軽トラック CADデータ、寸法図・無料フリー

033281a1 207e 466b aa09 ca9b7dc22dbc - 軽トラック CADデータ、寸法図・無料フリー 乗り物 CADデータ

軽トラックの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
軽トラックは軽自動車です。軌跡が小さく、維持費が安く、スペースを取らず、狭い道でも走れるといった理由で、個人経営の商店や農家において利用されています。
製品カタログ、規格寸法図、仕様書、ダイハツ ハイゼットトラック、スズキ キャリイ、ホンダ アクティトラック、三菱 ミニキャブトラックなど、軽トラックの2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。


また、記事の後半では軽トラックの軌跡図などのCAD図面を利用した安全搬入計画について説明しています。

軌跡図、図面、CADデータ・cad図などがすぐに欲しいという方は、下記のリンク集からダウンロードしてくださいね。

軽トラック・pickup truck 2Dcadデータ 国内サイト

軽トラック・pickup truck 2Dcadデータの国内サイトでは、車の塗り絵・CADデータ、ニッケン、共成レンテム、サコス、などのサイトで、質の高いデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

車の塗り絵・CADデータ

車の塗り絵・CADデータ
軽トラック、軽自動車、自動車・乗用車・普通車・車両、バスなどの、CADデータ・cad図がフリーで掲載されています。自動車CADのダウンロードは、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツ、メルセデス、BMW、アウディ、トラック、ダンプ、バスなどのデータです。

ニッケン

ニッケン
軽トラック、ライトバン、ダンプカー、クレーン付トラック、散水車などの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が揃っているサイトです。そのほか、高所作業車・高所作業足場、掘削・道路・整地・運搬、フォークリフトなどのデータもフリーでダウンロードできます。

共成レンテム

共成レンテム
軽トラックの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が、無料で紹介されているサイトです。そのほか、レンタカー、ダンプ、トラック、トラッククレーン付、ADバン、ワンボックス、乗用車、ハイブリットカー、バイオトイレ付規制車などのデータも掲載されています。

サコス

サコス
軽トラックの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が、無料でダウンロードできます。そのほか、ダンプカー・トラック、アルミ箱バン、冷蔵車・冷凍車、特装トラック、トラック、クレーン付トラック、ダンプカー、散水車、バンなどのデータも揃っています。

軽トラック・pickup truck 2Dcadデータ 海外サイト

軽トラック・pickup truck 2Dcadデータの海外サイトでは、Tony thanh、CAD forum、Biblio CAD、軽トラック cad-data.com、軽トラック cadデータ Google、などのサイトで、使えるデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータや図面が出ていますよ。

Tony thanh

Tony thanh
AutocadのCADデータ・cad図・図面・軌跡図が紹介されているサイトです。軽トラック、自動車・乗用車、自転車・マウンテンバイク、バイク・オートバイ、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員、ガードマン、男性・女性、樹木・植物などのCADデータが掲載されています。

CAD forum

CAD forum
CADデータ、cad図、軌跡図、CADに関する情報がダウンロードできるサイトです。軽トラック、自動車・乗用車、自転車・マウンテンバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車椅子、バス、電車・列車・鉄道、人物、樹木、観葉植物・植物などのデータが掲載されています。

Biblio CAD

Biblio CAD
建築、設計、建設のための軌跡図などのAutoCADデータ・cad図を公開しているサイトです。DWG、3DS、MAX、DXFなどのデータが利用できます。軽トラック、自動車、自転車、バイク・オートバイ、車いす、バス、電車、作業員・建設作業員、男性・女性、植物などのデータが揃っています。

軽トラック cad-data.com

軽トラック cad-data.com
軽トラックのフリーCADデータ・cad図・図面・軌跡図があります。検索から多数のアイテムを表示できます。軽トラックの室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。軽トラックの最高出力(ps)は、エンジンを回転させる馬力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力です。

軽トラック cadデータ Google

軽トラック cadデータ Google
軽トラックの図面、cadデータ、cad図、軌跡図などが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。軽トラックは軽自動車で、維持費が安く済み、小型でスペースを取らず、狭い道でも走れるといった理由で、個人経営の商店や狭い農道を通ることも多い農家において利用されています。


軽トラック・pickup truck 3Dcadデータ

軽トラック・pickup truck 3Dcadデータでは、Grab CAD、3D CAD BROWSER、3D Warehouse、などのサイトで、お探しのデータがダウンロードできます。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。

Grab CAD

Grab CAD
世界の600万人以上のデザイナーが製作した、物の写真や3Dデザインを無料で掲載しているサイトです。プロデザイナーが製作したハンドリフトや自動車、コンプレッサーなどの3D図を掲載しています。質問ページでは、設計士が製作に息詰まったとき、他のプロにアドバイスを求める事ができます。このサイトでは、軽トラック・pickup truckなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER
3Dメッシュ3Dモデルと3D CADソリッドオブジェクトをダウンロードできる登録制サイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク、バイク、車椅子、バス、電車、作業員、男性・女性、樹木・植栽、植物などのデータがあります。

3D Warehouse

3D Warehouse
豊富な3Dフリーデータをダウンロードできるサイトです。軽トラック、自動車・乗用車、自転車、バイク・オートバイ・スクーター、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員・建設作業員、人物、観葉植物・植物などのデータが揃っています。

軽トラックのCADを利用した安全搬入計画


それでは、軽トラックのCADを利用した安全搬入計画について説明しましょう。

軽トラックは、軽自動車の規格に沿って製造されたトラックです。
種類は、フルキャブ式とセミキャブ式があります。
フルキャブ式は、シートが前輪の上方にあり運転席の足元が広くとれるため、運転しやすい特徴があります。

それに対し、セミキャブ式は車体前方に前輪があり、足元が狭くなりますが、走行時の安定性の高さが特徴です。
さらに、万一の事故時には、フルキャブ式の方がセミキャブ式に比べると、ダメージが大きいという差があります。

軽トラックを選ぶ際に、どちらの形式を選ぶか一長一短があります。
軽トラックの最大積載量は、軽自動車と同様に350kgです。
また、最大積載寸法は、道路交通法によって定められています。
最大積載の長さの超過量が車両長さの10%まで、幅が車両幅まで、高さが2.5mまでとなっています。

もし制限より大きいものを運びたいときは、道路交通法の積載制限を超えていないという条件の下、出発地の警察署の許可が必要です。

軽トラックの使われ方として、農村では農業機械などの道具や収穫農作物の運搬のほかに、日常の移動手段として使用されます。
一方、都市部では、商店・電気工事店の資材や商品の運搬する際に欠かせない交通手段です。
そうした中、建設業界では、工事現場の運搬車両として、資材・工具・人・廃棄物の運搬に重宝されます。

特に、大型工事車両が制限される狭い場所でも、軽自動車である軽トラックは進入できるため、軽トラックに工事機材を積み込んで運ぶ場合があります。
このような場合、建設機械と軽トラックのCADデータや軌跡図を利用した安全作業計画は、作業員に対する安全教育に効果的です。


軽トラックの2Dcadデータのサイト紹介です。
軽トラックの室内長・室内幅・室内高は、室内の広さ(サイズ)を表します。
軽トラックの最高出力(ps)は、エンジンを回転させる馬力のことで、最大トルク(kg・m)は加速させる力です。
軽トラックの最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
軽トラックなどの、2Dcadデータが、ダウンロードできます。


後半では、軽トラックの分類と使用の際のメリット・デメリットについて説明しています。

軽トラックの2Dcadデータ・cad図・図面・軌跡図がすぐに欲しいという方は、下記ののリンク集からダウンロードしてくださいね。

軽トラック 2Dcadデータ

軽トラック 2Dcadデータでは、Ceco.Net、CAD BLOKS free、トラック・バス・重機の総合情報サイト、などのサイトで、多くの種類のデータが参考になります。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

Ceco.Net

Ceco.Net

CADデータが公開されているサイトです。軽トラック、軽バン、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイクのCADデータ・cad図・図面が揃っています。そのほか、家具、バスルーム、トイレ、公園遊具、歩行者、樹木・植栽・植木、観葉植物などのデータもあります。

CAD BLOKS free

CAD BLOKS free

軽トラック、軽バン、車いす・車椅子、バス、観葉植物・植物などのCADデータや図面がダウンロードできるサイトです。木々、植物と葉、造園関係のデータなどが無料で利用可能です。そのほか、家具、家電、照明、空調、配管、車、列車、自転車、人物など、豊富なデータが揃っています。

トラック・バス・重機の総合情報サイト

トラック・バス・重機の総合情報サイト

ダイハツ、マツダ、スズキ、ホンダ、日産、三菱などの軽トラック、バスの情報を集めたサイトです。軽バン、バックホウ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、ユニック車・トラッククレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。無料です。

軽トラック 2Dcadデータ その2

軽トラック 2Dcadデータ その2については、リョーキ、アクティオ、レント、などのサイトで、使い勝手が良いデータがあります。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

リョーキ

リョーキ

軽トラックの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が、無料で掲載されているサイトです。そのほか、軽バン、ダンプ、テールゲートダンプ、トラック、クレーン付トラック、キャブトラック、パワーゲート付トラック、軽ジープ、普通車、ワゴン車、散水車などのデータも紹介されています。

アクティオ

アクティオ

軽トラックの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が、無料でダウンロードできます。そのほかダンプ、トラッククレーン付、トラック、トラックリフトゲート付、ライトバン・軽バン、Wキャブトラック、1BOX、散水車、バキューム車、カーナビなどのデータも揃っています。

レント

レント

軽トラックや軽バンの製品カタログ、規格寸法図、仕様書が、無料で掲載されているサイトです。そのほか、平ボディートラック、ダブルキャブトラック、クレーン付トラック、ユニック車、ダンプ・トラック・商用車などのデータも紹介されています。


軽トラックのキャンピングカー車両が大人気


引き続き、軽トラックの分類と使用の際のメリット・デメリットについて説明していきます。

日本の一次産業の農業や漁業に欠かせない作業車が、軽自動車である軽トラックではないでしょうか。

キャブオーバータイプのボディは、小回りが利いて軌跡が小さく、狭い道路での取り回しも非常に楽です。
室内は狭くて、背もたれの調整が出来ないことから、長距離の移動には少々難があります。

しかし、荷台に道具を積んで短距離の移動にはとても向いていることから、田舎でのチョイノリによく使われていますね。
最近では、農業や漁業に拘わらず、建築や土木の作業車にも多く普及しました。

軽トラックの駆動方式は、MRか4WDの2つです。
ミッションは、ATとMTの2つで、オートマ限定免許でも安心して選ぶことが出来ます。

最近では、荷台部分の積載量の大きさから、車中泊できるように改造されたキャンピングカー車両が大人気です。
定年後は、車中泊しながら日本一周なんて、夢見る人は意外と多いようです。

軽トラックは、スズキやダイハツがOMEで国産メーカー各社に供給しているので、現在国産メーカーすべてで購入することが可能です。

バッチ違いの兄弟車や姉妹車が多い中、ホンダのみ独自路線を貫いているため、自社開発の軽トラックを販売しています。


軽トラックの3Dcadデータのサイト紹介です。
軽トラックのメーカー・車種は、次のものがあります。
ダイハツ ハイゼットトラック、スズキ キャリイ、ホンダ アクティトラック、トヨタ ピクシストラック、日産 NT100クリッパー、スバル サンバートラック、三菱 ミニキャブトラック、マツダ スクラムトラックなどです。
軽トラックなどの、3Dcadデータが、ダウンロードできます。

まずはこのページのダウンロードサイトのリンク集から、軽トラックの3Dcadデータをチェックしてみましょう。お探しのデータが見つかるかもしれません。

軽トラック 3Dcadデータ

軽トラック 3Dcadデータでは、Free 3D、sharecg、CAD BLOCKS STUDIO、などのサイトで、人気のデータがダウンロードできます。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

Free 3D

Free 3D

フリー3Dモデルのサイトです。軽トラック、軽バン、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす・車椅子、バス、電車・列車・鉄道、作業員、ガードマン、樹木、観葉植物などのデータが紹介されています。

sharecg

sharecg

フリー3Dデータが利用できるサイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、電車・列車・鉄道、建設作業員、警備員、歩行者・通行人、植物などのデータが揃っています。

CAD BLOCKS STUDIO

CAD BLOCKS STUDIO

AUTOCAD INVENTORで作成した3D CADデータの無料ダウンロードサイトです。stp、ipt、iam形式のデータがあります。軽トラック、軽バン、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、車いす、作業員・建設作業員、男性、女性、観葉植物・植物のデータが掲載されています。

軽トラック 3Dcadデータ その2

軽トラック 3Dcadデータ その2については、TURBO SQUID、Cad Nav、Hum 3D、cgtrader、などのサイトで、評判のデータが掲載されています。
一度試してみてはどうでしょうか。

TURBO SQUID

TURBO SQUID

フリー3Dモデルを紹介しているサイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、電車・列車・鉄道、建設作業員、警備員、歩行者、樹木・植栽などのデータが利用可能です。

Cad Nav

Cad Nav

フリー3Dモデル、テクスチャがダウンロードできるサイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、電車、交通整理員、歩行者・通行人、植木などのデータがあります。

Hum 3D

Hum 3D

3Dモデルを購入できるサイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、バス、電車・列車・鉄道などのデータがあります。そのほか、家具、自動車部品、動物などもあります。

cgtrader

cgtrader

3Dモデルの販売サイトです。軽トラック、自動車・乗用車・普通車・車両、自転車・マウンテンバイク・ロードバイク、バイク・オートバイ・スクーター、車いす、バス、電車・列車、作業員、ガードマン、歩行者、樹木・植栽・植木・低木・高木などのデータが購入可能です。


もっとも身近で手軽に便利な作業車「軽トラック」

日本の農家であれば一台は保有していると言われている車輌が「軽トラック」です。軽トラックは、資材の運搬や移動手段として手軽でしかも便利な車輌だと言えます。中には、軽トラックはその手軽さから、日常使いでも使用している人もいるほどです。いろいろな作業車が世の中に存在していますが、さまざまな業種に利用され、さまざまな年齢層が乗車している、もっとも身近な作業車の一つだと言えるでしょう。

軽トラックは日本独自の自動車規格

軽トラックという規格は、実は日本独自の自動車規格です。1950年に規格された排気量である360cc軽規格を基礎として、1960年代に原型となる4輪トラックが作られました。1976年になると、軽規格の見直しが行われて排気量は550ccにグレードアップ、1990年になると660ccの規格へとさらにアップされ、この排気量が現在でも使われている状態となります。
なお、660ccという排気量は、大型バイクの小さいクラスとほぼ同じです。この排気量で人を乗せ、荷物を乗せ、高速道路も走れるという性能の高さは、軽トラの技術力の高さを物語っていると言って良いでしょう。

メーカーによる違いがほとんどない軽トラックの寸法と積載量

軽トラの寸法を見ると、1998年に全長と全幅の規格が変更され、それ以前の規格と比べると、全長で約3.4メートルと10センチメートルほど長い寸法に、全幅が1.48メートルと4センチメートルほど長い寸法となりました。この寸法が現在の軽トラの姿となっているわけです。
この決められた寸法の中で、それぞれのメーカーが荷台スペースや運転席のスペースを確保していく技術革新を進めていきました。その結果として、多くのメーカーが同様のスペックとなっていくわけです。
同様のスペックというのは、ホンダのアクティ、ダイハツのハイゼット、スズキのキャリイといった、OEMではない軽トラックの荷台を例にすれば分かりやすいはずです。フリーのカタログなどをダウンロードして、荷台の寸法や荷台の図面をチェックするとわかりますが、ほぼ寸法は一緒です。そのため、それぞれのメーカーによる積載量の違いもほとんどありません。

軽トラック三大メーカーの特徴

軽トラの3大生産メーカーと言えるのが、「スズキ」、「ダイハツ」、「ホンダ」です。さらに、スズキがマツダと三菱および日産に、ダイハツはトヨタにと富士重工にOEM供給しています。
エンジンはスズキ、ダイハツ、ホンダともに水冷直列3気筒を搭載しています。それぞれの代表的な軽トラの排気量を比べてみても、ホンダのアクティが656ccの45馬力、ダイハツのハイゼットが658ccの46馬力、スズキのキャリイが653ccの50馬力と、大きくは変わりません。
このように、それぞれの軽トラックを図面や性能表で見比べても大きな差は生まれません。そのため、cad図やcadデータで万が一取り扱いを間違えていたとしても、大きな誤差は生まれにくいのが特徴です。
一方で、メーカーロゴや若干の見た目の違いは存在します。フリー素材や無料のcadデータをダウンロードして使う時には、cadや図面であれば大きな差はないものの、フリーの写真や無料のイラストをダウンロードして、プレゼンなどで使う場合は注意が必要です。プレゼンでは、軽トラックの見た目の違いも重要です。そのため、プレゼンなどで使用する軽トラックの外観を捉えた無料やフリーのデータをダウンロードする時は、実際に使用する軽トラックのデータを使用するようにしましょう。

軽トラックの駆動方式と軌跡図

軽自動車である軽トラックで採用されている駆動方式には、後輪の2輪のみが駆動する「リア2WD」、必要な時に前輪も駆動部に加えて全輪駆動に切り替えられる「パートタイム4WD」、路面の状況を察知し自動で2WDと4WDに切り替わる「リアルタイム4WD」が存在します。
軽トラックの軌跡を図面で作成する場合、それぞれのメーカーの軌跡図を参考にする必要があります。無料で公開されているカタログなどをフリーダウンロードすると、軌跡図について表記されている場合があります。
また、軌跡を図面化する場合には、それぞれの駆動部について注意しなければなりません。駆動が違えば軌跡も変わります。ダウンロードした軌跡図が駆動とマッチしているかチェックした上で、軌跡を図面化する必要があるでしょう。また、路面の状況によっても軌跡は変わりますが、その部分を軌跡図で書き表すのは難しい部分があります。軌跡図の補足資料として、軌跡に係る情報を別記していくのも良い方法だと言えるでしょう。
軌跡図もまた、cadデータで書き表すcad図などと同様に、作業の安全性を確保する時に用いられることもあります。フリーダウンロードした無料の軌跡図を適当に配置すると、大きな事故に繋がりかねません。無料のcadデータやcad図と同様に、軌跡図についても正確な情報を基に作り上げるようにしましょう。

軽トラックのさまざまな特装車

通常の荷台ではない、作業の専門性に合わせた軽トラックを「特装車」と言います。例えば、ダンプやリフター、保冷車や冷凍車などといった軽トラックがそれにあたります。それぞれの動きや寸法についても、cad図やcadデータを手に入れることが可能です。作業に合わせた軽トラックを図面に表すのにも役に立ちます。
また、似通った軽トラックにおいて個性的な軽トラックとういのも少なからず存在します。ハイゼットデッキバンなどは、荷台を省略して4人乗りできるボディを備えている軽トラックです。また、農業用の軽トラックとして不整地走行に強いものや、山道に強いもの、積載しても安定感のある走行を確保しているものなどさまざまです。

軽トラックを改造して独自の車輌を作り上げる

より作業性を重視するために、軽トラックを改造して独自の車輌を作り上げる場合もあります。こういった場合は、対象となる軽トラックのcadデータを基にしてcad図を作り上げると、改造する前にイメージを付けつつ正確な改造ができるでしょう。
ただし、cadデータを用いてcad図上で改造を行う時に気をつけたいのが、車検に通るか通らないかです。いくらcad図上で素晴らしい軽トラックを仕上げていたとしても、実際の車輌では通用しないでは意味がないからです。
どういった寸法や装備が車検で適用なのかといったところを配慮しながら、改造車輌を作り上げる必要があるでしょう。
自己判断がつかない場合は、自動車メーカーや自動車工場などといった、自動車の専門家と相談しながら作業を進めるようにしましょう。
また、もう一つ気をつけたいのが、改造時の費用です。基本的に、車輌の改造は機能性を重視すればするほど高額になりやすいものです。必要な機能と不必要な機能などをしっかりと区分けして、必要な改造を施すようにしましょう。
リスクを負いたくないのであれば、改造は専門の業者に委託するという方法もあります。これであれば、費用は自作よりはかかるものの、リスク無く希望の作業車輌を作り上げることができるでしょう。

軽トラックのcadデータを活用して効率よく作業を進めよう

軽トラックは色々な作業場で気軽に導入できる車輌です。工事現場への荷物運びから、公園の管理まで、軽トラックならではの小回りの効いた活躍もたくさんあります。
また、軽トラックだけではなく、さまざまな車輌がいろいろな作業で必要となってきます。
それぞのれ車輌の特徴や特性を把握しながら、フリーのcadデータや無料の図面を効率よく活用して、信憑性の高いそして見やすく使いやすい理想的な図面を作り上げましょう。そのためにも、多くのcadに触れ、常に新しい情報を入手できるようにしましょう。



◇ よく読まれている関連記事と広告


乗り物 CADデータ
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました