4tミキサー車の寸法図、積載量のCADデータを使う際の問題点を解決します

b1081172 377b 46ca b031 0655f8206edb - 4tミキサー車の寸法図、積載量のCADデータを使う際の問題点を解決します 運搬機械 CADデータ

4tミキサー車などの正確な寸法や積載量などが一目でわかるCADデータを探している方へ。

CADデータがあると、工事現場周辺のどこの道路なら、4tミキサー車が通行できるのかを確認することができます。
工事現場への4tミキサー車の侵入経路などの動線計画を立てたり、コンクリートの積載量を確認したりすることもできます。
4tミキサー車のCADデータは、インターネットから簡単に無料でダウンロードができますので、利用したい時はすぐに使えます。
ミキサー車は、トラックミキサの他にも、生コン車、アジテータトラック、移動式ミキサーなどと呼ばれます。

ミキサー車の車種は、小型車は3~4t、中型車で5~7t、大型車では10~11tとなります。

ミキサー車とは、生コンクリートを工事現場へ運搬するためのトラックです。
一般的な乗用車やトラックとは異なり、ミキサー車は、ベースとなるシャーシ部を製造する自動車メーカーと生コンクリートを積載するミキサー部の製造、および、架装を行う架装メーカーとが協力し、製造しています。
シャーシ部を製造する代表的な自動車メーカーは、三菱ふそう、いすゞ、日野自動車、UDトラックス(旧日産ディーゼル)などがあります。
ミキサー部の製造・架装を担う代表的なメーカーには、KYB、新明和工業、極東開発工業があります。

4tミキサー車の2D・3Dcadデータは、作業計画書の作成、プレゼンテーション用の資料、動線の確認、ミキサー車の購入の際に活用してください。
この記事では、4tミキサー車の寸法図や載積量のCADデータを使う際の問題点、イメージするCADデータの探し方と取り込み方などについて説明しています。


  1. 4tミキサー車の寸法図や載積量のCADデータを使う際の問題とは…
    1. 4tミキサー車の寸法図や載積量のCADデータには様々なものが
    2. 4tミキサー車のCADデータを使う際の問題点
    3. 4tミキサー車のCADデータの取り込み後の問題点
  2. イメージするCADデータの探し方と取り込み方
    1. イメージするCADデータを探す方法
    2. 4tミキサー車のCADデータの取り込み方
  3. 4tミキサー車のCADデータで寸法図や積載量を探す場合は…
  4. 2tミキサー車のCADデータを使用する場合に起こる問題点とは?
    1. 使用予定の2tミキサー車と同じメーカーや種類のCADデータが見つからない
    2. やっと見つけた2tミキサー車のCADデータが重すぎる
    3. 2tミキサー車のCADデータの解像度の粗さと、統一感のなさで使えない
  5. 2tミキサー車のCADデータを使用することで直面する問題点の解決方法
    1. 2tミキサー車のCADデータを効率よく見つけるコツは検索方法にあり!
    2. 重すぎるCADデータの容量を軽減させるためにできること
    3. 解像度の粗さ、統一感のないCADデータは改めて設定
  6. CADデータと軌跡図で解決できるコンクリートミキサー車の安全対策
    1. 呼び方いろいろコンクリートミキサー車
    2. dwgとjww、生コン車のCADデータ
    3. コンクリートミキサー車の車両価格
    4. 軌跡図を作成するコンクリートミキサー車の事故対策
    5. 生コン業界の課題と生コン車の役割
    6. 日々開発や改良が進むコンクリートミキサー車

4tミキサー車の寸法図や載積量のCADデータを使う際の問題とは…

4tミキサー車の寸法図や載積量のCADデータには様々なものが

ミキサー車は、シャーシ部を自動車メーカーが、ミキサー部であるシュートやドラム、ホッパーなどを架装メーカー業者が製造・架装(取り付け)を行っています。
そのため、同じ自動車メーカーが製造したシャーシ部であっても、架装メーカーが異なれば、載積量や寸法、機能などに違いがあります。

4tミキサー車のCADデータを使う際の問題点

4tミキサー車の寸法図と積載量のCADデータを利用する際には、次のような問題点をよく耳にします。
・自分のイメージする4tミキサー車のCADデータが見つからない。
・4tミキサー車の正確な寸法や積載量が記載されていない。
・ミキサー車の動線確認やプレゼンテーション資料に利用できそうな画像がない。
・カラーデータではないので、CADデータを利用する際に加工が必要。
・ダウンロードしたデータが開けない、破損している、などのトラブルが起きる。

4tミキサー車のCADデータの取り込み後の問題点

4tミキサー車などのCADデータを取り込んだ後にも、次のような問題が発生します。
・無色のデータのため、プレゼンテーション資料として使用する際に、画像の加工が必要。
・寸法や積載量が記載されていないため、CADデータが使えない。
・出力時に、文字化けを起こしてしまう。
・白黒で出力すると、文字が見えなくなる。


引き続き、4tミキサー車の寸法図、積載量のCADデータを使う際の問題点を解決する方法について説明しましょう。


イメージするCADデータの探し方と取り込み方

イメージするCADデータを探す方法

国内サイトだけではなく、海外サイトも含めて検索すると、自分のイメージするCADデータが見つかる可能性があります。
ミキサー車だけではなく、生コン車やアジテータ車、トラックミキサ車、トラックアジテータなどの言葉でも検索してみましょう。
セキュリティの観点から、信用できるサイトからダウンロードすることをおすすめします。
自動車メーカーや架装メーカーの公式サイトに掲載されているCADデータを使うと、正確な寸法や積載量がわかります。

4tミキサー車のCADデータの取り込み方

透明なCADデータが必要な場合は、png形式をおすすめします。
2次元CADデータの解像度は、数百ピクセルの粗いものから数千ピクセルの高いものまであります。
図面が開かない場合は、コマンドの実行や新規図面へのコピーアンドペーストなどを試してみるとよいでしょう。
図面が文字化けする場合は、表示される文字がどのスタイルで作成されているかを確認しましょう。
お使いのパソコンに、CADデータで使用するフォントがインストールされているかを確認してください。
日本語以外の言語で作成された図面の場合は、データの修復が必要になるケースがあります。



4tミキサー車のCADデータで寸法図や積載量を探す場合は…

検索の際、ミキサー車以外のキーワード、生コン車やアジテータ車、トラックミキサ車、トラックアジテータなども使用すると、イメージ通りのCADデータが見つかりやすくなります。
国内サイトだけではなく、海外サイトからもダウンロードは可能ですが、データの修復が必要になったり、文字化けを起こしたりすることがあるため注意が必要です。
トラブル防止のため、ダウンロードは信頼できるサイトから行いましょう。
自動車メーカーや架装メーカーの公式サイトに掲載されている4tミキサー車のCADデータを使うと、正確な寸法や積載量がわかります。




ミキサー車には、2tミキサー車、4tミキサー車と種類があります。

どちらのミキサー車を使用するのかは、工事の種類や用途・規模によって使い分けることとなります。
工事現場にそれぞれのミキサー車が進入し、作業するスペースを確保できるかどうかも、ミキサー車を選ぶ大きなポイントとなってきます。

工事内容や工事現場に、最適なミキサー車を選ぶ場合に必須となるのが、ミキサー車のCADデータです。CADデータのファイル形式にはdwgやjwwがよく知られています。
図面上で行われる、ミキサー車の寸法や積載量をもとにした、動線のシュミレーションとなります。
CADデータによっては、使い勝手の悪いものも多くあるため、苦戦を強いられることもあります。特に無料コンテンツがあるダウンロードフリーのサイトでは、そうした問題に直面することがあります。


記事の後半では、ミキサー車のCADデータを使用する場合に起こりうる問題点ついて説明しています。

2tミキサー車のCADデータを使用する場合に起こる問題点とは?

2tミキサー車や4tミキサー車には、国内外を問わず複数のメーカーがあり、種類も豊富にあります。
ミキサー車は、生コン車・コンクリートミキサー車、アジテータ車ともよばれています。
一般的な乗用車やトラックとは異なり、ミキサー車は、ベースとなるシャーシ部を製造する自動車メーカーと生コンクリートを積載するミキサー部の製造、および、架装を行う架装メーカーとが協力し、製造しています。
ミキサー部の製造・架装を担う代表的なメーカーには、KYB、新明和工業、極東開発工業があります。

どのメーカーで、どのサイズのミキサー車を使用するのかは、余程特殊な工事もしくは、こだわりを持った工事とならない以外は、それほど重要視されることはありません。

CADデータにはdwgやjwwなどのファイル形式がありますが、問題となるのは、使用するCADデータの使い勝手が、とても悪い場合があるという点です。
2tミキサー車のCADデータを使用して、図面に落とし込む作業をしていて、必ずといっていいほど多くの人が直面する問題点は大きく3つあると言います。

使用予定の2tミキサー車と同じメーカーや種類のCADデータが見つからない

使用予定となっているメーカーの、2tミキサー車のCADデータをなかなか見つけることができないことも多くあります。
また、探している2tミキサー車に近いCADデータをダウンロードしてみたのはいいけれど、思っていたものとは違い、寸法や積載量なども違って困ってしまった、という問題もあります。無料でダウンロードできるフリーのサイトがないということもあるでしょう。

2tミキサー車と言っても、メーカーはもちろん、年式・種類が豊富にたるため、多少の違いに目をつぶり使用した場合、現場で大きな問題が起こるケースもあります。
そうなってしまうと、せっかくのCADデータや図面が、意味のないものとなってしまいます。
ミキサー車は、ベースとなるシャーシ部を製造する自動車メーカーと生コンクリートを積載するミキサー部の製造、および、架装を行う架装メーカーとが協力し、製造しています。ミキサー部の製造・架装を担う代表的なメーカーには、KYB、新明和工業、極東開発工業があります。

やっと見つけた2tミキサー車のCADデータが重すぎる

2tミキサー車のCADデータをダウンロードして、いざ図面に落とし込む作業をすると、データが重すぎて作業効率が激減してしまうことがあります。
CADデータが重すぎて、思うように作業がはかどらないという事態に陥ることは、多くの人が経験している問題です。

2tミキサー車のCADデータの解像度の粗さと、統一感のなさで使えない

2tミキサー車のCADデータを実際にダウンロードし、いざ図面に落とし込んでいこうと作業を開始して直面する一番の問題点は、解像度があまりにも粗すぎて使えないというものです。ダウンロードフリーの無料サイトでよく起こります。

また、実際の工事の図面との統一感が感じられないなど、図面そのものの出来栄えが、CADデータを使用することで劣ってしまうという問題もあります。


そこで、次では、ミキサー車のCADデータを使用する時の問題点の解決方法をお伝えしましょう。


2tミキサー車のCADデータを使用することで直面する問題点の解決方法

2tミキサー車のCADデータを使用するときに直面する問題点は、実はそれほど苦労なく解決させることができ、なおかつ、既存の図面以上の出来栄えにすることも可能となります。

2tミキサー車のCADデータを効率よく見つけるコツは検索方法にあり!

色々なサイトでも紹介されていますが、2tミキサー車のCADデータを効率よく見つけるためにできることはただひとつ、検索方法です。

2tミキサー車に限らず、サイト上で検索する場合、自分なりのクセというものがあります。
英語表記も含めて、色々な「2tミキサー車」を想定して検索してみるようにしましょう。
ミキサー車は、生コン車・コンクリートミキサー車、アジテータ車ともよばれています。ミキサー車の代わりに生コン車・コンクリートミキサー車・アジテータ車などでも検索してみましょう。

ミキサー車は、シャーシ部を自動車メーカーが、ミキサー部であるシュートやドラム、ホッパーなどを架装メーカー業者が製造・架装(取り付け)を行っています。ミキサー部の製造・架装を担う代表的なメーカーには、KYB、新明和工業、極東開発工業があります。そのため、同じ自動車メーカーが製造したシャーシ部であっても、架装メーカーが異なれば、載積量や寸法、機能などに違いがあります。

重すぎるCADデータの容量を軽減させるためにできること

せっかく見つけたCADデータの容量が大きすぎて開くのも大変という場合は、CADデータのファイル形式を使用する前に、変更することで軽減することができます。

CADデータで使用されるファイル形式には、DWG・JWW・PNGなどさまざまです。例えば、PNG形式となっている大きすぎるCADデータは、JPEG形式に変換することで、この問題は簡単に解決することが可能です。

解像度の粗さ、統一感のないCADデータは改めて設定

解像度の粗さは、用途に合わせてサイズを変更し、設定し直すことで改善することができます。

図面の用紙サイズに合わせて、
・A3サイズなら解像度は、数百ピクセル
・ポスターサイズなら解像度は、3,000ピクセル
この程度の解像度で、容量の問題も、解像度の粗さもクリアできます。

また、統一感を感じられないCADデータは、CADデータを選ぶ段階から背景が透明のものを探して使用するようにしましょう。
そうすることで、統一感のあるものに仕上げることができます。


CADデータと軌跡図で解決できるコンクリートミキサー車の安全対策

呼び方いろいろコンクリートミキサー車

生コン車とは、一般的に「コンクリートミキサー車」・「ミキサー車」・「アジテータ車」などと呼ばれる車の総称です。メーカーごとに見ると、極東では「ミキサートラック」、KYBでは「コンクリートミキサー車」、新明和工業では「ミキサ車」と呼んでいます。
厳密には、ミキサー車やコンクリートミキサー車はドラム内でコンクリを練り混ぜる車両で、アジテータ車は混ぜられた生コンクリートを、ミキサー部分で撹拌している車両です。そのため、先に上げた極東などのメーカーは主にミキサー車仕様ということとなります。
もちろん、極東など各メーカーでは無料でcadデータや性能表などを公表しており、それらをフリーダウンロードして使用することを許可しています。また、カタログなどに図面を公表しているので、その図面を基にcadデータを作成したり、cadの図面に軌跡を表したりすることも可能です。極東などのメーカーで無料のcadデータが存在しない、ダウンロードできない生コン車については、無料でcadを公開しているサイトでフリーダウンロードをおすすめします。
極東やKYB、新明和工業が取り扱う生コン車はそれぞれ呼び名が違います。現場で「コンクリートミキサー車」・「ミキサー車」・「アジテータ車」などと呼ばれていても、実際はどのメーカーかわからないのが正直なところです。必ず極東など、どのメーカーの生コン車か確認をするようにしましょう。

dwgとjww、生コン車のCADデータ

cadを取り扱っていると、「dwg」や「jww」といった拡張子を目にしますが、「dwg」と「jww」のcadデータの違いはどういったところにあるのでしょうか。
そもそも「dwg」と「jww」は、取り扱えるcadソフトが違います。「dwg」はAutoCAD、「jww」はJw_cadというcadソフトです。どちらもcadで図面を作成するソフトで、国内では代表的なcadソフトだとされています。
「dwg」のAutoCADは大手企業での取り扱いが多く、一方の「jww」のJw_cadは中小企業での取り扱いが多いようです。これは、AutoCADは有料、Jw_cadはフリーソフトなので無料という違いが大きく影響しています。
もちろんAutoCadの方がアップデートなどのサポートや機能面は優れていますが、価格ほどの差はないと見られています。また、AutoCADは優れた機能性であるものの、それにより操作性はより専門的になっています。
cadで図面を作成したりする場合は、どちらかのソフトを使用すれば十分です。また、Jwg形式で作成されたcadデータはJww形式に変換できますし、その逆もまた可能です。
「dwg」ファイルを取り扱うAutoCADを使用している場合でも、パソコンの容量に余裕があれば、Jw_cadはフリーソフトなのでダウンロードしてインストールしておく方が無難です。それは、Jw_cadは無料でcadデータが作成できるので、専門外のクライアントが簡易的に使用している可能性があり、そういったデータを加工・変換する必要がでてくるからです。ダウンロードやインストールの手順などは、無料で紹介しているサイトがありますので、フリーソフトであってもそれほど苦労せずに導入することができるはずです。また、ダウンロードサイトだけではなく、使用方法なども紹介しているページが多いのも、フリーソフトの強みだと言えそうです。

コンクリートミキサー車の車両価格

「コンクリートミキサー車」・「ミキサー車」・「アジテータ車」など生コン車の価格は、いろいろな条件やメーカーとの関係性で変わってきます。大体で表すと、小型のものが500万円程度、大型に分類されるもので1,500万円程度です。
価格的に購入困難な場合や、利用頻度が少ない場合は「コンクリートミキサー車」・「ミキサー車」・「アジテータ車」など生コン車をレンタル業者から借りて使用する場合もあります。
ただ、生コンクリートの運搬は、「コンクリートミキサー車」・「ミキサー車」・「アジテータ車」などの生コン車を保有している、生コンクリート取り扱いを生業としている業者が現場まで運搬、搬入、流し込みなどを行うのが一般的です。

軌跡図を作成するコンクリートミキサー車の事故対策

ほかの産業や業種でも当然のことながら、建設業では特に言われるスローガンに「安全第一」という考え方があります。建設業は労働災害が重大な事故に直結しやすいという特性をもっています。何よりも安全に勝るものはありません。そして、生コン車における事故も決して少なくはない状況です。
生コン車における事故を見てみると、清掃中にミキサー内部に落下しミキサーに巻き込まれたり、ミキサー内部に忘れ物をして取り入ったところをミキサーが回転してしまったといった事例があります。さらには、生コン車が規定している最大積載量を超える積載量運んだために、横転事故を起こした事例もあります。
最初の事例であれば、ミキサー内部のブレードを格納してミキサーを清掃することが大切です。もう一つの事故は、ミキサー内部に人がいることを知らせなかったために起きた事故です。必ず作業中だという注意書きを示す必要があるでしょう。
やむを得ないものもありますが、事故というのは起こしたくて起こしてはいないものの、どこかで不注意が発生している場合がほとんどです。事故を起こすと、生産性の低下につながるばかりでなく、本人、会社そして家族や友人まで不幸にしてしまう場合があります。
作業場の事故などは、現場の設計図や軌跡図を作成することで、事前に対処することが可能です。cadを使用して図面を作成したりして、作業場のヒヤリハットを見つけ出し、安全を維持できる作業場を作り上げるようにしましょう。

生コン業界の課題と生コン車の役割

トラック業界などにも言えるのですが、最近の担い手不足は、生コン車を運転する作業員にまで影響を及ぼしています。状況は深刻で、生コンクリートの出荷量にも影響が出ている状態です。
特に生コンは、公共工事縮減の煽りを受け、ピーク時から比べると出荷量が半分以下と厳しい状況が続いています。こうした現状に置かれている原因に、労働者不足に伴う出荷量の低下は喫緊の課題の一つだと言われています。
全国生コンクリート工業組合連合会および全国生コンクリート協同組合連合会では、こうした状況を踏まえイメージキャラクターを作成したり、「生コンという仕事」と題した動画を作成したりしています。こうした動きは、生コン業界だけではなく、建設業界全体で大きなうねりとなています。今までと違う建設業が今後、姿を見せてくれることでしょう。そのためにも、より信頼性のある、そして安全性の高い構造物を作り上げていかなければなりません。

日々開発や改良が進むコンクリートミキサー車

生コン車も日々開発や改良が行われています。そのため、過去にダウンロードして使用したcadデータが古い規格だったりする場合があるので注意が必要です。例えば、最近では生コン車後部に取り付けられていた、タンクなどを清掃するために備えられている階段が排除されている車体もあります。階段部分を外部の設備にすることで、より登りやすく安全に作業ができるようになっているのです。
手持ちのcadデータが常に最新か気を使い、正確で信頼性の高いcadを常に心がけましょう。
また、生コンクリート自体も日々開発が進んでいます。今ある生コン車では対応できない画期的な製品が今後生まれてくるとも限りません。特に昨今のICTやAI、IoTなどといった流れは、建設業界を否応なしに変革への道へと促進ています。
機材や建材だけに目を向けず、建設業界全体を見渡して、新しい技術を取り入れながらcadでのプレゼンや新たな発見に取り入れていくようにしましょう。


ミキサー車・アジテータ・生コン車のCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、ミキサー車・アジテータ・生コン車のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ミキサー車・アジテータ・生コン車のCADデータのリンク集まとめ



タイトルとURLをコピーしました