自転車 CAD図面データ、平面・立面・フリー無料

3b505338 04c0 463e 875f c25f8be48c06 - 自転車 CAD図面データ、平面・立面・フリー無料 乗り物 CADデータ

自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
自転車のハンドルは、握る部分が後退して握り易い後退式、握る部分がほぼ水平の棒式があります。
サドルは、幅が広く、座のクッション、サドルレール、2個のコイルが付いているものが一般的です。
自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、などの、2Dcadデータ・3Dcadデータ・図面が、ダウンロードできます。拡張子はdxf・jwwなどです。


この記事の後半では、自転車の構造と分類について、説明しています。

それではまず、自転車・ロードバイクのjwwなどのCADデータや図面がすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
種類豊富な図面やCADデータが、ダウンロードができますよ。
拡張子はdxf・jwwなどです。

自転車・ロードバイク 2Dcadデータ 国内サイト

自転車・ロードバイクに関する2Dcadデータの国内サイトでは、2D ダウンロード、建築知識 添景CAD、自転車 cad-data.com、自転車 cadデータ Google、などのサイトで、人気のデータがダウンロードできます。拡張子はdxf・jwwなどです。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。

2D ダウンロード

2D ダウンロード
CADデータが掲載されているサイトです。自転車、トヨタ・三菱・スバル・ホンダ・日産・フィアット・フォルクスワーゲンなどの自動車、ガスレンジ、ガスコンロ、バックホウ、ピックアップトラック、ブルドーザー、バイクなどのCADデータや図面が揃っています。

建築知識 添景CAD

建築知識 添景CAD
自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、子供・老人・男性・女性、樹木・植栽・植木・低木・高木、観葉植物・植物などの、CADデータや図面がダウンロードできます。

自転車 cad-data.com

自転車 cad-data.com
自転車のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。自転車の正面図・側面図・鳥瞰図・立面図、ピストバイク自転車に乗った人、自転車を押して駐輪場へ向かう人、自転車横断帯の道路標示マークなどのCADデータ・図面が揃っています。dxf・jww・dwgなど拡張子も揃っています。

自転車 cadデータ Google

自転車 cadデータ Google
自転車の正面図・側面図・鳥瞰図・立面図などの図面、cadデータが、見れます。dxf・jww・dwgなど拡張子も揃っており、無料のものもあります。自転車のハンドルは、握る部分が後退して人間工学的に握り易い後退式、握る部分がほぼ水平の棒式があります。サドルは、幅が広く、座のクッション、サドルレール、2個のコイルが付いているものが一般的です。

自転車・マウンテンバイク 2Dcadデータ 海外サイト

自転車・ロードバイクに関する2Dcadデータの海外サイトでは、dimension CAD、Tony thanh、CAD forum、max-cad.com、CAD blocks、などのサイトで、評判のデータが紹介されています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

dimension CAD

dimension CAD
立面図などさまざまなCADデータが揃っているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員、ガードマン、歩行者などのデータがダウンロードできます。DWGとDXFの拡張子があります。

Tony thanh

Tony thanh
AutocadのCADデータが紹介されているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ、車いす、軽トラック、バス、電車、人物、樹木・植栽、観葉植物などのCADデータが立面図や正面図などで掲載されています。

CAD forum

CAD forum
CADデータ、CADに関する情報、技術ヒントが無料でダウンロードできるサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイクなどのデータが立面図や正面図などで掲載されています。CADソフトのアップデートやパッチソフトも置かれています。

max-cad.com

max-cad.com
CADデータが無料でダウンロードできるサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす・車椅子、歩行者・通行人、樹木・植栽・植木・低木・高木、観葉植物・植物、などのCADデータが揃っています。立面図や正面図、側面図などがあります。

CAD blocks

CAD blocks
フリーCADデータのダウンロードサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、車椅子、バス、電車・列車・鉄道、子供・老人・男性・女性、植物などのCADデータが、立面図や正面図などで揃っています。無料のデータもあります。


自転車・マウンテンバイク・ロードバイク 3Dcadデータ

自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの3Dcadデータについては、3D Warehouse、arch web、Cad Nav、Artist-3D、などのサイトで、高品質のデータが掲載されています。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

3D Warehouse

3D Warehouse
豊富な3Dフリーデータをダウンロードできるサイトです。自転車・マウンテンバイク、自動車、バイク・オートバイ・スクーター、車いす・車椅子、軽トラック、バス、電車・列車・鉄道、作業員、通行人、子供・老人、観葉植物・植物などのデータが揃っています。

arch web

arch web
立面図や正面図などの2Dデータと3Dデータを無料で紹介しているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、列車・鉄道、子供・老人・男性・女性、樹木・植栽・植木、観葉植物・植物などのデータが多数掲載されています。

Cad Nav

Cad Nav
フリー3Dモデル、テクスチャがダウンロードできるサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車、バイク・オートバイ・スクーター、車椅子、軽トラック、バス、電車・列車、人物、樹木・植栽、観葉植物などのデータが無料であります。

Artist-3D

Artist-3D
無料3DSモデルのダウンロードサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、バス、電車・列車・鉄道、子供・老人、樹木・植栽、観葉植物などのデータが揃っています。

モーターで自走できる電動自転車へ


引き続き、自転車の構造や分類について説明しましょう。

自転車とは、人力により車輪を駆動させ、その推進力を使って、乗り手の操作で、地上を走行する乗り物です。
構造は、車台となるフレームに、構成する各部品を、組みつけた形となっています。
構成部品は主に、車輪(ワイヤースポークで支えられたホイールとタイヤ)、ハンドルバー、クランク、スプロケット、ローラーチェーン、サドル、ペダル、ブレーキ、前照灯、反射材、警音器、スタンドです。

普段、家庭用などで使用される自転車は、シティサイクルと呼ばれます。
シティサイクルは、前部に荷物用のかごや、後部に荷台が取り付けられることが、一般的です。
競技用など特殊な用途においては、変速機が付いているものや、高速走行に適したドロップハンドル(ハンドル形状が下向きに半円を描いているもの)、急ハンドルや急ブレーキ操作に適した、フラットバーハンドルが用いられます。

最近では、モーターと充電池が取り付けられた、電動アシスト付き自転車が、多く出回っています。
自転車として扱えるのは、ペダルをこがなければ、モーターが動かないものです。
ペダルがあっても、モーターだけで自走できるものは、電動自転車、または電気自転車と呼びます。
運転免許が必要な、原動機付自転車、あるいは自動二輪車に属します。


自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの2Dcadデータのサイト紹介です。
自転車のハンドルは、握る部分が後退して人間工学的に握り易い後退式、握る部分がほぼ水平の棒式があります。
サドルは幅が広く、座のクッション、サドルレール、2個のコイルが付いているものが一般的です。
変速機は、内装3段、外装6段の変速機が付いた機種があります。
自転車・マウンテンバイク・ロードバイクなどの、2Dcadデータがダウンロードできます。
拡張子はjwwなどです。


また、記事の後半では、自転車が現在の形に至るまでの流れや、分類と起動装置の仕組みについて説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの2Dcadデータを覗いてみましょう。
ご希望のCADデータを図面作成などにお役立てください。
拡張子はdxf・jwwなどです。

自転車・マウンテンバイク・ロードバイク 2Dcadデータ

自転車・マウンテンバイク・ロードバイク 2Dcadデータでは、建築パース.com 平面図、Bicycling and the Best Bike Ideas、などのサイトで、高品質のデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

建築パース.com 平面図

建築パース.com 平面図

立面図などのフリーCADデータをダウンロードできるサイトです。自動車、自転車、バイク、車いす、樹木、花壇、人物・動物、方位記号、ダイニングセット、椅子、キッチン、洗面台、トイレ、システムバスなどのCADデータを利用することができます。形式はdxfになります。

Bicycling and the Best Bike Ideas

Bicycling and the Best Bike Ideas

自転車、バイクの情報サイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーターのCADデータや写真が掲載されています。バイクスタンド、バイクショップ、バイクシューズ、リバイタブル自転車など、バイク情報満載のサイトです。


自転車・bicycle・ロードバイク 2Dcadデータ その2については、Pinterest、DWG models、SUPER COLORING、自転車 cad-data.com、などのサイトで、質の高いデータが紹介されています。
拡張子はdxf・jwwなどです。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。

Pinterest

Pinterest

フリーCADデータを公開しているサイトです。ログインしてデータを利用することができます。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車、バイク・スクーター、軽トラック、バス、鉄道、通行人、植栽・樹木のCADデータが公開されています。

DWG models

DWG models

CADデータが掲載されているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車、スクーター、バス、列車、作業員・建設作業員、ガードマン、歩行者・通行人、子供・老人・男性・女性、樹木・低木・高木、観葉植物などCADデータがあります。

SUPER COLORING

SUPER COLORING

イラストデータを多数掲載しています。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、バス、電車・列車、ガードマン・警備員・交通整理員、子供・老人・男性・女性、樹木、観葉植物・植物などがあります。

自転車は、進撃の巨人の立体駆動装置


それでは、自転車が現在の形に至るまでの流れや、分類と起動装置の仕組みについて説明しましょう。

自転車は、1813年にドイツで初めてその原型が発明されました。

今と違い、往復運動を回転運動に変える装置、クランクもペダルも、チェーンも付いていませんでした。
足で地面を蹴ったら車輪が回るという、原始的な仕組みで、駆動力も良くありません。

その後、ヨーロッパを中心に改良が進みましたが、結局、今のような安全型が開発されたのは、1885年日本での事でした。

自転車はざっくりと、フレームと車輪、そして乗車装置と呼ばれるハンドル、サドル、ペダル、駆動装置に分けることができます。

自転車の駆動装置は、漫画・進撃の巨人に出てくる立体駆動装置を想像していただけると、わかりやすいと思います。

駆動装置は、ペダルで動く駆動ギアと後輪の従動ギアに分かれ、それをチェーンで連動させる事で、「ペダルを漕げば自転車が走る」仕組みを作りだしています。

最近では、安全型自転車に、さらに変速・ギアを付けて、駆動力をさらに高めたロードバイクが、競技者だけでなく趣味として楽しむ人のために、多く流通しています。


自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの3Dcadデータのサイト紹介です。
マウンテンバイク MTB は、野山を駆けまわるための自転車です。
クロスカントリー型のマウンテンバイクは、ハードテール、フロントサスペンションタイプのものです。
ダウンヒル型のマウンテンバイクは、前後サスペンション、フルサスペンションタイプになります。
自転車・マウンテンバイク・ロードバイクなどの、3Dcadデータが、ダウンロードできます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、自転車・マウンテンバイク・ロードバイクの3Dcadデータのリンク集を覗いてみてください。
既製品のCADデータでも、オリジナルのCADデータでも、役に立つデータがきっとあるはずです。

自転車・マウンテンバイク・ロードバイク 3Dcadデータ

自転車・マウンテンバイク・ロードバイク 3Dcadデータでは、Hum 3D、ANIMIUM、Free 3D、などのサイトで、使えるデータが揃っています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。

Hum 3D

Hum 3D

3Dモデルを購入できるサイトです。自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、軽トラック、バスなどのデータがあります。そのほか、家具、自動車部品、動物、食品、船舶などもあります。

ANIMIUM

ANIMIUM

無料3Dモデルと3Dチュートリアルサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、老人・男性、樹木などのデータが掲載されています。そのほか、OA機器、家具のデータも掲載されています。

Free 3D

Free 3D

フリー3Dモデルのサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・普通車、オートバイ・スクーター、車椅子、軽トラック、バス、電車・列車、作業員・建設作業員、警備員・交通誘導員、子供・老人、観葉植物などのデータが紹介されています。

自転車・bicycle・ロードバイク 3Dcadデータ その2

自転車・bicycle・ロードバイク 3Dcadデータ その2については、TURBO SQUID、Grab CAD、amanaimages、Free Bank、などのサイトで、利用できるデータがダウンロードできます。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

TURBO SQUID

TURBO SQUID

フリー3Dモデルを紹介しているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ、車いす、軽トラック、バス、電車・鉄道、作業員、交通整理員、歩行者、男性・女性、植栽などのデータが利用可能です。

Grab CAD

Grab CAD

フリー3D CADデータを公開しているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、自動車・乗用車・普通車・車両、バイク・オートバイ・スクーター、バス、電車・列車・鉄道、作業員、警備員、子供・老人・男性・女性、低木・高木のデータが紹介されています。

amanaimages

amanaimages

3Dモデリング素材を掲載しているサイトです。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、電車、作業員・建設作業員、警備員・交通整理員、通行人、子供・老人・男性・女性、観葉植物・植物などのデータが揃っています。

Free Bank

Free Bank

添景素材のダウンロードができるサイトです。ダウンロードには会員登録が必要です。自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、AV機器、家電、照明エクステリア、自動車・乗用車、オートバイ・スクーター、電車・列車・鉄道、人物、植物などの素材データがあります。


幅広い人が愛用する身近な自転車の種類と仕組み

私達の生活のなかでとても身近な車といえば「自転車」は外せません。スピードが出るロードバイクでも免許がなくても運転できるので、子どもから大人、高齢者の方など幅広い人が愛用しています。

でも意外と知らない自転車がどうして走っているのか?倒れずに走れる理由などの構造面ではないでしょうか。自転車の違いも含め、わかりやすく説明していきたいと思います。

道路交通法ではペダルなどの人力で運転する二輪以上の車が自転車です

自転車は道路交通法において、ペダルなどの人力を使って運転する二輪以上の車のことをいいます。ロードバイクは自転車に分類されますが、ストライダーなどは人力によって走行するもののペダルやハンドクランクなどを用いていないので、自転車には該当しません。

構造や大きさにも一定の条件があり、満たしたものを自転車としています。電動アシスト自転車は、人力を補う原動機がついていますが、能力が基準内を満たしているため、自転車に該当します。

自転車の特徴もcadデータや図面を使って比較してみてはいかがでしょうか。図面は無料(フリー)ダウンロードができるので、気軽に利用できるのもポイントです。dxfやjwwなどの違いもありますが、立面図で確認できるのはcadデータならではです。

街の中でをよく見かける自転車の種類

自転車にはさまざまな種類があります。そのなかでも一般的な自転車になり、誰でも一度は目にしたことのあるもの中心に紹介したいと思います。ちなみに街のなかをよく走っている日常的な自転車は「シティサイクル」と言います。

・ロードバイク

舗装された一般道を速く走る目的で作られた自転車になります。ロードバイクが一般的な呼び方ですが、ロードレーサーと呼ばれることもあります。ロードバイクはシンプルでスタイリッシュな外見です。そのため、自転車初心者にもおすすめできるのが、ロードバイクの魅力と言えます。

・ミニベロ(小径車)

小さな車輪が特徴の自転車になります。ミニベロのベロとは、フランス語の自転車を意味している言葉になります。シティサイクルにも向いている自転車になり小回りが効く使い勝手の良さにも定評があります。

・マウンテンバイク

凹凸のある道や斜面でも走りやすいように作られたパワーのある自転車です。地面からの衝撃を守りつつ、吸収してくれるのでどんな道でも走れます。太いタイヤやサスペンションなどに特徴があります。

・クロスバイク

マウンテンバイクとロードバイクの中間的な存在です。クロスバイクによってもどちらの構造に近いのかが変わるので、自転車に何を求めるのかによっても違います。トレッキングバイクや、フィットネスバイクなどと呼ばれることもあります。

・バイシクルモトクロス

BMXとも呼ばれる自転車になり、車輪の直径が20インチ以下の小さな車輪のことをいいます。起伏のあるコースでも安定的に走れますし、ジャンプ台にも向いています。タイヤが小さい分、安定性があるのも特徴です。


自転車の違いも、dxf・jwwを使って立面図で確認してみましょう。dxf jwwだからこそわかることもありますし、初心者でも使いこなせるはずです。Cadデータや図面も無料(フリー)ダウンロードできます。dxf jwwなどの保存方法を間違えてしまうと、使いこなせないこともあるので注意してくださいね。

自転車の走る仕組みを知るためには立面図がおすすめ

自転車はペダルをこぐと前に進みますが、どうして前に進むのかその仕組を疑問に思ったことはありませんか。足でペダルを踏み込んだときにギヤクランクが周り歯車のギヤが回り、チェーンが動きます。

その力で後輪にあるフリーホイールのギヤを回転させ前に進む仕組みになります。自転車のペダルを逆回転させても後ろに戻らないのは、前に回転したときと同じように力が伝わりますが、逆回転しないようにできているためです。

自転車の構造のなかにある、フリーホイールという部品は自転車の数ある部品のなかでも重要な発明として知られています。ペダルの逆回転を防ぐ目的と、下り坂のときに後輪が回転してもペダルが回らないようにするなどの仕組みを担っています。

また、自転車で走っているときに大きな力を加えなくても楽に走れるなと感じたことはありませんか。これは自転車の横についている大きなギヤと小さなギヤに仕組みがあります。

ギヤの外側にはとがった歯がありますが、この部分にチェーンが引っかかる構造になります。ギヤの回転とチェーンが移動しながら小さなギヤを回します。

ギヤが大きくなるほど歯の数が多くなる仕組みがあるからこそ、ペダルをこいだとき以上に後輪が回転するようにできているのです。なかでも坂道は大きな力が必要になります。自転車は横のギヤと後輪のギヤの大きさの組み合わせが重要になり、進む距離にも違いが出てくると言われています。

自転車の走る仕組みを知るためには、立面図がおすすめです。Cadデータや図面などを上手に使いこなしましょう。dxf jwwなどの保存方法を間違えないようにすること、有料の図面が優れているとは限りません。

無料(フリー)の図面をダウンロードして使うこともできます。Dxfやjwwなどの立面図は構造が立体で見えるので、使わない理由はありません。他とは差別化した営業にも使えます。無料(フリー)ダウンロードでコスト削減にも最適です。

自転車はどうして倒れないの?

自転車で走っているときに誰もが思うのが、どうして倒れないのか?ということではないでしょうか。これは自転車ならではの仕組みがあります。回転しているものは回っている方向と速さを維持しようすることを「ジャイロ効果」といいます。

自転車は、車輪が地面に垂直に回転しています。そのため真っ直ぐに経っているときにジャイロ効果が働いているのです。そのためスピードを上げれば上げるほど、自転車は倒れにくくなる仕組みです。

また、自転車のように動き続けているものは「慣性の法則」が働きます。その動きを続ける力のことを言うのですが、走っている自転車は前に進むのに力が加わることによって倒れにくくなる特徴があります。

他にも前ホークの先端が曲げられていることを「オフセット」といいこの部分があることでハンドルの操作を簡単にしています。さらに、自転車が傾いてしまったときに、その方向にハンドルは傾くようにするなどの工夫で自転車が転倒する危険から守ってくれているのです。

運転している本人も無意識のうちにサドルとハンドルを使って、全身で倒れないように工夫しています。例えば自転車に乗っているときを想像してみてください。自転車が犠打理に傾いたときに乗っている本人が、とっさにハンドルを左に向けています。左に傾いたまま左にカーブするので倒れずに済みます。自転車に乗っていると自然とバランスを取っています。

自転車の倒れない仕組みも立面図だからこそわかることがあります。Cadデータならでは良さもありますし、無料(フリー)ダウンロードを使いこなしてみてくださいね。

まとめ 自転車のCadデータで詳細に特徴の違いを実感する

自転車の特徴や種類について説明しました。一般的に知られているシティサイクルやロードバイクだけでなく、さまざまな種類がありそれぞれに最適な使い道があるのもわかっていただけたのではないでしょうか。

Cadデータの立面図を使えばより詳細に自転車の違いを実感できるはずです。無料(フリー)ダウンロードもありますし、初心者でも使いやすい図面がたくさんあります。Cadを使いこなすと、こんなこともできるのか!と新しい発見が生まれるのではないでしょうか。



◇ よく読まれている関連記事と広告


乗り物 CADデータ
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました