N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

8f72fdda 1753 42f7 a4d9 593079110b78 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算 建築設計 ソフト

木造 N値計算・壁量の計算のフリーソフトです。
木造在来工法でのN値計算、木造の金物補強を求めるExcelデータ、N値法・壁率比・金物選定・水平力精算など品確法の計算、木造住宅の壁量の計算、壁配置・バランスの検討、柱の仕口金物の選定、木造筋違い計算とその設置基準計算、木造建物の壁量算定・偏心率・壁率比・接合金物計算・性能表示計算・木造n値計算などのフリーソフトが、無料でダウンロードできます。
他にも、木造壁量計算・木造構造計算・耐震等級計算・偏心率計算・軸組計算・4分割法・積雪荷重・jwwなどに対応したソフトウェアやエクセルのシステムツール、テンプレートなども、ランキング上位の人気アプリが揃っています。
まずは無料ダウンロードをして、今までの作業と比較してみてください。

木造 N値計算 フリーソフト

N値計算は引張力を計算、木造の壁量計算に

木造住宅の構造計算について、現行の建築基準法では、2階建て以下かつ延べ面積500平方メートル以下などの、小さな木造住宅は構造計算を必要としていません。しかし、構造物として、ある程度の風や地震に耐えうるだけの耐力は当然備えてなければいけません。そこで、簡易的に構造物としての耐力を確認する壁量計算があります。
構造計算は、屋根荷重や床荷重、積雪荷重などの鉛直力と地震力や風圧力などの水平力に対して、柱や梁が持つかどうか許容応力度を確認して、建物の耐力が十分あることを確認します。
壁量計算は、建物にかかる水平力に対してのみ、必要な耐力壁の量を満たしているかどうかを確認する計算です。地震力には床面積に応じて、風圧力には見付面積に応じて必要な壁量が決まっています。壁量計算を使用するときには、建築条件を十分に確認する必要がありますが、一方で構造計算はかなりの労力がかかるため、壁量計算はよく採用されます。
N値計算では、耐力壁の倍率から簡易的に引張力を計算し、柱頭や柱脚の接合金物を選定します。簡易的な計算で、よく壁量計算と一緒に用いられます。N値計算では、周囲の軸組みを考慮に入れていません。耐力壁が両サイドにある柱の接合金物を計算するときは、それぞれの耐力壁を個別に計上してしまうため、過剰設計になってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

N値計算 えぬっち for Excel

N値計算 えぬっち for Excel0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

木造在来工法でのN値計算ができます。筋かいおよび構造用合板等を取り付けた柱頭部、柱脚部について算定式を用いた計算法、N値計算法により接合方法を選択するものです。柱と筋かいを入力するだけで、1つの通りの1階と2階の柱のN値計算ができます。木造壁量計算・耐震等級計算・軸組計算にも対応できる、ランキング上位のおすすめソフトウェアです。

N値計算

N値計算0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

木造の金物補強を求めるExcelデータです。筋交いのパターンを選ぶだけで算定式、金物種類が明記されます。このデータのみで確認申請の添付書類に対応できます。建築基準法の改正で、木造建物の金物補強を軽減させる目的で開発されました。積雪荷重や4分割法・jwwにも対応した人気のアプリです。

木造N値計算法

木造N値計算法0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

木造N値計算法を視覚的にわかりやすく表現したエクセルワークシートです。3階建てや4分割法・積雪荷重・jwwにも対応しています。新告示1460号と比較して使うことができます。入力項目にコメントで入っているので、分かりやすく入力を行うことができます。比較ランキング上位のおすすめツールです。

N値計算早わかり

N値計算早わかり0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

このシステムは、軸組み形状を選択するだけで、N値計算が簡単に計算できます。エクセルワークシートで計算を行います。書き込みは柱位置のみで、表に自動的に書き込みできます。建築基準法の改正による、木造建物の金物補強を検討する目的としたものです。木造壁量計算・耐震等級計算・軸組計算にも対応したおすすめのテンプレートアプリです。

木造軸組工法の構造計算

木造軸組工法の構造計算0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

N値法・壁率比・金物選定・水平力精算など、品確法の計算ソフトです。4つのアプリケーションの統合プログラムです。jwwなどの簡易CADによるデータ入力により、部材などのデータを把握できます。JW-CADの外部変形によるデータ入力、伏図・軸組図の出力や4分割法にも対応しています。

木造 壁量の計算 フリーソフト

木造住宅 構造検討シート V34

木造住宅 構造検討シート V340 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

N値計算法によって木造住宅の壁量・壁配置の検討、柱の仕口金物選定を行う構造検討支援エクセルシートです。選定結果は必要壁量の計算過程、N値計算過程とともに確認でき、業務効率の向上に役立ちます。計算過程も表示されるため、わかり易くおすすめです。

木造構造計算 system PureWood

木造構造計算 system PureWood0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

2階建てまでの木造の構造計算、壁量、バランス、金物が簡単に検討できるソフトです。申請書等に添付する書類として印刷機能を備えています。モジュール割れや不規則な間取もすばやく入力できて編集機能も豊富です。未登録時は、複数物件の保存ができませんが、木造構造計算ソフトウェアとしては人気のツールです。

壁calcW

壁calcW0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

木造住宅の壁量計算を簡単に行うことができるソフトが無料でダウンロードできます。軸組の設定マウス操作により、グラフィカルに軸組の配置を作成できます。セルをグリッドとみなして軸組を配置しますが、間くずれ部分の設定も可能です。4通りの筋交いの種類が設定できます。木造壁量計算・耐震等級計算・偏心率計算・軸組計算にも対応した人気のソフトウェアです。

これ簡単 壁量・偏心率計算

これ簡単 壁量・偏心率計算0 - N値計算・壁量計算 ソフト、エクセル、木造の構造計算

平屋、2階建ての木造建物の建築基準法施行令、壁量の検討、偏心率の計算を行うソフトです。壁の情報と階の範囲を指定するだけで、壁量と偏心率の計算書が作成できます。壁倍率の色分け、数値確認の両方ができ、モノクロ印刷用に壁を黒にすることもできます。ランキング上位のおすすめツールです。


木造の構造計算、N値の計算・壁量の計算

柱と壁体の構成を軸組、床との構成を床組、屋根との構成を小屋組といいます

柱と壁体を構成する部分を軸組、床を構成する部分を床組、屋根を構成する部分を小屋組といいます。柱の仕口金物選定と構造検討、木造横架材の曲げとたわみ、木造基礎、布基礎、べた基礎の検討など、木造建築・金物・N値計算のフリーソフト集です。枠組壁工法が採用される前は、ほとんどの住宅が在来軸組工法で造られていました。
柱の太さは最小寸法が規定されていて、一般的な太さは105~120mm角のものが多く使用されます。木造在来工法でのN値計算、木造の金物補強を求めるExcelデータ、木造住宅の壁量の計算、壁配置・バランスの検討、木造筋違い計算とその設置基準計算などの木造のN値計算・壁量の計算のソフトやシステムテンプレートです。
在来工法は、日本で古くから定着している伝統工法が簡略され、進化した工法です。柱が建物の隅にある場合は、柱は土台から小屋組まで一本で構成される通し柱とします。柱は、軸組の主要な構成部材で、土台の上に垂直に建てられます。

初期の枠組壁工法の構造は、大壁仕様になっています

初期の枠組壁工法の構造は、大壁仕様になっています。在来軸組工法は、士台、梁、けたなどの水平部材と、柱に代表される垂直部材により、縦横の軸組から構成されています。木造在来軸組工法の構造計算、柱梁断面算定、木造N値計算法、木造住宅の壁量・壁配置の検討などのフリーソフトやシステムテンプレートが、無料でダウンロードできます。
壁の構造の種類には、柱を主構造体としている在来軸組工法の壁では、柱や梁の軸組が表に出ている真壁と、軸組の表を仕上げ板を貼り付ける大壁の2種類があります。神社、仏閣などの伝統的な木造建築工法は、伝統工法とも呼ばれます。在来軸組工法は、木造建築の代表的な工法として、木造住宅などに広く用いられています。
N値法・壁率比・金物選定・水平力精算など品確法の計算、柱の仕口金物の選定、木造建物の壁量算定・偏心率・壁率比・接合金物計算・性能表示計算など、木造のN値計算・壁量の計算のソフトです。在来軸組工法について検討します。
他にも、木造壁量計算・木造構造計算・耐震等級計算・偏心率計算・軸組計算・4分割法・積雪荷重・jwwなどのソフトウェアやテンプレートが揃っています。
ランキング上位の人気アプリやエクセルのシステムツールもありますので、無料でダウンロードしてみてください。今までの作業と比較すれば、雲泥の差ですよ。

木造住宅と集成材について

現在、日本で新しく建てられる木造住宅は新設住宅全体の約4割ほどですが、コストなどの理由で、使われる木材の8割ぐらいは北米などからの輸入材になっています。木は切り倒しても、燃やしたり腐ったりするまでは二酸化炭素を固定する性質があるので、環境的にも有益です。
国内の木材を使えば、森の手入れも進み、また次の資源ができていきます。この循環はとても自然なことです。せっかくある国内の資源をもっと有効利用する必要があると思います。

木材の長所は、比重が小さいわりに強度が大きいため、軽量な構造体が造れます。加工・取り扱いが容易で、用途も広く、資源として再生産ができます。構造体でありながら、木目など意匠上の美しさにも優れています。
木材の短所は、ふしなどの欠陥が入りやすく、乾燥状態で強度が変わります。割れやすく、変形しやすいため、乾燥した状態の木を使う必要があります。燃えやすいため、使用上の制限があります。

集成材については、木材の割れや変形といった短所を補い、より強度のある材を作るために、ラミナとよばれる板状の薄い木材に加工し重ねて接着した材料で、木の中の優れた部分だけを選んで作られます。
原材料の欠点修正、除去などに手間がかかり、接着剤等のコストも含めると製材より高価になる場合があります。
単材の木材は、鉄骨と比較してスパン柱間を大きく取れませんが、強度の高い断面積の大きな集成材を使えば、鉄骨並みの大空間を作ることも可能です。
集成材の部材の接合には鉄板やボルトが使われることが多く、工場で加工した部材を現場で組み立てるなど、鉄骨の建物と同じような方法が用いられています。

木造n値計算、木造壁量計算、木造構造計算のための必要壁量

建築基準法と木造構造計算・耐震等級計算・木造壁量計算

木造構造計算や耐震等級計算では、積雪荷重による軸組計算の他に、地震や台風などの水平力に対して建物が安全であるための最低限の基準として、建築基準法では「構造耐力上必要な軸組等」を定めています。
建築基準法では、各階の梁間、桁行方向に耐力壁を設けてバランス良く配置することで、建物がすべての方向の水平力に対して安全であるようにするとしています。4分割法や偏心率計算を行うこともあります。
また、耐力壁が確実に機能するために、床組や小屋組の隅に火打ち材などを配置して、水平構面の剛性を確保するとしています。
さらに、建築基準法の木造壁量計算では、地震荷重と風荷重に対して必要な耐力壁量の最低基準を定めています。
木造壁量計算はエクセルを使用したソフトウェアなどのシステム、ツールを使用することが一般的です。ソフトウェアは有料のものもありますが無料のフリーソフトをダウンロードすることもできます。ソフトウェアの中にはjwwなどのCADと組合せて使用できるものもあります。ネット上には有料、無料合わせて多くのソフトウェアやエクセルを用いたテンプレートがあります。ランキングサイトなどで人気のアプリを探すとよいでしょう。

木造壁量計算では、地震力に対して必要な耐力壁の量が建築基準法で定められています。
必要壁量は床面積当たりの壁長さとして、数値が定められています。その数値は床面積と建物重量に比例して大きくなります。
つまり、床面積が大きくなるにつれて、また建物が重くなるにつれて必要な耐力壁の量は多くなります。
階数が多くなるほど建物重量は大きくなるため、床面積が同じであっても階数が多い建物ほど、より大きな地震力が作用します。たとえば、3階建ての建物の1階の必要壁量は平屋の建物の1階の必要壁量の3倍程度となることがあります。

一方、風圧力に対する必要壁量は、建物の見付面積に対する数値として建築基準法では定められています。
台風などの風圧力に抵抗するために必要な耐力壁の量は、建物の見付面積によって決まりますが、梁間方向と桁行方向は勘違いしやすいため注意しましょう。
また、地震力と同様に各方向に対して、梁間方向と桁行方向ごとに必要壁量を算定します。両方向同時に風圧力を受けることは、ここでは考慮しません。
このようにして各階・各方向で求めた地震力に対する必要壁量と風圧力に対する必要壁量を比較して、大きいほうの数値を採用します。さらに、存在壁量と必要壁量を比較して、存在壁量が上回ることを確認します。
なお、壁倍率の上限値は、建築基準法では5と定められています。壁倍率が5を超える強い耐力壁を使用すると、床が先に破壊したり、耐力壁の周辺部材が破壊したり、想定外の破壊モードとなることがあるため上限値が定められています。無料でダウンロードできるフリーソフトやシステム、ツール、アプリによっては使用する耐力壁の種類を選択することで自動的に上限値を考慮できるものもあります。人気のおすすめランキングを参考に比較し、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。エクセルフォーマットやexcelテンプレートも便利です。また、地震力、風圧力以外にも、積雪荷重による軸組計算、木造n値計算を行う必要があります。4分割法や偏心率計算によりバランスにも配慮する必要があります。

木造n値計算、木造壁量計算、木造構造計算における必要壁量計算

木造構造計算や耐震等級計算で地震力および風圧力に対する必要壁量を求める手順は、以下のとおりです。
①見付面積の算定
②地震力に対する必要壁量の算定
③風圧力に対する必要壁量の算定
④各階・各方向で②、③で求めた必要壁量を比較して大きい方を採用
⑤平面図より各階の存在壁量を算定
⑥存在壁量が必要壁量を上回っていることを確認

①見付面積の算定
風圧力に対する必要壁量算定のため、梁間方向、桁行方向それぞれの見付け面積を求めます。見付面積は、風を受ける垂直投影面積であることに注意しましょう。ただし、見付面積は各階の床面より1.35m以内の部分を除いた垂直投影となりますので注意しましょう。jwwの図面を利用して求めることができるシステムやツールがあると便利です。excelテンプレートも人気です。
②地震力に対する必要壁量の算定
建築基準法で定められた数値より、床面積当たりの必要壁量を求めます。この数値は階数および屋根の種類により異なります。地震力は、風圧力と異なり梁間方向と桁行方向の違いはありませんが、各階ごとに必要壁量を求めます。水平投影面積が階の床面積の1/8以上1/2未満の小屋裏物置などがある場合はその面積を考慮する必要がありますので注意が必要です。
なお、必要壁量算定の際に使用する重い屋根と軽い屋根の区分は、一般的に下地を含む屋根重量が90kg/m2程度のとき重い屋根、60kg/m2程度のとき軽い屋根とされています。
jwwの図面で屋根の仕様を確認し、アプリやexcelテンプレートに間違いのないよう入力しましょう。人気ランキングには無料でダウンロードできるエクセルもありますので、比較検討することがおすすめです。
③風圧力に対する必要壁量の算定
建築基準法で定められた数値より、見付面積当たりの必要壁量を求めます。特定行政庁が特に強い風が吹くとして定めた区域では50~75cm/m2で特定行政庁が定めた数値とし、その他の区域では50cm/m2とします。風圧力に対する必要壁量は、各階で梁間方向と桁行方向の両方向に対して求めます。
④各階・各方向で②、③で求めた必要壁量を比較して大きい方を採用
②、③で求めた必要壁量を比較して大きい方の値を各階、各方向の必要壁量とします。
これらの計算は無料でダウンロードできるソフトウェア・アプリやエクセルを利用したフリーソフトのツールを活用すれば、簡単に行うことができておすすめです。
無料でダウンロードできるフリーソフトや、有償で販売されているシステムがあるので、導入前に比較検討する必要があります。おすすめのランキングサイトなどを参考に人気のあるものを選ぶとよいでしょう。

木造n値計算、木造壁量計算、木造構造計算における存在壁量の求め方

木造構造計算、耐震等級計算での存在壁量は以下のように求めます。
⑤平面図より各階の存在壁量を算定
平面図を確認して、各階の梁間方向と桁行方向ごとに存在壁量を求めます。存在壁量は耐力壁の長さ×壁倍率で求めます。
存在壁量は、まず、梁間方向、桁行方向それぞれの耐力壁の枚数を壁倍率ごとに求めます。その後、梁間方向、桁行方向それぞれの壁の長さを求めます。ここで求めた枚数と壁の長さを乗じることで存在壁量が求まります。
jwwの図面をよく確認して間違いのないようにしましょう。jwwと連携できるエクセルソフト、システム、ツール、アプリがおすすめです。無料でダウンロードできるフリーソフトもあります。比較ランキングサイトなどを参考にすると、人気のあるおすすめソフトがわかります。さまざまなexcelシートのテンプレートもあるので比較してみましょう。
⑥存在壁量が必要壁量を上回っていることを確認
必要壁量は、各階で梁間方向と桁行方向について、地震力に対する必要壁量と風圧力に対する必要壁量の大きい方の値とします。ここで求めた必要壁量を⑤で求めた存在壁量と比較していきます。
各階で梁間方向、桁行方向で存在壁量が最も大きな必要壁量をすべて上回ることを確認します。各階で梁間方向、桁行方向で存在壁量が必要壁量を上回ることが確認できたら、その建物の耐力壁の壁量は建築基準法で必要な壁量を満足しているということになります。
ここで存在壁量が必要壁量を満足しない場合、耐力壁の長さや壁倍率などを見直して、必要壁量を満足するよう再設計する必要があります。
繰り返しの計算は手間がかかるため、耐震等級計算でフリーソフト、システム、ツール、アプリを使用する際は、入力が簡単なものを選ぶようにしましょう。ソフトウェアはexcelシートのテンプレートを含めてたくさんの種類があり、どれを使っていいか迷ってしまいます。選ぶ際は人気のおすすめランキングを比較するとよいでしょう。木造壁量計算以外にも、積雪荷重による軸組計算、木造n値計算や、4分割法、偏心率計算も行う必要があります。

木造壁量計算、木造の構造計算、耐震等級計算における4分割法

4分割法計算方法とはエクセルを使用したソフトウェアのすすめ

木造構造計算や耐震等級計算、木造壁量計算では積雪荷重による軸組計算の他に、4分割法による計算を行うことがあります。4分割法とは建物に耐力壁がバランスよく配置されているかどうかチェックする方法です。4分割法の計算法は、平12建告1352号の木造建築物の軸組の設置の基準を定める件で定められています。4分割法の確認は偏心率計算により各階の偏心率を計算し、0.3以下であることを確認できれば不要ですが、やや高度な構造計算が必要となります。4分割法は以下のように計算します。
①建物の平面を梁間・桁行方向に4等分割し、その両端部分(側端部分)の存在壁量と必要壁量を求めます。
②各側端部分について、存在壁量/必要壁量が1を超えることを確認します。ここで、存在壁量/必要壁量を壁量充足率といいます。各階各方向の4カ所を確認します。なお、側端部分の壁量充足率が両方とも0の場合は、次の確認を行います。
③壁量充足率が1以下の場合は、小さい方の壁量充足率/大きい方の壁量充足率が0.5以上となることを確認します。ここで、小さい方の壁量充足率/大きい方の壁量充足率を壁率比といいます。ただし、壁量充足率がいずれも0で、側端部分に耐力壁がないものも壁率比を満足するものとします。ただし、建物として木造壁量計算により存在壁量が必要壁量を満足していることは確認する必要があります。
4分割法計算はエクセルを使用したソフトウェアなどのシステム、ツールを使用することが一般的です。ソフトウェアは有料のものもありますが無料のフリーソフトをダウンロードすることもできます。ソフトウェアの中にはjwwなどのCADと組合せて使用できるものもあります。ネット上には有料、無料合わせて多くのソフトウェアやエクセルを用いたテンプレートがあります。ランキングサイトなどで人気のアプリを探すとよいでしょう。ソフトによってはより高度な偏心率計算が行えるものもあります。
また、4分割法の注意点は以下の通りです。
①建物形状が不整形のとき
下屋などで1階の側端部分の上に2階がない場合、壁量充足率は平屋として検討を行います。このように不整形な建物形状の場合は、建物全体の階数ではなく、側端部分の階数により必要壁量を求めるので、注意しましょう。
また、凹凸があるような平面が不整形な場合でも、整形な建物と同じように4分割とします。
②小屋裏物置などがあるとき
床面積算定において、物置は、ほかの部屋と同様、床面積に算入します。しかし、内法高さが1.4m以下で面積がその階の1/2未満の場合の小屋裏、天井裏などにある物置は、床面積に参入しません。
ただし、階の床面積の1/8以上の場合、壁量計算の際に、次式で求めたaを床面積に加えます。
a=(h/2.1)×A
h:物置の内法高さの平均値(m)
A:物置の水平投影面積
ただし、同一階に2以上の物置がある場合は、それぞれのhの最大の値を採用します。
なお、複雑な形状の建物の場合には偏心率計算を行うことがおすすめです。
また、4分割線上の耐力壁は壁量充足率の存在壁量に含むことができます。ただし、4分割線上にある壁でも、壁芯が4分割線より外側にある壁は、木造壁量計算と同様に存在壁量として含むことはできません。無料でダウンロードできるフリーソフトやシステム、ツール、アプリによっては4分割線より内側にあるかどうかを選択できるものもあります。人気のおすすめランキングを参考に比較し、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。エクセルフォーマットやexcelテンプレートも便利です。

木造構造計算における2階建て建物の4分割法の計算手順とは

木造構造計算における2階建て建物の4分割法の計算手順を以下に示します。
①各階・各方向の端から1/4部分に線を引きます
側端部分の範囲内にある存在壁量と必要壁量を算定します。4分割線と耐力壁が重なる場合は、壁量として含めます。ただし、木造壁量計算と同様に壁芯が4分割線より内側にあることを確認します。
②各階の桁行方向の側端部分の存在壁量と必要壁量を求めます。
③各階の梁間方向の側端部分の存在壁量と必要壁量を求めます。
④各階・各方向で存在壁量/必要壁量>1となることを確認します。
壁量充足率=存在壁量/必要壁量>1
各階、各方向で壁量充足率が1を超えていれば検討は終了です。1を超えていない場合、次の検討を行います。
⑤各階・各方向で壁率比≧0.5となることを確認します。
壁率比=小さいほうの壁量充足率/大きいほうの壁量充足率≧0.5
各階・各方向の側端部分に配置された耐力壁の壁率比を求めます。壁率比が0.5以上となることを確認し、各階・各方向で壁率比≧0.5となっていれば検討は終了です
これらの計算は無料でダウンロードできるソフトウェア・アプリやエクセルを利用したフリーソフトのツールを活用すれば、簡単に行うことができておすすめです。
無料でダウンロードできるフリーソフトや、有償で販売されているシステムがあるので、導入前に比較検討する必要があります。おすすめのランキングサイトなどを参考に人気のあるものを選ぶとよいでしょう。
なお、これらの検討の代わりに偏心率計算を行うことも可能です。

木造構造計算、耐震等級計算、木造n値計算による柱脚柱頭金物の選定方法

耐震等級計算では、積雪荷重による軸組計算の他に木造n値計算等により柱の接合金物を選定する必要があります。耐力壁の柱脚・柱頭の接合金物の選定方法は3種類あります。
①告示の表から選定する方法
耐力壁の柱の位置から、告示の表を用いて接合金物を選定します。
②木造N値計算により選定する方法
木造N値計算により壁倍率から簡略的に引抜力を求め、接合金物を選定します。
③構造計算により求める方法
構造計算を行い、柱の軸力を算定し、接合金物を選定します。
①→②→③の順でより詳細な検討となります。従って、計算方法により同じ柱の柱脚・柱頭でも、接合金物の種類が異なります。一般的にはより詳細な検討を行ったほうが、耐力な小さな接合金物を採用することが可能となります。しかし、詳細な検討を行うとその分高度な計算を行う必要があります。そのため、構造計算が不要な2階建て以下かつ延床面積500m2以下の住宅では、①または②の方法により接合金物を選定することが一般的です。
これらの計算ができるexcelテンプレートを用いたツールやアプリが人気です。jwwと連携するシステムがあるエクセルソフトもありますので人気ランキングを比較してみましょう。
平12建告1460号では、一号に筋かい端部の接合方法、二号に柱脚・柱頭の接合方法、三号にその他の接合方法が規定されています。
柱脚・柱頭の接合金物は、軸組の種類、柱の位置等の組み合わせにより、告示の表から選定します。表以外にも木造n値計算により求めることも可能です。jwwの図面をよく確認して間違いのないようにしましょう。jwwと連携できるエクセルソフト、システム、ツール、アプリがおすすめです。無料でダウンロードできるフリーソフトもあります。比較ランキングサイトなどを参考にすると、人気のあるおすすめソフトがわかります。さまざまなexcelシートのテンプレートもあるので比較してみましょう。

木造構造計算、耐震等級計算、軸組計算で求める柱脚柱頭金物

2階建ての建物で壁倍率2.5の構造用合板の面材を用いた耐力壁と、壁倍率2の45×90mmの筋かいをたすき掛けとして壁倍率4とした耐力壁を用いた場合の柱脚・柱頭の接合金物を告示の表により選んでみます。
【A】出隅にある通し柱
①通し柱の柱頭
最上階の出隅にある柱頭に45×90mmの筋かいが取り付く通し柱の接合金物を求めます。告示の表より、短冊金物Sまたは羽子板ボルトSB・Eが採用可能です。短冊金物は外壁側に配置されると下地や仕上材と干渉することがあるため、注意が必要です。
②通し柱の柱脚
2階建ての1階の出隅にある構造用合板耐力壁の取り付く通し柱の柱脚の接合金物を求めます。告示の表より、ホールダウン金物S-HD20が採用可能です。
【B】2階に片筋かい、1階に面材耐力壁とたすき掛け筋かいが取り付く柱
①2階の柱頭
柱の両側に壁倍率2の筋かいが取り付く出隅以外の2階の柱の柱頭の接合金物を求めます。告示の表より、長ホゾ差し込み栓打ちまたはかど金物CP・Lが採用可能です。
②2階の柱脚
①と筋かいの取り付き方以外は同じです。ただし、接合金物を同じ箇所に集中させないためにホールダウン金物S-HD15を採用するとよいでしょう。
③1階の柱頭・柱脚
構造用合板耐力壁とたすき掛け筋かいがとりつきます。構造用合板耐力壁の壁倍率は2.5、たすき掛け筋かいの壁倍率は4.0となります。接合金物は大きい方の壁倍率から選定します。告示の表より、柱頭・柱脚ともホールダウン金物S-HD15が採用可能です。
【C】2階に片筋かい、1階にたすき掛け筋かいが取り付く柱
①2階の柱頭
出隅以外で片筋かいが取り付く2階の柱の柱頭の接合金物を求めます。告示の表より、長ホゾ差し込み栓打ちまたはかど金物CP・Lが採用可能です。
②2階の柱脚
柱頭と同じですが、接合金物を同じ箇所に集中させないためにホールダウン金物S-HD15を採用するとよいでしょう。
③1階の柱頭
出隅以外の1階の柱で壁倍率4のたすき掛け筋かいが取り付きます。告示の表より、ホールダウン金物S-HD15が採用可能です。
④1階の柱脚
告示の表より、2階部分の柱脚金物と同じホールダウン金物S-HD15が採用可能です。
【D】2階と1階で位置が1mずれている柱
①2階の柱
2階と1階の柱の位置のずれが1m以内であれば、2階の柱は1階の柱の直上にあるものとすることができます。告示の表より、かど金物CP・Lが採用可能です。
②1階の柱
2階と同様に直上に柱があるとみなすことができます。告示の表より、柱脚、柱頭ともホールダウン金物S-HD15が採用可能です。
以上に示したような表による選定方法以外にも、木造n値計算により接合金物を選定することができます。金物の選定は手間がかかるため、jwwをよく確認しましょう。また、フリーソフト、システム、ツール、アプリを使用する際は、入力が簡単なものを選ぶようにしましょう。ソフトウェアはexcelシートのテンプレートを含めてたくさんの種類があり、どれを使っていいか迷ってしまいます。選ぶ際は人気のおすすめランキングを比較するとよいでしょう。




◇ よく読まれている関連記事と広告


建築設計 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました