流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

4e19bcef 6249 4151 af88 6e2af5ceb10a 1 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算 流量計算 ソフト

流量計算、水理計算、排水計算、雨水計算のフリーソフトです。
台形断面・円形断面・任意形状断面の流量計算、単断面・複断面の水理計算・水深計算、矩形水路・台形水路・管渠水路の流下能力計算・管渠断面計算、計画雨水量と施設流量を比較、汚水の流量計算、マニング公式・クッター公式・合理式による雨水量の計算、雨水浸透施設の浸透量を計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

流量計算、水理計算のフリーソフト

流量計算と水理計算とは、異なるもの

流量計算とは、設計する構造物の大きさ、水路や管路等のサイズで、流下能力が可能か否かを判断するものです。一般的に流量計算の対象は、道路排水、道路側溝、下水道の雨水計画・汚水計画、上水道の給排水計画、農業用水の水路・圧送管路等、河川等に流れ流水になります。国土交通省・農林水産省・厚生労働省等、それぞれの設計基準に整合した計算式を用いて計算します。
水理計算とは、流量計算と異なり、次のように水の特性を把握する計算方法です。
・静水圧による水圧計算、浮力の計算
・水の運動エネルギー計算、層流乱流計算・等流・不等流・損失水道計算
・管水路のサイホン計算・管網計算・ポンプ計算
・開水路の複断面河川の流量、水路断面の計算
・オリフィス・せき・ゲート等の計算
排水雨水計算とは、雨水の計画流出量を算出することをいいます。その計算式には合理式、実験式等があり、流出係数(c)や流達時間(t)、排水面積(ha)等の設計条件を用いて計算します。道路排水・下水等の側溝や、水路及び管路等の必要断面を決定するに用います。

水理計算プログラム for Win

水理計算プログラム for Win0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

簡単メニュー・多公式対応の水理計算プログラムです。給排水計画の際、図表などを利用して概算で扱われることが多いため、公式で手軽に計算できるようにつくられています。各公式別に素早く計算でき、動作も軽快なので、水路の断面チェック用に有効です。

水理計算

水理計算0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

単断面および複断面の水理計算(水深計算)を行うプログラムです。矩形水路、台形水路、管渠水路に対応します。流下能力計算(管渠断面)を行います。マニング平均流速公式により計算し、計算書を出力できます。

排水計算、雨水計算のフリーソフト

流量計算 (雨水編)

流量計算 (雨水編)0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

雨水施設の種類と大きさを、計画雨水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。VP管、VU管、強化プラスチック複合管、ヒューム管、U型トラフ等の、勾配による流速及び流量を計算します。施設の負担できる最大流域面積も計算します。計算のチェックが容易です。

流量計算 (汚水編)

流量計算 (汚水編)0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

汚水施設の種類と大きさを、計画汚水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。施設の負担できる最大計画人口も計算します。流速の計算はマニング公式又は、クッター公式によります。手計算と同様に印刷されますので、計算のチェックができ、申請書等に添付できます。

21世紀 雨水流量計算システム 「1秒算雨水」

21世紀 雨水流量計算システム 「1秒算雨水」0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

パワーアップバージョンした流量計算表のプログラムです。エクセルを使用し、表形式流量計算書報告書にもそのまま添付可能です。面積の逓加を算出し、延長の最長を自動判別加算します。認可外からの流入にも対応します。

21世紀 汚水流量計算システム 「1秒算汚水」

21世紀 汚水流量計算システム 「1秒算汚水」0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

汚水の流量計算表のプログラムです。エクセルを使用し、表形式流量計算書報告書にもそのまま添付可能です。各自治体の様式に合わせられます。面積の逓加を自動算出し、延長の最長を自動判別加算します。

流量計算 (合流編)

流量計算 (合流編)0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

下水排水施設の勾配による流速及び流量を計算し、種類と大きさを、計画下水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。流速の計算は、マニング公式又はクッター公式によります。出力は、手計算と同様に印刷されますので、計算のチェックができ、申請書等に添付できます。

雨水浸透施設計算

雨水浸透施設計算0 - 流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

雨水浸透施設の浸透量を計算し、対策雨水量と比較して施設の種類及び大きさを決定します。対策雨水量の計算は合理式によります。結果は、エディタに書き込み、結果の編集、複数の施設をまとめて印刷、他のソフトへの貼り付け等できます。地域の計算方法を追加できます。




流量計算 ソフト、エクセル・水理計算・排水計算・雨水計算

開水路がもつ独自の問題として、常流と射流の2つの流れがあります

開水路がもつ独自の問題として、常流と射流の2つの流れがあり、開水路の水理を検討する際には、たいへん重要なことになります。洪水到達時間、港研式、降雨強度式算出ソフト、水理公式、降雨強度式、水理計算、流出計算など、流量計算・排水計画のフリーソフトのリンク集です。
流れの種類には、等流、不等流、不定流などがありますが、どの流れを検討する際にも、等流計算が基本になります。ある程度の長い区間において水路の状況が一定であれば、その区間の流れは等流ということができます。流量計算、流速、フリーソフト、調整池、クラーヘン式、タルボット式、ルチーハ式、マニングなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。
人工水路の設計では、等流計算がよく使われます。開水路についての検討が必要です。通常の開水路の流れは、自然河川の流れ、用水路、排水路、下水道の流れなど、大気に接しながら、河床勾配に沿って流れています。


□ 排水関係設計図の作成について

排水施設が適切に施工されるために、必要に応じて次に示すような排水関係設計図を作成しなければならない。
(1) 排水系統図
(2) 横断図
(3) 横断排水施設一般図(横断工詳細図)

排水系統図について、排水系統を明確にするために、必要に応じて排水系統図を作成する。排水系統図には、以下の事項を記入する。
(a) 排水施設の名称、サイズ、敷高、側溝や排水管の通水断面、集水桝の内空断面
(b) 排水の流下方向は、図中に矢印で記入する。
(c) 排水勾配
(d) 排水構造物の図面表示、旗上げ
(e) その他、集水桝部における表示の凡例等

□ 用途地域別平均流出係数について

用途地域別平均流出係数は、次の通りとする。
 敷地内に間地が非常に少ない商業地域及び類似の住宅地域 : 0.80
 浸透面の屋外作業場等の間地を若干もつ工場地域及び若干庭がある住宅地域 : 0.65
 住宅公団団地等の中層住宅団地及び1戸建て住宅の多い地域 : 0.50
 庭園を多く持つ高級住宅地域及び畑地等が割合残っている郊外地域 : 0.35
                      参考文献:「道路土工要綱」

開水路の流れは、管水路の流れと同じ法則に従い、ベルヌーイの定理が基本

開水路の流れは、管水路の流れと同じ法則に従い、ベルヌーイの定理が基本になります。各種の断面形状について、流積、水深、潤辺、径深、勾配などの関係を、事前に把握しておくことが大切です。台形断面・円形断面・任意形状断面の流量計算、雨水浸透施設の浸透量を計算、矩形水路・台形水路・管渠水路の流下能力計算・管渠断面計算などの流量計算、水理計算、排水計算、雨水計算のフリーソフトです。
水路の断面の形状と勾配が一定な水路に一定流量の水が流れるとき、流れは等流となり、流速と水深はどの断面でも一定になりますが、現実にはこんな開水路はありません。水理計算を行う際には、水路断面の形状について、開水路の断面形を計画します。
単断面・複断面の水理計算・水深計算、計画雨水量と施設流量を比較、汚水の流量計算、マニング公式・クッター公式・合理式による雨水量の計算など、流量計算、水理計算、排水計算、雨水計算のソフトが、ダウンロードできます。開水路は自由な断面をもつ流れであることから、管水路と比較して水深、水面勾配、流速などが、時間の経過、場所の変化などにより、流れの状況がたいへん複雑になります。


排水工の設計に当たっては、以下の基本的事項を考慮するものとする。

 (1) 事前の調査結果等を十分検討し、反映させること。
 (2) 自然条件や社会条件などの現地条件を十分考慮すること。
 (3) 経済性・施工性を重視すること。
 (4) 排水の流末処理を十分考慮すること。
 (5) 維持管理が容易な構造とすること。
 一般に道路の損傷のうち、のり面崩壊、排水溝の閉塞による土砂流出、排水不良による盛土や擁壁の崩壊、横断排水路呑吐口翼壁部分の洗掘などの損傷は、直接、間接に水が原因となって起こるものが多い。

 道路排水施設については、次のように分類される。

 路面排水として、側溝、のり肩排水施設、排水ます、取り付け管・排水管・マンホールなどがある。のり面排水として、のり肩排水施設、縦排水施設、小段排水施設、のり尻排水施設などがある。道路横断排水として、カルバートなどがある。地下排水として、盛土内の地下排水工、切り盛り境部の地下排水工、基礎地盤の排水工などがある。流末排水処理、構造物裏込め部の排水などがある。路床路盤の排水として、路側の地下排水溝、横断地下排水溝、しゃ断排水溝などがある。施工の円滑化を図るための排水準備排水工、工事中の仮排水、隣接地からの流入水排除、工事中の流末排水処理などがある。
                     参考文献:「道路土工要綱」

降雨強度の算出は、タルボット式で計算します

降雨強度の算出は、タルボット式で計算します。平均流速の算出は、マニング式で計算します。コックの開きが少ない状態で、ガラス管内の流速が小さいときに着色液を流すと、着色液は管の軸線に平行に、はっきりした直線を描いて流れます。通常の水の流れは、ほとんど乱流であると考えてよいでしょう。
コックの開きを大きくし、ガラス管内の流速がある速度までくると、着色液の線は波状になります。ガラス管の入口に別の細い管を入れて、細管から水と同じ比重の着色液をガラス管内に流し込みます。レイノルズが行った実験から、流れには二つの状態があることがわかりました。
水理計算、水量計算、流量計算式、雨水排水計算、開水路余裕高の算定、低水位・高水位流量計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。開水路の流れには、水深が小さく流速が限界流速より大きい射流と、水深が大ぎく流速が限界流速より小さい常流の、2種類の流れがあります。

水の粒子が接しながら、連続して運動することを水の流れといいます

水の粒子が接しながら、連続して運動することを水の流れといいます。雨水雨量、洪水調節、水路、等流不等流、排水、流量計算、堰、水理計算、ダムなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。流速は流積内のそれぞれの場所で異なりますが、流れを考える際には、一般的には、流積内の平均流速を用います。変形に対する抵抗は、流体の種類や温度により違ってきますが、抵抗を生じる特性を粘性といいます。水路断面のなかで、水に接する部分を潤辺、流積を潤辺の長さで割ったものを径深といいます。水に外部からエネルギーを作用させると、ポンプで水に圧力を加えると、水を低い場所から高い場所へ流すことができます。水に作用する力は、重力と圧力です。水には若干の粘性があります。単位時間内に流積を流れる水の量を流量といいます。雨水流量計算、ハイドログラフ、排水量計算、計画雨水量計算、水路流量計算、道路外構の雨水排水、道路排水計画、雨水流量計算、水路断面計算、計画雨水量の算定、カーベイ式、降雨強度式など、水理計算、ダムのソフトが、ダウンロードできます。水の流れについて、流速と流量について検討します。流体には変形に対する抵抗力がありません。

■ 降雨強度について

降雨強度による方法は、実測された降雨強度の資料から任意の継続時間に対応した降雨量の毎年最大値を用いて、その生起確率の評価を行って降雨強度式を作成するものである。
 しかし、流出量の算出に含まれる各種の誤差要因等を勘案した結果、実測したデータを用いて厳密に各流達時間毎の降雨強度を求め確率評価することは、流出量の算出に含まれる各種の誤差要因等を勘案したうえで、実務上から不必要と判断し、次の三方式を採用することとする。
(1)近傍観測所の確率降雨強度式の適用
(2)降雨強度表の利用
(3)特性係数法の適用

■ 流末処理について

排水の流末処理については、以下の点に留意しなければならない。
(1) 道路の排水は、河川、下水道または排水路まで導くよう計画するものとし、それぞれの管理者と事前に協議を行う。
(2) やむを得ずのり面を流れた雨水を自然放流する場合には、その放流先への悪影響がないよう適切な措置を行う。
(3) 流末として浸透式を採用する場合には、浸透桝周辺の透水係数を把握し流入量を十分処理できるような施設を設けるなど、道路及び周辺構造物への影響や浸透能力の長期性能を慎重に検討し、適切な措置を行う。
            参考文献:「道路土工要綱」



タイトルとURLをコピーしました