10tダンプ・トラックの積載量と重量を抑える、説得力のある施工計画書の成果

07fa2879 4b24 4189 9adf eab8f5661710 - 10tダンプ・トラックの積載量と重量を抑える、説得力のある施工計画書の成果 運搬機械 CADデータ

ダンプ・トラックとは、工事現場にて土砂や石材等の資機材を搬入や搬出する工事現場において非常に重要な重機です。
また、工事現場だけではなく様々な場所で多く利用されています。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものをダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、平ボディタイプにも2t平ボディ・10t平ボディなどがあります。そして、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。
トラックには日野10tトラックなどの日野トラックや三菱ふそう(三菱トラック)、いすずなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。
ダンプ・トラックの重量別の種類は、普通ダンプ・トラックと、重ダンプ・トラックがあります。
また、キャリアダンプとよばれる整地されていない土地を走るのに適したものもあります。
普通ダンプ・トラックとは、一般公道を走行することを前提として、トラックのシャ-シに荷台を架装し、平坦地での走行性能を保つ形態に設計されています。
積載量は、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。

重ダンプ・トラックとは、オフロードダンプやマンモスダンプとも呼ばれ、一般公道を走行せず、積載量は20tから300tを超えるとても重量の大きなダンプ・トラックです。
重ダンプ・トラックは、ホイールベースが短く、タイヤ径も最小回転半径も非常に大きいです。

10tダンプトラックなどのCADデータのリンク集を紹介
そこでこのページでは、積載量10t級のダンプトラックの利点や必要性、施工計画書を作成するのに役立つダンプやトラックのCAD図データのリンクをまとめてご紹介しています。


記事の後半では、ダンプ・トラックの積載量を抑えておくことで、説得力のある施工計画書が作成できる秘訣について解説しています。
また、10tダンプ・トラックの旋回軌跡図やCADデータを活用した工事現場のシミュレ-ション法などについても説明しています。

積載量10t級のダンプトラックのdxf・dwg・jwwCADデータなどをすぐに入手したい場合は、下記のリンク集からダウンロードしてください。


  1. ダンプ・トラック 2Dcadデータのダウンロード
    1. shutter stock
  2. ダンプ・トラック 3Dcadデータのダウンロード
    1. PIXTA
    2. ダンプカー トラック 3D Google
  3. ダンプ・トラックのCADデータ、実務に活かす上で求められるものは
    1. 10tダンプ・トラックの軌跡図を活用したシミュレ-ション
    2. ダンプ・トラックのCADデータを活用するにあたっての問題点
  4. ダンプ・トラックの積載量を抑えておくこと、説得力のある施工計画書作成の秘訣
    1. 一般的な10tダンプ・トラックが使えるか、利用する場面での種類の選択
    2. ダンプ・トラックの積載量や重量をもとに、CADデータを選択する
  5. 多くのバリエーションのトラックCADデータをダウンロードする
    1. バンボディトラックは平ボディや低床トラックより車高が高い
    2. バンボディは食品を運搬するトラックに最適
    3. バンボディのリアドアはロックタイプの観音開き
    4. ウィングボディは大型トラックの革命児だ
    5. テールゲートリフターで荷役の省力化を図る仕組み
    6. テールゲートリフターの種類、アーム式、垂直式、格納式
  6. ダンプトラックの平面図や正面図をわかりやすく、CADデータで旋回軌跡図を使いこなす
    1. 過酷な環境下で大量輸送できるオフロードダンプカー
    2. 大型トラックのメーカー、日野トラック、三菱ふそう、コマツ
    3. 大型トラックはこんな作業の用途に使われている
    4. 施工計画書にメーカーが提供する平面図や正面図のCADデータを取り込んでみた

ダンプ・トラック 2Dcadデータのダウンロード

shutter stock

shutter stock
トラックには2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラック、2t平ボディ・10t平ボディなどがあり、、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。
ダンプ・トラックまたはダンプカー、ダンプトラックには、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。平ボディタイプのトラックにも2t平ボディ・10t平ボディなど種類があります。トラックは日野10tトラックなどの日野トラックやいすず、三菱ふそう(三菱トラック)、ダンプ・トラックは日野ダンプがよく知られています。ダンプ・トラックには、整地されていない土地を走ることができるキャリアダンプもあります。
課金コンテンツとフリーの無料コンテンツが、はっきりとわかりやすく区分されています。写真素材の豊富さは、毎日数千点ずつ追加されていることなどからもわかります。季節の素材をはじめ、空と都市の景観、建築、ビジネスシーンなど、コンテンツの区分けもわかりやすくなっています。


ダンプ・トラック 3Dcadデータのダウンロード

PIXTA

PIXTA
無料フリー素材サイトで、商用の利用が可能です。フリー素材が定期更新で追加されます。写真、イラスト、図面、動画、ホームページやSNS、ブログなどの構築に必要なものがdxf・dwg・jwwなどの形式で無料でダウンロードできます。写真、動画のほかに、フリー音源でBGMや効果音、歌や音声などもあります。

ダンプカー トラック 3D Google

ダンプカー トラック 3D Google
dxf・dwg・jwwなどの形式のダンプ・トラックの3Dcad図データが掲載されており、ダウンロードできます。街中で見かけるものを普通ダンプトラックといい、一般公道を走行することを前提として作られています。トラックには2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。小型になるほど最小回転半径も小さくなります。トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。
平ボディタイプのトラックにも2t平ボディ・10t平ボディなど種類があります。ダンプ・トラックまたはダンプカーにも、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。トラックは日野10tトラックなどの日野トラックやいすず、三菱ふそう(三菱トラック)、ダンプ・トラックは日野ダンプがよく知られています。ダンプ・トラックには、整地されていない土地を走ることができるキャリアダンプもあります。

重ダンプトラックは公道は走らず、大規模土木工事現場内などに用いられ、オフロードダンプとも呼ばれます。



ダンプ・トラックのCADデータ、実務に活かす上で求められるものは

10tダンプ・トラックの軌跡図を活用したシミュレ-ション

dxf・dwg・jww形式などのダンプ・トラックのCAD図データは、工事現場に資機材を搬入する経路検討や、施工計画図などの図面を作成する際に役立ちます。
例えば、道路の盛土工事の現場では、主に10tダンプ・トラックを使用し土砂の搬入搬出をします。

その際に、狭小な現道を利用しなければ、施工ヤ-ドまでの搬入ルートがない場合などがあります。
そんな場合、想定した搬入経路で通行できるかどうかを事前に、旋回軌跡図検討ソフトにてシミュレ-ションする必要があります。大きいトラックほど最小回転半径にも注意をしなければならないからです。

その検討した軌跡の入った施工計画図などの図面に、10tダンプ・トラックの規格寸法図や正面図や平面図、旋回軌跡図、最小回転半径などのCADデータを車両イメ-ジ図として載せておくと、大きさや重量が分かりやすく表現することができ、発注者に伝えやすくなります。

ダンプ・トラックのCADデータを活用するにあたっての問題点

ダンプ・トラックの規格寸法図や平面図、正面図などのCADデータを活用する際に種類が多く、どの種類のダンプ・トラックCADデータをダウンロードして使用すれば良いのか選択に迷うという問題があります。

なぜなら、ダンプ・トラックは利用する場面によって積載量10tなどに分かれており、重量にも種類が多くあるためです。トラックには2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。小さいほど最小回転半径も小さくなります。トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。
平ボディタイプのトラックにも2t平ボディ・10t平ボディなど種類があります。ダンプ・トラックまたはダンプカーにも、2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。トラックは日野10tトラックなどの日野トラックやいすず、三菱ふそう(三菱トラック)、ダンプ・トラックは日野ダンプがよく知られています。ダンプ・トラックには、整地されていない土地を走ることができるキャリアダンプもあります。


引き続き次の項では、積載量10t級クラスなど目的に合ったダンプトラックのCAD図データを探す方法、説得力のある説明ができる施工計画書を作成する方法などについて解説します。


ダンプ・トラックの積載量を抑えておくこと、説得力のある施工計画書作成の秘訣

一般的な10tダンプ・トラックが使えるか、利用する場面での種類の選択

ダンプ・トラックの種類の選択は利用する場面によって決まります。

例えば、重ダンプ・トラックでは、一般的な積載量10tクラスと比べて、非常に大きなダンプ・トラックのため、ダム建設等の大規模土木工事現場内や鉱山などの作業用として使用されます。

また、一般公道を走行できないため、作業現場に各パ-ツを運び現場で組み立てて完成させます。

ダンプ・トラックは、荷台の構造によっても種類が分かれています。
リヤダンプは、荷台を後方に傾ける方式のもので一般的なダンプ・トラックです。

サイドダンプは、荷台を左右側面に傾ける方式のものです。
道路の端の埋め戻しや、一方通行での両面方向への砂利撒きなど、リヤダンプでは対応できない制限された場所で利用されます。

三転ダンプは、ピンの組み換え等で後方にも左右にも傾けることのできるため、リヤダンプとサイドダンプの両方の機能を兼ね備えたものです。

これらの種類を理解しておくと、施工計画図、企画寸法図、平面図、正面図、旋回軌跡図、最小回転半径などの図面の作成時に、その活用する場面にあったダンプ・トラックのCADデータをダウンロードして使うことができます。
より説得力のある施工計画書が作成でき、発注者等に説明することが出来ます。

ダンプ・トラックの積載量や重量をもとに、CADデータを選択する

工事現場でよく使用するダンプ・トラックには、積載量によって、大型ダンプ、中型ダンプ、小型ダンプと呼び名が分かれており、目的によって使い分けます。
大型ダンプは、最大積載重量が10t前後のダンプ・トラックのことを言います。
例えば、道路の土工工事等の大量に搬入搬出が必要とされる現場に用いられます。

中型ダンプは、最大積載重量が5tから8t前後のダンプ・トラックのことを言います。
車両の大きさもちょうど良いため、大型ダンプの走行しにくい狭小な場所の工事現場に用いられます。

小型ダンプは、最大積載重量が2tから4t前後ダンプ・トラックのことを言います。
中型ダンプよりさらに狭小や軽微な運搬時に用いられます。最小回転半径も小さくて済むので便利です。

これらの積載量や重量による区別を理解することによって、適切な大きさのダンプ・トラックの規格寸法図や平面図や正面図などのCADデータを選択することが出来ます。


多くのバリエーションのトラックCADデータをダウンロードする

一言に「トラック」といっても、平ボディや低床トラック、バンボディなどをはじめとした荷物を運ぶものから、クレーンやダンプカーなど工事現場で活躍するトラックなど、実に多くのバリエーションが存在します。日野10tトラックなどの日野トラックや三菱ふそう(三菱トラック)など国産メーカーからも多くの車種が発売され、無料でダウンロードできるCADデータも膨大な点数があります。1トン違うだけでも旋回軌跡図は大きく変わる可能性がありますので、フリーダウンロードサイトで目当てのdxfファイルやdwgファイル、jwwファイルを入手するためには、より多くの情報を的確に把握しておくことが重要なポイントとなります。
ここでは、トラックの中でもとりわけ多くのバリエーションが存在するバンボディトラックを中心に、トラックのCAD図面をダウンロードするポイントをご紹介します。

バンボディトラックは平ボディや低床トラックより車高が高い

トラックの荷台の部分にアルミ製のコンテナのような箱が乗せられているものをバンボディといいます。平ボディや低床トラックと比べ車高が高いことが特徴で、日野トラックや三菱ふそう(三菱トラック)、いすずなど大手メーカーから多くのバリエーションが発売されているほか、用途に応じて2tトラック、3tトラック、4tトラック、6tトラック、7tトラックなど大きさによって細かく分けられています。
アルミ製の箱が荷台に載せられていて、雨のときに濡れることを避けるためにシートや幌をかける手間を必要とする平ボディと比べ、バンボディは風雨や直射日光から荷物を保護できるため、現在では最もポピュラーな形状のトラックといっても過言ではありません。
荷台はアルミで製作されることが多いですが、内壁に合板やダンボールプラスチック材も使われていることもあります。アルミが多用されるのは、鉄よりも軽量に加え、平面で構成されるため成型も簡単で、大型トラックや小型トラックなどトラックの大きさが変わっても基本構造を変える必要もないため、コストパフォーマンスにも優れていることによります。コンテナの基本構造としては、四隅に「スチフナー」と呼ばれる補強目的に鉄製の柱を立て、スチフナーにアルミパネルを貼り、防錆対策として表面にアルマイト処理をするのが一般的です。中には、薄くて強度が高い波状をしたコルゲートパネルを使う場合もあります。どちらの場合も、補強と剛性を確保するために等間隔にリブが入りますが、CAD図を無料でダウンロードする場合も、コルゲートの有無などを平面図や正面図だけでなく、あらゆる角度から確認しておいたほうがよいでしょう。

バンボディは食品を運搬するトラックに最適

バンボディの床は、通常はアカシヤ材が使われていますが、竹の床材を使用する竹床と呼ばれるものもあります。竹は抗菌性や通気性に効果を発揮するだけでなく消臭の作用も期待され、食品を運搬のトラックには最適だといわれています。
バンボディの内壁には、荷崩れを防止する荷物保持用ベルトの先端金具をキャッチするラッシングレールが設けられている場合もあります。また、床には「アルミローラー」と呼ばれるコロ装置が付けられていることもあります。
適切なCAD図面をフリーでダウンロードする場合も、バンボディの内壁や床材などにも注目してみましょう。

バンボディのリアドアはロックタイプの観音開き

バンボディのリアドアで最も一般的なのは観音開きですが、同じ観音開きでもダブルロックタイプや内蔵ロックタイプ、折り戸タイプ、下部にアオリを残した観音開きタイプなど、その形状もさまざまです。10tトラックや11tトラック、15tトラックなど大型トラックでは荷物の上げ下ろしの効率を考えてウィングボディへ主流が移りつつありますが、2tトラック、3tトラック、4tトラックや6tトラックなど小型トラックではいまだ観音開きタイプが大半となっています。
CADデータを無料ダウンロードする際も、形状によってドアの開き方も異なるため、正面図や平面図だけでなく、ドアの軌跡図なども参照しておくと、より適切なCAD図面をダウンロードすることができるでしょう。

ウィングボディは大型トラックの革命児だ

両側のサイドパネルが大きく持ち上がる機構を備えたものをウィングボディと呼びます。その名のとおり、正面から見た時に翼のような形状になることからこの名が付けられました。サイドパネルが上に持ち上がることで、外からフォークリフトで直接積荷を出し入れでき、荷役作業の短時間化を実現したことから、大型トラックの革命児とも呼ばれています。リアドアの観音開きの扉ではなく、トラックの両サイドから荷役作業が可能なため、パレットを使った輸送が多い10tトラックや11tトラック、15tトラックなど大型トラックでは高いシェアを誇っています。
その構造は箱を作るパネルバンとは異なり、フロントの骨格、リアの骨格、ウィング部分、アオリ、床アッセンブリ―というように製造してフレーム上で合体させるというものです。
最近ではウィングボディの天井の高さが上がり大きな荷物を運べるものや、ウィングが開いたときも車高を抑えられるものなど、さまざまなタイプが登場しています。
ダンプカーの最大傾き角度と同様、ウィングが開いたときの高さはCADデータをフリーでダウンロードするときも大きなポイントとなりますので、dxfやdwg、jwwデータを回転させるなどあらゆる角度からチェックすることも重要となります。

テールゲートリフターで荷役の省力化を図る仕組み

ウィングボディと並び、物流業界で荷役の省力化を果たしているのが、テールゲートリフターです。以前なら2名で行っていた作業を1名で行うことを可能にしたまさに立役者ともいえるでしょう。
その開発の歴史は1950年代までさかのぼり、動力もPTOから車載バッテリーと電動油圧ポンプになるなど、いまなお進化を続けています。
現在では、軽から大型トラックまで用意され、持ち上げる能力や用途別に数十種類のモーターを選択して使うことが可能となっています。
最終的な対応荷重は油圧シリンダーの能力によりますが、その能力は軽トラックなら350kg、通常のトラックは1~1.5トンまで対応しています。

テールゲートリフターの種類、アーム式、垂直式、格納式

さまざまな大きさが存在しているテールゲートリフターですが、その種類は大きく分けて「アーム式」、「垂直式」、「格納式」の3つに分けられます。
まずアーム式は、油圧シリンダーで動作するブーメランのような形状をしたアームが2本備えられた、テールゲートリフターの原点ともいえる方式です。リフト機能は600kgが主流で、リフトを降ろしてもトラックの荷台とリフトに隙間ができるため、積荷がトラックにぶつかるリスクが少ないという利点があります。
次に垂直式は、名前のとおりテールゲートが垂直に上下する方式で、テールゲートリフターの中でシェア30%を超える人気を誇っています。積荷の姿勢が安定することが垂直式の特徴で、プロパンガスのボンベや自動販売機、オートバイの輸送に向いています。最大荷重もアーム式と同じ600kgが人気ですが、軽自動車用の350kgから大型トラック用には1トンまで対応するモデルもあります。
そして垂直式と並び、昨今人気を集めているのが格納式です。1999年に登場した新しい形式で、アーム式と同様に円弧状に動く2本のアームを持ちます。格納式の最大の利点は、リアの観音開き式の扉はそのまま、テールゲートを使わないときはトラックの荷台の下にそのまま収めることができ、必要なときに引き出して使えることにあります。
作動原理はアーム式と同じものの、テールゲート本体の素材がアルミ製となっていることが特徴で、錆が出ないためコンビニやスーパーマーケットの商品納入車両など、食品関係を扱うトラックに重宝されています。テールゲートを荷台の下に収めるため、スペアタイヤが一般的なトラックと同じ位置に取り付けられないという欠点はありますが、素材の軽量化により女性ドライバーでも楽に折りたたみができるなど使い勝手の良さで、格納式は今後も増え続けることが予想されています。


ダンプトラックの平面図や正面図をわかりやすく、CADデータで旋回軌跡図を使いこなす

過酷な環境下で大量輸送できるオフロードダンプカー

大規模な工事現場や鉱山、砕石場などで重用されている超大型のダンプカーです。過酷な環境下での大量輸送に適している大型トラックです。 巨大なホイールローダーやパワーショベルと併用されることが多い車です。車体が大きすぎるため、コンクリートで舗装された道路を走ることができません。三菱ふそうやコマツ、いすずなどのメーカーが海外向けに製造しています。
平ボディが多い2tトラック・3tトラック・4tトラック・2t平ボディはいわゆる小型トラックです。最小回転半径も小さいです。6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)、10t平ボディは中型といって差し支えないでしょう。これらは平ボディながら、容量を確保するため、低床トラックであるケースもあります。10tを越えると11tトラックや15tトラックがあり、大量輸送に適した大型トラック(ダンプカー)に分類されます。大型になると平ボディや低床トラックだけではなく、特殊車両も増えてきます。オフロードダンプカーは積載量50tレベルで、大型トラックよりもさらに巨大な質量を運搬できます。タイヤ自体が大きく、平ボディや低床トラックといった分類で語られることは少ないでしょう。
アーティキュレートダンプカー はオフロードダンプカーのひとつで、小回りがきく車両です。「区切る」を意味するアーティキュレートが意味する通り、トラックの運転部分と荷台が分割されているため、比較的フリーな状態にあります。一般的な乗用車の動力が前輪か後輪にしかないのに対して、6輪駆動というパワフルさを持っている点が特徴です。

大型トラックのメーカー、日野トラック、三菱ふそう、コマツ

日野10tトラックなどの日野トラックや三菱ふそう(三菱トラック)、いすず、コマツは2tトラック・3tトラック・4tトラックといった小型トラックや、6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)の中型トラック、10tを越える11tトラックや15tトラックまで幅広く扱っています。低床トラックや平ボディなども販売していますし、平ボディタイプのトラックにも2t平ボディ・10t平ボディなど種類があります。日野トラックは明確な扱いがあるか確認できませんが、三菱ふそうとコマツは同様の超大型トラックを扱っているのが特徴です。
コマツの960Eはタイヤだけで4mもあり、車高は7m、最大積載量327t、劣悪な環境下でも稼働し続けられるタフネスを備えています。三菱ふそうはカタールで6気筒、400馬力、11.97リットルの連結車両総重量50トンの「TP 2040Sトラクター」を販売しました。三井ふそうの技術を結集した大型トラックです。
三菱ふそう(三菱トラック)以外にも日野10tトラックなどの日野トラックがありますが、日野トラックは超大型トラックを扱っていません。日野トラックで有名なのが日野プロファイアシリーズで、大型トラックまでです。ただし、快適性能を駆使したものがあり、三菱ふそうやコマツとの差別化を図っています。日本では日野トラックや三菱ふそう、コマツ、いすずが有名ですが、世界に目を向けると超大型トラックを扱っている有名メーカーはたくさんあります。
他にも、ユニークな車種では3点3tトラックがあります。荷台を傾ける視点が3つあるので、後ろだけではなく左右にも荷下ろしができます。鉄道用の車輪が搭載されているので、線路上の運搬にも使用できる優れものです。
こうした特殊車両のタイヤは、役割に応じて特化させた形をしています。例えば、泥道やオフロードを専門とする車両はスパイクのように地面と密着する面積を広めて推進力を生み出しています。一般道路を走る車は溝を深くするのではなく、溝を増やして走れるように工夫されています。

大型トラックはこんな作業の用途に使われている

大型トラックは大量輸送を可能とするため巨大化していますが、車高こそ高いものの操作自体は通常のダンプカーと変わりません。基本的にホイールローダーとセットで使われることが多いのが特徴です。ホイールローダーの横にダンプを停めてすくい上げた土を効率よく積み込む方法には「Vプローディング」という名前がついています。
2tトラック・3tトラック・4tトラックといった小型トラックや、日野10tトラックなどの6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)の中型トラック、10tを越える11tトラックや15tトラックで、若干の作業の違いがあります。2tトラック・3tトラック・4tトラックレベルであれば、手積みで小回りのきく路地への配達などに使用されます。6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)の中型トラックは中距離の運搬やフォークリフトなどで積み込むことが多いでしょう。10tを越える11tトラックや15tトラックなどは特殊車両が多くなり、車やガソリンなど大量輸送を担います。
超大型トラックがオフロードの工事現場で活躍することを考えると、用途が大きく違うことがわかります。ちなみに超大型トラックはタイヤが多いので、低床トラックはありません。

施工計画書にメーカーが提供する平面図や正面図のCADデータを取り込んでみた

2tトラック・3tトラック・4tトラック・2t平ボディといった小型トラックや、6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)・10t平ボディの中型トラック、10tを越える11tトラックや15tトラックなど大型トラックがありますが、その管理原則は大きく変わりません。図面を保存し、安全管理に務めることが義務付けられています。
そこで活躍するのがCAD図です。CAD図は図形を組み合わせて視覚的に表した図面データのことで、CADデータとして保存されています。基本的に平面図や正面図、軌跡図、旋回軌跡図といった図面を視覚化するのに役立ちます。平ボディのトラックや低床トラックも図形を組み合わせて再現できます。近年は物流業界、工事現場などでも管理や理解がしやすいと導入する企業が増えています。
無料で利用できるCADソフトがあるので、ぜひフリーダウンロードをしてみてください。そのダウンロードしたフリーソフトで、メーカーが提供している平面図や正面図のCAD図を読み込んでみるとどのようなものかわかるはずです。特におすすめはJWW(jw-cad)です。
平面図や正面図のCADデータを無料配布しているメーカーが多いものの、軌跡図や旋回軌跡図の図面を扱っているメーカーは少ないので、見つからない場合はソフトの図形を組み合わせて自作するひつようがあります。JWWは図形を組み合わせて設計ができるので、徐々に複雑な図形の作成をしていくとよいでしょう。
ちなみに、JWWを含めてフリーダウンロードしたCADソフトで利用できる拡張子が決まっています。まず、CADデータを扱う際には「DWG」「DXF」といった拡張子が関係してきます。DWGはCADソフト「AutoCAD」のファイル形式です。DWGは仕様が非公開になっていますが、様々な解析手法によって互換性のあるソフトが数多く提供されています。導入する場合は、ダウンロードできるCADデータを使用して使い勝手を確認してみてください。
DXFはDWGではなく、他のCADソフトウェアとの互換性を高めた形式です。DXFはDWGとは違って仕様が公開されているため、DWGよりも利用範囲は広い傾向にあります。ただし、DXFはCAD図やCADデータに含まれる情報に対応していないケースがあります。平面図や正面図といった一般的な図面であれば問題なく表示できますが、軌跡図や旋回軌跡図といった特殊な演算処理がされている場合は表示にバグが出てしまう可能性があります。
ちなみにJWWは「JWC、JWW、DXF、SFC、P21」の5種類に対応していますJWWではDWGはひらけないので注意が必要です。
確かにCAD図は平面図や正面図をわかりやすく表示し、軌跡図や旋回軌跡図もデータ管理することができます。しかし、DXFはDWGといったファイル形式の理解や、フリーダウンロードしたソフトで管理することに対するセキュリティの問題、旋回軌跡図など複雑な図形を使用したCAD図やCADデータの作成など、専門的な知識が必要となります。逆に平面図や正面図を電子保存しておくだけであれば、無料ソフトでも差し支えないでしょう。
また、2tトラック・3tトラック・4tトラックといった小型トラックや、6tトラック~10tトラック(7tトラックや8tトラックを含む)の中型トラックまでであれば需要があるため、CADデータが見つかりやすい傾向にあります。その一方で、10tを越える11tトラックや15tトラックは少ない可能性があります。超大型トラックともなればなおさら少ないでしょう。
CADを活用できる人を雇用するのは負担になる可能性もあり、なかなか難しいでしょう。その場合はアウトソーシングがおすすめです。DXFやDWGといったファイル形式を勉強する必要もありません。サービスを利用すれば使用できる環境を無料で整えてくれる会社もあるでしょう。フリーソフトや無料でダウンロードできるDADソフトを使用する必要もありませんし、軌跡図や旋回軌跡図といった特殊な図面も管理できます。CADはデータ管理を容易にできる救世主と言えるでしょう。まずは無料相談を打診してみてください。


お探しのCADデータは、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、ダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプ・トラック、CADデータのまとめサイト



タイトルとURLをコピーしました