建設作業員向けCADデータのおすすめは?運用課題や導入のポイントをご紹介

3fb57b7b 8522 4ddf b26f a204a9c3efab - 建設作業員向けCADデータのおすすめは?運用課題や導入のポイントをご紹介 人物 CADデータ

作業員が直接CADデータを作成したり、収集したりというのは大いに手間がかかります。業務効率化を図るためには、あらかじめ用意されたCADデータを活用することが大切です。

今回は、作業員や建設作業員向けのCADデータや3Dモデルのリンクをご用意しました。平面図からシルエット、DWG形式やJWW形式など、豊富な種類を取り揃えています。

これらのリンクを活用し、資料作成などの業務を効率よく進めていきましょう。

作業員や建設作業員のCADデータがすぐに欲しいという方は、下記の作業員や建設作業員のCADデータ・図面のリンク集からダウンロードしてくださいね。

作業員・建設作業員向けのおすすめ2D CADデータ

たけもと工務店

たけもと工務店
たけもと工務店のデータセットでは、つり工具や建設機械、人物などのオートシェイプ図形素材が掲載されています。Excel2003対応のデータになっています。

種類としては平面図と立面図が用意されており、作業員の側面シルエットは加工して作業姿勢を変えることができます。既存の手持ち工具のデータと組み合わせるなど、多様な場面で使用可能なフリー素材です。

土木の道具箱@ほーせん.com

土木の道具箱 @ほーせん

土木の道具箱@ほーせん.comは、DXF形式のフリー素材CADデータを公開しているサイトです。

作業員やガードマン、大型バス、ブロック積擁壁などの平面図・立面図CADデータをダウンロードできます。すぐにCADに使えるデータが数多く掲載され、誰でも容易に扱えます。

BIBLIO CAD

Biblio CAD

BIBLIO CADは、人物や建物、配管、電気照明、動物に至るまで、幅広い分野のCAD図やアイソメ図などが掲載されるサイトです。

CADデータだけでなく、設計士のインタビューやソフトのチュートリアル動画が掲載されており、CADに慣れていない人でも容易に扱えるサービスです。

メキシコやアルゼンチンなど、南米の標準建築基準を確認することができるのも特徴です。拡張子はPDFやDWGなどで、フリー素材もあります。

作業員・建設作業員向けのおすすめ3D CADデータ

TURBO SQUID

TURBO SQUID
TURBO SQUIDは3Dモデルイメージをダウンロードできるサイトで、無料と有料のデータがあります。

ドリルやクレーン、ロードカッター、ユニック車など多数のデータを取り扱っており、アースオーガー、コンクリートポンプ車、保安施設などの珍しいデータも見つかります。

Free 3D

Free 3D
Free 3Dでは、作業員・建設作業員データなどの3DCADデータや、3Dモデルを紹介しています。骨格や臓器、iPhoneのガジェットなど、専門的な分野の素材が探せることが特徴です。

ゲームや映画のキャラクター、輸送機やドローンなど、他で探しにくい素材が見つかります。一部会員登録が必要ですが、フリー素材もあり、UIが分かりやすく素材も探しやすいと評判です。

Google 3Dデータ検索

建設作業員 3Dデータ Google

Googleの検索機能を使うことで、建設作業員の3DCADデータや3Dモデルを閲覧できます。フリー素材もあり、検索から多数のアイテムを表示できます。


作業員や建設作業員が情報共有を重視する理由と問題の解決策

作業員や建設作業員が、丁寧な情報共有を実施することの重要性は周知の事実です。ここで、そもそもなぜ丁寧な情報共有が重要なのかについて、その理由を確認しておきましょう。

建設現場での事故、労働災害を防ぐため

工事現場や建設現場では、不注意や錯覚といったことから作業ミスが起こり、ケガ、労働災害を起こすということが発生しています。

主なケースとして、不安定な場所や狭小な場所に足場が設置されることで起こる、錯覚による、高い場所からの転落などがあります。

また、溶接などの作業中に起こるケガなど、些細なことが労働災害を引き起こす原因にもなっています。

これらのアクシデントを回避するためにも、情報共有を丁寧に行うことは大切です。

労働災害の予防と情報共有を強化するためにできること

このような労働災害は、一見、作業にあたる作業員や建設作業員によるヒューマンエラーと思われがちですが、完全にそうとは言い切れません。

事前の情報共有を徹底することで、回避できた事故も多く散見されます。そのため、あらかじめ様々な作業の内容について検証することが重要となります。


◇ 日々変化する情報の周知が重要

作業現場や建設現場では、工事の進捗に合わせて日々現場の環境も変化していきます。
その変化は、現場の規模が大きければその分大きく、同じ現場でも別々の作業をしていることも多いものです。

このような状況下で作業にあたる人たちの安全を守るためには、すべての作業員へ現場の情報を周知徹底させること、そして安全に作業できるような現場と作業員の人たちの配置を心がけることです。


◇ 施工計画書はわかりやすくCADデータをフル活用しよう

日々更新される施工計画書は、ただ作成するのではなく、現場で働くすべての人が理解し、情報共有できるものにする必要があります。

現場で使用する建設機器だけではなく、現場で作業する建設作業員や作業員のCADデータも活用することで、より理解しやすいものとなります。

平面図・立面図・シルエット・イラストなどを使い分けて、記憶に残りやすい施工計画書を作ってください。


◇ 作業員や建設作業員のCADデータの活用方法に注意

作業員や建設作業員のCADデータは、ダウンロードしたデータをそのまま使用するのはお勧めできません。

ファイルサイズが大きかったり、いらない余白があるなど、貼り付けたい部分にうまく貼り付けられない可能性があるためです。

そのため、ダウンロードした作業員や建設作業員のCADデータは、あらかじめ加工しておくことが大切です。

画像ファイル(GIFファイル)に変換した上で好みのサイズに加工、透過画像にして、背景に影響を与えない状態にしてから使用すると便利です。


このダウンロードサイトでは、作業員・建設作業員のCADデータを数多く取り揃えています。
作業員・建設作業員のCADデータや図面は、施工計画書に添付する資料などにも活用できます。

施工計画書の作成に、建設作業員のCADデータ・図面をお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。

作業員・建設作業員におすすめの2D CADデータ

CADデータは、建設作業員の安全な作業シミュレーションに最適なツールです。
また、わかりやすい施工計画書の作成にも、CADデータは役立ちます。フリー素材でも拡張子もDWG、DXF、JWWなどが揃っており、気軽に利用が可能です。

建設工事では、関係者間で情報を共有する必要があり、工事情報は、工事の進捗状況に応じて柔軟に変える必要があります。

CADデータを活用して、施工計画書や図面に、挿絵や図、シルエットをうまく活用することで、全ての工事関係者に、わかりやすく内容を伝えることが可能です。

また、修正箇所があった場合にも、手書きの施工計画書に比べて修正しやすく、正確に設計や作図修正を行うことができます。


記事の後半では、作業員が安全に作業できる環境作りに、CADデータを上手に活用する方法を紹介しています。

トラスト

トラスト
建設支援サイトのトラストには、工事日報や見積書作成など、書類作成に使えるエクセルデータがアップされています。CADデータ集には、建設機械や人物画像、U型側溝などのデータがアップされています。

PDFで確認後、JWWやDXFなど4つのファイル形式から自身に合ったものを選んでダウンロードできます。

Google検索 作業員CADデータ

建設作業員 cadデータ Google

Google検索を使用することで、建設作業員など人物のCADデータを閲覧できます。

建設作業員の仕事は多様ですが、道路・河川・ダム・橋梁・建築物など、多くの現場で活躍する建設作業員のポーズが掲載されており、汎用性は高いと言えます。

Arch Web

arch web
Arch Webでは、作業員・建設作業員などの2D CADデータが掲載されています。記事を理解するために必要な土木用語の分かりやすい解説があり、業界用語に慣れていない人でも安心して利用できます。

家具や建築物のCADデータが充実しており、無料でダウンロードできます。事故防止や避難サイン、安全標識、その他人物などの平面図・立面図・シルエット・イラストがダウンロードできます。拡張子はDWG形式です。

All-free-download.com

All-free-download.com

All-free-download.comでは、作業員・建設作業員などのCADデータ、シルエット画像が揃っています。無料の写真やWebテンプレート、フリーアイコン、フリーフォント、PSブラシやPSパターンなど、豊富なデータを取り扱っています。名前の通り、無料で利用可能です。

DWG models

DWG models
DWG modelsは、建築デザインに加え、人物や重機などのAutoCADファイルが用意されています。一部有料で提供されているデータは車種を選べるなど、より細かいニーズに応えます。

オーソドックスな建築デザインや設計図を探す場合には役に立つサイトで、データ形式DWGです。

CAD-data.com

作業員 cad-data.com

作業員をはじめとするフリーのCADデータが揃います。検索から多数のアイテムを表示でき安全書類等に使える作業員、作業車に載せる作業員を表現するために活用可能です。拡張子は、DWGやSKPなど、複数の形式に対応しています。

建設作業員の安全確保につながるCADデータの導入方法

ワードやエクセルで作成された施工計画書に、CADデータを挿入する方法は2つあります。

1つ目は、WMF形式で貼り付ける方法です。
CADファイルをWMF形式で保存し、ワードやエクセルに保存したファイルを選択して挿入します。

2つ目は、PDF形式で貼り付ける方法です。
PDFにファイルを開いて貼り付けたい図をコピーし、GIFやJPG形式で保存します。
その後、ワードやエクセルを開き、挿入から保存した画像を選択し挿入してください。
PDF変換ソフトは、インタネット上から無料で入手することができます。

建設作業員の安全を確保するためにも、図面が見やすくなるCADデータをうまく活用して、わかりやすい施工計画書を作成しましょう

作業員・建設作業員におすすめの3D CADデータ

次に、作業員・建設作業員の3D CADデータのサイトをご紹介します。

マンションやビルなどの民間工事の作業も、建設作業員が行う仕事です。多くの現場で活躍する、建設作業員の姿が掲載されており、どれも汎用性の高いデータです。

まずはこのページのダウンロードサイトのリンク集から、作業員・建設作業員の3Dcadデータをチェックしてみましょう。お探しのデータが見つかるかもしれません。

めざせ スーパー監督

めざせ スーパー監督
めざせ スーパー監督では建設イラスト、アイコンがダウンロードできます。イラストはExcelで使用可能です。

ダンプ、バックホウのイラスト、バックホウやカラーコーンのアイコンなど、基本的なイラストを全て入手可能です。

GRAB CAD

Grab CAD

GRAB CADでは様々な3D CADデータが揃っており、プロフェッショナルな3Dプリンタにも簡単に使えます。

カニクレーンやユニック車トラッククレーンなどの3Dデータが無料で申し込みできるので、どなたでも気軽に利用できます。

Pinterest

Pinterest

Pintaresuは一般的な画像検索サイトですが、建設現場の画像なども多く、施工例などに使用できるものもあります。

場合によっては製品の説明サイトにリンクされているなど、詳細情報にも対応しており、検索ワードで希望の画像も検索できるので、簡単にニーズに合った画像を探す事ができます。

archive3D

archive3D
archive3Dでは、3Dだけではなく2Dタイプの柱や自動車などの立面図、平面図などのデータも揃っています。

シンボルなどの3DSや3DS-MAXタイプのファイルが掲載されており、ジャンル別に3Dモデルが分けられているため、探している画像素材を見つけやすいのが強みです。

share cg

sharecg
share cgでは写真の他、フリーの2D・3Dデータなど数多くの素材が利用できるサイトです。

フェンスパネルや仮囲い、足場や油圧ショベル、カラーコーンなどのデータを扱っています。ダウンロードするにはユーザー登録が必要ですが、データ取得は無料なので便利です。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSERでは、3Dモデルやアニメーションソフトウェア用のデータをダウンロードできます。

実際に3DViewerでデータを拡大縮小、360度回転させることができ、図面作成時活躍します。無料アカウントの場合、「無料3Dモデル」のみダウンロード可能です。

お探しのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを参考にしてください。
次のサイトでは、作業員・建設作業員のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
作業員・建設作業員、CADデータのまとめサイト

危険チェックに役立つ作業員の配置を実現するには

建設作業員などの作業員を図面に配置することで、作業場などの危険チェックなどに役立ちます。戸建住宅などの建築現場の平面図や立面図に親子のシルエットやペットのイラストを配置するのと同じ感覚で実施できるので、難易度の高い作業ではありません。

建設作業員を図面に表すことで、高さや幅などに対しての安全面へのアプローチや、見えにくい箇所などが確認できます。

CADソフトで扱えるシルエットの条件を知る

AutoCADやJWCADなどのCADデータを取り扱う図面作成ソフトにおいても、こうした建設作業員などの作業員を描写していくことは大切です。これは、図面上でも安全確認を実施するためです。

CADデータで建設作業員などの作業員を配置する場合は、フリー素材など無料のダウンロードができるイラストやシルエットを選ぶことをおすすめします。

イラストおよびシルエットのトレースも可能ですが、フリー素材を使った方が効率的で、コストパフォーマンスにも優れます。

もちろん、無料ダウンロードできるフリー素材には、立面図や平面図などで使用できるシルエットやイラストも数多く存在します。こうしたフリー素材を利用して、業務効率化を進めましょう。

ファイル拡張子に注意する

CADデータを取り扱う時に気をつけたいのが、DWGやDXF、そしてJWWといった拡張子です。フリー素材を無料ダウンロードしたとしても、そのファイルが手持ちのソフトで使用できる素材でなければ、無料ダウンロードの強みをいかせません。

AutoCAD向けのフリー素材をダウンロードする時には、「.dwg」および「.dxf」のファイル形式をダウンロードしましょう。.dwgファイルは、AutoCAD標準のファイルです。これならダウンロードしたシルエットやイラストのデータが、崩れること無く使用できます。

もし、dwgファイルが存在しない場合は、「.dxf」形式のファイルが次におすすめです。.dxfファイルもAutoCADで扱える形式ですが、.dxfファイルは他のソフトとも互換性のあるファイル形式です。AutoCADだけでなく、それ以外のソフトを扱う場合などにも活躍します。

手持ちのソフトがJWCADであれば、「.jww」形式のファイルを使用しましょう。jwwファイルはJWCADのネイティブファイル形式です。そのため、.jwwであれば体裁が崩れることはありません。

また、.jwwファイルを取り扱うJWCADは無料のcadデータ作成ソフトウェアです。そのため、.jwwファイルは比較的無料ダウンロードCADデータとして扱われており、ダウンロードサイトでの取り扱いも少なくありません。

なお、jwwファイル形式からdxfファイル形式への互換性はないものの、変換ソフトやインターネット上の変換サイトなどを利用することで、jwwファイルからdxfファイルへ変換可能です。ただ、この場合もデータが崩れてしまう可能性があるため、確認は怠らないようにしましょう。

現場で働く作業員の種類を理解する

建設現場などにおける平面図や立面図で使用することがある作業員には、どんな種類があるのでしょうか。ここでは、作業員の種類について、簡単に紹介します。

土木作業員

土木作業員は、土木現場で働く作業員です、冬になると防寒着など厚手の作業着を装備するなど、服装は外で働くそして作業現場に適した服装を使用します。

そのため、平面図や立面図で土木作業員を使用する時には、現場や季節に合わせた作業着をトレースしたイラストやシルエットを使用すると良いでしょう。

警備員

土木作業を行う時に大切なのが警備員の存在です。特に、公道での作業には警備員を配置することが義務付けられている市町村は少なくありません。

工事箇所の施工距離や施工幅を見極めて、どの程度の警備員を配置する必要があるのか、そしてどの箇所に警備員を配置することで安全かつ柔軟な交通事情を確保できるかなど、図面で確認できることは少なくないのです。

警備員の服装や装備は、会社ごとの違いはあまりありません。そのため、平面図や立面図で使用する警備員のイラストやシルエットは、その見た目よりも人数や配置に気を配って図面を仕上げていくほうが大切です。

スーツ姿の作業員

建設現場ではスーツ姿の作業員や関係者が多く出入りします。施主であったり現場監督であったりと、その人の役職は様々ですが、スーツ姿の関係者を平面図や立面図にトレースすることで、より説得力のある図面を作成できます。

また、人の流れや椅子の配置などにも気を配ることで、現場に立ち寄る人の行動を制御したり、予測したりすることもできます。

ずい道建設作業

特殊な建設作業員としては、ずい道建設作業員という職業があります。道路や鉄道などといった交通運輸用トンネル、海岸や発電などの水路用トンネル、そして上下水道や電線路などの公益事業用トンネルといった部分が作業現場です。

施工場所も非常に多彩で、山間部のトンネルはもとより、都市トンネルや水の中のトンネルなどさまざまです。そして、それらに付随していろいろな工法や手法を知識として持ち合わせていなければなりません。

加えて、落盤やガス爆発といった安全性にも目を光らせる必要がる、トンネル系統の建設工事においては、重要なウエイトを占める作業員と言えるでしょう。

そのため、ずい道作業員は建設現場の重大事故に直面する可能性も高い存在です。こうした作業員が、現場のどの箇所に配置され、どの部分で安全に待機させるかといったところも、図面で表現することが大切です。

工事看板などの設置場所も図面で確保する

建設現場では、数多くの看板を掲げます。工事請負契約の看板や現場進捗の看板、そして安全を促す看板などです。

こうした看板を建てる場所も図面で確保することで、より臨場感のある図面を作成することができます。

俯瞰的に建設現場の図面を捉える

建設現場には作業員以外にも、数多くの人や物が存在します。建機もそうですし、現場にある樹木、そして道路一つについても、それぞれに図面に表さなければならない存在です。

建設作業員などの作業員を図面にトレースする時には、その人物だけに集中して配置をしてしまいがちですが、実は図面を俯瞰的に見なければなりません。平面図だけではなく、立体図や上からの図、CADデータ図面など、それぞれの特徴とメリットを合わせながら複合的に図面を作成していく必要があります。

イラストやシルエットをCADデータなどで表す場合は、やはり自作よりも無料データを使用することがおすすめです。インターネット上には多様な姿をとらえた作業員や、建設作業員の無料データがダウンロードできます。

個人で作りきれない数のイラストやシルエットがカバーされているので、こうした素材を存分に活用し、効率性と信頼性に優れた図面を作り上げてください。


タイトルとURLをコピーしました