ダンプ・トラックのCADデータで仮設計画図がわかりやすくなる

156ef6a1 f2a7 464a a0d1 bbb6f78fa401 - ダンプ・トラックのCADデータで仮設計画図がわかりやすくなる 運搬機械 CADデータ

ダンプ・トラックは安全対策に必要な主役の一角を占める

ダンプ・トラックは、土木・建築工事の「意匠図」や「構造図」などの図面には表記されることはありません。ダンプ・トラックの姿図が表記されるのは、基本的に「仮設計画図」などの安全対策に表記されることの方が多いと言えます。

また、「仮設計画図」は、本体工事の「設計図書」には含まれることはありません。
しかし、工事を円滑に進めるためには必要不可欠な図面です。

ダンプやトラックは、仮設工事や基礎工事などを始め、工事現場の竣工間近までのギリギリまで、必要になることがあります。
そうなると、ダンプやトラックのCAD図データは、安全対策において必要な、主役の一角とも言えます。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものをダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。また、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。
また、キャリアダンプとよばれる整地されていない土地を走るのに適したものもあります。
トラックには日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。

ダンプ・トラックなどのCADデータをまとめて紹介
そこで、このページでは、使いやすいダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。


記事の後半では、ダンプやトラックを仮設計画図のに記載するうえでの注意点、使いやすいダンプ・トラックCADデータの見つけ方について説明しています。


  1. ダンプやトラックを表記している「仮設計画図」の目的とは
    1. ダンプ・トラックのサイズの違いに注意が必要
    2. ダンプやトラックのサイズをCADに記載するのは大変な作業です
    3. フリーサイトでダンプとトラックのCADデータをダウンロードしよう
    4. ハイレベルな「仮設計画図」を作成しよう
    5. 素材が豊富な車両リース会社でCADデータを探す
  2. ダンプやトラックのCADデータは車種や区分に注意してダウンロードしよう
    1. トラックの総積載量により旋回軌跡図が変わる
      1. 小型トラック
      2. 中型トラック
      3. 大型トラック
    2. 平ボディトラックは荷台床の高さでサイズが変わる
      1. 高床トラック
      2. 超低床トラック・全低床トラック
    3. トラックの車輪と駆動の表記
    4. 雪道や坂道に強いのは4輪駆動
    5. ワンデフとツーデフは駆動する軸数で区別する
    6. トラックは後輪駆動が多い
    7. ダンプトラックのcadデータや正面図のダウンロード
    8. ダンプトラックのメーカーによるメンテナス
  3. 大型トラックなどの積載量、低床トラックの平ボディなどの区分を検証
    1. トラックのボディ、キャブ、フレームとは
    2. 大型トラック、平ボディなどトラックにはどんな種類があるの?
      1. 大型トラック
      2. 中型トラック
      3. 小型トラック
    3. 日野トラックや三菱ふそうなどボディメーカーの種類とは
    4. トラックのボディを作る相模ボデーとは
    5. まとめ/大型トラックなどの積載量、低床トラックの平ボディなどの区分を検証
  4. ダンプトラックのCADデータをダウンロードするための基礎知識
    1. ダンプカーとは積荷を一気に吐き出す車
    2. 日本のダンプトラックメーカー、三菱ふそう、日野ダンプ、極東開発工業
    3. ダンプトラックの駆動方式と旋回軌跡の確認
    4. ダンプのホイストの位置確認と軌跡図
    5. ダンプトラックの荷台、フラット底、船底タイプ、深ボディ
    6. ダンプトラックの過積載問題の経験が生かされた装置
    7. 狭い現場で威力を発揮する3転ダンプトラック
    8. エアサスペンションとリーフスプリング
    9. ダンプトラックの荷台の床材の摩耗とその対策

ダンプやトラックを表記している「仮設計画図」の目的とは

ダンプ・トラックのサイズの違いに注意が必要

土木や建築工事を行う際に、工事現場内でのダンプやトラックの配置の検討が必要になります。

また、搬入出経路をどのように計画するか事前に把握し、確認検討をするために図面に記載します。ダンプやトラックの規格寸法図や旋回軌跡図なども作成します。

ダンプやトラックの配置や、搬入出経路の確認は、着工前に必ず行う作業で、今後の工事を進めていく中でも重要な役割と言えます。

その中で注意しないといけないことは、ダンプやトラックの車体のサイズを、事前に確認する必要があります。図面に記載するダンプと、実際のダンプの大きさを把握しておかなければ、ダンプが邪魔で工事が円滑に作業できない、という予期せぬトラブルに合う可能性が考えられます。整地されていない土地では、キャリアダンプが必要になることもあります。

特に、土木工事や建築工事の中での基礎工事などは、限られた範囲での作業が求められます。
ダンプやトラックは他の車両より大きい分、他の作業に影響が出やすくなります。

また、図面上にダンプやトラックがサイズ的に収まると言っても、車体自体が現場で小回りができない場合もあります。

トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。また、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。
ただし、ダンプやトラックのサイズは、メーカーによっても多少ですが違いがあります。
その点を考慮しておくことも注意する点です。

ダンプやトラックのサイズをCADに記載するのは大変な作業です

CADで求められるのは、ダンプやトラックの実際のサイズで、現場内での配置を考慮することです。

サイズ感を把握するだけなら、トラックやダンプを実際のサイズを、そのまま四角く線で表すことで、簡単にダンプとして表記することができます。

ただ線を四角に加工するだけで車両として表すことができますが、四角い線の中に「2tダンプ」や「4tトラック」と文字を追記することにより、車両のタイプが一目で分かりやすくなります。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックがあります。また、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。

複雑な線が要り組むCADの中では、簡易的な車両表記をすることで、より分かりやすさが表れます。

フリーサイトでダンプとトラックのCADデータをダウンロードしよう

四角い線で、ダンプやトラックを表記することで、実際のサイズをそのままCADで表すことができます。
しかし、もう少し、特殊な形態をしたキャリアダンプのようにダンプなどの質感をより分かりやすくしたい方には、そのまま姿図を1つ1つCAD図で記載するには、難しくハイレベルな作業です。

では、実際にどうすればいいのでしょうか?
それは、CADで、ダンプやトラックを始め、様々な姿図を1つのデータとして残しているサイトの力を借りることです。

ハイレベルな「仮設計画図」を作成しよう

フリーサイトでダウンロードしたダンプなどのデータを、「仮設計画図」に添付することで、簡単にハイレベルの「仮設計画図」として見えてくるのです。

それでは、どのようにフリーサイトを探せばいいのでしょうか?

インターネットの検索に「ダンプ CADデータ ダウンロード」とワードを入れて検索すれば、いくつかのサイトがヒットします。
よくアクセスしているサイトでは、使いやすいデータが見つかる可能性があります。

素材が豊富な車両リース会社でCADデータを探す

車両系のCADデータを求めている方は、リース会社でCADデータをダウンロードする方が、様々なサイズのダンプやトラックデータの素材が豊富です。トラックには2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラック、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーと積載量によって多くの種類があります。

サイトの種類の中には「有料サイト」や「無料サイト」が存在します。
最新のデータを求めるには「有料サイト」でダウンロードをお勧めします。

しかし、「仮設計画図」でのダンプやトラックの配置の検討では、「無料サイト」でダウンロードしても、十分な素材データが存在します。ただし、キャリアダンプの素材データは数が少なく、探すのに苦労することがあります。

また、一度ダウンロードしたダンプやトラックのCADデータは、何度も使用することができます。

今後の「仮設計画図」に役立つことができるので、試してみる価値はあります。


ダンプやトラックのCADデータは車種や区分に注意してダウンロードしよう

トラックの区分を考えた場合に、総積載量による区分があります。また、日野トラック・日野ダンプや三菱ふそうなどが取り扱っているダンプカーなどの大型トラックには、「6×4」や「4×2」などの表記がされている場合があります。さらに、建機などを輸送する「平ボディ」に採用されている「低床トラック」など、トラックの区別や種類はさまざまです。また、キャリアダンプとよばれる整地されていない土地を走るのに適したものもあります。
トラックの違いを知らなければ、無料やフリーのcad図をダウンロードして図形に当て込む時や、トラックの軌跡図や正面図、平面図、旋回軌跡図、規格寸法図などを選択する時などに、間違いや捉え違いなどが発生してしまします。

トラックの総積載量により旋回軌跡図が変わる

トラックを区分する時、総積載量で小型・中型・大型トラックに分けます。それぞれの大きさで軌跡が変わるため、軌跡図や旋回軌跡図、規格寸法図などをcadで作成する場合は、注意したい区分のポイントと言えるでしょう。またcadの図面で、平面図や正面図などの図形を表す場合にも、気をつけたい区分だと言えます2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックや2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがどの区分に入るかも説明します。

小型トラック

2tトラックは小型トラックに分類されます。小型トラックは、最大積載量3t未満かつ車両総重量5t以下のトラックとなっています。

中型トラック

ダンプカーなどでも見かけることが多くなる積載量である3tトラックや4tトラックそして6tトラックは、中型トラックとして区分けされます。中型トラックは、最大積載量3t以上6.5t未満かつ車両総重量11t以下のトラックです。

大型トラック

7tトラック・8tトラック・10tトラック・11tトラックおよび15tトラックが区分されるのが大型トラックです。大型トラックは、最大積載量6.5t以上かつ車両総重量11t以上のトラックとなります。大型ダンプカーなど、工事現場ではよく見かけるタイプです。
トラックは大型になるほど、旋回の軌跡が大きくなります。軌跡図や旋回軌跡図、規格寸法図などをcadで図面化することで、現場の接触事故などを防げる効果もあります。フリーや無料の「dxf」「dwg」「jww」形式のcadデータをダウンロードしたり、日野トラック・日野ダンプや三菱ふそうといったメーカーサイトから、無料のカタログをフリーダウンロードすると良いでしょう。

平ボディトラックは荷台床の高さでサイズが変わる

2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックには、平ボディタイプのトラックが存在します。また、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーには平ボディタイプのダンプカーがあります。平ボディタイプのダンプカーなどのトラックは、荷台床の高さでサイズが変わります。もし、cad図で平面図や正面図、規格寸法図、旋回軌跡図などを作成する場合は、チェックしておきたいポイントだと言えるでしょう。

高床トラック

地上から床面までの高さが最も高い平ボディが高床トラックです。高床トラックは、後に紹介する全低床トラックや超低床トラックなどの低床トラックタイプと違い、荷降ろしにフォークリフトなどを使用することが多いです。
2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラック、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーなど、どの積載量のトラックでも見ることができますが、多くは6tトラック・7tトラック・8tトラック・10tトラック・11tトラック・15tトラックといった中型・大型トラックで良く見ることができます。
ちなみに、2tトラックの平ボディでは、地上から床面までの高さがおよそ925~1,105mmとなっています。

超低床トラック・全低床トラック

低床トラックには超低床トラックと全低床トラックがあります。高さが最も低い超低床トラックは、荷物の上げ下ろしに負担が少ないのが特徴で、2tトラック平ボディでおよそ780~785mmの高さとなります。一方の、全低床トラックは、平ボディの高さが高床トラックより低く、超低床トラックより高いトラックです。2tトラック平ボディでおよそ840~970mmの高さとなります。

トラックの車輪と駆動の表記

トラックメーカーが取り扱う、例えば日野トラック・日野ダンプや三菱ふそうのダンプカーや大型トラックのカタログには、「6×4」や「4×2」などといった表記を見ることができます。
この、「6×4」や「4×2」などの表記は、トラックについている「車輪の数」×「駆動部の車輪の数」を表しています。例えば、タイヤが前輪に1軸2車輪、後輪に2軸4車輪、駆動部が後輪のトラックの場合は「6×4」のトラックとなります、ちなみに車輪の数は、シングル・ダブルどちらのタイヤでも「1」として数えます。
2tトラック・3tトラック・4tトラック・6tトラックである小型トラックや中型トラックでは、前輪と後輪に1軸2輪ずつで後輪駆動となる「4×2」が多いようです。
さらに、不整地で使われるキャリアダンプのように、走行装置がクローラ式のものもあります。

雪道や坂道に強いのは4輪駆動

雪道や坂道に強いとされるのが4輪駆動のトラックです。1軸2輪のタイヤが前後についていますが、駆動部が前輪と後輪両方となっています。「4×4」や「AWD」と表現される4輪駆動車は、2tトラック・3tトラック・4tトラック・6tトラックなどの小型や中型のトラックによく見かけますが、除雪車などの大型トラックでも見ることができます。

ワンデフとツーデフは駆動する軸数で区別する

7tトラック・8tトラック・10tトラック・11tトラック・15tトラックなどの大型トラックでは、低床トラックを除いて前輪が1軸2輪と後輪が4軸8輪のタイプが多くなります。この場合、後輪の駆動部4軸のうち2軸のみ駆動するトラックを「ワンデフ」、4軸のうち4軸すべてが駆動するトラックを「ツーデフ」と呼びます。また、ワンデフの駆動しない部分のタイヤを「ゆうりん」または「ひきずり」と呼んだりするようです。

トラックは後輪駆動が多い

大型トラックやダンプカーなどトラックの多くは、後輪駆動が多いとされています。これは、平ボディや低床トラックおよび2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラック、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーでも言えることです。
その理由としては、平ボディや低床トラックのような、荷台に多くの荷物を積み込むトラックが多いためです。後輪駆動にすることで、荷物積載部のパワー維持や安定性を確保できるなど、非常に相性が良いとされています。
なお、キャリアダンプのようにタイヤではなく、クローラ式のものもあります。

ダンプトラックのcadデータや正面図のダウンロード

cadで軌跡を表す軌跡図や旋回軌跡図、規格寸法図、平面図、正面図といった図面や図形を作成する場合、フリーや無料のcadデータをダウンロードしてcad図に当てはめていきます。
トラックの正面図や軌跡、平面図、規格寸法図などといったcadデータやcad図面・図形は、三菱ふそうや日野トラック・日野ダンプといったメーカーサイトからフリーダウンロードしたり、無料で正面図や軌跡、旋回軌跡図、平面図などのcadデータを公開しているメーカー以外の一般の人が作成したダウンロードサイトを使うのが定番です。
ダウンロードする時には、cadデータの種類には注意が必要です。多くの場合は「dxf」「dwg」「jww」の拡張子がついているcadデータを見かけることができるでしょう。「dxf」「dwg」はAutodesk社が取り扱っているcad図・図形作成ソフト「AutoCAD」の、「jww」は無料ソフトとして有名なcad図・図形作成用フリーソフト「Jw_cad」の拡張子です。
「dxf」「dwg」「jww」は拡張子の違いはあるものの、多くの場合は平面図データや図面に互換性があります。「dxf」「dwg」「jww」ではないcadデータがあったとしても、取り扱っているソフトからcadデータを取り込み、「dxf」「dwg」「jww」ファイルへ変換するようにしましょう。また、「dxf」「dwg」「jww」ファイルでみつからないcadデータは、三菱ふそうや日野トラック・日野ダンプからカタログや平面図、正面図、軌跡図、規格寸法図などをダウンロードして、自作するようにしましょう。

ダンプトラックのメーカーによるメンテナス

平面図、正面図などの「dxf」「dwg」「jww」形式のcadデータや軌跡を表す軌跡図、旋回軌跡図、規格寸法図のcad図面作成には関係がありませんが、最近ではトラックのメンテナンス費用を抑えるための対策を各メーカーが行っています。
三菱ふそうの場合、ギアをAMT化することでトランスミッションとデフオイルの交換を従来に比べて約6倍へ改良しました。また、三菱ふそうではエンジンオイルと燃料フィルターの耐久雨について、従来より約2万kmをプラスしています。
日野トラック・日野ダンプでは、システム内に異物を防ぐための尿素水フィルターの交換時期を、「1年ないしは10万km」としていたものを「3年または30万km」と変更しています。
このように、三菱ふそうや日野トラック・日野ダンプなどのメーカーは、大型トラックなどの性能や燃費効率を向上させ、よりユーザーニーズにマッチした新商品を開発しています。
なお、キャリアダンプはこれらとは異なるメーカーが製造しています。


大型トラックなどの積載量、低床トラックの平ボディなどの区分を検証

トラックの基本ともいえる「ボディ」ですが、そもそもなんだろう?と疑問に思ったことはありませんか。通常のトラックはもちろん低床トラックも大型トラックにも必ず搭載されており、最大の特徴ともいえます。意外と知らない、低床トラックの平ボディについてわかりやすく解説していきたいと思います。

トラックのボディ、キャブ、フレームとは

そもそもトラックの役割といえば、物を運ぶことにあります。一般的な2tトラックはもちろん迫力満点の15tトラックなどもすべてがボディを持っています。トラックの物を運ぶスペースを「荷台」とし、できるだけ多くの荷物を載せられるように広いスペースを確保しています。このフレームの上に載った荷台部分のことをボディといい、前方にある運転席部分のボックスを「キャブ(キャビン)」と読んでいます。

車などは全体のことをボディと表現するので、少し言い回し方に違いがあります。ボディの全体にフレームの役割を担っている形式を「モノコック」といいます。それに対してトラックは必ずといっていいほどフレームを備えています。軽トラックである2tトラックは世界最小としても知られていますが、しっかりとフレームが備わっています。トラックは車種によっての多少の違いもありますが、トラックの下部に「ハシゴ型フレーム」を搭載しており、そのうえにボディが載るようにできています。

低床トラックの平ボディなどのCADデータは、効率的で提案力のある図面を作成するのに欠かせない重要な要素の一つです。日野トラック、三菱ふそうのサイトでは旋回軌跡図がダウンロードできます。

大型トラック、平ボディなどトラックにはどんな種類があるの?

トラックには積載量による呼び方の違いがあります。これはトラックメーカーが定めた区分によるもので「積載量」を基準とし区分されています。まずは大型トラック・中型トラック・小型トラックの違いから説明します。

大型トラック

最大積載量6.5t以上のトラックのことを大型と呼びます。大型トラックは幅が広く7tトラック・8tトラック・10tトラック・11tトラック・15tトラックのいずれも大型に分類されます。運送業や製造業、建築資材の運搬などに使われることも多く全長12m、幅2.5m以内、全高2.5m以内などの大きな規模のトラックになります。

車両総重量は11t以上にもなり中距離~長距離の移動などに使われています。また見た目は少し違いますがタンクローリーやダンプカー、キャリアカーも大型トラックの分類に入ります。ちなみにダンプカーのダンプは「荷物などをドサッと下ろす」意味の英語になります。

土砂を排出する様子が一致していることからダンプカーの名前が付けられたようです。あまりの大きさにびっくりしてしまいますよね。重量があり大きなものを運搬するのに使われているトラックです。大型トラック免許を持っていないと運転はできません。

中型トラック

3tトラック以上、6.5tトラックまでを中型と呼びます、別名として4tトラックと呼ぶ場合もあります。トラックの業界では約4割が4tトラックを保有しているといわれており製造業を中心に需要の高い規格のトラックです。

全長 12m以内で幅 2.5m以内、全高 3.8m以内、最大積載量 6.5t以内、車両総重量 11t以内などの決まりもあります。短距離から中距離程度の移動に使われることの多いトラックです。引越し業でもよく使われています。中型以上の免許を持っている人であれば、どなたでも運転できます。

小型トラック

積載量が3tトラック未満のことを小型トラックと呼びます。2tトラックももちろん小型に分類されています。全長は4.7m以内のものになり幅1.7m以内、全高2.0m、最大積載量3.0t以内、車両最重量5.0t以内などの決まりがあります。

地域を回るような近場の配達に使われることが多く、小回りのきくトラックになります。準中型免許以上を取得していれば、誰でも運転できるトラックとしても知られています。

他にもトラックのボディの形状によっても呼び方に違いがあります。車体に荷台を備えたフラット式の荷降ろししやすい形状のものを「平ボディ」といいます。農業などでよく見かけるシンプルなトラックになります。機能性の良さを重視したタイプです。

箱型で中身が見えなくなっているのが「バンボディ」、断熱構造の荷箱のなかに冷凍(冷蔵)機が搭載されているトラックを「冷蔵冷凍庫」といいます。食品などの鮮度を保ちながら運搬するときに使われるものです。「ウィングボディ」はトラックの横が開閉できるものになっており、大きな荷物を運び出すときにもベンチです。

大型トラック、平ボディなどトラックのCADデ-タがあれば、限られたヤ-ドにおいて、どのような大きさの車両が、どのように配置できるのかという点を、発注者等に説明できます。日野トラック、三菱ふそうのサイトでdxf、dwg、jww形式のCADデータがダウンロードできます。

日野トラックや三菱ふそうなどボディメーカーの種類とは

トラックのボディ部分を製造している企業のことを、
・架装メーカー
・車体メーカー
・ボディメーカー
などと呼ぶことがあります。
そもそも架装とはフレームのうえにボディを構築することをいいます。

他にもフレームにエンジンやキャブなどを取り付けたうえでボディなしの車両を制作しているメーカーのことを「シャシーメーカー」と呼ぶこともあります。「三菱ふそう」や「日野自動車」などが主なシャシーメーカーになります。三菱ふそうといえば、バリエーションやグレード、カスタムなど柔軟に対応してくれる企業です。

三菱ふそうは近頃、小型トラックのキャンターでも話題になりましたね。いままでの技術の集大成ともいえる三菱ふそうのキャンターは高級感もあり、ビジネスに一役買ってくれる存在になりそうです。

主にボディメーカーの人たちが呼んでいるものになり、日本には4社しか存在していません。その反面、ボディメーカーは、社団法人「日本自動車車体工業会」に加盟している人の数だけでも70社以上になると考えられいます。実際に全国には100社以上になるなど大きな規模を誇ります。

これらのボディメーカーの多くは中小企業になります。これだけの規模があれば大手でもおかしくないのでは?と思う人もいるかもしれません。この理由としてトラックユーザーのニーズがいかに多様化しており、対応するためには中小企業が最も適していることにあります。

日野トラックや三菱ふそうなどボディメーカーのCADデ-タや軌跡図があれば、どのように機械を配置できるか、どのような作業を行うか等を、分かりやすく伝えることができます

トラックのボディを作る相模ボデーとは

日野トラックや三菱ふそうも有名ですが、神奈川県相模原市にある「相模ボデー」は、平ボディの専門メーカーとして知られる老舗です。昭和38年に発足し年間300台、月25台ほどの正装を行っています。常に品質向上を大切にしている会社としても知られています。

40名ほどのスタッフが働いていますが、たくさんのニーズに応えられるようにするためユーザーの要望をA3容姿のフォーマットに書き込むようにしています。仕様書の項目は100種類以上にもなり4~5枚のボリュームになります。主に荷台の仕様だったり、アオリの高さなどに始め、根太の素材と寸法、仕様なども含めています。

仕様書の内容はもちろんのこと、ユーザーの細かなニーズに応えられるような努力を大切にし続けています。他にもこだわりの情報をいかに共有し、トラックのボディづくりに生かしていくのか考えています。相模ボデーでは、営業や設計の担当者、資材担当者をはじめ、製造に関わるすべての人達が情報を共有するためのレビューを行います。相模ボデーや日野トラック、三菱ふそうも老舗だからと手を抜かずにいかにユーザーの希望を形にするのかをこだわっている企業といえるのではないでしょうか。

トラックのボディを作る相模ボデーにおいても、プレゼンテーションの提案力を向上させるための平面図・正面図の図形CADデータが活用されています。

まとめ/大型トラックなどの積載量、低床トラックの平ボディなどの区分を検証

トラックのボディと一言でいっても積載量によっても違いますし、どんなものを運ぶのかによっても呼び方に違いがあります。ボディメーカーなどボディに関わる中小企業の多くがいかにユーザーの期待以上のトラックを生み出す努力を続けてきたからこその結果といえるのではないでしょうか。

大型トラック、型トラック、型トラック、低床トラック、平ボディなどのCADデータを落とし込む際には、十分に車種や仕様を考慮する必要があります。Dxf、dwg、jwwなど、現場に合った車種のCADデータを利用しましょう。


ダンプトラックのCADデータをダウンロードするための基礎知識

ダンプカーとは積荷を一気に吐き出す車

重い土砂などを運搬するだけでなく、荷台を傾けて積荷を下ろすことができるダンプトラック。ダンプ(dump)とは英語で「吐き出す」という意味で、積荷を一気に吐き出すことができることから、ダンプトラックやダンプカーと呼ばれています。

日本のダンプトラックメーカー、三菱ふそう、日野ダンプ、極東開発工業

日本でダンプトラックを製造しているメーカーは、三菱ふそうや日野ダンプなどを始めとした自動車メーカーや、極東開発工業やコマツなど特装車を専門にしているメーカーなどその数は10社近くにのぼります。
ダンプトラックはさまざまな用途に用いられることもあり、非常に細分化されていることも特徴のひとつです。2tダンプカー、3tダンプカーといった小型、4tダンプカーといった中型、10tダンプカーといった大型をはじめ、増トンとよばれる6tダンプカー、8tダンプカーまでさまざまな大きさがあります。
そして、積載する荷物によっても分類化され、土砂を運ぶダンプ、土砂以外の軽いものを運ぶ土砂禁ダンプ、農作物などを運ぶキャリアダンプなど数多くのバリエーションがあります。
このため、CADデータにおいてもさまざまな図面が存在します。フリーでダウンロードできるCADデータだけでも膨大な数が存在していますので、メーカーや重さ、形状だけでなく寸法や軌跡図など、正確な情報を入力することがポイントとなります。

ダンプトラックの駆動方式と旋回軌跡の確認

ダンプの荷台を持ち上げる動力は、エンジンの回転を「油圧」に変えることで生み出されています。これはPTO(パワーテイクオフ)といい、トランスミッションの横からエンジンの動力を取り出して発生させます。この操作は運転室内のダンプレバーで行い、レバーを下げにすることで荷台が下がります。
ボディの最大傾き角度は「ダンプ角」と呼ばれ、大型の土砂ダンプでは53度、比較的軽いものを運ぶ土砂禁ダンプは48度が一般的となっています。
CADデータを無料ダウンロードする際も、このダンプ角は重要な数字のひとつとなりますので、寸法や軌跡図を確認しながら適切なCADデータをダウンロードできるように注意が必要です。

ダンプのホイストの位置確認と軌跡図

ダンプカーの荷台とボディをつなぎ、昇降する部分をホイストと呼びます。
荷台を持ち上げるホイストは、トラックのサブフレーム上に取り付けられる「リフトアーム」、油圧で持ち上げる「油圧シリンダー」、それに油圧シリンダーの動きをガイドする「テンションリンク」の3つの部品で構成されています。
いすゞや日野ダンプなど多くのダンプメーカーは、社外から油圧シリンダーを購入していますが、極東開発のダンプは自社の工場で製造した油圧シリンダーが搭載されています。
ホイストはてこの原理を利用して昇降し、取り付け位置によって油圧の量も異なってきます。大型のホイストASSYでもストロークやインナーチューブの径、能力の違いで5種類ほど存在しますので、CADデータのフリーダウンロードサイトなどで図面を検索するときも、ホイストの位置も確認し、軌跡図を参照することもポイントとなります。

ダンプトラックの荷台、フラット底、船底タイプ、深ボディ

CADデータを無料ダウンロードする場合、ダンプカーのメーカーや大きさだけでなく、ダンプの荷台の形状なども正しく把握しておく必要があります。
ダンプトラックの後方はアオリと呼ばれ、荷台をダンプアップした際に後方のアオリの下部が開くようになっています。これは、アオリが開いた隙間から土砂をどんどん降ろすことができるためです。しかし下部にヒンジを備え、上部を後ろに90度スイングさせる「フラッティゲート」と呼ばれるものも存在します。これは、アオリの高さ以上の大きな岩石などの積載物を下ろすことが可能となっています。
一方で、荷台の運転席側の仕切りはプロテクターや鳥居と呼ばれ、形状も基本形だけで4種類存在しています。
荷台の形状もフラット底のほか、排出性能が高い船底タイプ、比較的軽いものを多く載せる深ボディというものもあります。

ダンプトラックの過積載問題の経験が生かされた装置

昭和の高度経済成長期には、過積載が大きな社会問題となりました。
実は現代のダンプトラックにもその名残が残っていて、油圧シリンダーを少し持ち上げた状態で、自重を測れる装置が搭載されています。
これは油圧シリンダーに掛かる重量を測定し、おおよその積載量を調べる機構となっていて、過去の過積載問題の遺構ともいえる装置となっています。
三菱ふそうやいすゞ、日野ダンプなど大手メーカーのトラックには現在でも標準搭載されていますので、CADデータをフリーダウンロードするときも、参考にしておくことをおすすめします。

狭い現場で威力を発揮する3転ダンプトラック

一般的なダンプトラックは、積み荷を落とす方向は後ろ側だけとなっていますが、ボディが左右に傾き、左右どちら側へもダンプができる、3転ダンプトラックというものがあります。積み荷を後ろだけでなくダンプカーのすぐ横に下ろせるため、狭い道路の工事などで役立ちます。その使用用途から3転ダンプはほぼ2tダンプカー、3tダンプカーといった小型や4tダンプカーといった中型が大半で、10tダンプカーのような大型はほとんど見かけることはありません。
最近では幅広い種類の特装車を用意しておきたい大手建機レンタル会社などで注文が増えるなど、時代に応じて需要が変化してきています。
形状や寸法が同じでも働きがまったく異なり、軌跡図も異なってきますので、無料ダウンロードサイトなどでCADの図面をダウンロードする際も、バリエーションの違いを頭に入れておくことが重要となってきます。

エアサスペンションとリーフスプリング

ダンプには、クローラ方式を採用しているキャリアダンプなどもありますが、トラックをベースにしているダンプカーのフロントサスペンションに使用されているリーフスプリングは、19世紀のロンドンで活躍していた乗り合い馬車に搭載され、長い歴史を持ちます。
19世紀から使われている技術だから旧式かといえばそうではなく、安価で耐久性が高く機構的にシンプルというのが最大の利点となっています。
1980年代以降、乗用車はエアサスペンションが主流となっていますが、ダンプカーやミキサー車に限れば、現代においてもほぼリーフスプリングが採用されています。
特に木材や鉄骨を運ぶトラックなどは、ホイールベースは長いものの荷崩れや荷痛みを気にする必要がない車両のため、導入コストが安いリーフスプリングのサスペンションが好まれています。
大型ダンプカーやミキサー車でもリーフスプリングのサスペンションが採用されているのも、導入コストがエアサスペンションよりも安価なことが挙げられます。このほか、積み荷の砂利や砂、コンクリートは振動で荷痛みしないこと、ホイールベースが短く不整地も走ることがあり、リアが2軸で荷重の分散もできることも理由のひとつです。
現在でも2tダンプカーや3tダンプカーなどの小型ダンプのリアサスペンション、8tダンプカーなどの中型ダンプや10tダンプカーなどの大型ダンプのフロントサスペンションのバネは、リーフスプリングが主流となっています。
三菱ふそうや日野ダンプなどの大手メーカーでも採用されているので、CADデータを無料ダウンロードするときの参考にしておくとよいでしょう。

ダンプトラックの荷台の床材の摩耗とその対策

特に土砂を運ぶダンプトラックは、使えば使うほど荷台が土砂や砂利で削られ摩耗していきます。
とくに後部の摩耗は顕著で、その対策として2012年ごろから10tダンプカーなどの大型トラックでは、耐摩耗性の高いスウェーデン鋼(耐摩耗鋼板)が採用されています。
床材やテール部は6mm厚、サイドやプロテクターは4mm厚というのが一般的で、凹みも以前のSS400鋼と比較して格段に改善されました。
一方で2tダンプカーなどの小型、3tダンプカーなどの中型トラックや農作物を運ぶようなキャリアダンプではオーバークオリティとなるため、現在でもSS400鋼が使われることが多くなっています。
CADデータを無料ダウンロードする際も、鋼板の厚みだけでなく材質についても留意しておく必要があるといえるでしょう。


ダンプトラックのCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、ダンプトラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプトラックのCADデータのリンク集まとめ



タイトルとURLをコピーしました