工事看板のエクセルソフトが現場の無駄を削減、フリーソフトも充実。

0f41773e c445 4a4a bb74 b08ab94d8524 - 工事看板のエクセルソフトが現場の無駄を削減、フリーソフトも充実。 施工管理 ソフト

工事看板エクセルソフトが工事現場における業務効率を向上させる

工事車両が出入りする工事現場における必要な情報や危険の存在を、周囲に対し、一目で伝達することができるものが、工事看板・安全看板、安全標識、安全掲示板などのツールです。

これらを、ひな形(雛形)やテンプレート・フォーマットとして、備えてあるエクセル(excel)ソフトウェア(アプリ)を利用することで、業務効率の向上やコスト削減が実現できるのでおすすめです。また、作った看板はクラウドに上げておくと、複数の人で共有ができます。

種類が豊富な工事看板エクセルソフトを導入するには、比較検討が欠かせない

工事看板エクセルソフトウェアは非常に種類が多く、どれを使ったらよいのか判断に迷います。
また、ソフトやアプリの比較ランキングサイトで人気の工事看板エクセルソフトを多く集める作業と、比較検討する作業は、大変な労力が必要となります。

そこで、工事看板・安全看板のフリーソフトを紹介しましょう。
このサイトでは、建設現場で掲示義務のある、工事看板・安全看板、安全標識のソフトが、数多く用意されています。

また、この記事では、「企業が工事看板のエクセルフリーソフトを導入しない場合に起こり得る問題点」や「工事看板のエクセルフリーソフトを導入することで得られるメリット」などについて説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、工事看板・安全看板、安全標識のフリーソフトを覗いてみましょう。
ご希望の看板を、現場の安全対策にお役立てください。



企業が工事看板のエクセルフリーソフトを導入しない場合に起こり得る問題点

工事看板のエクセルソフトを導入しない理由とは

・パソコンやエクセル(excel)を使える社員が不足しているから
・工事看板や安全掲示板を自社で作成するという発想やノウハウがないから
・工事看板を作成することの手間が負担になるから
・看板を作成するためには専門的な技術が必要で素人には難しいと感じるから
・デザインを専門とする専門業者に依頼することになりそうだから
・工事看板のエクセルフリーソフト(アプリ)を使いこなすことが難しそうだから
・導入にいたるまでのプロセスが面倒だから
・無料のフリーソフトでも機能は十分なのか、あるいは有料ソフトのほうが充実しているのかなど、どちらを使ったらよいのかよくわからないから

まだある、工事看板のエクセルソフトを導入しないのは何故

・本来の業務を割いてまで、国土交通省推奨型の工事看板や安全掲示板の作成に取り組むことによって受け取ることができるメリットの大きさがわからないから
・これまで専門業者に依頼して対応してきたことによる支障はないし、新たに従業員の業務を増やすことにもなるから
・費用対効果をしっかりと見極めてからでないと取り組むことが難しいから

以上のような理由によって導入に対して慎重になる企業が多いようです。
しかしこのような理由は必ずしも正しいとはいえません。

それでは引き続き、工事看板のエクセルフリーソフト導入のメリットについて確認していきましょう。


工事看板のエクセルフリーソフトを導入することで得られるメリット

工事看板のエクセルフリーソフトは操作が簡単

国土交通省推奨型の工事看板や安全掲示板のエクセル(excel)フリーソフトウェア(アプリ)は、パソコンなどのIT機器を扱うことが苦手な人でも、簡単なステップで使用することができるシステムです。
おもに工事看板のエクセルのひな形(雛形)、テンプレート、フォーマットといったツールが主体となっています。

パソコンのなかにMicrosoft Excelがインストールされてさえいれば、現場事務所で工事看板のエクセルソフトをダウンロードして、すぐにでも活用できるシステムなので、人気が高いです。

無料でダウンロードできるエクセルのフリーソフトを使った工事看板の作成は、非常に簡単なものです。ソフトは人気ソフトを集めたランキングサイトなどで探せます。
まず、あらかじめ作られた複数のテンプレート、フォーマットやデザインのデータを呼び出します。デザインは工事車両などさまざまなものがあります。
その中から目的に合った好みのものを選択し、用紙サイズに合わせて印刷するだけの作業になります。

工事看板となる印刷した用紙を、ラミネートなどのツールで防水の処理を施します。
それを現場内の必要な場所に設置するという、非常に簡単な作業の繰り返しになります。

いつも使用する看板は、一度作成しておけば複数回使いまわすことができ、現場事務所での作業の手間が省けておすすめです。

工事看板のエクセルソフトで作成すれば、自由にアレンジできます

通常の工事看板では、慣れなどもあり印象が薄くなることもあります。

しかし、工事看板のエクセル(excel)フリーソフト(アプリ)で作成すれば、会社名を入れてアピールしたり、文言を付け加えてより注意喚起を促したり、工事車両のイラストを挿入したりとアレンジも自由に行うことができます。データ保存はクラウドを利用すると便利です。

無料のフリーソフトと有料ソフトがありますが、有料ソフトのほうがテンプレート、フォーマットやデザインなどのツールのバリエーションが豊富となるため、国土交通省推奨型工事看板の作成にも幅が広がるのでおすすめです。人気ソフトの比較ランキングサイトなどで、自分に合うソフトを見つけてみましょう。

工事看板ソフトの導入で施工管理業務の効率化が図れます

建設業者は工事現場や現場事務所において、建設業の許可票や労災保険関係成立票などの標識を、法令に則って掲示しなければいけないことが定められています。

これらの標識についても、必要事項を入力するだけで複数の看板と連動し作成が可能なシステムです。
変わることのない会社名や許可番号などの部分は、あらかじめ入力してひな形(雛形)を作成しておきます。ひな形はクラウドに保存しておくと誰でも必要に応じて使うことができます。
現場ごとに変わる部分だけを、その都度入力することで業務の効率化が図れます。

工事の着工前に作成してラミネートすることで、完成まで使用することが可能となります。

工事看板のエクセルフリーソフトは工事原価の削減にも貢献する

経費のかかる看板は外注するのではなく、自社で作成することによりコスト削減が実現できます。

使用する看板のひな形(雛形)を無料でダウンロードできるサイトを利用して作成しておけば、その後大きな手間がかかることはありません。
看板作成のために、通常業務の時間に大きく影響することはありません。

残業をしてまで作成するような作業にはなりません。
材料費も用紙とラミネート、その他粘着テープや結束バンドを使用する程度となり、極めて低コストでの作成が実現できます。


まとめ/工事看板のエクセルフリーソフトを導入して、業務の効率化を

建設工事の現場管理での重要な業務には、工程管理、品質管理、安全管理、原価管理などがあります。
常にこれらの業務のシステム化・効率化を図ることが重要となります。

国土交通省推奨型の工事看板のエクセルフリーソフトを導入することによって、次のような効果を得ることができます。ソフトを比較するランキングサイトなどを見ると、人気のあるものが探せます。
これまで工事看板ソフトウェアの導入に対し消極的だった方も、導入を検討されることをおすすめします。

工事看板のエクセルフリーソフト導入のメリット

工事看板エクセルソフトには、工事現場で必要となるあらゆる種類の人気看板が揃っており、極めて簡単な操作での作成が可能です。

バリエーションは豊富なあり、エクセルがベースのためアレンジがしやすいという利点があります。
フリーでダウンロードして使えるものもあるため、手軽に導入できる環境を手に入れることが可能です。

最初にひな形(雛形)として一定の情報を入力してクラウドに上げておけば、他の社員との共有によって会社全体の効率化と均一化が図れます。

現場ごとの書式の統一、会社としての方針などの文言を盛り込むような工夫を凝らすことがでます。
会社のカラーを打ち出し、強い意思表示としてアピールする訴求効果が生まれます。

工事看板エクセルソフトを導入し、工事看板を自分で作成することによって、外注費を減らしコストの削減が促進されるため原価管理の効率が高まります。
また、工事車両の出入りなどの危険に対し注意喚起する看板を作成することで、現場事務所や現場内での安全性の向上につながります。

このように、工事看板のエクセルフリーソフトの導入は、現場管理の効率アップに貢献できるという点が大きなメリットといえるでしょう。




タイトルとURLをコピーしました