無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート

0f41773e c445 4a4a bb74 b08ab94d8524 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート 施工管理 ソフト

工事看板エクセルソフトが工事現場における業務効率を向上させる

工事車両が出入りする工事現場における必要な情報や危険の存在を、周囲に対し、一目で伝達することができるものが、工事看板・安全看板、安全標識、安全掲示板などのツールです。

これらを、ひな形(雛形)やテンプレート・フォーマットとして、備えてあるエクセル(excel)ソフトウェア(アプリ)を利用することで、業務効率の向上やコスト削減が実現できるのでおすすめです。また、作った看板はクラウドに上げておくと、複数の人で共有ができます。

種類が豊富な工事看板エクセルソフトを導入するには、比較検討が欠かせない

工事看板エクセルソフトウェアは非常に種類が多く、どれを使ったらよいのか判断に迷います。
また、ソフトやアプリの比較ランキングサイトで人気の工事看板エクセルソフトを多く集める作業と、比較検討する作業は、大変な労力が必要となります。

そこで、工事看板・安全看板のフリーソフトを紹介しましょう。
このサイトでは、建設現場で掲示義務のある、工事看板・安全看板、安全標識のソフトが、数多く用意されています。

また、この記事では、「企業が工事看板のエクセルフリーソフトを導入しない場合に起こり得る問題点」や「工事看板のエクセルフリーソフトを導入することで得られるメリット」などについて説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、工事看板・安全看板、安全標識のフリーソフトを覗いてみましょう。
ご希望の看板を、現場の安全対策にお役立てください。

 

  1. 無料で使える工事看板・安全掲示板のエクセルテンプレート
    1. HOAN
    2. 助六 安全標識アイコン
    3. 安全用品カタログ丸ごと印刷 ~立入禁止!!~
    4. 工事黒板文字作成
    5. 若手監督さん御用達 工事写真の黒板印刷ソフト
  2. 様々な場所で必要とされる工事看板
    1. 不特定多数の車両が出入りする現場の安全は工事看板が担う
    2. 工事看板は場所に合わせる必要がある
    3. 工事看板にイラストを使用すれば目に留まりやすい
    4. 積載荷重表示は工事車両内から見やすくすること
    5. 現場内でも安全を勧告するための掲示物が必須
    6. 建設業の許可票などの掲示について
    7. 国土交通省奨励の工事看板
    8. 工事看板や標識作成にはソフトやアプリの使用が便利
  3. 工事看板(安全看板)の種類
    1. 工事標識(安全標識)
    2. 法定看板
    3. 工事黒板
  4. 工事看板(安全看板)を簡単に作る方法
    1. エクセルテンプレートをダウンロード
    2. 自社に合った工事看板のエクセルテンプレートを見つけるには
  5. エクセルテンプレートで工事看板(安全看板)を作成するメリット
    1. 自社に合わせたオリジナルの工事看板が作成できる
    2. エクセルソフトでの工事看板作成は省力化・コストダウンにつながる
  6. 工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入しない理由とは
  7. 工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入することで得られるメリット
    1. 操作が簡単
    2. 自由にアレンジできる
    3. 施工管理業務の効率化が図れる
    4. 工事原価の削減に貢献
  8. まとめ/工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入して、業務の効率化を

無料で使える工事看板・安全掲示板のエクセルテンプレート

HOAN

HOAN0 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート
jw_cad用に作られた工事用の看板データです。フリーソフトとして公開されています。道路工事の保安図作成時などに使用でき、改良も可能です。保安図作成を行うことで、工事現場の安全に留意を図れるだけではなく、現場の働き方改革にも寄与します。また、提供されているデータに改良を加えることで、現場それぞれの特性を反映させた工事看板を作成することも可能となっています。

助六 安全標識アイコン

助六 安全標識アイコン0 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート
安全標識をモチーフにしたフリーのアイコンです。救急や救護など安全に関する安全標識をモチーフにして、12種がセットで提供されています。デスクトップなどで使用するアイコンですが、使用方法によっては安全看板や安全啓発資料に使用することも可能です。詳しい取り扱い方法については、ファイル内ドキュメント、またはドキュメント内に記載しているホームページを参照のこと。

安全用品カタログ丸ごと印刷 ~立入禁止!!~

安全用品カタログ丸ごと印刷 ~立入禁止!!~0 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート
安全用品カタログの安全標識を現場で印刷できるフリーソフトです。エクセルファイルで現場の安全標識や案内看板類が用意されています。希望の安全標識をプリントアウトして、ラミネートやビニルシートを利用すれば、外注する必要もありません。ソフト本体はエクセル形式のファイルとなっているため、インストーラーを必要とせず、ダウンロードしてすぐに使い始めることができます。

工事黒板文字作成

工事黒板文字作成0 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート
エクセルで文字を自由に変形させることができるフリーソフトです。フォントのサイズを気にすることなく、エクセル上の文字を横方向にも縦方向にも好みの大きさにサイズ変更することができます。工事看板として注意を呼びかけたい時には、誰にでも目につく大きなサイズの文字が必要となります。何度も文字を打ち直して文字サイズを変更するのではなく、誰でも簡単に直感的に文字サイズの変更が可能です。

若手監督さん御用達 工事写真の黒板印刷ソフト

若手監督さん御用達 工事写真の黒板印刷ソフト0 - 無料で使える工事看板・安全掲示板のフリーソフト・エクセルテンプレート
鉄筋工事の写真撮影用の黒板を、エクセルの表から印刷するフリーソフトです。躯体リストの数字入力だけの簡単操作が特徴的な上、柱や梁は形状まで描画します。また、断面リストを入力すると鉄筋図を自動描画したり、一度入力した記号は何度でも呼び出せるなどの機能も搭載されています。さらには、リストに全て入力して一気に印刷したり、入力内容を確認するために一覧を縮小印刷することも可能です。


様々な場所で必要とされる工事看板

工事看板は、工事現場において必要な情報や危険の存在を周囲に一目でわかるように伝達するツールです。安全看板ともよばれ、さまざまな種類の安全掲示板や安全標識があります。国土交通省推奨型の工事看板(安全看板)があり、建設業者は工事現場や現場事務所で法令に従って工事看板(安全看板)を掲示する義務があります。

国土交通省推奨型の工事看板とは、工事の種類や内容、期間などを通行者にわかりやすく伝えるように考えられた看板です。平成18年4月からわかりやすさに重点を置いたデザインに改善されています。

不特定多数の車両が出入りする現場の安全は工事看板が担う

工事現場には工事車両として、解体工事車両や足場運搬車などさまざまな車両が出入りをしています。複数の工事車両が出入りする工事現場においては、工事看板や安全看板による安全の確保が重要です。
また、現場事務所などのでは国土交通省が推奨している工事看板や安全掲示板、工事黒板などの掲示物などによる安全確保が行われています。
工事現場における部外者への安全看板や安全標識、現場事務所内における安全看板や安全標識など、工事現場ではさまざまな工事看板が活用されています。

工事看板は場所に合わせる必要がある

工事車両における安全看板や安全表示版、安全標識、工事標識の場合、ローリングタワーなどの足場資材の資材置き場搬入口や迂回路などの交通上の安全看板が考えられます。
ローリングタワー足場などを仮置するための資材置き場搬入口や迂回路、工事現場への出入り口では、一般の人も通行している可能性があります。ローリングタワー足場を仮置する資材置き場搬入口や迂回路付近には、誰でも分かりやすい工事看板や安全看板、安全掲示板、安全標識、工事標識がおすすめです。
例えば資材置き場搬入口を示すイラストを使ったり、迂回路だと一目で理解できる内容を掲示すると、安全看板として目が向きやすくなります。また、ローリングタワー足場などの資材置き場搬入口だとわかりやすくするように、安全標識の掲示物で工事現場の様子を示すのも良い手法です。

工事看板にイラストを使用すれば目に留まりやすい

迂回路だけではなく現場作業員出入り口や仮囲いなどにおいても、工事標識を利用して安全を啓発するのがおすすめです。通行者などに目を引かせる工事標識について、目に留まりやすいイラストなどを使用すると分かりやすいはずです。
イラストは無料でダウンロードできる著作権フリーのものがおすすめです。特に商用での使用フリーである無料イラストを使用すると、コスト抑制できるのでおすすめだと言えるでしょう。
人気の高い著作権フリー・商用利用フリーの無料イラストも数多くありますので、イラスト人気ランキングなどを利用して、人気の高い無料でダウンロードできるフリーのイラストを比較してみるのがおすすです。ランキングを元にダウンロードした無料イラストを比較する時は、インパクトがあるイラストだけではなく、一目で理解できるものもおすすめです。
人気が高いイラストを利用する時には、まずはランキングで無料イラストを比較し、ダウンロードして使用するようにしましょう。

積載荷重表示は工事車両内から見やすくすること

現場事務所における安全看板としては、積載荷重表示などの車両に対する安全標識などが考えられます。
積載荷重表示については、資材置き場の搬入口などの工事車両が通行する場所に、目立つように掲示されるのが一般的です。それは、積載荷重表示を行い注意勧告したい相手は車両運転手であり、車両運転手が車両内から積載荷重表示の看板を確認しやすくするためです。
ローリングタワーなどの軽量な足場を搬入する車両の多くは、積載荷重表示を超える積載量とならないよう出荷時にチェックしている場合が多くあります。一方で、ローリングタワーなどの積載時に軽量が曖昧な、例えば土砂などの場合は、積載荷重表示を超過する工事車両が発生する場合があるのです。
こうした注意勧告の安全看板については、excel(エクセル)によるテンプレートを無料ダウンロードして使用するのがおすすめです。ソフトやツールを使うほどでもない看板なので、excel(エクセル)での作業が適切だと言えるでしょう。
ただし、看板自体は工事車両内からも見えるほど、大きな掲示物にする必要があります。そのため、大きさを意識した掲示物を作成するように心がけましょう。excel(エクセル)で対応できない場合は、フリーソフトやフリーアプリといったソフトウェアを活用して作成すると良いでしょう。

現場内でも安全を勧告するための掲示物が必須

現場事務所における安全対策として、現場事務所では安全掲示板や工事黒板といった、現場事務所内の安全を確保する掲示物も重要です。安全掲示板や工事黒板には、作成した注意勧告資料を貼り付けたりホワイトボードを利用すると良いでしょう。
特に作業主任者や現場監督は、安全掲示板や工事黒板の掲示物については最新の注意を図るようにしていきましょう。多くの現場では安全掲示板は作業主任や現場監督の責任で管理されます。作業主任者や現場監督がそれぞれの掲示物に目を向けて、安全を意識した掲示物になるように心がけましょう。
また、作業主任者や現場監督は工事黒板など現場内部だけではなく、工事標識といった現場外部の掲示物にも目を光らせるのが大切です。事務所内、事務所外、搬入口、迂回路など、全ての場所の工事黒板などの掲示物に、作業主任者や現場監督は責任を持って対応すると良いでしょう。

建設業の許可票などの掲示について

建設現場においては、建設業の許可票や労災保険関係成立票などを提示することが定められています。建設業の許可票は見えやすい位置に掲示する必要があります。
建設業の許可票などの掲示物は、多くのテンプレートがダウンロードフリーで取り扱われています。建設業の許可票には「商号」や「代表者名」、「許可を受けた建設業」、「許可番号」などを記載する必要があります。
例えば解体工事における建設業の許可票の場合、商号には「解体業者名」、許可を受けた建設業には「解体工事業」、許可番号は「知事許可番号」および「国土交通省許可番号」が記載されます。解体工事が終わり他の工種工事になれば、次には新たな工事業者の建設業の許可票を掲示する必要があるのです。
もちろん、解体工事であってもその他の工種工事であっても建設業の許可票の掲示内容は大きく変わりません。内容は作業員が適当に掲示するのではなく、作業主任者や現場監督者が責任を持って確認するようにしましょう。
また、現場外部には施工体制図や緊急時連絡先を掲示するのも大切です。解体工事にはどの業者が、造成工事にはどの業者が、そしてどの工事では誰が作業主任者かといった内容を掲示しましょう。

国土交通省奨励の工事看板

工事看板においては、国土交通省が推奨する工事看板を利用するのがおすすめです。
国土交通省が奨励する工事看板は、excel(エクセル)のテンプレートを無料でダウンロードできます。国土交通省が奨励するスタイルであれば、工事現場で必要とされる公示や表示が網羅されているからです。実際、多くの現場で国土交通省のテンプレートが導入されています。
国土交通省奨励のexcel(エクセル)テンプレートを導入して、より効率的に工事看板を作成するようにしましょう。

工事看板や標識作成にはソフトやアプリの使用が便利

一般の人にも分かりやすい工事看板、安全看板、安全標識、工事標識などを作成する時は、フリーソフトやフリーアプリといったソフトウェアを利用するのがおすすめです。イラストなどを用いて作成する工事看板や安全看板などは、イラストを取り扱うことができるソフトウェアを導入スいると良いでしょう。
工事現場用のイラスト作成ソフトは、フリーソフトやアプリで十分対応ができます。フリーソフトをダウンロードする時は、人気ランキングなどで比較するのがおすすめです。フリーソフトやアプリのランキング上位のソフトを、看板作成システムのツールとして取り入れましょう。
既に看板作成のシステムが構築されている場合は、人気ランキングだけを頼りにするのではなく、そのシステムにツールとして導入できるソフトかどうかを比較して、フリーソフトやアプリを検討すると良いでしょう。もしシステムのツールとしてマッチしないソフトであれば、違うソフトをダウンロードしてシステムツールとして適用できるか確かめましょう。
イラスト作成ソフトウェアの使い方が難しいと感じるのであれば、excel(エクセル)による作成もおすすめです。excel(エクセル)はイラスト作成ソフトウェアと比較しても、使い方は簡単ですしテンプレートなどもダウンロードできる場合があります。
ソフトウェアやアプリの導入だけを考えず、excel(エクセル)など身近なソフトをツールとしてシステム導入する方法など、多角的に運営を考えるのがおすすめです。

工事看板(安全看板)の種類

おもな工事看板(安全看板)には以下のようなものがあります。国土交通省によって掲示が義務付けられているものも少なくありません。

工事標識(安全標識)

「立入禁止」「駐車禁止」「安全通路」「工事車両出入口」「迂回路」「資材置き場」などの工事標識(安全標識)は、工事現場とその周辺に貼り出して、工事関係者や工事車両、周辺を通行する人に注意を促す掲示物です。工事車両に関する掲示物は、工事車両と通行人の事故を防ぐために重要です。

また、スローガンや予定、作業主任者などを記入して掲出する「安全掲示板」といったものもあります。

さらに、足場やローリングタワーで使う「積載荷重表示」「ローリングタワー使用上の注意」など、特定の場所に表示する掲示物もあります。足場やローリングタワーでは積載荷重表示の義務があるため、「積載荷重表示」の工事標識(安全標識)は必ず必要になります。

法定看板

法定看板とは、工事現場で掲げることが国土交通省の法令で決められている掲示物です。工事現場の外に設置し、だれもが見えるようにする必要があります。工事が終わるまで、破損や倒壊がないように管理しておく必要があります。

法定看板の具体例として「建設業の許可票」「解体工事事業者登録票」「労災保険関係成立票」などがあります。建設業の許可票は、1,500万円以上の建築工事だけでなく、請負金額が500万円以上ならあらゆる種類の工事を行う際に必要となります。建設業許可は行政機関で取得しますが、行政機関から「建設業の許可票」がもらえるわけではありません。建設業者は決められたフォーマットに従って建設業の許可票を作成し、工事現場の決まった場所に掲示しなければなりません。

建設業の許可票は店舗にも掲示する義務がありますが、工事現場に掲示するものは店舗に掲示するものとは若干記載内容が異なります。注意しましょう。

解体工事現場では「解体工事業者登録票」のほかに自治体によっては「解体工事のお知らせ」という掲示物を表示しなければならないこともあります。また、解体工事を行う建物にアスベストが使われている場合、除去工事実施についての看板を設置しなければなりません。

工事黒板

工事の工程で工事写真を撮影する際、工事黒板を置いて撮影します。工事黒板は、発注者が求める品質通りに工事が進んでいることを証明するためのものです。

工事黒板には工事名や撮影日、工種、立会者、施工状況などを記します。工事現場によっては、1日に数百枚の工事写真を撮影することもあります。

工事看板(安全看板)を簡単に作る方法

工事標識や法定看板などの工事看板(安全看板)は看板の専門業者に依頼するのが当然のことと考えていませんか。あるいは「自社で作成するには専門ソフトが必要になるが、社内にそのようなソフトを使いこなせる人間がいない」とあきらめていませんか。

工事現場で使われる工事看板(安全看板)には、「立入禁止」「資材置き場」「積載荷重表示」「迂回路」などの安全標識や安全掲示板、法定看板などさまざまなものがあります。これまで看板制作の専門業者に頼んで作ってもらったり、既成品を購入したりしてきた会社が多いかと思います。

社内で工事標識などの工事看板(安全看板)を作成するために、グラフィック用のソフトなどは必要ありません。会社で使うパソコンにたいてい装備されている表計算ソフト「エクセル(excel)」を使えば、簡単に作成できます。

次で、エクセル(excel)で工事看板(安全看板)を作成する方法についてご紹介します。

エクセルテンプレートをダウンロード

エクセル(excel)で工事看板(安全看板)を作成する方法でいちばん簡単なのが、エクセル上で起動するソフト(アプリ)をインターネット上からダウンロードする方法です。

エクセル上で起動する工事看板(安全看板)ソフトは、工事現場でよく使われる工事標識などの工事看板テンプレートツールがあらかじめ用意されているシステムです。必要なテンプレートツールを呼び出してそのまま印刷するか、社名などの必要事項をパソコン上で加筆して印刷するだけで工事看板ができあがります。これなら、特別なスキルがなくても、現場事務所で事務作業の合間に看板作成ができるのでおすすめです。

紙に印刷した工事看板(安全看板)は、そのままでは風雨に耐えることができません。ラミネート加工などで防水処理をすることで耐久性が上がり、何度も使うことができます。あとは、必要な場所に設置するだけです。

なお、安全掲示板や作業主任者一覧表は、印刷した紙の上からホワイトボード用ラミネートシートを貼ると、マーカーで繰り返し書いたり消したりできるのでおすすめです。足場の積載荷重表示の安全標識も、積載荷重の数字の部分を空欄にしてこの方法で作っておくとよいでしょう。

工事現場には、作業主任者一覧表や積載荷重表示が義務付けられている場面が少なくありません。たとえば、作業主任者は足場の組み立てや解体、アスベストを取り扱う作業などを行う際、その現場に置くことが労働安全衛生法で定められています。
そのため、これらの標識・看板は必要なときにいつでも使えるようにしておきたいところです。工事看板ソフトで作っておけば、ほしいときに印刷して作成できます。

工事黒板も安全掲示板と同じ要領で作ると、繰り返し使えます。いくつかのテンプレートを用意しておくと、工事現場の種類によって工事黒板の使い分けができて便利です。

以上、工事看板ソフト(アプリ)を使って安全看板を作る方法をいくつかご紹介しました。システムがわかりやすく、専門的な知識がいらないのでおすすめです。こうした手軽さから、工事看板(安全看板)が作成できるエクセルソフトはとても人気があります。インターネットには工事看板(安全看板)が作成できるソフトウェアがたくさんありますが、無料で利用できるフリーソフトは特に高い人気があります。

インターネット上にあるソフトを探す際、ソフトを紹介しているランキングサイトを活用することが多いですが、ランキングサイトで紹介されているソフトには有料のものと無料のものがあります。無料ソフトと有料ソフトを比較すると、一般的に有料ソフトの方が豊富なデザインが揃い、さまざまな機能が備わっていますが、システムが複雑になっています。システムが複雑になると誰でも気軽に扱うことが難しくなります。使いやすさの点を考えると無料のフリーソフトが人気は高く、おすすめです。

自社に合った工事看板のエクセルテンプレートを見つけるには

インターネット上には、有料ソフトや無料のフリーソフトを含めて多くの工事看板ソフトが公開されています。エクセル(excel)上で動くソフトウェアに限っても膨大な数です。そのなかから自社に合ったソフトウェアを見つけるには、人気のソフトウェアを紹介しているランキングサイトを利用するのがおすすめです。

ランキングサイトには、ソフトが人気順にランキングされているほか、各ソフトウェアの概要が紹介されています。そのソフトを使ってどんな掲示物が作成できるのかわかるようになっているので、ダウンロードする際の参考になるでしょう。工事看板ソフトはテンプレートツールだけでなく、ソフトで選択した複数の看板テンプレートに一括で編集・変更ができるツールを搭載したものもあり、機能はソフトによってさまざまです。

また、工事看板とひとくちにいっても多種多様です。「迂回路」のように工事関係者・工事現場の周辺を通行する人や車の両方に向けたもの、「資材置き場」のように工事現場構内・入口の両方で使うもの、足場やローリングタワー、解体工事のような特定の場所・工事現場で使うものもあります。ランキングサイトのソフトウェア紹介に画像サンプルがあれば、使いたい看板が作成できるか確認でき、比較検討しながらダウンロードができます。

同じようなフリーソフトがたくさんあって、どれがよいか迷う場合は、無料なので人気がある物をいくつか気軽にダウンロードすることをおすすめします。自社に合っているか、また使い勝手のよさは実際に使ってみて初めてわかります。いろんな無料フリーソフトを比較しながら、自社に合ったものを決めるとよいでしょう。

エクセルテンプレートで工事看板(安全看板)を作成するメリット

エクセル(excel)上で動く工事看板用(安全看板)ソフトウェア(アプリ)を使うと、簡単に看板が作成できる以外にもさまざまなメリットがあります。

自社に合わせたオリジナルの工事看板が作成できる

エクセル(excel)を使った工事看板ソフトウェア(アプリ)を利用すると、用意された看板のテンプレートツールを編集して社名を入れたり、文言を付け加えたりして少しの手間でオリジナルの工事看板が作成できます。

インターネット上には、国土交通省推奨型の工事看板のデザインテンプレートツールを使った有料・無料のエクセル(excel)ソフトアプリがたくさんあります。有料ソフトは数千円かかりますが、デザインや種類が比較的豊富です。

街なかによく出回っている安全標識はデザインやイラストが似通っていて、訴求力が弱いと感じることはありませんか。インターネット上にある工事看板ソフト(アプリ)から国土交通省推奨型の安全標識を作れば、目を引くイラストの看板を見つけることができるでしょう。

「迂回路」を示す標識なら、工事関係者と通行者それぞれを対象にデザインや大きさを変えるといったことも、エクセル(excel)ソフトを使えば比較的簡単に対応できます。工事関係者を対象とした掲示物なら「迂回路」の文字だけで十分ですが、通行者向けには「迂回路」の文字とイラストや地図を組み合わせたものが効果的です。

また、安全掲示板をソフトで作成すると、自社が担当する工事現場や現場事務所の状況に合わせたレイアウトの安全掲示板が簡単にできます。レイアウトを変えたいときも、柔軟に対応ができます。安全掲示板もいくつかテンプレートを用意しておくと、各現場事務所で合ったものを選ぶことができます。

インターネット上にあるエクセルソフトは、足場・ローリングタワーの組み立てやコンクリート造りの建物の解体など、作業主任者の表示が必要となる看板や、「建設業の許可票」「解体工事事業者登録票」といった法定看板など、ジャンルに特化しているものも多いです。自社が必要とするものを探し、比較検討してダウンロードすることをおすすめします。

足場・ローリングタワーで使う標識だけで見ても、最大積載荷重表示や作業主任者一覧表、「足もと注意」や「立入禁止」「落下物注意」といった看板など多岐にわたります。

エクセルソフトでの工事看板作成は省力化・コストダウンにつながる

エクセル(excel)を使った工事看板ソフトで作成した工事看板(安全看板)は、保存しておけば必要なときにその都度印刷して何度でも使うことができます。また、保存したデータは編集やアレンジができるので、複数の工事現場の看板を一度に作成できたり、変更点が出てきたらデータを編集して新たに看板を作成したりといったことが簡単にできます。

たとえば、トラックのイラストと矢印を組み合わせた安全標識は、入力する文字を差し替えると「トラック出入口」「ダンプ出入口」「工事車両出入口」という3つの工事車両用標識が完成します。また、同じイラストを使い、工事車両が出入りすることを通行者に告知して注意を促す掲示物を作ることもできます。

「資材置き場」の安全標識なら、丸太などのイラストと「資材置き場」の文字を組み合わせた標識を作っておきます。工事関係者向けにはそのまま印刷したものを使い、この標識に「危険!関係者以外は立ち入り禁止」といった言葉を付け加えれば、通行者に注意を促す標識としても使えます。また、「資材置き場」の標識に管理者名の欄を追加して、社内向けの標識にすることもできます。

標識・看板データの保存にはクラウドをおすすめします。会社が複数の工事現場を抱えている場合、各現場事務所がそれぞれ必要なときにクラウドから看板データをダウンロードして印刷・編集することができるからです。

クラウドはデータを一元管理したり共有したりするのに便利なシステムです。エクセルソフトで看板データを作成し、クラウドで管理するシステムを確立することをおすすめします。複数の現場事務所で看板データを何度でも使うことができ、工事看板作成の手間が省力化され、各工事現場用に外部に看板制作を発注するコストも減らせます。工事看板ソフトにフリーソフトを使えば、さらに経費が削減できます。

工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入しない理由とは

・パソコンやエクセル(excel)を使える社員が不足しているから
・工事看板や安全掲示板を自社で作成するという発想やノウハウがないから
・工事看板を作成することの手間が負担になるから
・看板を作成するためには専門的な技術が必要で素人には難しいと感じるから
・デザインを専門とする専門業者に依頼することになりそうだから
・工事看板のエクセルフリーソフト(アプリ)を使いこなすことが難しそうだから
・導入にいたるまでのプロセスが面倒だから
・無料のフリーソフトでも機能は十分なのか、あるいは有料ソフトのほうが充実しているのかなど、どちらを使ったらよいのかよくわからないから

・本来の業務を割いてまで、国土交通省推奨型の工事看板や安全掲示板の作成に取り組むことによって受け取ることができるメリットの大きさがわからないから
・これまで専門業者に依頼して対応してきたことによる支障はないし、新たに従業員の業務を増やすことにもなるから
・費用対効果をしっかりと見極めてからでないと取り組むことが難しいから

以上のような理由によって導入に対して慎重になる企業が多いようです。
しかしこのような理由は必ずしも正しいとはいえません。

工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入することで得られるメリット

操作が簡単

国土交通省推奨型の工事看板や安全掲示板のエクセル(excel)フリーソフトウェア(アプリ)は、パソコンなどのIT機器を扱うことが苦手な人でも、簡単なステップで使用することができるシステムです。
おもに工事看板のエクセルのひな形(雛形)、テンプレート、フォーマットといったツールが主体となっています。

パソコンのなかにMicrosoft Excelがインストールされてさえいれば、現場事務所で工事看板のエクセルソフトをダウンロードして、すぐにでも活用できるシステムなので、人気が高いです。

無料でダウンロードできるエクセルのフリーソフトを使った工事看板の作成は、非常に簡単なものです。ソフトは人気ソフトを集めたランキングサイトなどで探せます。
まず、あらかじめ作られた複数のテンプレート、フォーマットやデザインのデータを呼び出します。デザインは工事車両などさまざまなものがあります。
その中から目的に合った好みのものを選択し、用紙サイズに合わせて印刷するだけの作業になります。

工事看板となる印刷した用紙を、ラミネートなどのツールで防水の処理を施します。
それを現場内の必要な場所に設置するという、非常に簡単な作業の繰り返しになります。

いつも使用する看板は、一度作成しておけば複数回使いまわすことができ、現場事務所での作業の手間が省けておすすめです。

自由にアレンジできる

通常の工事看板では、慣れなどもあり印象が薄くなることもあります。

しかし、工事看板のエクセル(excel)フリーソフト(アプリ)で作成すれば、会社名を入れてアピールしたり、文言を付け加えてより注意喚起を促したり、工事車両のイラストを挿入したりとアレンジも自由に行うことができます。データ保存はクラウドを利用すると便利です。

無料のフリーソフトと有料ソフトがありますが、有料ソフトのほうがテンプレート、フォーマットやデザインなどのツールのバリエーションが豊富となるため、国土交通省推奨型工事看板の作成にも幅が広がるのでおすすめです。人気ソフトの比較ランキングサイトなどで、自分に合うソフトを見つけてみましょう。

施工管理業務の効率化が図れる

建設業者は工事現場や現場事務所において、建設業の許可票や労災保険関係成立票などの標識を、法令に則って掲示しなければいけないことが定められています。

これらの標識についても、必要事項を入力するだけで複数の看板と連動し作成が可能なシステムです。
変わることのない会社名や許可番号などの部分は、あらかじめ入力してひな形(雛形)を作成しておきます。ひな形はクラウドに保存しておくと誰でも必要に応じて使うことができます。
現場ごとに変わる部分だけを、その都度入力することで業務の効率化が図れます。

工事の着工前に作成してラミネートすることで、完成まで使用することが可能となります。

工事原価の削減に貢献

経費のかかる看板は外注するのではなく、自社で作成することによりコスト削減が実現できます。

使用する看板のひな形(雛形)を無料でダウンロードできるサイトを利用して作成しておけば、その後大きな手間がかかることはありません。
看板作成のために、通常業務の時間に大きく影響することはありません。

残業をしてまで作成するような作業にはなりません。
材料費も用紙とラミネート、その他粘着テープや結束バンドを使用する程度となり、極めて低コストでの作成が実現できます。

まとめ/工事看板のフリーソフト・エクセルテンプレートを導入して、業務の効率化を

建設工事の現場管理での重要な業務には、工程管理、品質管理、安全管理、原価管理などがあります。
常にこれらの業務のシステム化・効率化を図ることが重要となります。

国土交通省推奨型の工事看板のエクセルフリーソフトを導入することによって、次のような効果を得ることができます。ソフトを比較するランキングサイトなどを見ると、人気のあるものが探せます。
これまで工事看板ソフトウェアの導入に対し消極的だった方も、導入を検討されることをおすすめします。

工事看板エクセルソフトには、工事現場で必要となるあらゆる種類の人気看板が揃っており、極めて簡単な操作での作成が可能です。

バリエーションは豊富なあり、エクセルがベースのためアレンジがしやすいという利点があります。
フリーでダウンロードして使えるものもあるため、手軽に導入できる環境を手に入れることが可能です。

最初にひな形(雛形)として一定の情報を入力してクラウドに上げておけば、他の社員との共有によって会社全体の効率化と均一化が図れます。

現場ごとの書式の統一、会社としての方針などの文言を盛り込むような工夫を凝らすことがでます。
会社のカラーを打ち出し、強い意思表示としてアピールする訴求効果が生まれます。

工事看板エクセルソフトを導入し、工事看板を自分で作成することによって、外注費を減らしコストの削減が促進されるため原価管理の効率が高まります。
また、工事車両の出入りなどの危険に対し注意喚起する看板を作成することで、現場事務所や現場内での安全性の向上につながります。

このように、工事看板のエクセルフリーソフトの導入は、現場管理の効率アップに貢献できるという点が大きなメリットといえるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました