風荷重・排煙計算・結露計算のソフト探しに失敗しないために

09 cc0111 - 風荷重・排煙計算・結露計算のソフト探しに失敗しないために 建築設計 ソフト

必要な計算プログラムが見つかる、風荷重計算ソフトが今すぐ欲しい方へ

構造計算を進めるときに必要な荷重は、固定荷重・積載荷重・地震荷重などがあり、そのほかに重要な要素として、風荷重があります。

建物の構造により、計算の比重を置く荷重は様々です。
特に、鉄骨造で屋根が折板であるときなどは、風荷重が重要な要素を占めます。
今回紹介するダウンロードサイトから、お探しのソフトがきっと見つかりますよ。

構造設計の簡素化に一役、多くの企業が導入している風荷重ソフト

自社設計で意匠・構造計算を行い、設計・施工をされている企業は数多くありますが、経験値から導き出した構造で進めている例が多いかと思います。

鉄骨造では、鉄筋コンクリート造とは違い、荷重計算よりも風荷重が重要な場面がかなりあります。
例えば、折板などの屋根構成であれば、荷重は施工時の荷重が最大となる場合が多いです。
経済的な屋根設計を行うことにより、施工コストダウンが可能となるのです。

風圧力・風荷重の計算、排煙計算、結露計算のフリーソフトをまとめて紹介します。
実務にぴったりな風荷重計算ソフトダウンロードリンク集を用意しました。
各リンク先では、ソフトの特徴や経済設計に有用な情報がたくさんあります。


また、記事の後半では、風荷重・排煙・結露計算ソフトを導入しない企業の問題点や導入した際のメリットについて説明します。


風荷重・排煙・結露計算ソフトは扱いづらいの? これらのソフトを導入しない企業の本音とは

風荷重・排煙計算・結露計算ソフトを導入しない主な理由とは?

 ・複雑な形状の建物には対応できないんじゃないの?
 ・専門家じゃないと扱うのが難しいと思う。
 ・面倒な計算は外注業者に任せたほうがいいと思う。
 ・コストパフォーマンスが低いんじゃない?
 ・ソフト単体で計算するから他のソフトに反映出来ないんでしょ。
 ・結露計算って難しくて自分でできる気がしない。
 ・排煙計算って面倒なのにソフトを使ってもあまり変わらないんじゃ?

上記のような理由が、主に、ソフトを導入しない企業が抱えている問題点や懸念事項だそうです。
しかしながら、このような理由は必ずしも正しいとは言えないのです。


続いて、風荷重・排煙計算・結露計算ソフトを利用する際の問題点について解決できる理由を説明しましょう。


風荷重・排煙計算・結露計算ソフトの問題点は解決できる

形状が複雑でも難なく計算することができる、専門外のかたでも

風荷重計算は、複雑な形状の建物であればあるほど、条件が重なり、難解な計算となります。
そんなときでもこのソフトを使えば、難なく解決する事ができるのです。

どんな形状であっても、あらかじめ用意されたプルダウンメニューから選択していくことにより、パソコンに不慣れな方でも、簡単に入力することができます。
内容の一つ一つは、専門的な知識が求められる箇所もありますが、じつに豊富なデータが用意されていますから、近似値データを参照することなどで事務職の方が補助的な作業をすることも可能です。

実は簡単、外注任せの仕事はここまで簡素化されている

操作方法が確立されているソフトばかりなので、今まで外注に発注していた内容のものでも簡単に作業することができます。
外注から内務作業に変更することにより、発注コストの削減と業務効率改善に一役買います。

また、ソフト導入時のランニングコストですが、簡易的なものであれば、フリーソフトが優良のものでも、安価な値段で導入する事ができます。
高機能ソフトを導入する場合でも、外注費との比較をした場合、一目瞭然でしょう。

豊富なデータ量を基に簡単に結露計算ができる

様々な部材を扱いながら建物を構築する場合、その組み合わせにより、壁体の構成は千差万別です。
このようなとき、いちいちメーカーサイトから熱損失関連のデータ収集から始めなければなりませんが、結露計算ソフトを使えばそのような煩雑な作業から解放されるのです。

サンプルが豊富なソフトであり、入力方式はプルダウンメニューから選択することができます。
後は、外気温や室内気温の条件を入力することで、必要な数値を算出することができるのです。
また、既存住宅の結露問題解決にも一役買います。
近年の住宅は高気密住宅が増え、室内の水蒸気量は増加傾向にあり、壁面結露などの問題が出やすい環境になっています。

このソフトを使えば、結露のメカニズムを視覚で顧客に説明できるデータシートや換算表を提示することができます。
ぜひこのソフトを導入して作業効率を上げることをお勧めします。

排煙計算って結構簡単なんですよ

排煙計算式は、他の計算に比べ単純なものが多いのですが、居室ごとに計算するなど、作業時間がかなりかかります。

そこで、排煙計算ソフトを利用することで、時間短縮を行えますし、豊富なサンプルデータを活用することで、入力項目を削減する事ができます。


まとめ/風荷重・排煙計算・結露計算に最適なソフト導入が実感できる

上記の内容を要約すると、
 ・複雑な形状でも簡単操作で計算することができる。
 ・業務効率改善に一役。
 ・豊富なデータを活用することができる。
 ・メニュー方式のソフトで誰でも操作が簡単。

いかがでしたか?
お探しのソフトは見つかりましたか?

昨今の建設業界は他産業に比べ、人手不足が顕著であり、業務改善や高効率化が叫ばれて久しいです。
とはいえ、基準法の厳格化、確認審査機関による審査時間の長期化などにより、業務内容は多岐にわたり、増加傾向にあります。
このようなときだからこそ、業務に最適なソフトを導入し、役立ててください。




◇ よく読まれている関連記事と広告




建築設計 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました