バス・大型バス・路線バス・マイクロバスのCADデータ

0f27907b 1f3e 47d1 a9cd dde4df4f8a07 - バス・大型バス・路線バス・マイクロバスのCADデータ 乗り物 CADデータ

このダウンロードサイトでは、大型バスや観光バス、マイクロバスなど各種バスの軌跡図や平面図などのCADデータが用意されています。
また、日野・三菱ふそう・いすゞなどバスメーカーのCADデータも手に入るので、商業施設や駐車場など外構図面に添付する資料などにも活用できます。
もちろん、フリーのCADデータも揃っています。

 

バスのCADデータは、施設を作図する際に必要な、cadデータの1つです。

バスが施設内や駐車場に乗り入れる、交通機関施設の設計では、乗り入れてくるバスの最大高や最大幅、軌跡を考慮し設計を行います。

その為、設計図にバスのcadデータを落とし込み、寸法などを加える事によって、図面上に施設の大きさや形状を明確に表さねばなりません。

また、バスが乗り入れる様な大型商業施設の外構図面には、バスの駐車スペースを明確にしたものや、バスの旋回場の必要な面積を示した図面が必要となってきます。

これは、施設内の交通安全対策にもつながるので、平面図などの2Dcadだけではなく、3Dcadデータも活用して、視覚的にも解りやすい図面作りが要求されます。


記事の後半では、交通施設設計や大型商業施設の設計における、施設の外構に合ったバスcadデータの重要性について解説しています。

 

バスの2Dcad、3Dcadデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。

 

バス・大型バス・路線バス・マイクロバスの2Dcadデータ

日野自動車

日野自動車
観光バス、送迎バス、路線バス、高速路線バス、マイクロバスごとの低公害、軽量、コンパクト性、高出力、低燃費、低騒音、低振動、エンジン性能、などの車種別環境情報が紹介されています。小型、中型、大型バスの外観図、平面図、旋回軌跡図、燃費と性能表も掲載されています。

土木の道具箱 @ほーせん

土木の道具箱 @ほーせん
形式のフリーCADデータを公開しているサイトです。作業員やガードマン、大型バス、観光バス、ブロック積擁壁、防護柵、側溝などのCADデータをダウンロードできます。作業員のCADデータの掲載が多く、様々な図面に使うことができるので便利です。このサイトでは、バス・Busなどの、平面図・2Dcadデータ・cad図が利用可能です。

バス cad-data.com

バス cad-data.com
バスのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。大型路線バス・中型路線バス・小型路線バス・貸切用バスなどの平面図・立面図・側面図・鳥瞰図・軌跡図、バスターミナルの路面標示、レトロなワーゲンバスなどのCADデータが揃っています。

arch web

arch web
このサイトでは、大型バスや観光バス、マイクロバスなどの各種バス・Busの2Dcadデータ・cad図が揃っています。樹木データなど、1カテゴリのCADデータを販売されており、使い勝手の良いサイトです。記事の内容を読むために、知識として必要な、土木用語の分かりやすい解説があります。シンボルでは、事故防止や避難サイン、安全標識などの平面図がダウンロードできます。

いすゞ自動車

いすゞ自動車
大型バス、中型バス、マイクロバス、観光バスの主要諸元・車両外観図・旋回軌跡図です。トラックおよびバスの代表車型による主要諸元、平面図、車両外観図、旋回軌跡図(PDF)をまとめて無料掲載しています。 建築設計の際の車両限界の確認などにご活用できます。

車の塗り絵・CADデータ

車の塗り絵・CADデータ
バス自動車・乗用車・普通車・車両、軽トラックなどの、CADデータがフリーで掲載されています。自動車CADのダウンロードは、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツ、メルセデス、BMW、アウディ、トラック、ダンプ、バスなどのデータです。

トラック・バス・重機の総合情報サイト

トラック・バス・重機の総合情報サイト
三菱ふそう、いすゞ、日野、コマツなどのバス、トラック、重機の情報を集めたサイトです。各機種の特徴や作業性の他、寸法や細かい仕様が分かりやすく記載されているお役立ちサイトです。メーカーはほぼ網羅されており、掲載機種も多いので、情報を得たい作業関係者にとても便利です。このサイトでは、バスなどの、2Dcadデータ・cad図がフリーで紹介されています。

CAD blocks

CAD blocks
特に、車の図面は豊富に揃い、乗用車はさまざまなメーカーの車種がフリーで用意されています。図面は定期的に更新され、つねに高品質のデータを手に入れることができます。会員登録などは不要。1クリックで簡単にダウンロードができます。このサイトでは、日野・三菱ふそうなどのバスの、2Dcadデータ・cad図がダウンロードできます。

SUPER COLORING

SUPER COLORING
無料の塗り絵コンテンツサイトで、塗り絵のベースを手に入れることができます。塗り絵の種類も豊富であり、ノンカラーの状態なので、そのまま線画としてCAD素材に応用することも可能です。塗り絵素材サイトですが、立体などにも線画抽出で簡単にできるので、CAD素材としても応用できます。このサイトでは、バスなどの、平面図や2Dcadデータが利用可能です。

バス cadデータ Google

バス cadデータ Google
大型バスや観光バスなどの各種バスのCADデータ・cad図や軌跡図が、見られます。フリーのものもあります。三菱ふそう・日野など検索から多数のアイテムを表示できます。バスの車両の区分は、次のように分類されています。大型車バスは、車両の長さが9m以上、または旅客席数約50名以上のバスです。中型車バスは、車両の長さが7m~9m、または旅客席数30~40名程度のバスです。小型車バスは、車両の長さが7m以下、かつ旅客席数約29名以下のバスです。マイクロバスバスは、乗客席数15~20名程度のバスになっています。


バス・大型バス・路線バス・マイクロバスの3Dcadデータ

バス 3Dcadデータについては、3D Warehouse、Artist-3D、cgtrader、などのサイトで、使えるデータがあります。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

Cad Nav

Cad Nav
CADやCAE 、CAMのエンジニアや、CGIを扱うグラフィックデザイナーを対象としているサイトです。CadNavサイトには、3DモデルやCADモデルが50,000以上掲載されています。Auto desk 3DS MAXやBlender、Cinema 4Dなどのソフトウェアで使用できます。このサイトでは、バス・Busなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。

TURBO SQUID

TURBO SQUID
プロ向けの3Dモデルを販売するサイトです。多くの素材は有料ですが、無料の素材もあります。上部の「3D MODELS」のタブから「Free 3D Models」を選択すると、無料の3Dモデルが表示されます。無料の素材も約2万点と充実しています。3dx、max、fbxなど主要フォーマットに対応し、建築設計やゲーム制作、アニメーションの制作など幅広い用途に利用できます。このサイトでは、マイクロバスなどのバス・Busの3Dcadデータが掲載されています。

Free 3D

Free 3D
このサイトでは、バス・Busなどの、3Dcadデータが掲載されています。人体や骨格、臓器、iPhoneのガジェットなど、専門的な分野の素材が探せることが特徴です。ゲームや映画のキャラクター、輸送機やドローンなど、他で探しにくい素材が見つかります。iPhoneガジェットやキャラクター、電子機器、車両などは最新版が比較的早くアップされます。

Grab CAD

Grab CAD
様々な3D CADデータが揃っており、プロフェッショナルな3D印刷が簡単に使えます。カニクレーン・ミニクレーン、ユニック車・トラッククレーンなどの3Dデータが紹介されています。無料で申し込みできるので、どなたでも気軽に利用できます。このサイトでは、バスなどの、3Dcadデータが揃っています。

Hum 3D

Hum 3D
車のモデルのクリップアートを中心とした、3Dモデルを購入できるサイトです。ユニック車・トラッククレーン、クローラクレーン、ホイールローダーなどの3Dデータがあります。費用はかかりますが、低価格で購入ができ、割引プログラムもあります。このサイトでは、バスなどの、3Dcadデータが掲載されています。

Dmi-3D

Dmi-3D
車の3Dデータを掲載しているサイトです。ダッジラム、VW、ランボルギーニ、シボレー、メルセデス、フォード、ポルシェ、プジョー、BMW、ハマー、クライスラー、ジープ、ロータス、フィアット、トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、マツダ車のデータがあります。無料です。

路線バスの種類と特徴

バス(bus)とは、大人数を乗せて移動するための乗り物です。その中でも路線バスというのは、英語では「scheduled bus」と綴り、決まった時刻、決まったルートを巡回するバスのことを意味しています。
電車が走っていない地域や、駅までの通勤手段として、市街地などで特に需要が高いバスといえます。運賃を支払えば誰でも乗ることができ、停留所で乗り降りするのが一般的ですね。

路線バスは大きさで小・中・大の3つに区別することができます。小型バス(マイクロバス)は全長7メートル、中型バスは8~9メートル、大型バスは10~11メートルが一般的です。

小型バス(マイクロバス)

小型バスはマイクロバスとも呼ばれます。路線バスとしても利用されていますが、幼稚園バスやホテル送迎などの2地点間の送迎バスとしても利用されることの多い種類です。マイクロバスの定員数は大人換算で29席以下と定められています。

ほかのバスと異なる一番の特徴は、車両の設計としてはバスよりもむしろトラックに近い構造になっているというところでしょう。Cad図を作成するときも、エンジン周囲などを図面にする場合や、軌跡、軌跡図を作成するときに注意しておきます。

中型バス

大型バスと見た目は大差がないため、街中を走っているバスを見ただけではっきり区別できる人は少ないかもしれません。全長と幅が小ぶりなので、大型バスが通ることの難しい山岳地域や狭い道路のある街中などで活躍するのが中型バスです。エンジンの性能やそのほかのスペックは大型バスと大差ありません。定員数は補助席なしの27~29席で、補助席がついているマイクロバスと総座席数が変わりません。

大型バス

路線バス・乗り合いバスとしては最も普及しているのが大型バスです。床面がフラットなノンステップバスや、段差のあるステップバスなどのバリエーションがあり、観光バスなどでもよく使用される大きさです。定員数は最大80人、大型バスが通行できるルートであれば、間違いなく採用したい最上のキャパシティを持ちます。駐車場も大きいサイズがないと厳しいです。

軌跡図などのフリー素材を簡単にダウンロードできる無料サイトには、各種バスの軌跡図がそろっています。軌跡図を見ると、3つの違いがよくわかるかもしれません。また、施設への乗り入れや出入口を検討するときには、軌跡図を使えば確実な検討ができるでしょう。

路線バスとは意味合いが異なる「観光バス」

観光バスは運賃を支払い、目的地まで乗客を運搬するという意味では路線バスと同じではありますが、観光バスは路線が決まっているわけではないこと、定時があるわけではないことから、路線バスには含まれません。一方、高速道路を走行するバスは、路線があり時間が決まっていることから、路線バスに含まれます。

路線バスの内部の特徴

観光バスと路線バスは外見こそ似ているものの、バスの内部は全く違った構造を取っています。cadデータの参考に、路線バスの構造の特徴を見てみましょう。

行き先や路線を示す方向幕

路線バスの正面上部と背面上部には、「方向幕」という行先を表示する横長の大きな幕があります。最近では、バスに使用しているのは幕ではなく電光掲示板が主流になってきました。

乗降口

一般的な路線バスには乗客が乗り降りするための乗降口が2つ設置されています。どちらから乗って降りるかは路線バスの運営会社により異なります。
運賃が一定料金かつ先払いのバスのほとんどは、前方のドアから乗車します。一方運賃が変動する、または後払いのバスの場合は、中央のドアから乗車し、降りるときは運転席横にある精算機で運賃を支払ってから前のドアから降ります。

運転席

一般的な普通車と異なるのは、運転席にある乗客へアナウンスするための機械や、次の停留所を案内する車内モニターや、運転手が使用するマイクがあることでしょう。もちろん、大きなハンドルもバスの特徴です。昔の大型バスといえばマニュアルでしたが、最近ではオートマのギアが主流になりつつあります。

座席

市内などで一般客を乗せる路線バスは、さまざまな人に対応できる座席を用意しています。優先席もその一つです。身体の不自由な人や高齢者、小さな子どもを連れている人が優先して座れるように、優先席マークが記されています。また、一部の座席は折りたたみ式になっており、車椅子スペースとして使用できます。車椅子で乗車するときには、車体を傾けて歩道との高低差をなくし、スロープで上がれるようなバスもあります。

降車ボタン

乗客が降りたいときには、停留所の手前で降車ボタンを押します。ランプが光り、運転手に降りる人がいることを知らせてくれます。車椅子専用の降車ボタンを押すとほかの降車ボタンと区別されて光るので、降りる際に車椅子の補助をする必要があるかどうかが運転手にすぐにわかる仕組みになっています。
ほかにも、運転手が突然の病気などで運転できない状況になったときのために非常ブレーキボタンがあります。

cad図を作成して正確な図面をcadデータで共有できれば、施設などの設計のときにも大いに役に立ちます。正確な寸法などは各バス会社のカタログやHPに記載がありますし、無料でダウンロードできるフリーのcad図を使うこともできます。Cadデータがあれば、施設の出入口にどれだけの長さを取ればよいのかがすぐに判断でき、車高も図面を見るだけで確認できます。軌跡を入力すれば旋回に必要なスペースの確保にも役立ちます。

市街地を走る路線バスと走らない路線バス

市街を走るのも路線バスであれば、施設間を行き来する目的で走行するバスも路線バスの一種です。いろいろな路線バスの種類を見てみましょう。

ノンステップバス

ノンステップバスとは、車内に段差がないバスのことをいい、主に車椅子の人が乗りやすいようにと設計されたものです。ボタン一つで車体が歩道側に傾いたり、乗り降り用にスロープを付けられるようになっていたり、車椅子だけでなく高齢者にも優しいバスとして、市街地を中心に需要のあるバスです。

コミュニティバス

企業が運行する路線バスとは異なり、自治体が地域住民のために運行するのがコミュニティバス、通称コミバスです。赤字路線で企業が撤退したあと、交通手段がなくて困っている住民のために運行したり、道路幅が狭すぎて一般的なバスが走行できないような、いわゆる交通空白地帯をなくすために運行していたりします。小さなマイクロバスが使用されることが多いですね。

空港リムジンバス

一例ですが、このように空港と主要駅を行き来する路線バスもあります。観光バスと異なるのは、時刻表があり、運賃が決められており、走行ルートも一定であることです。大型バスが使用されることが多いでしょう。

ステップバスやノンステップバスの素材は、無料でダウンロードできるフリーサイトにたくさんありますので、ぜひ取り入れましょう。有料のcad図も数多くありますが、一般的な路線バスで問題なければ無料のもの、ダウンロードフリーのものを選んでも使えます。

道路の交通量調査について

道路の新設や改良を検討する際、交通渋滞が問題となりますが、その問題となる時間帯を特定し、その時間帯の交通量を調査することが不可欠です。問題となる時間帯は、通常は平日の朝夕のラッシュ時と考えられますが、観光客が集中する道路では観光シーズンのピーク特性から検討する必要もあります。
また、交通事故を問題とする場合には、ピーク時に限らず事故が多発する時間帯を調べておくことも重要です。一方、問題となる時間帯を設定した時、さらに曜日変動、季節変動についてもチェックし、他に問題となる時間帯がないことを確認します。

交通量調査については、それぞれの方向別の交通量を通常は15分単位で計測するとよいでしょう。この計測時間単位は長くても60分とします。このデータは道路のある点を通過した交通量を示すもので信号2回待ち以上の渋滞が発生している時には到着してくる交通量と差異を生ずることに留意しなければなりません。
このような時は到着する交通量を計測するか通過交通量と渋滞長の変化を計測することで到着交通量を推定します。この流入交通量に対し、信号処理が適切か否か、または交差点の容量が十分か否かを評価することとなります。

交通施設設計におけるバスcadデータの重要性


交通施設設計や大型商業施設の設計における、施設に合ったバスcadデータの重要性について解説します。

1. バスcadデータは数も豊富。施設に合った形状のバスを選ぶ

検索サイト等で検索すると、バスのcadデータは、数も種類も豊富です。
無料で使えるものを選ぶのも良いと思います。

しかし、行政関連の公共交通施設の場合、そこで使用しているバスの図面提出を求められる事もあります。
その時には、確認を取った上でバスcadデータの使用が必要になります。

そのような場合などは、日野・三菱ふそうなどの車両メーカーや、有料サイトの提供する、バス車両のcadデータが必要となります。

その他にも、バスには、バス停や信号機といった、関連する設備も必要となりますので、関連するバスcadデータは押さえておく必要があります。

2. バスcadデータを施設図面や外構図面に盛り込み安全対策

バスが使用する駐車場や停留所の設計には、国土交通省の設計指針があります。

「大型貨物車およびバス」の駐車ますは、長さ13m、幅員3.3mが原則となっています。
建物内天井の有効高さは、車路の場合4.1m、車室の場合3.9m必要になります。

その為、駐車場の設計図と同サイズのバスcadデータを図面に落とし込み、設計や駐車スペースのミスや問題がないかを確認できます。

また、安全対策として、構造物がバスの進行に妨げになったり、死角になったりしないかなど、設計の段階から確認する事ができます。

この際、2Dcadデータよりは3Dcadデータを用いる事により、建築に詳しくないクライアントやオーナー様にも、視覚的に見やすく、解りやすい駐車場の施工図や完成図を提供する事が可能になります。

また、狭い敷地ではスペースも限られておりますが、バスを乗り入れる施設を作る際には、規定に則った作図が要求されます。

更に、バリアフリー化や安全対策によって、規定より大きくスペースを取らねばなりません。
2Dcadや3Dcadのバスcadデータや軌跡図を活用して、安全に配慮した駐車場の作図を行う必要があります。
CADデータは日野・三菱ふそう・いすゞなど、メーカーごとに揃っています。

バスのCADデータを入れて、パースを作る頻度は限られているかもしれません。

例えば、一般道路用バス停、商業施設または医療施設などの駐車場やバス停、バス会社や町、駅のパースを作るときは必要になるでしょう。

また、それほど頻繁ではないにしろ、日常生活を送るうえで不可欠なバスは、それがあるだけで普段の生活をイメージしやすくなることもあります。

マンションや駅のパースを描くよりも、ファミリー向けマンションの前に幼稚園バスが停まっているパースや、駅にバスが停車しているパースの方が、イメージがつかみやすいでしょう。

そこで、今回は、CADによる作図をするうえで、バスのパースに関して、求められるものを検討していきます。

バスをテーマにしたCADデータを利用する際の注意点


それでは、バスのCADデータの必要性と、利用する際の注意点について説明しましょう。

避けては通れないCADの技術習得

近年、CADデータによるものづくりが、当たり前になっています。
ラフ図面で良い時期を除いて、手描きのパースはほとんど見なくなっているのが現状です。
そのため、図面を引くことを生業にしている人達は、CADの技術習得が必須になっています。

バスのパースデータも世の中にあふれていますが、これを使用する際の注意点から考察してみましょう。

どのようなBusが使われるのか、用途や路線から考える

最近は、住宅街で小型のバスをよく見かけます。
一口にバスと言っても、マイクロバスから大型バス、幼稚園バス、観光バスまで様々です。

病院や団地を経由するバスなら、ノンステップバスでしょう。
住宅街ならマイクロバスです。
観光地なら、沢山の荷物が入る大型バスや観光バスが便利です。

このように、どのタイプのバスと人が使う路線なのか、ということをよく考えたうえで、パースを作らなくてはなりません。

手描きだったころのラフさがなく、はっきりとしたデータになると、2Dcad、3Dcadを問わず、どの種類のバスかよくわかってしまうということを忘れないでください。

また、CADデータが見つからなかった場合や、視線の角度が合わなかった場合は、自分で作成しなくてはなりません。
そういう面からしても、CADの技術習得は欠かせなくなっています。

CADによるものづくりだからこそ気を付けるべき点

CADの技術習得は大切なことですが、技術だけでは良いパースは作れません。
実際に利用する人のことを考えて、バスを配置していかなければ、現実味のないパースになってしまいます。

CADにより、よりリアルなパースを仕上げることができるからこそ、リアリティを忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました