頑丈な作りになっています。さらには新車で販売されているものも、パーツの劣化で困ることのないように安い価格帯の魅力もあります。なかには60万円前後のものもあり2シーターやエンジンに5MTが標準装備できる特徴もあり、まさに純スポーツカーとも言えます。もともと素の状態なのもありカスタム次第で大きくジャンプアップしてくれること、これは乗用車にはない特徴になり、現代のハチクロといっても過言ではありません。

吸排気のカスタマイズで元気な軽トラエンジンを手に入れる

吸排気周辺のカスタマイズは機能性の向上はもちろん、ドライバーにとってもその違いを感じやすい部分でもあります。現時点のエンジンは主にNAエンジンが搭載されています。NA660ccにカスタマイズしても意味がないのでは?と思われがちですが、大きな効果が期待されるとして注目されています。吸排気はもちろんマフラーも一緒に交換していると、フィールの性能が格段に高くなります。なかでもおすすめは唯一の4気筒エンジンを維持しつつも、TTサンバーであフラーを交換してくるときにでるサウンドです。今までの気筒とは明らかに違う衝撃に、新鮮さを感じる人も少なくないはずです。等長タイプのエキマニに変更すると音をより際立ててくれる特徴もあります。ノーマルECUでも十分な効果が期待できますし、元気なエンジンも手に入れることができます。ただ初心者になるとサブコン操作の難易度が高く、チェーンドECUを取り入れるのがおすすめです。

軽トラックの吸排気などの違いや寸法も2DCAD・3dcadcadデータやcad図を使いこなしてみましょう。軌跡図(軌跡)の違いもありますし、軽バンとの違いを見てみるのもおもしろいです。図面やフリー(無料)ダウンロードも楽しめます。

軽トラの弱点を解消する冷却系のカスタム

軽トラックを使っている人なら誰もが知っている、冷却系の弱さもカスタムが重要です。軽トラックはシートや荷台の下の下にエンジンをコンパクトに搭載しています。そのため、スポーツカスタムにすると、問題が起きやすくなります。なかでもハイゼットS201系は水温はすぐに100km/hで巡航したケースで100℃と上がります。近頃は気温が40℃近くなることが当たり前なのもあり、夏場のエンジン環境が過酷なものになっています。熱問題をそのままにしていては、スポーツ軽トラは楽しめません。ラジエターを容量が大きなものに交換すると効果が最も大きくなるといわれています。DA16Tキャリイは比較的新しい分、冷却効率もよくハイゼットほど事態は深刻なものではありません。TT系サンバーはエンジンから遠くスペースに余裕があるため、チューニングを進めたエンジンだとしてもノーマルラジエターで問題なく、スポーツ走行を楽しめるように作られています。

冷却カスタムは軽トラの軌跡図(軌跡)を知れば、見えてくるはずです。寸法の違いは言葉で説明してもわかりにくく、2DCAD・3dcadcadデータやcad図はもちろん、無料のフリー図面のダウンロードを使いこなしてみてくださいね。

軽トラックのカスタムはファイナル交換から始めよう

軽トラックのカスタムでどこから始めるべきか迷っているのであれば、ファイナルの交換から進めるのをおすすめします。軽トラックは5MTモデルがベースになっている、世の中の流れでは考えられない特徴もあります。本来は荷物運搬用用途で使われているためギヤ比率は低めにできています。このままではエンジンがすぐに吹けきってしまうこと、ハイギヤードへの変更をおすすめします。ただファイナルを交換しただけではスピードメーターが正常な状態を保てなくなってしまいます。軽トラックのギヤについても、純正流用や社外のクロスレシオミッションを組み込めるものもあります。軽トラのギヤの問題を解決しつつ楽しめるように作られたのが、スポーツミッションになり18万円で販売されています。ただし、別途取り付け工賃3万円が必要になること、パーツ単体での販売がされていません。その為壊れてしまったときの対応が難しいなどの問題もあります。

軽トラのファイナルの違いも軌跡図(軌跡)をcadデータで見るのをおすすめします。寸法の違いはcad図で比較してもいいですし、無料(フリー)図面のダウンロードでも十分な効果を期待できるはずですよ。

軽トラックのカスタム初心者はタイヤから

車の機能性も見た目のデザインも決めるタイヤのカスタムを考えている人もいると思います。タイヤは初心者が挑戦しやすい部位としても知られています。14インチ5-5J前後のタイヤが軽トラには最も適しているともいわれています。このサイズはスポーツタイヤが充実していることもあり、選びやすいポイントもあります。またタイヤの幅やインセットについては、見た目を気にするのかもしくはスポーツ走行に特化したいのかなど、目的によっての違いもあります。サーキット用にギリギリまで攻めたタイヤなどを見かけることもありますが、軽トラックのサイズによっては扱いが難しいなどの問題も考えておかなくてはいけません。

軽トラのタイヤの寸法の違いも、cadデータやcad図を使うのをおすすめします。軌跡図(軌跡)などの違いも、無料フリー図面をダウンロードして使いこなしていきましょう。

軽トラックのハイスピードを楽しむためのエンジン

スポーツ走行を考えるのであればなんといってもスピードが重要です。ハイスピード走行を楽しむために最重視されるのが、ブレーキング性能になりそれぞれに注意点があります。軽トラのブレーキは、フロントがディスクになっておりドラムの構成がメインになります。サーキットを攻めるハードユーザーのなかにもシステムはそのままになっている人が多い特徴もあります。軽トラは重量が軽くブレーキングに有利などの理由です。でも摩擦材は変更が必要になり、豊富に販売されているので適切に選ぶこともできます。車種によってもブレーキのカスタムの相性もありますし、他にも交換が必要な部品なども踏まえ検討するのをおすすめします。

軽トラのエンジンの違いも、寸法の違いも軌跡図(軌跡)を確認してみてくださいね。2DCAD・3dcadCadデータやcad図ならではの違いもあると思いますし、図面はフリー(無料)でも満足できるはずですよ。

まとめ 軽トラックはスポーツ走行をどう楽しむのかもポイント

軽トラックはスポーツ走行をどう楽しむのかもポイントになります。そのためのカスタムといっても過言ではありません。Cadデータでそれぞれの違いを比較しながら、使いこなしてみてくださいね。無料(フリー)図面でもその違いを実感できますし、ダウンロード方法も簡単なので、使いこなせるととても便利です。軽トラックの面白さも実感できますよ。


重宝される軽トラックの図面をcadデータで作成する

軽トラ、と呼ばれることが多い軽トラックですが、小型トラックの総称で軽自動車扱いゆえ、普通免許を持っていれば誰でも運転できる貨物車です。そんな軽トラックの寸法や軌跡を計算して図面にする場合は、cadデータでcad図を作成するのが便利です。無料で利用できるフリーのダウンロードサイトもありますので、cad図、軌跡図を作成したいときは参考にしましょう。

軽トラックのオーナーといえば

軽トラックのオーナーはどんな人がなるかといえば、真っ先に思い浮かぶのは農家さん。農家さんで軽バンの方は見ないほど、軽トラックを使われます。中古でも決して安くはない買い物ですから、オーナーからはそれは重宝され、雨の日も風の日も頼りにされるのが軽トラックの宿命でもあります。

・軽トラックの構造

軽トラックである基準は明確で、車輪が3つ以上あること、各種寸法が長さ3.4m以下、高さ2m以下、幅1.48m以下であること、そして排気量が660cc以下であることだけです。
軽トラックは使用目的から考えても丈夫に扱いやすく作られている自動車といえます。農家をはじめ、大方の人が求める軽トラックのスペックは、四輪駆動であること、できれば高低二段の副変速があるもの、タイヤは径が大きいもの、パワーステアリングである、というところでしょうか。求めるほど価格は高くなってしまうので、財布と相談しつつ、納得のできる範囲で納めたいですね。

・農家の一日で見るトラックの実用性

一家で一人1台、計4台も5台も軽トラックを所有することは、直売農家などでは決して珍しいことではありません。作物を作るのに必要な堆肥を運搬したり、稲の田んぼにモミガラを散布したり、重量のある野菜を一度に収穫したり…軽トラが一台あるだけでも、収穫後そのまま道路を走行して運搬することができるので、とても便利なのです。


軽トラックの図面をcadデータで作成すれば、正確な寸法や軌跡でcad図を作成することが可能です。軽トラックにも種類は数多くありますので、それぞれの種類によって微妙に寸法や軌跡は変わってきます。軌跡図などの図面を作成する際は、無料で利用できるフリーのcad図ダウンロードサイトを活用します。

さまざまな工夫でさらに便利になる軽トラック

・軽トラックを錆から守る

よく目にするのが、堆肥を積んで運んでいる軽トラック。堆肥とは土のようなものなので、たいていは軽トラックの荷台にそのまま山のように積まれて運ばれています。ところが、堆肥は軽トラックを錆びつかせる要因になってしまうことがあるので、直接積むのは本来であれば避けたいことです。そのため、二台にコンパネを立ててブルーシートを広げた上に堆肥を積むなど、工夫するとよいでしょう。

・重量のある機材も軽トラックで

堆肥と同じくよく扱われる動噴や薬液タンクも、軽トラックに積んでおくと、畑の中を軽トラックで移動しながら散布できるので大変便利です。動噴などは重量があるので高さのある荷台に積み込むのは少し大変ですが、荷台と同じくらいの高さのところに収納するようにして、スライドさせるように荷台に積み込めるように工夫すると、女性でも扱えて腰も痛めません。

軽トラックと一緒に扱う機材を購入したときにも、正確な2DCAD・3dcadcad図があると便利です。毎回寸法を測るのは面倒ですが、2DCAD・3dcadcad図があればそれで事足りますし、正確な軌跡を確認できる軌跡図があれば現場での動きの確認にも役立ちます。cadデータは凡庸性が高く、やりとりしやすいので積極的に取り入れましょう。無料のフリーダウンロードサイトには、無料で閲覧または使用できる軽トラックの図面が数多くそろっています。フリーでダウンロードできるものは利用して、扱いやすい資料を作成しましょう。

・収穫も一工夫

大根や白菜などは収穫となると、コンテナ一つで約20キロという重さになるので、収穫したものを運ぶのも力仕事です。それを人力でやるには骨が折れますが、畑のすぐそばまで軽トラを入れるようにさえしておけば、荷台に直接野菜を積んでいくことができます。さらに一工夫するならば、荷台の床にスノコや波板を敷いておくだけで、重たいコンテナがスルリと動かせるので、より作業効率がはかどるでしょう。荷台の下にエンジンがある軽トラの場合も、荷台にスノコなどを敷くことでエンジン熱から野菜を守ることができます。

・雨の日も軽トラックを使える

未舗装の道路は、雨が降るとぬかるんで脱輪などの危険があり、軽トラックは使いづらいのが常識です。ですが、できることなら軽トラックを使いたいのが人情です。そういうときは、補助輪を取り付けることで雨でも畑までトラックを乗り入れることができる場合もあります。「楽輪」は軽トラの外側にラリータイヤなどの補助輪を取り付けることができるシステム。これをつけると踏ん張りがきくようになるので、雨の日も、傾斜がキツい道でも走行できるようになります。取り付け、取り外しは3分もかからず行えるので、必要なときだけ補助輪を装着し、一般道を走るときは取り外すことが簡単にできます。補助輪は一本1万円は下らない高級品ですが、それでも十分おつりがくるでしょう。


楽輪を取り付けると、タイヤが外側に増えた分幅の寸法が変わってきます。このようにカスタマイズしていくと寸法や軌跡がどう変化するかを確認するのにも、cadデータの図面は非常に役立ちます。軌跡図は正確性が大切ですので、ぜひ無料のフリーダウンロードサイトで図面を見てみましょう。

もし、ぬかるみにハマってしまったら?軽トラ乗りこなし術

軽トラックを運転するときは、農家であれ誰であれ未舗装のデコボコした道を走る機会が多いですが、ときにぬかるみや小さな土手などの障害があることがあります。運転手には巧みな技術が求められることもあります。そこでデフロックという左右のタイヤの回転差を固定する装置を取り付ければ、たとえ雪上や沼地などで走行が困難と思える場所でもタイヤが空転するのを防ぎ、悪路から脱出することが可能になりますが、装備品を増やす、またはそうした業務用トラックは財布には優しくありません。
そこで、ぬかるみにハマってしまったときの、デフロックに頼らず自力で脱出できる運転テクニックをご紹介します。

・アクセルは踏まない。まずは降りて状況を確認する

ぬかるみにハマって動けなくなると、つい焦ってアクセルを踏みがちですが、そうするとタイヤの回転で穴を深くしてしまうだけで、良いことは何もありません。ハマったと思ったらとりあえずは落ち着いて状況を確認してみましょう。

・前後どちらから脱出するか決める

タイヤの前後を見て、どちらがより段差が低いか見定めたら、脱出する方向が決まります。後ろからの方が出やすいと判断したら、ギアをバックに入れ、軽くアクセルを踏みます。タイヤが上がった感触がしたらすぐにクラッチを切り、ブランコのような勢いでタイヤが前に戻るのを感じます。タイヤが下がるタイミングでまたアクセルを踏む…これを繰り返し、揺れを大きくしていきます。そのうち抜け出すことができます。

・二人いるなら違う脱出方法が一番簡単

体力のある人が二人以上いるなら、ブランコ方式ではなく後ろを持ち上げてぬかるみから脱出させるのが一番早く、確実でしょう。四輪駆動でもタイヤが対角線にハマってしまうと出るのがなかなか難しいですが、この方法なら簡単に出ることができます。


さまざまなシミュレーションも、cadソフトを使えば簡単に行うことができます。Cadデータの軌跡図を作成すれば、軽トラックを実際に動かさなくても検討することができます。軌跡図は無料でダウンロードできるフリーサイトにもcadデータがありますので、図面をダウンロードしてみるのもおすすめです。


農業や建設など軽トラックの役割や種類の違い

社会活動においてなくてはならない存在として知られているのが「軽トラ(軽トラック)」です。農業や建設などの仕事で使われていることもあり、見かける機会が多いのではないでしょうか。そもそも軽トラとはどんなものなのか?役割や軽トラックの種類の違いなど、わかりやすく解説していきたいと思います。

車体のサイズが小さく狭い道でもスムーズに走れる軽トラック

軽トラ(軽トラック)とは、車体のサイズが小さく狭い道でもスムーズに走れる特徴があります。名称の頭に「軽」とついているように、軽自動車の規格に合わせて作られている小型のトラックのことを言います。

軽トラックを通称として軽トラと呼ぶことが多く、多くの人に軽トラで認知されています。軽トラは軽貨物車に分類されるので、普通免許を持っていれば問題なく運転できます。荷台に荷物を積んだまま走れることもあり、キャンピングカーや簡易的な引っ越し業者(単身向け)などで使われることもあります。

軽トラの基本もcadデータやcad図を使って、無料(フリー)の図面をダウンロードしてみてくださいね。軽トラの歴史や軌跡(軌跡図)などもわかりおもしろいのでおすすめです。軽バンと見比べて見るのもおもしろいですよ。

軽トラの寸法は長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さは2.0m

軽トラは見た目から小さいので、どの程度の寸法なのか気になる人もいると思います。軽自動車に分類される軽トラックは、道路運送車両法にて寸法にも厳しい決まりがあります。

寸法の基準として、長さは3.4m以下であること、幅は1.48m以下のものです。高さは2.0mの寸法に決められていますので、販売されている軽トラックはこの寸法の規格に逢わせて設計されています。軽トラの寸法は、自動車メーカーによっても若干の差があり、一律のものではありません。

ただし軽トラは荷物を乗せて走るのが基本になるので、できる限り多くの最大積載量に対応できるものを選ぶのをおすすめします。軽トラの最大積載量は350kgとされており、これを超える荷物は乗せてはいけないとされています。

荷物のはみ出し可能範囲についても、長さは自動車の車長に対して10%を超えないもの、幅は自動車の幅を超えない、高さは地面から2.5m以内などのルールもあります。

また安全性を重視するのであれば、軽トラは2WDよりも4WDを選ぶのをおすすめします。ただしその分値段が高くなってしまうので、軽トラを何に使うのかによって2WDがいいのか4WDがいいのか選ぶようにしましょう。

軽トラの寸法の違いも、軌跡図(軌跡)もcadデータを使って比較してみましょう。Cad図ならではのわかりやすさもありますし、無料(フリー)ダウンロードで図面が手に入るのも大きなメリットです。

Cadデータやcad図など無料(フリー)でも十分に優れた図面になりますし、ダウンロード時の形式を間違えなければ問題ありません。軌跡図(軌跡)なども一緒に見ながら、軽トラの寸法の違いを見てみてくださいね。軽バンと比べてみるとよりわかりやすいかと思います。

用途に適した軽トラの選び方のポイントとは

軽トラといってもさまざまな種類があります。どんなポイントに注意して選んだらいいのか、そのためのポイントについて、解説していきたいと思います。

・前輪の位置の違いが2パターンある

軽トラの多彩さを印象づける特徴として、前輪の位置は忘れてはいけません。運転席の真下にある軽トラ「フルキャップ」か、車の前輪にある「セミキャップ」かによっても大きく2パターンに分類されます。

フルキャップの場合、前輪と後輪の間隔が短いので狭いあぜ道を走ったりUターンするのにとても便利な構造になっています。重い荷物を積んだときにも荷重が分散されるメリットなどもあります。

そのためトラックの多くがこのフルキャップになります。セミキャップの場合、衝突時の安全性と安定性の高さに定評があります。一般的な自動車に近い作りになり、ワゴンやバンによく見かける構造になります。ただしセミキャップは、足が大きい人に向かない構造になっています。

・エンジンの位置はどこにあるか

軽トラにとってエンジンの位置も重要です。例えば前よりに縦積みされているのが「ハイゼット」や「キャリイ」「ミニキャンプ」になります。整備しやすい構造でありシンプルさもあって人気があります。

その反面、車体の中央部にエンジンがある構造になるので凸凹の道になるとつかえてしまう使いにくさもあります。後ろ寄りにあるエンジンの場合、凹凸のある道でも走りやすさもあります。エンジンの場所によっても使い勝手の良さが変わります。

・農業用に適しているか

軽トラを使う用途が農業用であれば、適した軽トラを選ぶ必要があります。どの自動車メーカーであっても農業用のグレードを用意しているケースが多く、悪路向きのタイヤがついていたり、デフロックなどの機能がついています。

デフロックは軽トラの後方にある写真をスイッチひとつで直結できる便利な機能です。軽トラのなかでも選べるのはキャリイやアクティ、ハイゼットです。この機能を自動にしたものをLSDといいミニキャップで搭載されている機能になります。

・MT車かAT車か

軽トラは主にAT車が多くすべての自動車メーカーで選択できます。ただし完成度の低さの問題もあり、乗用車よりも乗り心地が悪い問題もあります。

例えば走っているときの音がうるさいものもありますし、燃費が悪いなどの欠点も目立ちます。もしどうしてもAT車がいいならそれでもいいですが、こだわりがないのであればMT車を選ぶのが無難です。


軽トラの選び方も軌跡図(軌跡)を見れば、より詳細に見えてくるはずです。Cadデータやcad図しか見えないものもありますし、図面が無料でダウンロードできるのも嬉しいですね。

後悔しない中古の軽トラを選ぶ時のポイント

軽トラを購入するときに新車だけでなく中古を選ぶこともあります。軽トラは需要があるので、比較的値段が高く、新車で買うのは…と躊躇してしまう人もいます。

中古車の選び方として6万kmくらい走っているものだと、クラッチの交換が済んでいるかどうかは重要です。変えていない軽トラはほとんど持ちません。もし10万kmを超えているときはタイミングベルトを変えているかは必ず確認します。

他にもウォーターポンプの交換も必須です。他にもどんなところで使っていたのかも確認しておきたいところです。タイヤに関しても、ある程度溝があるものにしておかないと、あとから全部交換になってしまいます。

また、本格的に長く使いたいのであれば、登録済みの未使用車(新古車)も狙い目になり大きい車屋さんなどで聞いてみると、意外と所有しているケースもあります。車検までの期間が短い難点はありますが、その分新車よりも安く購入できるなどのメリットもあります。

誰かが乗っていたものではないからこそ安心して購入できると、あえて新古車を狙っている人もいます。一度視野に入れてみてもいいと思います。

軽トラの中古の違いも、軌跡図(軌跡)はcadデータを使って調べてみてください。Cad図だからこその違いはもちろん、無料(フリー)ダウンロードの図面もぜひ活用してみてくださいね。

まとめ cad図や軌跡図で軽トラの内部構造の面白さが見える

軽トラの種類や選び方の基準について説明しました。軽トラならではの違いも軌跡図(軌跡)を見つつ、cadデータやcad図を使えば、初心者の方でも見えてくるはずです。軽バンと比べても面白いですよ。

図面は無料(フリー)ダウンロードも充実していますので、ぜひ活用しつつ営業などさまざまな場面に生かしてみてくださいね。軽トラの内部構造を見るとより、cadの面白さも見えてくるはずですよ。ぜひ使いこなしてみてくださいね!


軽トラックのCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、軽トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
軽トラックのCADデータのリンク集まとめ



タイトルとURLをコピーしました