鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

2c067ec6 f54f 40c2 8cb9 cd75ed3fa447 e1591495965589 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算 鋼構造 ソフト

鋼材の重量計算、強度計算、断面計算のフリーソフトです。
鋼材重量集計、ボルトのサイズ重量表示、鋼材重量と塗装面積の集計表、重量計算と取り合い、形鋼やプレートの重量計算、形鋼の重量・断面性能の表示など。形鋼・角形鋼管・軽量形鋼の断面特性を計算、締付軸力や疲労検討をして安全率を計算、鋼材の質量・重心を計算、断面積・周長を求める計算、歩留まり計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

鋼材の重量計算 フリーソフト

鋼材の重量計算は、単位重量表に長さをかける

鋼材の重量計算は、断面積に長さをかけて、その鋼材の密度をかけて計算します。JIS規格に定められているような標準的な鋼材は、メートル単位の単位重量表があるため、長さをかけるとすぐに算出できます。また、仮に特殊な形状をしていたとしても、その鋼材を扱う会社には、サイズ表や重量表があり、即座に計算できるようになっています。これは、鋼材のやりとりをする際に、重量単価で金額を決める習慣があるためです。ちなみに、縞鋼板などの鋼板は、一定の断面のものもあれば、不均一な断面積のものもあるため、平米単位の重量表があります。
鋼材の強度計算には、応力計算や座屈計算などがあります。応力計算では、鋼材にかかる負荷と、鋼材のもっている引張強度を比較する際に計算します。
材料は、弾性限度範囲までの荷重であれば、荷重を取り除くと、元の形状に戻る性質があります。しかし、弾性限度を超え、降伏点に達すると、材料に亀裂が入ります。その後、さらに荷重を上げていくと、やがて破断します。この材料にかけれる最大荷重を引張強度といいます。
この引張強度は、材料の断面形状に大きく影響します。同じ材料であっても、力がかかる断面の形状が異なれば、引張強度も異なります。材料選定する際は、この弾性限度内で使用できるように、鋼材の断面を決定します。

Excelで作る 鋼材重量表

Excelで作る 鋼材重量表0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

CADで図面を描くことは一般的になっていますが、鋼材表はいまだに手書きで作成している人が多いのが現状です。デジタル化したいと考えて作られたのが、[Excelで作る鋼材重量表」です。鋼材重量集計がExcelで簡単に作成でき、編集もかんたんにできます。

Excelで作る ボルト選定表

Excelで作る ボルト選定表0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

サイズ・つかみ代・重量表示別を入力するだけで、ボルト長さ・重量がExcelで簡単に出力できます。ねじサイズの選定方法は、ねじ山部分の直径をノギスなどで測定します。小さいサイズの場合はデジカメラ等で定規等と一緒に撮影し、拡大して測定します。

BQSS for Windows

BQSS for Windows0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

電脳建築構造設計ソフトです。鋼材重量集計、塗装面積の数量集計表を作成します。標準で2160の材料が登録されており、鋼材を選び数量を入力するだけで簡単に作成できます。鋼材を選び数量を入力すると、鋼材重量と塗装面積の集計表を作成できます。

重量計算・取り合いソフト 『よろずや』

重量計算・取り合いソフト 『よろずや』
0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

鉄骨業での一般鋼材・型鋼の重量計算と材料計画、取り合いが作成できます。重量計算と材料計画、取合いのみに特化し、長期間の日常業務の中で改善を重ねたソフトです。複合取合の機能が追加され、高効率の手動取合と自動取合の両方が可能です。

鋼材重量計算

鋼材重量計算0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

鋼材の重量計算を行うソフトです。JISによる形鋼や、よく使用するプレートの重量を計算します。電卓で計算する必要がなく、鋼材のハンドブックとして確認が便利になります。アングル、チャンネル、I、H、フラットバー、丸、パイプ等に対応しています。

鋼材の強度計算、断面計算 フリーソフト

断面特性計算名人

断面特性計算名人0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

基本図形、形鋼、角形鋼管、軽量形鋼を含む断面を特性計算します。単独断面でも、組合せても計算できます。断面特性については断面2次モーメント、断面係数、断面2次半径、断面積及び重心位置が計算できます。機械設計者に最適なツールです。

JISボルト選定

JISボルト選定0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

目標安全率や外力を入力すると、締付軸力や疲労検討をして適切なボルトの選定を行い、安全率を計算するソフトです。静強度安全率、疲労強度安全率、接合面浮きに対する安全率、必要締付トルクを出力します。未登録版は、ボルトの選定対象に制限付です。

質量計算 for EXCEL

質量計算 for EXCEL0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

装置などの質量・重心を計算するソフトです。JIS形鋼やSGP、STPG配管、ボルトナット等をリストから選択して入力します。立方体・直方体、円筒物も寸法入力により質量を計算できます。個々の部品の重心を入力することで、全体の重心を算出します。

fai

fai0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

丸鋼の断面積及び周長を求める計算プログラムです。構造計算書の計算チェックをする目的で開発したプログラムです。鉄筋コンクリート構造計算基準・同解説の改訂に伴い巻末の付録一覧表の代わりとして使えます。簡単に構造計算が行えます。

最適切断 8号

最適切断 8号0 - 鋼材の計算 ソフト、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

鋼材、木材などの長尺材切断に最適な歩留まり計算をしてEXCELに表示します。鋼材、木材などの長尺材の発注を、歩留まり計算後にでき、ロスが無く経済的です。残り材も計算できます。現場への切断指示書と、購買への発注予定が出力できます。

鋼材の重量計算、強度断面計算、H鋼・鋼矢板の強度計算、鋼管の管厚計算

一定の力がかかると、ひずみが増大する現象を、鋼材のクリープといいます

鋼材に一定の力がかかると、ひずみが増大していく現象を、鋼材のクリープといいます。R C応力度計算、ダクタイル、H鋼材の重量、許容応力、H鋼の強度、JIS、アンカーボルト、鉄筋継手指針など、鋼材の重量計算、H鋼・鋼矢板の強度計算フリーソフトのリンク集です。
水分と空気中の酸素により鋼材の外面には錆びが発生するため、防錆対策が大切になります。施工現場の気象状況や工程に配慮して、最適な工法を選択する必要があります。鋼材の利点は、材料の強度が大きく、粘り強くて、材料に信頼性があることです。
鋼材重量集計、ボルトのサイズ重量表示、鋼材重量と塗装面積の集計表、形鋼・角形鋼管・軽量形鋼の断面特性を計算、断面積・周長を求める計算などの鋼材の重量計算、強度計算、断面計算ソフトです。金属に触れると電気化学反応が発生し、腐食するケースがあります。弾性限度を超えてから、塑性変形により破壊してしまう事象を、鋼材の延性破断といいます。

骨組みが強く、耐震性があり、変形しても没落しない鋼材であることが重要

骨組みが強く、耐震性があり、変形しても没落しない鋼材であることが重要になります。鋼材の遅れ破壊とは、静的な荷重がかかっている状態で、外観には異常ないが、突然脆性的に壊れてしまうことをいいます。鋼材の強度たわみ計算、H形鋼の梁継手の設計、鋼矢板壁の計算、H鋼強度計算表、JASS、SUSなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。
鋼材は他構造と比較して、比重の変化が強度に大きく影響します。一般的には火災の熱度で、骨組みは軟化したり変形したりするため、耐火被覆が施されています。鋼材の欠点は、温度が高くなると強度が落ち込み、変形しやすくなり、温度が低くなると脆弱になることです。
PC鋼材に引張力をかけて両端を固定の長さにキープしたケースで、発生する強度の低下現象を鋼材のリラクセーションといいます。重量計算と取り合い、形鋼やプレートの重量計算、形鋼の重量・断面性能の表示、締付軸力や疲労検討をして安全率を計算、鋼材の質量・重心を計算、歩留まり計算など、鋼材の重量計算、強度計算、断面計算のフリーソフトです。

異種金属が触れ合うことで、腐食電池を組成してしまいます

溶着金属と母材では質が違うため、異種金属が触れ合うことで、腐食電池を組成してしまいます。アルカリ現象により、油性塗料は塗膜ができて、鋼管にアルカリふくれが発生します。鋼管の溶接部が、母材一般部より錆びやすいのは、理由があります。イオン化傾向の大きい鋼管母材の方が、溶着金属より早く破損しやすくなります。
ヒューム管の強度計算、鋼管強度、肉厚計算、鋼管の強度計算、配管肉厚計算、配管計算ソフト、配管強度計算、鋼管構造計算、配管肉厚計算、圧縮強度計算、配管の肉厚計算、鋼管強度計算、たわみ計算など、鋼管計算・管厚計算のソフトです。
パイプライン、ダクタイル鋳鉄管、H鋼、強度計算、アンカーボルト、エクセル、H形鋼、H鋼などのフリーソフトが、ダウンロードできます。鋼管を溶接する時は、局部的に高温状態になり、温度が高くなった箇所には残留応力が発生して、応力腐食を生じやすくなるからです。

鋼材の品質管理について

鋼材の機械的性質、化学成分を鋼材検査証明書で確認すると共に、対物検査として板厚、そして鋼材表面粗さを必要に応じて行い、目視検査として鋼材表面の有害なきずが無いことを確認しなければなりません。
軽量形鋼や小型棒鋼、パイプ類等の長期保管は防錆対策等が困難であることから、市場性等を考慮して常時適正な在庫量とします。

高力ボルトセットの保管は、工場出荷時の品質が現場施工時まで保たれるように、その包装と現場保管に注意しなければなりません。包装はできるだけ施工直前に解くようにします。
鋼板の厚さは、JISG3193、熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状・寸法・質量及びその許容差を適用し、(-)側の許容差が公称板厚の5%以内にならなければなりません。
鋼構造物は応力発生に合せて、強度の異なる鋼種を適切に選定して、組合わせて用います。複数の鋼材が使用される場合、部材製作段階で材質の混同が生じないように鋼板の小口等に塗色表示による識別、記号による識別が一般的に行われます。




タイトルとURLをコピーしました