トラクターのCADデータ・平面図ダウンロード

995d1466 0bd1 4858 ba7c 556b23bb2cc6 - トラクターのCADデータ・平面図ダウンロード 土木機械 CADデータ

トラクター・tractorのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、cadnavやヤンマーをはじめ、さまざまなサイトでダウンロードできます。
けん引することを目的としている自動車をトラクターといいます。
トラクターには、フルトラクター、セミトラクター、トーイングトラクターなどの種類があります。
一般的にトラクターというと、耕起やトレーラーを引くために使用される農業用トラクターを言います。


また、このページの後半では、工事に使用されるトラクターの種類や活用例についても解説しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、トラクターのデータを覗いてみましょう。
ご希望の規格寸法図をダウンロードし、是非ご活用ください。

トラクターの規格寸法図

トラクターの規格寸法図については、ヤンマー、井関農機、クボタ、三菱農機、トラクター 図面cadデータ Google、エム・エス・ケー農業機械、ニューホランド、上田技研、共成レンテム、IHIシバウラなどのサイトで、データがダウンロードできます。

ヤンマー

ヤンマー
農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、大型・小型エンジンなどの研究・開発、製造、販売を手掛けている会社です。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、ホイールローダ・タイヤショベル、などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料公開されています。

井関農機

井関農機
農業機械の総合専業メーカーのサイトです。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが無料でダウンロードできます。トラクタは、一年を通じて汎用性の高い機械で、稲作ではロータリを装着して耕うん、ハローを使用しての代かき作業等に使用します。

クボタ

クボタ
農業機械、鋳鉄管、建設機械、エンジン、環境プラントの研究・開発・製造を手掛ける会社です。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。トラクターとは、単体では動かせないものを動かす牽引車のことを指します。

三菱農機

三菱農機
トラクタ・耕うん機・管理機等整地機械、田植機・野菜移植機等栽培用機械、コンバイン、育苗・米穀・花卉栽培・菌床栽培・低温処理等施設などの開発、販売、据え付けを手掛ける会社です。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログがダウンロードできます。

トラクター 図面cadデータ Google

トラクター 図面cadデータ Google
トラクター・tracktorのCADデータが、多数紹介されています。それ自体では推進できないものを牽引したり、動力を供給したりする装置のことをトラクターと呼びます。トラクターは、被牽引車を引っ張る牽引車の事を指します。一般的にトラクターというと、耕起やトレーラーを引くために使用される農業用トラクターを言います。

エム・エス・ケー農業機械

エム・エス・ケー農業機械
農業用トラクター、作業用機械器具及び部品の輸入販売会社です。フェントのトラクターを取り扱っています。マッセイ・ファーガソンは農耕用トラクターの著名なブランドです。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

ニューホランド

ニューホランド
農業機械の販売会社です。ニューホランド・トラクター、大型コンバイン、自走式フォレージハーベスターをはじめとした国内外の農機を取り扱っています。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。牧草作業機、耕起作業機などもあります。

上田技研

上田技研
建設機械のリース・運搬・修理・販売を手掛けている会社です。車検もおこなっています。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルなどの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

共成レンテム

共成レンテム
建設用機械器具類・農業用機械器具類・建設工事用資材などの賃貸、販売、修理会社です。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ、バケットなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

IHIシバウラ

IHIシバウラ

国産初のガーデントラクタを開発したメーカーです。エンジン、トラクタ、芝草・芝生管理機器、浄水機器、殺菌・脱臭機器、素形材、電子制御装置の開発・製造・販売をしています。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。


トラクターの2Dcadデータ

トラクターの2Dcadデータについては、CAD forum、Pinterest、トラクター cad-data.com、トラック・バス・重機の総合情報サイト、pixabay、Tony thanh、All-free-download.com、Grab CAD、Biblio CAD、The-Blueprints.com、株式会社 諸岡などのサイトで、質の高いデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

CAD forum

CAD forum
フリーのCADデータ、cad図面、CADに関する情報、技術ヒントがダウンロードできるサイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ユニック車、不整地運搬車、タイヤローラ、杭打ち機などのCADデータが掲載されています。フルトラクター、セミトラクターのcad図面もあります。

Pinterest

Pinterest
フリーCADデータ、cad図を公開しているサイトです。ログインしてデータを利用することができます。バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、フルトラクター、セミトラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、油圧ブレーカー、セーフティコーンなどのCADデータ、cad図が無料公開されています。

トラクター cad-data.com

トラクター cad-data.com
トラクターのフリーCADデータ・cad図があります。検索から多数のアイテムを表示できます。カタログをトレースしたトラクター、ホイールベースやカプラ等の位置に留意したトラクター、バリエーションを持たせたトラクター、農業用機械としてのトラクターなどのフリーCADデータ・cad図があります。フルトラクター、セミトラクターの図面もあります。

トラック・バス・重機の総合情報サイト

トラック・バス・重機の総合情報サイト
三菱ふそう、いすゞ、日野、コマツ、CATなどのトラック、重機の情報を集めたサイトです。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、タイヤローラ、アースオーガーなどの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で揃っています。フルトラクター、セミトラクターもあります。

pixabay

pixabay
無料の2Dcadデータを公開しているサイトです。トラクター、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ダンプ・トラック、ミキサー車、コンクリートポンプ車、フルトラクターなどの2Dcadデータが掲載されています。写真素材、ベクター画像、イラスト・動画素材もあります。

Tony thanh

Tony thanh
Autocadの無料CADデータ・図面が、数多く紹介されているサイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ホイールクレーン、フォークリフト、タイヤローラ、ビディ足場などのCADデータ・図面が掲載されています。

All-free-download.com

All-free-download.com
トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、トラッククレーン、クローラダンプ、などのCADデータが揃っているサイトです。フリーベクトル、無料の写真、フリーアイコンなどのデータもダウンロードできます。

Grab CAD

Grab CAD

フリー2Dcadデータを公開しているサイトです。様々なデータが揃っています。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、トラッククレーン、カニクレーン、不整地運搬車、アジテータ車などの無料2Dcadデータ図面が揃っています。

Biblio CAD

Biblio CAD

建築、設計、建設のためのAutoCADデータを公開しているサイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、コンクリートホッパー・バケット、アスファルトフィニッシャー、フルトラクター、セミトラクターなどのCADデータが揃っています。無料のものもあります。

The-Blueprints.com

The-Blueprints.com
トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ボーリングマシンなどのCADデータ・図面がダウンロードできます。そのほか、トラック、船舶、建設機械、飛行機などのデータもあり、メーカーごとに分類されています。フルトラクター、セミトラクターもあります。

株式会社 諸岡

株式会社 諸岡

建設機械、土木機械、環境機器、農業機械などの製造販売会社です。トラクター、クローラダンプ・キャリアダンプなどの、規格寸法図、仕様書、カタログを閲覧することができます。デドン社製の農業用トラクタ、自社製キャリアダンプ・フォークリフトがあります。

トラクターの3Dcadデータ

トラクターの3Dcadデータは、CadNav、3D CAD BROWSER、などのサイトで、使い勝手がいいデータが揃っています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

CadNav

CadNav
cadnavはフリー3Dモデル、テクスチャがダウンロードできるサイトです。cadnavにはトラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ゴミ収集車・塵芥車、コンプレッサ、A型・B型バリケード、キャスターゲートなどのデータがあります。cadnavは大変有名なサイトなので、皆がよく利用していますよ。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER
3Dメッシュ3Dモデルと3D CADソリッドオブジェクトをダウンロードできる登録制サイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、タイヤショベル、コンクリートホッパー・バケット、フルトラクター、セミトラクターなどのデータがあります。

トラクターとは

トラクターとは、それ自体では推進できないものを牽引したり、動力を供給したりする装置のことをいいます。
トラクターは、被牽引車を引っ張る牽引車の事を指します。
ブルドーザーは、前部にブレード、後部にウインチ、リッパー等が取り付けられた履帯トラクターです。

トラクターはラテン語で「引く」という意味があります。
単体で動かすことができないものを動かす時に使う牽引車です。
セミトラクターとも呼ばれます。
大型自動車及び特殊自動車のうちの1つであり、所定の免許が必要となります。

トラクターとして使う種類は、農業用機械として使う耕運機が大半を占めています。
次に多いのは、土木機械などの工業用としての使用です。
使用するブルドーザーやホイールローダーなど、土木建築工事で使われることが多くあります。

他にも、林業用や軍用などの種類もあります。
車輪式(タイヤ式)と履帯式(キャタピラ式)の2種類があり、車輪式は公道で一般的な速度で走ることもできます。

トラクターの得意な作業は、農業用機械として使い田畑を耕す作業が有名です。
また、土木機械として、地面を平らにしたり、不要な土を1か所に集めるなどの作業にも使われています。
目線よりも下にあるものを耕したり移動させる作業が得意であり、地盤に接した物を動かしたり平らにすることに適した作業車です。

トラクターの特徴と機能

トラクターは、自走できない作業機械などを牽引しながら、様々な作業を行うことができる動力車のことです。

トラクターは、作業機械などに動力を供給することができる機能を持っています。
農地や湿地、未舗装道路などの、足場が安定しない場所での作業を求められるため、土に食い込みの良い、ブロックパターンの大きな大型のタイヤを採用しています。

足場の悪い環境で走行できる必要があり、また、重たい作業機械を牽引する必要があるため、高出力のエンジンを搭載しています。

そのため、牽引作業だけでなく、トラクターに、ドーザーブレードやショベルを取り付けて土木工事に採用されていました。

近年では、土木工事専用車が多数あるため、日本ではあまり見られませんが、発展途上国ではよくみられます。

農業用トラクターは、牽引する作業機械を取り換えることで、様々な作業ができます。
土地を耕したり、種や肥料を撒いたり、雑草を抜いたり、収穫を行ったりといった、一連の農作業のほとんどを行うことができます。

 

トラクターの種類

農場で万能選手として知られているのが「トラクター(tractor)」です。誰でも一度は目にしたことのあるようなメジャーな作業車ながら、その構造について知らない人もいるのではないでしょうか。一言にトラクターといっても種類があり、フルトラクター、セミトラクターなどもあります。知られざる、トラクターの魅力について迫ってみたいと思います。

アタッチメントで作業内容を使い分けできるトラクター

トラクター(tractor)は“けん引する車”といった意味を持ちます。英語表記ではtractorではなく、traktorと表示されることもありますが、tractorが正しい表示方法になります。Tractorというと、トレーラーを引っ張るときの大きな車両のことを呼ぶこともありますが、今回は農作業で使うtractorを説明していきます。

専用の装置を取り付けたうえで、収穫物を所定の場所まで移動させる、畑を耕すなどさまざまな働きをしています。後ろに重い機具をつけて走っている姿が印象的な作業者になり、後ろには大きな後輪をつけています。ハンドル操作と前輪が直結していることもあり、可動域は大きくしながら狭い場所であっても問題なく方向転換できる良さもあります。

トラクターは、農業で使用する耕運機などと違い、その車自体に農作業を行うような働きはありません。基本的には“動力を供給”する目的があります。トラクターには作業機を取り付けて動かすための機械を車体の前後に取り付けています。

必要に応じてアタッチメントを取り替えることで、作業内容を使い分けられる特徴も持ち合わせています。一見シンプルな作業車のようにも見えますが、工夫次第でさまざまな役割を担当してくれることもあり、とても重要な役割を行っています。

トラクター特有の構造も実際にcadを通してcadデータで、図面を見ると見えてくるのではないでしょうか。無料(フリー)のcad図などもありますし、必要に応じダウンロードして比較してみてくださいね。Cadデータでしかわからない図面の良さもありますよ。

農作業には欠かせないトラクターのパワーの秘密を公開

これらの作業は現在では、トラクターが行うのが主流になっていますが、かつては牛や馬など担っている仕事でした。トラクターはなんといってもパワーが必要な車になり、強力なディーゼルエンジンによって車を走らせるのはもちろん、車輪を回転させるなど、装置を動かす役割も行っています。

トラクターのなかにはガソリンエンジンで稼働しているものもあります。農作業には欠かせない土を細かく砕く、野菜を植えるなどの作業もすべてをトラクターが担当しています。現在の農業において、トラクターは欠かせない存在です。

トラクターがこれだけ万能に稼働できるのは、いくつか秘密があります。

PTO(パワーテイク・オフ)

縦の部分に細かい溝が入っている金属棒と、作業機を連結しています。これにより回転する力として伝えています。主にトラクターの車体の後方~真ん中あたりにあり、外側に突き出している構造をしています。

作業機を物理的に支えつつ、上下に動かすための3点リンクとも呼ばれています。作業機を上から支えている「トップリンク」とロウリンクを油圧によって上下に移動させる「リフトアーム」、作業機を下から支える「ロウリング」などもあります。

角度が変わっても回転する力がしっかりと伝わるのは、ユニバーサルジョイントと呼ばれる部品によって特別に接続しているためです。PTOの回転数は、運転席にある操作レバーによって、段階的に切り替えることもできます。

例えばパワーが必要なときは、作業の内容に合わせて力を強くすることもできますし、弱くすることもできます。

豊富なクローラーの種類

トラクターは取り付けるアタッチメントを変えることによって、さまざまな便利機能を搭載しています。そのなかでも、クローラーの種類がたくさんあるのも特徴です。

小型機になると、ゴムクローラーが設定されていることが多いのですが、均一のものばかりではなく、地面に接する部分には硬質ゴムが使われるなどの工夫もされています。湿地用のものと乾地用のものがあり、使う場所によってもクローラーが選べます。

トラクターはとにかくパワフルな作業車といったイメージもありますね。Cadの図面をダウンロードして比較してみたり、cad図でしか見えない内面部分にも注目してみてください。

有料だけでなく無料(フリー)のcad図などもありますし、気軽にダウンロードできます。Cadの図面を通して気付けることもたくさんありますし、無料(フリー)だからこそ誰でもcadデータが使えて便利ですね。

クローラ型のトラクターは湿地での農作業が可能

トラクターにもさまざまな種類があります。なかでも足場の悪い水田など湿地での農作業を行うために作られたのが「クローラ型」のトラクターです。もしくは「キャラビター型」と呼ばれることもありますが、同じトラクターの種類です。クローラ型のトラクターには大きく分けて「フルトラクター」と「セミトラクター」があります。

セミトラクター

一般的にセミトレーラーといえば、セミトラクターとトレーラー部分が連結しているものを指しています。トレーラーヘッド=セミトラクターになり荷台の部分を引っ張ってけん引する作業車になります。荷物を積載する場所はないので運搬する機能は持っていません。

その代わり他のトレーラーに付けかけることで運搬の働きも対応できる特徴があります。セミトレーラーは最長で18mにもなります。セミトラクターは、ホイール型とクローラ型の両方のいいところをとった中間のタイプとしても知られています。

フルトラクター

けん引車としてそこまでの速度は出ないものの、安定性の高いトラクターとして知られているのがフルトラクターです。この特徴は名前にフルトラクターと入っていることからもわかりやすいですね。フルトラクターは、ほとんどのトレーラーの荷重がトレーラー自身にかかる構造になっています。

※ホイール式トラクターとはホイールローダーや、ホイールドーザーなどが使用しています。主にターバーチャージャー装着のディーゼルエンジンが採用されることがほとんどになり、屋内で使用される場合は電動機を用いるケースもあります。

もともとは作業道の整備に伴い、用いられることが多くなったトラクターのタイプです。林業用のトラクターなどもあり、クローラー式のものに比べると走行速度は遅いものの、機動性の高さにも定評があります。

安定感を重視したい人からは、絶大な人気を誇っているトラクターでもあります。

フルトラクターもセミトラクターも見た目だけでは判断しづらいものです。実際にcadデータを使い、無料(フリー)のcad図を見てダウンロードすることで、cad本来の魅力も見えてきます。

Cadデータは図面という言葉では言い表せないほど、詳細に図面を示してくれます。無料(フリー)で使えるcad図が多く、cadが身近に使えるのも大きいですね。

タイトルとURLをコピーしました