自動車 CADデータ、乗用車・車両・軌跡

f52a168e a9dc 491b b243 df84ab4518f5 - 自動車 CADデータ、乗用車・車両・軌跡 乗り物 CADデータ

自動車には様々な種類があるため、どのCADデータを使えばよいか迷っていませんか。
そこで、このページでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータリンクを集めました。


自動車テーマのCADデータは、建物や街の、建築パースを引き立ててくれる素材のひとつです。
自動車が、人々の生活に欠かせないアイテムとなった昨今、大きさのイメージがつかめないという人はいないでしょう。
そのため、建築パースに1台でも加えておけば、建物の大きさや動線、生活の質などをイメージしやすくなります。

また、例えば、家一軒だけのパースに、自動車を配置するだけで空間が広がり、より生活感のあるパースに変化するでしょう。
しかし、ただ自動車を配置すれば良いわけではありません。
技術とセンス、自動車のデータを選ぶ要領などを問われるパース作りは、転職にも有利に働くほど、誰にでもできるものとは限らないのです。


また、記事の後半では、CAD技術者としてのスキルアップにつなげる、イメージ通りの自動車CADデータを探すコツ、などについて説明しています。


まずは、ダウンロードサイトのリンク集から、自動車・乗用車・普通車・車両ののCADデータをチェックしてみましょう。
お探しの自動車CADデータが見つかれば、きっとパース作りに役立つはずです。


  1. 自動車・乗用車・車両 2Dcadデータ
    1. 建築パース.com 平面図
    2. トラスト
    3. Biblio CAD
    4. SUPER COLORING
  2. 自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ
    1. 3D Warehouse
    2. arch web
    3. 自動車 3Dデータ Google
  3. 自動車のCADデータを活用し、CAD技術者としてのスキルアップにつなげる
    1. 1. 建設業界ではCAD技術者の転職は引く手あまた
    2. 2. 間違った自動車データを選んでしまうと
    3. 3. 転職を更に有利にするにはサイトの特徴を踏まえておくこと
  4. 自動車CADデータの使用にまつわる問題点とは
    1. 種類が豊富な自動車のCADデータ
    2. 自動車のCADデータを使用するときの問題点
  5. 自動車CADデータをダウンロードして、効率よく使用する方法
    1. 検索のヒントと見直しポイント
    2. 自動車CADデータを最適サイズにする
    3. 添景として使用する際に工夫するポイント
  6. まとめ/自動車CADデータを効率よく探して、効果的に使用するには
    1. イメージに合った自動車CADデータの見つけ方
    2. 自動車CADデータを効果的に使用する方法
  7. 自動車・乗用車・普通車・車両 2Dcadデータ
    1. 建築知識 添景CAD
    2. 車の塗り絵・CADデータ
    3. 2D ダウンロード
  8. 自動車・乗用車・普通車・車両 2Dcadデータ その2
    1. 自動車 cad-data.com
    2. APLUS
    3. Pinterest
  9. 2Dcad・3Dcadの違いと自動車cadを探す3つのポイント
    1. 1. 2Dcadと3Dcadの違い
    2. 2. 自動車・車両づくりに使われる「3Dcadソフトウェア」
    3. 3. 自動車・車両のcadを見つける2つのコツ
    4. 4. 自動車・車両の種類を考える
  10. 自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ
    1. Artist-3D
    2. sharecg
    3. archive3D
    4. ANIMIUM
  11. 自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ その2
    1. 3D Model Free.com
    2. KOKAのCG
    3. CG DATA BANK

自動車・乗用車・車両 2Dcadデータ

建築パース.com 平面図

建築パース.com 平面図
フリーCADデータをダウンロードできるサイトです。自動車、自転車、バイク、車いす、樹木、花壇、人物・動物、方位記号、ダイニングセット、椅子、キッチン、洗面台、トイレ、システムバスなどのCADデータを利用することができます。形式はdxfになります。

トラスト

トラスト
建設業界のニュースや天気予報、構造物や検察機械などのCADデータなどを集めた、建設業支援サイトです。サイトは、長崎県で建設業関連の印刷物や測量ソフトなどを制作する会社が運営しています。「フリーデータ集」には、エクセルデータやCADデータ、3Dデータ活用法などが掲載されて、すべて無料でダウンロードができます。このサイトでは、自動車・乗用車・車両などの、2Dcadデータが揃っています。

Biblio CAD

Biblio CAD
DWG、3DS MAX、RVT、SKPなど種々のファイル形式で利用可能な無料のオートCADダウンロードサイトです。建物、配管、電気照明、動物など、幅広い分野のCAD図、アイソメ図が掲載される国際的なサイトです。CAD図ダウンロードの他、設計士のインタビューやソフトのチュートリアル動画が掲載されています。このサイトでは、自動車・乗用車・車両などの、2Dcadデータが利用可能です。

SUPER COLORING

SUPER COLORING
無料の塗り絵コンテンツサイトで、塗り絵のベースを手に入れることができます。塗り絵の種類も豊富であり、ノンカラーの状態なので、そのまま線画としてCAD素材に応用することも可能です。自動車やバス、室内家具などもあり、線画抽出として使うことで室内展開なども簡単にできます。このサイトでは、自動車・乗用車・車両データなどの、2Dcadデータが利用可能です。

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ

3D Warehouse

3D Warehouse
3DCADデータやイラストイメージがダウンロードできる英語表記のサイトです。ショベルカーやバックホウ、鋼板、外構階段、ボルトなど工事関連素材が見つかります。動物や建築、人物、家具やインテリア、景観、移動機器、アートなどのデータも揃っています。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両データなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。

arch web

arch web
このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両データなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。樹木データなど、1カテゴリのCADデータを販売されており、使い勝手の良いサイトです。記事の内容を読むために、知識として必要な、土木用語の分かりやすい解説があります。イタリア語サイトですが、Arregi dwgをクリックすると、CADデータの見やすい掲載ページに行けます。

自動車 3Dデータ Google

自動車 3Dデータ Google
自動車の3DCADデータが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。クルマは、外観の違いや用途によって、ハイブリッド、ミニバン、コンパクト、セダン、スポーツ、SUV、軽乗用車、商用車など、さまざまな種類に分類されています。


欲しかったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
自動車・乗用車・普通車・車両、CADデータのまとめサイト

自動車のCADデータを活用し、CAD技術者としてのスキルアップにつなげる


続いて、CAD技術者としてのスキルアップにつながる、自動車のCADデータを活用したパース作りのコツについて説明していきます。

1. 建設業界ではCAD技術者の転職は引く手あまた

CAD技術者にも、色々な得意分野があると思いますが、中でも、魅せるパースを作ることができる人材は貴重です。
パースは、一見しただけで、その建物の状況や魅力をよく把握させる重要なアイテムです。
これを、求められる以上のクオリティで完成させるには、小手先だけではない技術を要します。

2. 間違った自動車データを選んでしまうと

例えば、自動車と言っても形状は様々ですし、3Dcadならばカラーも様々です。
より建物や街に合ったパースを選ぶと、共感を呼び、より魅力的なパースへと変化するでしょう。
しかし、一般向けマンションの敷地内に、海外製の高級車を配置してしまったり、都会的なタウンイメージの中に、流行から外れた車両を配置したりしてしまうと、イメージが一変してしまいます。

そのため、よりイメージに合った車両の素材を選ぶことが、重要となってきます。
また、車の種類だけではなく、角度なども問題になってきます。
見せる相手が男性なのか女性なのか、どのような年齢層なのかも考えなければなりません。

これを全て補うには、パースを探す地道な作業ができること、空間のイメージができること、そして多少の絵心と車の知識が必要です。

3. 転職を更に有利にするにはサイトの特徴を踏まえておくこと

ここまでで、誰にでもできることではないことがわかってきたと思います。
CAD技術者の転職は、売り手市場ではありますが、更に良い企業へ行くには、自分なりの特技がなくてはいけません。
もし、パース作成に重点を置くならば、CADデータ選びから抜きんでておくべきでしょう。

要領よく探すには、ひとつひとつのサイトの特徴をよく踏まえておくこが大切です。
まとめサイトの利用はもちろん、自分で特徴ごとにまとめたお気に入りを作ることもおすすめできます。
また、自動車のパースに関しては、2Dcadと3Dcadで全く違った感覚を養うことが必要になりますので、形状さえ合っていれば良いという感覚をなくしましょう。





このページでは、自動車CADデータの使用にまつわる問題点を提起し、それらの問題点についての解決方法の一例を提示しています。

便利な自動車CADデータですが、時間と手間を掛けずに雰囲気に合うデータが見つけられるのが一番いいですね。
まずは、ダウンロードサイトから、イメージに合致するデータを探してみてください。

そのうえで、自動車CADデータを使用する際の問題点を十分に理解し、このページで解説している解決策と、貼り込み方についての工夫を行いましょう。


自動車CADデータの使用にまつわる問題点とは

種類が豊富な自動車のCADデータ

自動車はメーカーによって種類やタイプ、色なども様々で、時代によってデザインも変わっていきます。

空間にどんな自動車を配置するかによって、その雰囲気も違ってくるため、シーンに合わせた車種やデザインを選びたいものです。

自動車CADデータを使用するときに、以下のような問題点をよく聞きます。

自動車のCADデータを使用するときの問題点

・いろいろなサイトを探してみても、思い描いていたイメージの車が見つからない。

・見つけた画像が粗くて使えない。

・見つけた画像の解像度が高すぎて使いにくい。

・切り抜きの形状が複雑で容易に切り抜けない。


このような問題点を踏まえ、自動車CADデータを効率よく探して、効果的に使用する方法について、説明していきましょう。

自動車CADデータをダウンロードして、効率よく使用する方法

検索のヒントと見直しポイント

例えば、自動車データを探すのであれば、“車”ではなく、“car”で検索してみましょう。

“.png”形式は画像データの拡張子のひとつで、透明ピクセルをデータとして保持できます。
“.png”形式は、“.jpg”形式などとは異なり、既に背景が切り取られている場合が多く、利用する側の作業時間を短縮することができます。

背景はGoogleEarthのデータを利用することもできますが、その印刷は個人的な利用に限られます。
そのため、公開の可能性がある役所などへの成果品には、あまりお勧めできません。

自動車をリアルに再現したタイプの自動車CADデータを使用する場合にも、商用利用権のあるCADデータであることを確認しましょう。

自動車CADデータを最適サイズにする

添景の最適サイズを考えてみましょう。
・A3サイズなら、数百ピクセル程度
・ポスターサイズのプレゼンであれば、それより高解像度の3000ピクセル前後

3DCADデータの場合、近景に使う高精度なデータの場合、内装までモデリングすれば、1万ポリゴンを超えてしまいます。

遠景にローポリゴンのデータを採用するなど、必要な精度とデータ容量の関係からデータを選択します。

大きなサイズでプレゼンする場合には、マスクの方法にも配慮する必要があります。
直線切り抜きのマスクは、周辺への溶け込みが悪く、添景が浮いた感じになってしまいます。

長く作業をしていると、いろいろな情報が蓄積されます。
前に描いた図面を別のレイヤーで保存するようなことも起こりがちです。

ファイルサイズを小さくしてくれる機能を活用してファイルを軽くしましょう。

添景として使用する際に工夫するポイント

添景として利用する場合には、現実の自動車を再現することにこだわる必要はありません。
ぼかす、色や高さを統一するなどの加工をして、背景になじんだ自動車を再現しましょう。

Photoshopなどのソフトで、影やぼかしを入れることができるので、手に入れた添景に加工を施して、統一感を持たせましょう。
Photoshopは高価で導入していないという方は、同じようなことができるフリーソフトを探してみてください。

まとめ/自動車CADデータを効率よく探して、効果的に使用するには

これまで、数あるサイトを眺めるだけで時間が過ぎていった方も、以下のようなポイントを参考にしながら、ご自分の作品に合った自動車データを探してみてください。

イメージに合った自動車CADデータの見つけ方

・幅広いサイトを、適切なキーワードで検索しましょう。
・透明な背景の“.png”データは、背景を切り抜く手間がかかりません。
・画像サイズを意識しながら検索することが大切です。

自動車CADデータを効果的に使用する方法

デフォルメしたり、色のトーンを合わせたり、雰囲気になじませる加工をしましょう。
契約済みのデータやオリジナルのデータなどは使用しない。
自動車メーカーの意匠権に抵触しないデータを入手しましょう。




車両のcadデータ自体を集めるにしても、大変な労力がかかります。
このページでは、自動車・車両CADデータのリンクをまとめて紹介しています。
ダウンロードしたデータは、図面作成の際に活用してください。


自動車や車両の設計図に欠かせないのがcadです。
2Dcadから3Dcadに変わり、現在では、強度の分析に使える、CATIAなどの3Dcadが使われいています。

自動車・車両業界で使われるcadは、2Dcadと3Dcadがあります。
しかし、cadに詳しくない人は違いが分からないのではないでしょうか。
それでは、2Dcadや3Dcadの違いを紹介しましょう。


記事の後半では、2Dcad・3Dcadの違いと、3Dcadのソフトウェアの解説、自動車や車両のcadを探すときのコツをお伝えします。
特に、CADを使ったお仕事をしている人におすすめです。


まずはダウンロードサイトのリンク集から、気になるデータを覗いてみましょう。
ご希望の、自動車・車両のデータをお役立てください。


自動車・乗用車・普通車・車両 2Dcadデータ

建築知識 添景CAD

建築知識 添景CAD
樹木、自動車、バイク、人物などのCADデータを一括してダウンロードできるサイトです。路面標識、照明、家具、動物、ピクトサインなどのCADデータもあります。データの配布はDWG、JWS、DXF形式でそれぞれ行っていて、選ぶことが可能です。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、2Dcadデータがあります。

車の塗り絵・CADデータ

車の塗り絵・CADデータ
自動車をはじめとするメーカーや車種の多さに定評のあるCADデータを掲載しているサイトです。掲載しているメーカーは、日本ではおなじみのトヨタや日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキなど日本のメーカーをメイトしています。また、メルセデスやアウディ、BMWといった有名海外メーカーの自動車のCADデータも掲載。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、2Dcadデータが掲載されています。

2D ダウンロード

2D ダウンロード
トヨタ・三菱・スバル・ホンダ・日産・フィアット・フォルクスワーゲンなどの自動車のCADデータが掲載されているサイトです。自転車、バイク、バックホウ、ピックアップトラック、ブルドーザー、コンテナ運搬トラック、ロードローラーなどのCADデータも揃っています。

自動車・乗用車・普通車・車両 2Dcadデータ その2

自動車 cad-data.com

自動車 cad-data.com
自動車のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。パース等に使える自動車、乗用車を上から見た姿図、自動車の添景、自動車の正面図・背面図・側面図・上面図、軽トラックの側面図、古いカタログからトレースした自動車、住宅車庫の奥行きや車止め検討に使える自動車など、CADデータが揃っています。

APLUS

APLUS
このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、2Dcadデータが揃っています。建築専門の方が、設計の時間を短縮するのに便利なソフトで、トライアル期間があります。ソフト、サポートセンター、取扱い説明書は、英語やイタリア語などヨーロッパ中心の言語対応です。世界有数のデザイナー作成のCADデータが多数収載されており、デザインがスタイリッシュです。

Pinterest

Pinterest
場合によっては、製品の説明サイトにリンクされているなど、詳細情報にも対応しています。投稿されているデーター現場の画像なども多く、施工例などに使用できるものもあります。検索ワードで希望の画像も検索できるので、簡単にニーズに合った画像を探す事ができます。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、2Dcadデータがあります。


お目当てのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから手に入れて下さい。
次のサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
自動車・乗用車・普通車・車両、CADデータのまとめサイト


2Dcad・3Dcadの違いと自動車cadを探す3つのポイント


続いて、2Dcadと3Dcadの違い、自動車・車両のcadを探すときのポイントについて説明していきます。

1. 2Dcadと3Dcadの違い


2Dcadとは?

自動車・車両業界でも使われている2Dcadとは、製図台(ドラフター)で書かれていた図面を、cadソフトで作成できるようにしたものです。
設計図が平面のため、自動車や車両づくりの情報が不足しています。
そして、2Dcadに慣れている業者は、3Dcadと一緒に使っているケースもあるでしょう。


2Dcadの進化版? 3Dcadって何?

自動車・車両業界でも使われている3Dcadは、図面を立体で作成できるのがメリットです。
設計図を見れば、作りたい自動車や車両をイメージしやすいです。
cadの知識のない人と打合せをするときも、コミュニケーションをしやすいツールでしょう。

2. 自動車・車両づくりに使われる「3Dcadソフトウェア」


CATIA(ダッソー・システムズ)

CATIAは、フランスのダッソー・システムズが開発し、3Dcadソフトウェアです。
自動車や車両だけではなく、飛行機やロケットの図面にも使われています。

2019年には、CATIAR2019Xと呼ばれる新しいCADソフトウェアも登場します。
3Dcad業界をリードする会社の1つです。

【CATIA(ダッソー・システムズ)の良い・悪い点】

良いところ
・ 世界でのシェアが高く、海外でも使える
・ 3Dcadを知らない初心者にも使いやすい
・ 3Dcadのサーフェス(玉のような図面が得意)とソリッド(中身の詰まっている図面が得意)に対応

悪いところ
・ ソフトウェア代が、約100万円~800万円と高い
・ ホームページが、翻訳サイトみたいな日本語で書かれている

3. 自動車・車両のcadを見つける2つのコツ

自動車や車両のcadを探している人は「ダウンロードできる解説書がない」と悩んでいませんか?
ここでは、自動車や車両のcadが見つからないときの2つのコツを紹介します。


3.1 自動車の種類を決める

自動車・車両には、乗用車と作業車に分かれます。
それぞれの種類は、以下のとおりです。

【自動車の種類】

乗用車
・ 軽自動車(ダイハツ・タント)
・ ミニバン(トヨタ・アルファード)
・ セダン(BMW・3シリーズ)
・ ワゴン(トヨタ・カローラ)
・ コンパクトカー(日産・ノート)
・ 電気自動車(日産・リーフ)

作業車
・ トラック
・ 救急車
・ ラクター
・ ショベルカー
・ パトカー

同じジャンルの自動車でも、種類が違えばcadファイルが見つかりません。
例えば、建築パース.comでは、コンパクトカーのcadは5枚もありますが、セダンやミニバンのcadは1枚のみです。


3.2 サイトを使い分ける

自動車・車両のcadデータを見つけるには、サイトの使い分けてみてはいかがでしょうか?
例えば、乗用車のcadがほしい人は「トヨタ・cad」と調べてください。

トラックのcadを探している人は「いすゞ自動車株式会社の車両外観図」にアクセスしましょう。
小型~大型までのカーゴ・タンクローリー・バスのcadデータ(PDF)が手に入ります。

探している自動車・車両のcadは、どのようなメーカーが作っているのかを考えましょう。

4. 自動車・車両の種類を考える

自動車・車両のcadを見つけるには、どんな種類のcadを欲しいのかをハッキリしましょう。
例えば、あなたがトラックのcadを探しているときに「自動車 cad」と調べたら、乗用車のcadが多く見つかります。

そのため、検索するときは「ほしい自動車の種類+cad」で検索してください。
この方法で見つからなければ、「自動車を作っているメーカー+cad」といったキーワードを使いましょう。




自動車・乗用車・普通車・車両の3Dcadデータのサイト紹介です。
クルマは、外観の違いや用途によって、ハイブリッド、ミニバン、コンパクト、セダン、スポーツ、SUV、軽乗用車、商用車など、さまざまな種類に分類されています。
軽自動車は、最大で4人と法律で定められています。
セダンやSUV、コンパクトなどは、主に、5人乗りとなっています。
自動車・乗用車・普通車・車両などの、3Dcadデータが、ダウンロードできます。

それではまず、自動車・乗用車・普通車・車両の3Dcadデータがすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
種類豊富なフリーデータが、ダウンロードができますよ。

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータでは、sharecg、Grab CAD、archive3D、Cad Nav、ANIMIUM、などのサイトで、多くの種類のデータがあります。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。

Artist-3D

Artist-3D
3Dモデルを無料でダウンロードできるサイトです。種類は人物からメカまで豊富です。機械は、主に自動車、バイク、船舶、宇宙船などの種類があり、精巧に作られているものが多いです。樹木や芝生など、自然に関する3Dモデルも豊富にそろっています。洞窟や山などもあります。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、3Dcadデータがダウンロードできます。

sharecg

sharecg
写真などの他に、フリーの2Dおよび3Dデータなど数多くの素材が利用できるサイトです。フェンスパネルや仮囲いなどの他、足場や油圧ショベル、カラーコーンなどのデータを扱っています。ダウンロードするにはユーザー登録が必要です。データ取得は無料となっています。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、3Dcadデータがダウンロードできます。

archive3D

archive3D
archive3Dでは、3Dだけではなく2Dタイプの柱や自動車などのデータも揃っています。archive3Dでは、シンボルなどの3DSや3DS-MAXタイプのファイルが掲載されています。ジャンル別に3Dモデルが分けられているため、探している画像素材を見つけやすいです。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、3Dcadデータがダウンロードできます。

ANIMIUM

ANIMIUM
ANIMIUMは、無料の3Dモデルやチュートリアルを扱ったライブラリーサイトです。メンバーのランクによって、ANIMIUMのホームページでダウンロードできる画像が決められています。ブロンズ・シルバー・ゴールド・ダイヤモンドといった4つのメンバーに分けられています。このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両などの、3Dcadデータがあります。

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ その2

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ その2については、TURBO SQUID、3D Model Free.com、Artist-3D、KOKAのCG、CG DATA BANK、自動車 3Dデータ Google、などのサイトで、使い勝手が良いデータが掲載されています。
一度試してみてはどうでしょうか。

3D Model Free.com

3D Model Free.com
フリー3Dモデルを公開しているサイトです。自動車・乗用車・普通車・車両、などのデータが揃っています。そのほか、バスルーム製品や家具、家電データ、車いす・車椅子、自転車・マウンテンバイク、バイク、バス、列車、歩行者、植物も掲載されています。

KOKAのCG

KOKAのCG
POV-Rayで作成した3DCG画像を公開しているサイトです。制作過程も公開しています。雑記のコーナーで他サイトのモデリングデータも紹介しています。自動車・乗用車・普通車・車両、電車・列車・鉄道、蒸気機関車、観葉植物などのデータが公開されています。

CG DATA BANK

CG DATA BANK
自動車モデリングデータをダウンロード販売しているサイトです。自動車モデリングデータは、トヨタ、Honda、三菱、マツダ、スバル、いすゞ、ダイハツ、日産の国産自動車メーカーが揃っています。車種はメーカーごとのモデリングデータがダウンロードできます。


欲しかったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
自動車・乗用車・普通車・車両、CADデータのまとめサイト




◇ よく読まれている関連記事と広告




乗り物 CADデータ
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました