バイク・オートバイのCADデータ

3e6d3152 7725 4279 9241 0a5fc05d63df - バイク・オートバイのCADデータ 乗り物 CADデータ

バイク・オートバイ・スクーターの2Dcadデータのサイト紹介です。
ロードタイプは、アスファルトなどで舗装された道路に適したオートバイの総称です。
ネイキッドタイプは、風除けのカウルなどが無く、エンジンが外から見えるオートバイです。
クラシックタイプは、ネイキッドの中でもレトロな雰囲気を持つこのような車体はクラシックと呼ばれます。

50ccクラス(原付一種免許・普通自動車免許)のスクーターは、最も小さな排気量の原付スクーターです。
125ccクラス(小型二輪免許)は、急勾配の坂道や幹線道路でもスムーズに走行できます。
150cc~230ccクラス(普通自動二輪免許)は、車両の安定感があるスクーターです。

バイク・オートバイ・スクーターなどの、2Dcadデータ・cad図・図面・軌跡図が、ダウンロードできます。
無料のものもあります。


また、記事の後半では、バイクとオートバイの特徴と分類についての説明と、CADデータ・cad図・図面・軌跡図を使用する際の目的について解説しています。

それではまず、バイク・オートバイ・スクーターの2Dcadデータ・cad図・図面・軌跡図がすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
下記のCADデータリンク集からダウンロードしてくださいね。

バイク・オートバイの2Dcadデータ

バイク・オートバイ・スクーター 2Dcadデータ・cad図・図面・軌跡図については、Biblio CAD、SUPER COLORING、The-Blueprints.com、オートバイ cadデータ Google、CAD blocks、dimension CAD、DWG models、オートバイ cad-data.comなどのサイトで、お探しのデータがあります。
まずはフリーデータで試してみて、不満があるなら、有料データを購入してみてはいかがですか。

Biblio CAD

Biblio CAD

建築、設計、建設のためのAutoCADデータを公開しているサイトです。形式はDWG、3DS、MAX、DXF、PAT、LSP、PDFなどのデータが利用できます。バイク・オートバイ・スクーター、自動車、自転車、車いす、軽トラック、バス、作業員などのデータが無料で揃っています。

SUPER COLORING

SUPER COLORING

イラストデータを多数掲載しています。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バス、電車・列車、警備員・ガードマン・交通誘導員、子供・老人・男性・女性、植木、観葉植物などがあります。

The-Blueprints.com

The-Blueprints.com

バイク・オートバイ・スクーターのCADデータ・cad図・図面・軌跡図がダウンロードできます。それぞれ、メーカーごとに分類されています。自動車・乗用車・普通車・車両、バス、電車・列車・鉄道、子供・老人・男性・女性、トラック、船舶、建設機械、飛行機などのデータもあります。

オートバイ cadデータ Google

オートバイ cadデータ Google

オートバイのCADデータが、見れます。無料のものもあります。検索から多数のアイテムを表示できます。ロードタイプは、アスファルトなどで舗装された道路に適したオートバイの総称です。ネイキッドタイプは、裸という意味で、風除けのカウルなどが無く、エンジンが外から見えるオートバイです。クラシックタイプは、ネイキッドの中でもレトロな雰囲気を持つこのような車体はクラシックと呼ばれます。ハーフカウルタイプは、エンジンは露出していますが、フレームにマウントされたカウルがついているタイプのオートバイです。

CAD blocks

CAD blocks

フリーCADデータのダウンロードサイトです。バイク・オートバイ・スクーターなどのCADデータが揃っています。そのほか、家具、家電、街灯、フェンス、自動車・乗用車・普通車、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車椅子、バス、電車、樹木などのデータもあります。

dimension CAD

dimension CAD

CADデータが揃っているサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員、歩行者、樹木、植物などのデータがダウンロードできます。

DWG models

DWG models

CADデータが掲載されているサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バス、電車・列車・鉄道、作業員、警備員・交通誘導員、歩行者・通行人、植栽など、CADデータがあります。

オートバイ cad-data.com

オートバイ cad-data.com

オートバイのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。YAMAHA・HONDA・KAWASAKI・harley davidsonなどのオートバイ、バイクの前面図・背面図・両側面図・平面図、軌跡図、配達に使われるバイクなどのCADデータが揃っています。オートバイのCADデータの検索は、オートバイ、バイク、ヤマハ、マシン、ホンダ、ドラッグスター、motorcycle、2輪、ハーレーなどのキーワードを使って検索してください。


バイク・オートバイの3Dcadデータ

バイク・オートバイ・スクーター 3Dcadデータでは、3D Warehouse、Free 3D、Free Bank、3D CAD BROWSER、cgtrader、arch web、Artist-3D、Asset Store、ANIMIUM、Grab CADなどのサイトで、評判のデータが掲載されています。
きっとお役に立つと思います。

3D Warehouse

3D Warehouse

豊富な3Dフリーデータをダウンロードできるサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・車両、自転車・ロードバイク、車椅子、軽トラック、バス、電車・列車・鉄道、作業員、通行人、男性・女性、観葉植物・植物などのデータが揃っています。

Free 3D

Free 3D

フリー3Dモデルのサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、軽トラック、バス、電車・列車、作業員・建設作業員、交通誘導員・交通整理員、植物などのデータが紹介されています。

Free Bank

Free Bank

添景素材のダウンロードができるサイトです。ダウンロードには会員登録が必要です。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、AV機器、家電、照明エクステリアなどの素材データがあります。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER

3Dメッシュ3Dモデルと3D CADソリッドオブジェクトをダウンロードできる登録制サイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車、自転車、車いす、軽トラック、バス、電車、建設作業員、子供・老人・男性・女性、樹木・植栽などのデータがあります。

cgtrader

cgtrader

3Dモデルの販売サイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車椅子、軽トラック、バス、電車・列車、作業員、警備員、歩行者・通行人、低木・高木、観葉植物などのデータが購入可能です。

arch web

arch web

3Dデータを紹介しているサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、樹木・植栽、観葉植物・植物などのデータが多数掲載されています。

Artist-3D

Artist-3D

無料3DSモデルのダウンロードサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バス、電車・列車・鉄道、樹木・植栽などのデータが揃っています。家庭用品、ITツールなどのデータもあります。

Asset Store

Asset Store

3Dモデルを公開しているサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員・建設作業員、交通整理員、観葉植物などのデータがあります。

ANIMIUM

ANIMIUM

無料3Dモデルと3Dチュートリアルサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車などのデータが掲載されています。そのほか、OA機器、家具、乗用車・普通車、自転車・マウンテンバイク、子供、低木・高木、観葉植物・植物などのデータも掲載されています。

Grab CAD

Grab CAD

フリー3D CADデータを公開しているサイトです。バイク・オートバイ・スクーター、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車いす、軽トラック、バス、電車・列車、子供・老人・男性・女性、樹木のデータが紹介されています。

バイクとオートバイの特徴と分類

バイクとは、二輪車で、特にロードバイク、マウンテンバイク等の人力で動かすことができる自転車の事をいいます。
一輪車や三輪車の自転車もありますが、一般的には二輪車が多いです。

一方、オートバイとは、本体に原動機・エンジンを搭載した二輪車の事をいいます。
オートバイには、原動機の排気量により、国内では免許証の種類が異なります。

また、最近では3輪で走るオートバイも開発されていますが、いずれも同様にオートバイの分類となります。

バイクは基本的に、二人乗り禁止です。
オートバイは二人乗りは可能ですが、それ以上の人を乗せるオートバイはほとんどありません。

バイク・オートバイともに都市計画や道路設計等において、自転車専用道路、二輪車専用道路等の設計時にCADを使って、その速度に見合った道路線形・道路幅員の検討や交差点改良計画の検討に使ったりします。

建築計画でも、マンション計画やテナント計画で、駐輪場や駐車場スペースの検討にも、CADデータを用いることが多いです。
もちろん、無料のものも使います。

オートバイ(バイク・ロードバイク)は排気量によって免許が変わる

まず、オートバイ(バイク)は、エンジンを使って走る二輪車の総称のことをいいます。エンジンだけに限らず、近頃は電気モーターを使ったタイプも登場していますが、どちらもオートバイと呼んで問題ありません。

オートバイにも種類がたくさんあり、ロードレースでみるようなスタイリッシュなタイプの「レーサー式」と、両足を揃えて座る「スクーター式」があります。また、オートバイの雰囲気を重視したいのであれば「ネイキッド式」のものもあり、オートバイに何を求めるのかによっても変わります。

オートバイを運転するためには、その排気量の違いによっても運転免許の種類が変わります。例えば一番小型の50cc以下のものを「原付」といい初心者でも簡単に取得できるものです。

次に125ccまでのものは「小型免許」が必要になりますし、400ccまでのものは「中型免許」、それ以上の排気量のオートバイは「大型免許」を必要とします。そのため誰でも乗れるわけではなく、そのオートバイに必要な免許を取得しているのかどうかによっても違います。

ちなみにTVなどでは、バイクというと50cc以下のオートバイを指しているものが多いようです。

オートバイというと、タイヤが印象的ですが定期的なメンテナンスも忘れてはいけません。道路運送車両法によると、タイヤの残り溝が0.8mm以上の規定を設けています。バッテリーも常に放電していることから、定期的なチェックが欠かせません。

オートバイの軌跡図(軌跡)を見たいのであれば、cadデータの図面は欠かせません。フリー(無料)のcad図を使って、気軽にダウンロードしてくださいね。Cadデータでしかわからない点もありますし、図面がフリー(無料)で使えるので、営業にも役立つはずです。軌跡図(軌跡)を知りたければ、ダウンロードしない理由はありませんよ。

使用目的ごとに変化するオートバイの種類

オートバイ(バイク)にはさまざまな種類があり、それぞれに役割も違います。そのため、バイクを使って何をしたいのかによっても、バイクの選び方が変わってきます。一般的なバイクの特徴から紹介していきます。

ツアラー

オートバイのポピュラーな楽しみ方であるツーリングに向いているのが、ツアラーです。防風性能に優れており、乗り心地の良さはもちろん、大容量燃料タンクも搭載しています。ツアラーは長い距離をできるだけ負担をかけずに走るためのバイクになります。

大型座面のシートや、荷物の積載量なども兼ね揃えているので車体は大型になり、排気量は1000cc以上になります。グリップのヒーターや、シートヒーター、クルーズコントロール機能、オーディオ、トラクションコントロールなどの豪華な機能を搭載しています。

操縦の安定性にも優れた優秀なバイクといえるのではないでしょうか。ただし、車体の大きさがあるため、見通しが悪く速度が出せない場所もあります。

よりスポーティーなオートバイといえば「スポーツツアラー」も忘れていけません。防風性にも優れており、快適であること、オンロードならどこでも快適な走りが楽しめます。使える範囲が広いオートバイを求めている人にもおすすめです。

通常のツアラーよりも少し車体が軽いこと、やや前傾姿勢のものが中心になります。運動性の高さや、後席サイドやボックスなども含め、ツーリングの性能を高める機能が充実しています。スピード感を重視したいのであれば「ハイスピードツアラー」もおすすめです。

強力なトルクを持ちながら防風性と荷物の積載量を維持しています。比較的扱いやすくしたオートバイになり、ワンディンッグもほどよく楽しめる特徴があります。

デュアルパーパス&ビックオフ

多目的オートバイとして知られるデュアルパーパス&ビックオフは、オンオフモデルとしてもその名を知られています。アスファルトロードでの性能面も十分ながらサスペンションストロークを持っていることもあり、どこでも快適に走れると評判です。

短気筒エンジンを使用もしくは、2気筒エンジンを搭載しているので使いやすいのもポイントです。大きな排気量で世界の大陸をゆうゆうと走りたい人向けに生まれたのがビックオフともいえます。

アップライトポジションや防風性、快適性、安全性を兼ね揃えており安定した走りを実現します。どんな地形にも対応できる大型ツアラーともいわれるほどです。国内の大手もこのジャンルに投入しています。

モタード

オフロード型のオートバイならではの俊敏性を守りつつ、ロードスポーツの足回りやブレーキを兼ね揃えたスタイリッシュなオートバイです。前後に17インチのロードタイヤを搭載し、前後サス装備の車両なのが特徴です。アメリカでは別名スーパーバイカーズなんて呼ばれています。

混雑した道でも走りやすいので都会で車と車の間を走りたいときにも向いています。強いタイヤグリップはもちろん、強力なブレーキ力も搭載し、かっこいいオートバイとしても知られています。都会向けのバイクがほしいと考えている人にもおすすめできます。

スポーツネイキッド

速さを重視するために、最もシンプルさを追求したのがスポーツネイキッドになります。カウルを外しても一般的なオートバイの形にはならない個性的なスタイルも人気があります。

スーパースポーツに近い俊敏さはもちろんのこと、ハンドルの位置が少し高めになるので前傾姿勢でも楽に操縦できる良さもあります。スピードは出しつつ、のりやすさもあるので日頃から使い勝手の良いオートバイを探している人向けです。

オートバイファンのために、最先端のエンジンをあえて使わずに、モディファイを使用したりカウルをセットしたモデルなども販売されています。かつてのデザインを残しつつ、独創性のあるデザインを楽しんでいる人も多い種類になります。アレンジのしがいがあるのもスポーツネイキッドならではですね。

オートバイの種類を見れば、いかにcad図が役立つのがわかると思います。Cadデータの図面も無料(フリー)でダウンロードできますし、図面を使った営業を考えている人にも向いています。

オートバイの軌跡図(軌跡)を見たければ、cad図が役立つこと間違いなしです。そもそも軌跡図(軌跡)とは何かを考えたときに、オートバイが今まで作り上げてきた歴史でもあります。Cad図やcadデータをどう使うのか?無料(フリー)の図面ダウンロードを有効的に使うことも必要です。ダウンロードするときは、cadデータの保存形式に注意しないと、無料(フリー)図面が使えなくなってしまうので、注意してくださいね。

バイク(ロードバイク)の選び方

快適にかつ安全にバイクを運転するためには、シート高が自分に合っているかを確認する必要があります。バイクに跨ったとき、両足は地面にしっかりと着地しているでしょうか?もし片足しか着地していない、または両足がつま先しか着地していないようでしたら、バイクが停止したときに不安定な乗り心地になっているかもしれません。シート高の見直しをおすすめします。
シート高とは、地面からシート座面までの高さのことを指します。人によって体格や身長は異なるため、最適なシート高は人それぞれですが、最適かどうかを判断するポイントとして、停止中に両足が地面にしっかりと着くかどうかが一つの基準といえます。ただし、それなら低ければ低いほど良いと思われてしまうかもしれませんが、そうではありません。シート高が低すぎると足をより深く折り曲げなければならず、膝への負担が大きくなってしまいます。また、ニーグリップがやりにくくなる場合もあります。自分に合ったシート高を見つけるためには、足の着き具合を考慮しつつ、走行中の座面の高さで心地よいかどうかを、実際にバイクに跨って確認してみるのが良いでしょう。

カタログと実際の感覚で選ぶ

オートバイのカタログにはバイクそれぞれのシート高が記載されています。シート高のほかにも、インナーレッグ曲線という股下の長さを表記しているメーカーもあります。ほかにもバイクの機種によって異なるコンセプトなどの詳細がよくわかりますので、一度はカタログに目を通すことをおすすめします。
ただ注意してほしいのは、例えばそのバイクが単気筒エンジンの場合と直列4気筒の場合、シート高が同じでもシート幅が全く違うため、カタログのシート高の数値だけを見て足の着き具合を判断することはできないのです。また、座席の形状によっても足の曲げ具合などは変わります。短距離を移動するだけならまだ良いかもしれませんが、長距離のツーリングも考えている場合、足の着き具合だけでなく座面の広さや素材、形状の相性も重要です。ですので、カタログだけで安易に判断することは避けましょう。
CAD図を作成する際にメーカーの種類や型番が必要な場合も、カタログを見ることで欲しい情報が手に入るでしょう。似ているバイクのCAD図をフリーの無料ダウンロードサイトで入手して、それを活用する手段もあります。軌跡図を作成する場合も、ゼロから自分で軌跡を計算するより、無料フリーダウンロードサイトのCADデータをうまく取り入れることでCAD図作成の時間短縮に繋がります。

ロードバイクのシートをカスタマイズ

シートの種類は前後の席が一つに繋がっている一体式と、席が前後で分かれている前後席別体式に大別することができます。シート高が調節できるのはこのうち前後席別体式が一般的です。細かい調節ができるわけではなく、たいてい850ミリもしくは870ミリの2段階調節しかないのが普通です。
一般的なバイクはオーダーメイドではなく大量生産されるものなので、仕方がない部分ではありますが、そのままでは自分の体格や好みに合わない場合があります。そんなときは、より自分好みにカスタマイズし、工夫して乗り心地を良くする方法があります。
例えばシート高をもっと細かく調節したいときは、サスペンションのプリロードを弱くします。関連パーツの交換を行うのも、簡単で合理的な方法です。また、メーカーがシートの厚みが違う純正シートを用意している場合もありますので、確認してみるのも良いでしょう。シート一つをとっても、座面の素材、形状、内部に使われているクッション材など色々な素材があります。どれが良い悪いというわけではなく、どの素材、どの組み合わせにも人によって良い面と悪い面があります。自分のライディングパンツとの相性も考え、シートの表面の素材を変えたりするだけでも乗り心地は大きく変わります。

オートバイのフレームは目的に合わせて選ぶ

オートバイのフレームには様々な種類がありますが、バイクを動かす原動力であるエンジン、燃料タンク、バッテリーなどを搭載し、その他バイクに必要な部品をセットするという目的はどんなフレームも同じです。通常、オートバイの用途、目的に合わせて最適な形状や素材が決定されます。
フレームに強度が必要なのは誰もが承知の通りですが、強度以外にも剛性という性能が重要なポイントです。剛性とはねじれやズレなどの変形に対する抵抗力のことを指します。スピードを出せるように作るほど走行中のフレームへの負担も大きくなりますから、この剛性のバランスは非常に重要です。剛性を調節するのには、パイプの形状の組み替えや、板圧や断面積を変更することで可能になります。

オートバイのフレーム

フレームはバイクの心臓部分ですので、素人が改造するのは避けた方が良い部分です。また、フレームだけを交換するというのはできないのが基本です。そのため、最初に自分の用途に合ったフレームを選ぶことが大切です。フレーム選びは見た目だけの問題ではなく、乗り心地にも大きく関わっています。例えばホンダのCBR250RとCRF250Lというバイクは、エンジンは全く同じものを使用していてフレームなどその他の部品が異なりますが、2つを乗り比べて同じ乗り味だと思う人はいないでしょう。キャスター角や細かな部品が少し変わるだけで乗り心地が変わります。オートバイとはとても奥の深い乗り物といえます。
CADデータの軌跡図も図面も素材が変われば当然一つ一つ変わります。実用性の高い軌跡図やCAD図を利用すれば、あらゆるプレゼンテーションの場面で役立つでしょう。

代表格のクレードルフレーム

エンジンを包み込む=クレードル、という意味から名付けられたフレームです。伝統的なフレームで、ダブルクレードル型、シングルクレードル型、セミダブルクレードル型などの種類があります。

エンジン下部が空いているフレーム

エンジン下部に支えるためのダウンチューブを作らないフレームをダイヤモンド型・バックボーン型などといいます。

その他のさまざまな用途のフレーム

さきほどのバックボーン型フレームの進化系として、アルミツインチューブフレームやアルミツインスパーフレームというスーパースポーツ系に向いたフレームがあります。
トラスフレームは細いパイプを架け橋構造に組み合わせてフレームとして使用したもので、スチールやアルミで製造されることが一般的です。

アンダーボーン式フレームや鉄製のモノコック式フレームは、スクーター系のために設計されたフレームで、床の位置を低く設計することで両足を揃えて乗せやすいように工夫されています。

バイク・オートバイのCADデータは無料ダウンロードできる

オートバイの種類について紹介しました。他の車種にはない軌跡図(軌跡)を知るためにはどうしたらいいのか?を考えたときに、cadデータは絶対に必要です。Cad図でしかわからない点もありますし、無料(フリー)ダウンロードできるので手軽です。軌跡図(軌跡)はcad図だからこそわかるものですし、ダウンロードして損はありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました