電線・電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトの活用に注目してみた

10 cc0111 - 電線・電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトの活用に注目してみた 電気設備 ソフト

ソフトを使用して電線や電線管を選定することで、業務の効率化をはかることができる

電線や電線管を選定する際は、ソフトを活用して選定を行えば、計算する時間が短縮され、仕事の効率化をはかることができます。
そして、仕事が効率よく進むことで、工期に追われたり、残業時間の削減に繋げることができます。
有名な無料ソフトウェアである電圧降下君・電線管サイズ教えて君と比較しても、劣らない使い勝手のものを集めました。
電線管サイズ選定・ケーブルサイズ選定に対応し、許容電流計算・幹線計算・電線配管サイズ計算などができるフリーソフトです。
人気ランキング上位のおすすめアプリやエクセルテンプレート、excelのシステムツールを揃えたので、社内で使いやすいものをダウンロードしてみてください。

電線や電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトは、種類が多いので選択に困ってしまう

電気工事のときに必要な電線や電線管の選定を行うことができるソフト、電圧降下計算ソフトは、さまざまな企業やサイトからリリースされています。
その中から自社や工事内容に合ったソフトを比較し探し出さなければいけません。
しかし、種類が豊富なこともあり、どのソフトを使えばいいのか選択に困ることもあるでしょう。

こちらの記事では、豊富な種類がある、電圧降下計算ソフト、許容電流計算・幹線計算・電線配管サイズ計算ができるフリーソフト、電線管サイズ選定・ケーブルサイズ選定ができるなど、電線や電線管を選定するソフトの中からおすすめのもの、便利に使えるものを集めて紹介しています。excelの入力のように簡単にできるものばかりですよ。
リンク先では、ソフトの特徴を紹介しており、御社にマッチしたソフトを見つけ出すための参考になるはずです。


また、記事の後半では、電圧降下計算ソフト、電線や電線管の選定をソフトで行った際のメリットについても紹介しています。


  1. 電線や電線管の選定を行うときにソフトを活用しない企業が抱える問題点
    1. 電線や電線管の選定を行うときにソフトを使わないのはなぜですか
  2. 電線・電線管サイズや電圧降下計算ソフトを導入するメリットとは
    1. 電線や電線管の選定ソフトは便利で操作が簡単なものが多い
    2. 電線や電線管の選定ソフトの導入で残業時間を削減できる
    3. サイズ選定ソフトと同様に電圧降下計算ソフトにも導入メリットはこんなにある
  3. まとめ/電線や電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトを活用し業務の効率化を図る方法
    1. 電線や電線管の選定ソフトを活用するメリット
    2. 電圧降下計算のソフトを活用するメリット
  4. 電線・電線管の選定・サイズ計算、幹線・電圧降下計算ソフトのすすめ
    1. 電圧降下計算・電線管の選定フリーソフトは電線に生じる条件を指定できる
    2. 幹線計算のフリーソフトは様々なケーブル材料に対応している
    3. 電線管サイズ計算のフリーソフトで即座に結果を求めよう
  5. 電線・電線管の選定や電圧降下計算ソフトを使って間違いのない設計を
    1. 幹線の許容電流計算は幹線計算の中でも重要な計算
    2. 電圧降下計算方式は簡略法と電線のインピーダンス法がある
    3. 誘導起電力とレンツの法則
    4. 電磁誘導によるノイズを発生させない電線・電線管の選定を
    5. 電磁誘導対策にはソフトやアプリの導入が効果的

電線や電線管の選定を行うときにソフトを活用しない企業が抱える問題点

・ パソコンを使いこなせる従業員が少ない。
・ コストをかけて電線や電線管の選定ソフトを選んでも使いこなせなきゃ意味がない。
・ 入力のときに間違えた数値を入力してしまい、計算ミスに繋がってしまうかもしれない。
・ 電線管サイズを自力で計算するのは、計算が複雑すぎて時間がかかり、残業になってしまう。
・ 自力で計算するには、関数電卓の使い方から覚えなくてはいけない。
・ 高校生のときに習った公式を、専門書籍を調べながら計算するので時間がかかる。
・ 計算が本当に複雑なので、性格が根気強い人じゃなければと続けられない仕事だと感じる。
・ 気工事は現場での仕事が優先なので、時間がかかる計算は現場の仕事が立て込んでいると後回しになってしまう。

電線や電線管の選定を行うときにソフトを使わないのはなぜですか

・ パソコンを使える従業員が少ないため、入力間違いが起きて、結果的に計算ミスに繋がるから。
・ 電線管サイズをソフトで計算して選定するために、従業員がパソコンの勉強をする必要があるから。
・ 今まで関数電卓で計算を行ってきたので、わざわざソフトを導入するメリットを感じないから。

上記の理由から、電線や電線管の選定をソフトで行わない企業が多いようです。
しかし、これらの理由は正しくありません。


引き続き、電線・電線管サイズソフトや電圧降下計算ソフトを導入するメリットについて説明しましょう。


電線・電線管サイズや電圧降下計算ソフトを導入するメリットとは

電線や電線管の選定ソフトは便利で操作が簡単なものが多い

最近の電線や電線管の選定ソフトは、パソコンが苦手な人や初心者の人でも、困らないように工夫されているものがあります。
ソフトが計算を行い、正確な電線管サイズを教えてくれます。
便利な機能も付いているものも多く、操作に慣れさえすれば、仕事の効率化に繋がるでしょう。

ソフトの操作の一例を紹介します。
ソフトには、数種類のケーブルが登録されているので、そちらを選択します。
もし登録されてない場合は、使用する電線の種類やサイズ、芯線数、断面積、外径を入力し、算出することができます。
操作は、STEP1、STEP2、STEP3ほどのシンプルで行なえるので誰でも操作できるソフトが多いです。

その他にも、標準でCV、CVT、CVQ、CVD、CVV、CVV-S、VCTF、IVのデータが登録されていたり、薄鋼、厚鋼、ビニル、エフレックス、ねじなしに対応していたりと機能性にも優れています。
また、32%、48%の選択(任意の%も可能)も可能です。

電線や電線管の選定ソフトの導入で残業時間を削減できる

電線や電線管の選定ソフトを活用すれば、関数電卓や専門書籍を使って行っていた複雑で時間がかかる仕事をあっという間にこなすことができます。
電線管サイズ選定・ケーブルサイズ選定ができるフリーソフトは沢山あります。
現場が工期に追われて多忙なときに、ソフトを用いて計算することで計算時間を短縮させることができ、その結果、残業時間を減らすことができます。

残業時間が減れば、経営者にとっても、従業員にとってもうれしいことではないでしょうか。
仕事が効率化に成功すれば、全体的なコストダウンに繋がることがわかります。

有名な無料ソフトウェアである電圧降下君・電線管サイズ教えて君と比較しても、劣らない使い勝手のものを集めました。
人気ランキング上位のおすすめアプリやエクセルテンプレート、システムツールを揃えたので、社内で使いやすいものをダウンロードしてみてください。

サイズ選定ソフトと同様に電圧降下計算ソフトにも導入メリットはこんなにある

電気工事では、配線する電線の種類や距離により、電圧降下が起こることが考えられます。
電線の細さや距離や長さなどから、末端での電圧降下率に影響が出ます。
数値だけであれば大きなケーブルを使うことで改善されることはありますが、無駄な経費になります。
工事費用には限りがあるので、電圧降下計算を行い、最適な電線が必要となります。

またこういった選択の過ちは、電線の発熱や発火などの事故やトラブルに繋がるので慎重に、そして、正確に行うことが最重要になってきます。
事故にならなかったとしても電圧降下により機器の使用に影響が出ることも考えられます。
そうならないためにも必要な電圧降下計算ですが、こちらの計算も電線や電線管の選定と同じように複雑で時間がかかります。
電圧降下計算もソフトを活用することができるので、仕事の効率化をはかることができます。
許容電流計算・幹線計算・電線配管サイズ計算などに対応したフリーソフトもありますし、
有名な無料ソフトウェアである電圧降下君・電線管サイズ教えて君と比較しても、劣らない使い勝手のものを集めました。
人気ランキング上位のおすすめアプリやエクセルテンプレート、システムツールを揃えたので、社内で使いやすいものをダウンロードしてみてください。
excelの入力のように簡単にできるものばかりですよ。


まとめ/電線や電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトを活用し業務の効率化を図る方法

これまで、電線や電線管の選定ソフトを活用することにあまり興味を示さなかった人も、以下のようなメリットがあることがわかりました。
この機会に、電線や電線管の選定ソフトの導入を検討してみてはいかがですか。

電線や電線管の選定ソフトを活用するメリット

操作性に優れているので、パソコンが苦手な方、excelの入力のように初心者でも迷うことがなく操作できます。
電線の種類に合わせて必要な数値を正確に算出してくれます。
関数電卓や専門書籍を用いて、時間がかかる複雑な計算をソフトが簡単に行なってくれます。
ソフトを使用することによって、複雑な計算時間が短縮され、残業時間の短縮に繋がります。
よって、従業員の負担軽減や経営者のコスト削減にも繋がります。

電圧降下計算のソフトを活用するメリット

電線や電線管の選定の計算と同じように、面倒な計算をソフトが行ってくれます。
ソフトが正確な数字を導き出してくれることで、電線に使う工事費用を無駄にせずコストダウンに繋げることができます。
誤った計算から発熱や発火などのトラブルを防止できます。
また電圧降下による機器の不具合を防止できます。

有名な無料ソフトウェアである電圧降下君・電線管サイズ教えて君と比較しても、劣らない使い勝手のものを集めました。
人気ランキング上位のおすすめアプリやエクセルテンプレート、システムツールを揃えたので、社内で使いやすいものをダウンロードしてみてください。
許容電流計算・幹線計算・電線配管サイズ計算などができたり、電線管サイズ選定・ケーブルサイズ選定に使えるフリーソフトが揃っています。

電線・電線管の選定・サイズ計算、幹線・電圧降下計算ソフトのすすめ

電気機械が動くには、変電所にある電源から、現場の電気機械までに、ケーブル配線が接続されて、電気が通って初めて電気機械が動作します。しかし、電気機械には動くための電圧と電流が、決められたような値(定格電圧・定格電流)でないと、動きません。あるいは、一瞬動いて停止するか、最悪の場合、ケーブルが焼損することがあります。
理由は、ケーブル配線に電流が流れるとき、電線の電気的抵抗により熱が発生し、電気エネルギーから熱エネルギーが奪われて、電気の電圧が低下するためで、これを電圧降下といい、簡単な電圧降下計算で求められます。
電圧降下の大きさは、電線の細い・太い、電線の敷設距離が短い・長い、電線を通る電流が多い・少ないによって変わります。電線が太いほど、電気抵抗値が小さくなるため、電圧降下は少なく、多くの電流が流れますが、電気機械の許容電流計算で多くの電流が流れると、ケーブルだけでなく、電気機械も焼損させてしまいます。そのため、電気機械に接続する電線の種類とケーブルサイズ選定には、電圧降下計算、許容電流計算を行って、ケーブルサイズ選定を行います。
電圧降下計算、許容電流計算、幹線計算は、電線の種類と太さなどの条件が複雑で、計算するために条件を選択します。無料のフリーソフト、フリーのエクセル(excel)ソフト、無料のアプリが人気のあるもの、ランキングが上位にあるものなど、使い易さが人気のソフトが多くあります。多くのソフトは、プルダウン方式の選択ツールで、電線の線種やサイズを選ぶため、簡単に電圧降下計算、許容電流計算、幹線計算ができます。エクセル(excel)では、テンプレートに沿ったケーブルサイズ選定条件の入力で、簡単に結果が出ます。フリー、有料ソフトウェアなどいろいろありますが、人気のソフトやランキング上位のソフトを中心に、無料でダウンロードして試用し、使い易さの比較がおすすめです。

電圧降下計算・電線管の選定フリーソフトは電線に生じる条件を指定できる

電圧は、電流の流しやすさ、または電流の流しにくさを表します。高い電圧は、強い力で電流を流します。電圧は、電流が流れるかどうかや電流の量の多さをコントロールしていると言っても良いでしょう。
電池の+と-極の間に電圧計を並列につなぎ、電池の電圧を測るときに、電圧は+と-の電位の差、電位差を測っているいることになり、「位」という言葉が電圧の意味です。電位とは電気的には、位置エネルギーで、その位置エネルギーの差が、電圧を生じさせていると言って良く、2つの位置エネルギーの間に、道のようなものがあれば、マイナスの電子が移動することになり、それが電流です。
幹線計算を行って幹線を設置した時、問題になるのが電圧降下です。電圧降下計算に従った幹線を敷設しないと、必要な電圧を確保できないため、送電システム先に大きな影響を及ぼします。ファンの風量低下、通信機器システムやコンピュータシステムなどの電圧変動による停止や誤動作など、幹線システムにつながって影響を受ける機器は膨大にあります。電圧降下の起きる原因は、ケーブルに流れる電流によって発熱が生じ、電源のエネルギーが失われるためです。電流が発熱させるのは、ケーブルの長さが長く、ケーブルの電線が細いために抵抗値が大きくなることです。
ケーブルサイズ計算と電線配管サイズ計算を行って、安全なケーブルサイズ選定を行い、適正な電線管工事を行えば、電圧降下の問題は起きないでしょう。
電圧降下計算に当たっては、直流と交流の場合で計算式が異なりますが、無料のフリーソフトやアプリには、直流や交流だけでなく、電線に生じる条件を指定して電圧降下計算するソフトウェアが多く、ランキングも上位にあります。人気の無料フリーソフトの電圧降下君もランキング上位にあり、他のソフトと比較しても遜色有なく、ダウンロード数も多くおすすめです。電圧降下君ソフトウェアは、単相2線式、単相3線式、三相3線式のケーブルの選定が可能で、線種やケーブルサイズをプルダウン方式の選択ツールで選び、電圧降下計算を行います。

幹線計算のフリーソフトは様々なケーブル材料に対応している

電池につないだ電球が、明るく光っている状態から暗くなっていくのは、電圧が下がるとともに電流も少なくなったからで、電圧とは電流を流す必要条件なのです。ということは、電圧が上がると電流も増え、逆に、電圧が下がると電流も減少するということです。
電流1[A]とは、1秒間に1クーロンの電子が通過した値です。定義はもっと難しいのですが、要は、1 Ωの抵抗に1 Vの電圧の電源をつないだ時、そこに流れる電流が1Aということです。
電線ケーブルには電流が流れますが、常に流すことができる最大電流が許容電流です。許容電流計算は、電線に電流を流し続けたときに温度が上がる限界と、周囲の温度、ケーブル配線の環境から、許容電流計算ができます。電線材料にはPFAやPVCやポリエチレンのように多くの材料があり、それぞれ最高の使用温度が違います。また、電線の太さが大きくなると許容電流も大きくなります。さらに、電線管に入れると周囲温度が違ってきますので、電線管内のケーブル占有率も影響されます。そのため、許容電流計算は、ケーブルサイズ選定を行い、電線配管サイズ計算から電線管サイズ選定を行い、許容電流計算に必要なデータを求め、それをもとに許容電流値を求めます。
幹線計算の無料のフリーソフトやアプリでは、エクセル(excel)プログラムも含め、多く出されているため、有料の電気計算用システムソフトウェアも含め、使い易さを比較すると自分に合ったソフトが見つかるでしょう。幹線計算ソフトでは、様々なケーブル材料に対応した電圧降下計算と許容電流計算も行い、無料で試用用にダウンロードできるソフトもあります。ソフトの人気度やランキングが高い順から試すというのも、簡単に必要なものが見つかる方法です。

電線管サイズ計算のフリーソフトで即座に結果を求めよう

新しい電池2つに対し、それぞれの電池に別々の電球をつないだ時、一方の電球は明るく光り、もう一方の電球は暗く光るとしたとき、長い時間、光っていられるのはどちらかについて考えてみます。
2つの電池が持つエネルギーは同じだとして、明るい電球の方の電池はエネルギーを短時間で使い切り、電圧がなくなるので暗い方より先に切れます。同時に、明るい電球の方に流れる電流は、暗い電球より多くの電流が流れます。電球が消費したエネルギーを、電力(単位はワット)と言い、電力=電圧×電流、で表されます。
電圧を上げて多くの電流を流すことは、多くの電力が利用できますが、電力を多く使ってしまうとも言えます。電力=電圧×電流の関係から、電力である電気エネルギーを高くするには、電圧と電流の両方を増やせば効果的に電気エネルギーが上がります。
電源から屋外にケーブルで繋いだ電動機器は、電動機器を使っている間、電流が流れ、電圧が低下しますが、電源は常に電源が供給されるため、電圧を維持することができます。しかし、電気エネルギーを使うのは電動機だけでなく、電源と電動機をつないだケーブル間の抵抗でも消費されます。それによって電圧降下計算に従った電圧が低下するため、電動機器への電圧が低下し、電動機器が動かなくなる場合があります。
そうならないためには、ケーブルサイズ計算を行って、電圧降下計算から適切な電圧が維持できるようにする必要があります。ケーブルサイズ計算に必要なものは、ケーブルの長さと断面積が主体です。
ケーブルサイズ計算で得られたケーブルサイズ選定で、ケーブルを敷設することになりますが、ケーブルを保護するために電線配管サイズ計算結果の電線管の中を通します。
電圧降下計算と電線配管サイズ計算で得られた結果から、ケーブルサイズ選定と電線管サイズ選定が行われ、電源と電動機間のケーブルと電動機での電気エネルギーが低下することがなくなり、電動機は正常に動き続けられます。
電線管サイズ計算の無料のフリーソフトの中で、人気が高くダウンロードの多いソフトが、電線管サイズ教えて君です。電線管サイズ教えて君は、材料やサイズが多くあるケーブルや電線管から、プルダウン方式で計算に必要な条件を選択ツールで選べば、即座に結果を表示し、おすすめです。他にも無料ながらランキング上位にあり、他と比較しても使い易い電線管サイズ選定ソフトやアプリが多くあり、ダウンロードして比較してはどうでしょうか。また、エクセル(excel)が得意な人には、テンプレートや選択ツールが充実したソフトも多く、ダウンロードしての比較がおすすめです。

電線・電線管の選定や電圧降下計算ソフトを使って間違いのない設計を

幹線計算では、電圧降下計算と許容電流計算は必要不可欠な項目です。幹線の設計をする場合、中央の電源から、送電先がいくつかに分かれて、幹線が敷かれます。もし、送電先の電動機などに所定の電圧より低い電圧が来ると、電動機は動かないことになります。また電圧が不安定であると、通信機器が送電先にあったとき、誤作動の原因にもなります。
このように元の電源の電圧より低下することを電圧降下と言い、電圧降下を求めるのが電圧降下計算です。電圧降下が起こる原因は、細い電線や長すぎる電線を使うことで、電線の抵抗が大きくなり、電流が流れると電線の電気的抵抗で熱が発生し、エネルギーが失われることで、電圧が低下します。そのために、電源電圧に耐えられるケーブルサイズ選定するとともに、電圧降下計算による電圧が低下しないようなサイズの電線を選ぶケーブルサイズ選定が重要になります。

幹線の許容電流計算は幹線計算の中でも重要な計算

幹線計算で電圧降下と比較しても重要なものが許容電流計算です。幹線の許容電流は接続される機器の定格電流を合計して許容電流計算をします。ただ、電動機のような始動時に大きな電流が流れる場合は、それを加味した許容電流計算が必要で、条件に合ったケーブルサイズ選定を行うことです。

電圧降下計算方式は簡略法と電線のインピーダンス法がある

電圧降下計算は、簡略法と電線のインピーダンス法の計算があります。屋内配線や電線敷設距離が短く、線径が細い場合など、リアクタンスを無視しても良いケースでは簡略法が使われます。
計算は、単相2線式、単相3線式、三相3線式がありますが、その際にケーブルサイズ選定を行っておく必要があります。一方、電線敷設距離が長く、大きな電流を扱う場合は、インピーダンス法での電圧降下計算を行いますが、より精密な電圧降下計算が可能です。この方式でも、ケーブルの種類やケーブルサイズ選定がポイントになります。
ケーブルサイズ選定の次に重要な選定が、電線管サイズ選定です。敷設するケーブルは裸のままでは、長い間には傷など損傷する場合が多く、それによって大電流が流れ機器を損傷させる問題があります。そのため、電線配管サイズ計算を行って、長期間使用できる適切な電線管サイズ選定が必要です。
電圧降下計算に当たっては、無料のフリーソフトやアプリには、直流や交流だけでなく、電線に生じる条件を指定して電圧降下計算するソフトウェアが多く、ランキングも上位で人気が高いソフトが多くおすすめです。ランキング上位のソフトウェアをダウンロードし、比較して自分有ったものを探すのもおすすめです。ランキング上位の無料のフリーソフトの電圧降下君も人気も高いソフトです。電圧降下君ソフトウェアは、ケーブルの種類やサイズを、プルダウン方式で選んで、電圧降下を計算します。特に単相2線式、単相3線式、三相3線式のケーブルに対応して簡易計算方式で電圧降下計算を行うには適したソフトで、おすすめです。

誘導起電力とレンツの法則

コイルに検流計をつなぎ、コイルに磁石を遠くに近くに移動すると、検流計の針が振れるため、電流がコイルに流れたことが知れます。磁石を近づけたときには、コイル磁束が増え、逆に、磁石を遠ざけたときには、コイル磁束が減少し、磁束の変化するのを妨げる方向に、起電力が生じて電流が流れ、これを電磁誘導といいます。発生する起電力は、誘導起電力と言います。
コイル(AとBとします)を2つ近くに置き、スイッチSを開いた状態でコイルAに電源をつなぎ、検流計をコイルBつないで電流を測定するとき、スイッSを開閉すると、コイルAに電流が流したり流さなかったりすると、コイルBには電流が流れます。コイルAの磁束が、コイルBに鎖交してコイルAの磁束の変化が、コイルBの磁束変化をもたらし、電磁誘導が起きことが理由です。電圧は、磁束の変化を妨げる向きに生じることの発見者の名前から、レンツの法則と言います。

電磁誘導によるノイズを発生させない電線・電線管の選定を

動かすために電流を多く必要とするものが、大型モータのような動力機械です。大電流が流れると、電線ケーブルに磁界が発生して、その磁界を横切るような電線ケーブルがあると、起電力が発生します。大型モータもコイルに電流を流し、磁界を生じさせて別のコイルに電気を送るものですが、モータが発生する磁界が少し漏れることは、モータの側に敷設されている信号ケーブルにノイズを発生させる要因となります。
モータの電源ケーブルに流れる大電流からも磁界を発生するため、モータの電源ケーブルと平行して敷設されている信号ケーブルがあれば、信号線にノイズが発生し、通信機器などの誤動作の原因となります。
この電磁誘導によるノイズを防ぐには、1つは、モータなどの電磁界を発生する機器の付近にケーブルの敷設をしないことです。しかし、狭い敷地内では動力電線と平行にケーブル敷設せざる負えず、信号ケーブル用のダクトに入れるか、シールドされた電線管でケーブル敷設することで、電線配管サイズ計算と電線管サイズ選定を行う必要があります。
もう1つの対策は、ケーブルの芯線に「より対線」かシールドケーブルを使用し、電線配管サイズ計算とケーブル選定を行って、対策が取れた配線を選ぶことです。さらに、電線管の外側の鉄テープには、両端接地が必要で、電線管サイズ選定時に、考慮することが必要です。
電線管サイズ計算の無料のフリーソフトは多く出ていますが、電線管サイズ教えて君は、人気が高くダウンロードの多いフリーソフトの1つです。電線管サイズ教えて君は、多用なケーブルや線種、電線管を、プルダウン方式で線種とサイズを選び電線配管サイズ計算で最適な電線管サイズ選定するツールが豊富なソフトで、いつもランキン上位にあるソフトです。他にも無料ながらランキング上位にある人気の電線管サイズ選定ソフトやアプリ、テンプレートに沿って入力しツールを配したエクセル(excel)ソフトがあり、ダウンロードして使ってみるのがおすすめです。

電磁誘導対策にはソフトやアプリの導入が効果的

フロア下の屋内配線で、耐えようのケーブルが敷設されている状態で、コンピュータ機器などの信号配線にノイズが混入して、コンピュータ機器が誤動作するトラブル事例があります。原因は、容量の大きい交流電源の電源ケーブルと平行に、コンピュータ機器の信号配線が敷設されて、電源ケーブルからの電磁誘導によってノイズが生じたものと推定できます。
このようなノイズ対策としては、ノイズを信号に混入させないことで、信号配線の敷設方法、信号配線の種類、アースの設置などがあげられます。信号配線と電源配線は、線間やダクトなどの配線と周囲の導電性物質間が浮遊容量で結合し、これによって電源電圧の静電結合による商用周波数ノイズが、信号配線に入るためにノイズが発生します。
この対策は、電源配線と信号配線を離して配線することです。同じラック上に、電源と信号を敷設する必要があるときは、電源用と信号用に、配線グループを分離して、両者を引き離してケーブル敷設することも有効です。また、屋外に電源ケーブルと信号ケーブルを同方向に敷設する場合は、ケーブル用のダクトを使用して、ダクト内部に仕切り版を設け、電源用と信号用配線を分離して敷設します。このときに、仕切板を含めてダクトのアースを取ることが重要です。また、信号配線だけを導電性の電線配管に入れて配線する方法もあります。このようにケーブルを敷設する場合、線種やケーブルサイズを決め、配線のルートの決定からケーブル長さが分かるため、電圧降下計算、許容電流計算、電線配管サイズ計算を行ってケーブルサイズ選定と電線管サイズ選定後に、工事設計を行います。
電圧降下計算、許容電流計算、電線配管サイズ計算、幹線計算、許容電流計算には、無料のフリーソフト、一部機能を上げた有料ソフト、電気計算としてシステム化されたソフトウェア、エクセル(excel)をベースに計算専用のシートとしたソフトなど、人気があり、ランキング上位のソフトやアプリは多くあります。計算で厄介なのは、配線材料や配線サイズが非常に多いこと、電線管も材料やサイズが多くあるため、便覧を片手に計算には限界があります。これを解決するのがソフトやアプリで、テンプレートや選択するツールなどが充実し、使い易く、人気の要因です。どれが良いかは、無料でダウンロードし、システム化した電気計算システムソフトウェアも有料でも無料の試用が可能で、比較してお気に入りを見つけるのがおすすめです。




◇ よく読まれている関連記事と広告


電気設備 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました