コンクリートホッパー のCADデータ・平面図ダウンロード

0f734f4d 5664 40f4 b6de 4a99aa6b7931 - コンクリートホッパー のCADデータ・平面図ダウンロード 土木機械 CADデータ

コンクリートホッパーとは、生コンクリートを仮受けし、目的の場所へ流し込むための装置のことを言います。
上部が広く、下部の出口に向かってすぼまっていく漏斗のような形状をしています。
固練りコンクリート構造物の打設もできます。

生コンバケット工法は、ポンプ圧送に比べ、自由度が高いのが特徴です。
材料の分離が少なく、高強度品質を必要とする、固練りコンクリート構造物の打設も可能です。
また、広範囲・少量打設や車両が立ち入れない現場での作業も可能になります。
複雑な形状の型枠でもタイプできます。

コンクリートホッパー・コンクリートバケットのCADデータ、図面、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
転倒バケット、横置きコンクリートバケット、撹拌機、ハンドミキサー、ポットミキサー、モルタルミキサー、アサガオホッパー、Kシュート、コンクリートシューターなどのデータです。
アクティオなどのサイトからフリーのcad図、図面も多数ダウンロードできます。

更に、記事の後半では、コンクリートホッパーの機能と構造、種類別の活用方法ついて説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、コンクリートホッパーに関するCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのCADデータ、図面、cad図が見つかれば、資料の作成に役立つはずです。

コンクリートホッパー・バケットのcadデータ

コンクリートホッパー・バケット cadデータについては、レント、アースマシン、ノセ技研、コンドーテック、などのサイトで、多くの種類のデータが紹介されています。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。

レント

レント
産業車両・一般乗用車・産業用機械器具・建設用機械器具の総合レンタル会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ユニック車などの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

アースマシン

アースマシン
建設・農業用機械の特殊アタッチメントメーカーです。部品の販売・レンタルも扱っています。コンクリートホッパー・バケット、クラムシェル・アタッチメントなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。用途別でアタッチメントが紹介されています。

ノセ技研

ノセ技研
工事用バケット専門の製造販売会社です。コンクリートホッパー・バケットなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。片開型・両開型のコンクリートバケット、底開型・転倒型の土砂バケットなどが掲載されています。フォークリフト対応タイプもあります。

コンドーテック

コンドーテック
土木用・建設用・荷役用・船舶用金物・鋼材・溶接資材・鋲螺・電設資材の製造販売・輸出入会社です。コンクリートホッパー・バケット、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲート、万能鋼板・仮囲い、立ち馬などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。


コンクリートホッパー・バケット 2Dcadデータ

コンクリートホッパー・バケット 2Dcadデータについては、バケット cad-data.com、トラスト、CAD BLOKS free、Biblio CAD、北海産業 株式会社、西尾レントオール、株式会社 ヤマカツ、iStockなどのサイトで、高品質のデータが掲載されています。
まずはフリーデータで試してみて、不満があるなら、有料データを購入してみてはいかがですか。

バケット cad-data.com

バケット cad-data.com
バケットのフリーCADデータ、図面、cad図があります。検索から多数のアイテムを表示できます。dxf版のコンクリートバケット、拡張子jwwのコンクリートバケット、1.5m3級・3.0m3級・5.0m3級のコンクリートバケットなどの、フリーCADデータがあります。施工計画用に使えます。

トラスト

トラスト
建設・土木関連のフリーCAD、図面データを無料公開しているサイトです。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルなどの2Dcadデータがダウンロードできます。PNG・DXF・JWC・EXCEL形式のデータがあります。

CAD BLOKS free

CAD BLOKS free
2Dcadデータ・図面・cad図が無料で利用できます。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ、トラクター、ホイールローダなどの2Dcadデータがダウンロードできるサイトです。そのほか、家具、家電、照明、空調、配管、車、人物、動物など、豊富なデータが揃っています。

Biblio CAD

Biblio CAD
建築、設計、建設のためのAutoCADデータ、図面・cad図を公開しているサイトです。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、不整地運搬車、タイヤローラなどのCADデータ、cad図が揃っています。

北海産業 株式会社

北海産業 株式会社

建設機械のリース・レンタル・販売会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、クローラダンプ、高所作業車などのCADデータ、仕様書、カタログがあります。

西尾レントオール

西尾レントオール

建設機械・器具全般、産業用機械、通信・情報機器、安全対策機器のレンタル会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、カニクレーン、ランマーなどのCADデータ、仕様書、カタログがあります。

株式会社 ヤマカツ

株式会社 ヤマカツ

コンクリートホッパー・コンクリートバケットなどの2Dcadデータがダウンロードできます。バケット工法は生コンをそのままの状態で搬送・打設するためポンプ圧送に比べて材料分離、骨材損傷がなく品質面に優れています。作業効率の悪い広範囲・少量打設に適しています。

iStock

iStock

2Dcadデータなどの素材専門サイトです。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、ホイールクレーンなどの2Dcadデータが掲載されています。素材の無料プレゼントもあります。

コンクリートホッパー・バケット 2Dcadデータ 有料ダウンロード

コンクリートホッパー・バケット 2Dcadデータ 有料ダウンロードについては、123RF、FOTO SEARCH、などのサイトで、利用できるデータが紹介されています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

123RF

123RF
2Dcadデータ、cad図を公開しているサイトです。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ、クラムシェル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダなど多くの2Dcadデータが揃っています。そのほか、イラスト素材、写真画像、動画素材なども掲載されています。

FOTO SEARCH

FOTO SEARCH
2Dcadデータ・図面の有料サイトです。高品質なコンクリートホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、アスファルトフィニッシャー、ボーリングマシンなどの2Dcadデータが掲載されています。

コンクリートホッパー・コンクリートバケット 3Dcadデータ

コンクリートホッパー・コンクリートバケット 3Dcadデータでは、3D Warehouse、Grab CAD、Artist-3D、などのサイトで、お探しのデータが掲載されています。
使い勝手が良くて凄く重宝していますよ。

3D Warehouse

3D Warehouse
豊富な3Dフリーデータをダウンロードできるサイトです。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、フェンスバリケード、シートパイル・鋼矢板などのデータが揃っています。

Grab CAD

Grab CAD
フリー3D CADデータを公開しているサイトです。様々なデータが揃っています。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルのデータが紹介されています。

Artist-3D

Artist-3D
無料3DSモデルのダウンロードサイトです。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ・タイヤショベル、不整地運搬車などのデータが揃っています。家庭用品、ITツールなどのデータもあります。

コンクリートホッパー・バケット 規格寸法図

コンクリートホッパー・バケット 規格寸法図は、共成レンテム、千代田機電、クロダテック、サコス、コンクリートホッパー 図面cadデータ Google、アクティオ、岡三機工、イマギイレ、瀧冨工業、太陽建機レンタル、株式会社 トキワ、リョーキ、カナモトなどのサイトで、お探しのデータが揃っています。

共成レンテム

共成レンテム
建設用機械器具類・農業用機械器具類・建設工事用資材などの賃貸、販売、修理会社です。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、トラクターなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

千代田機電

千代田機電
建設機械・土木機械などのレンタル、整備・販売、工事などを取り扱っている会社です。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケット、バックホウ、クラムシェル、ブルドーザー、ホイールローダ、トラッククレーン、クローラクレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

クロダテック

クロダテック
建設機械・鋼構造物の企画・設計・製造・販売、建機のレンタル、天井クレーン、橋形クレーン、テルハの設計・製造を手掛けている企業です。コンクリートホッパー・土砂ホッパー・バケットなどの、規格寸法図、仕様書、カタログがダウンロードできます。

サコス

サコス
機械・機器のレンタル、リース、輸出入、販売を営んでいる会社です。土砂ホッパー・コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、ホイールローダ・タイヤショベル、トラッククレーン、クローラクレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

コンクリートホッパー 図面cadデータ Google

コンクリートホッパー 図面cadデータ Google
コンクリートホッパー・バケットバケットのCADデータ、cad図が、多数紹介されています。コンクリートホッパーとは、生コンクリートを仮受けし、目的の場所へ流し込むための装置のことを言います。上部が広く、下部の出口に向かってすぼまっていく漏斗のような形状をしています。出口は手動で開くものと、自動で開くものの2種類があります。

アクティオ

アクティオ

アクティオは、建設機械レンタルおよび、建設用機械器具等のレンタル・リース・販売会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルなどの規格寸法図、仕様書、カタログがアクティオには無料で揃っています。

岡三機工

岡三機工

モルタルポンプ・モルタルミキサーなど土木建設機械の製造販売メーカーです。コンクリートホッパー・バケットなどの規格寸法図、仕様書、カタログが無料であります。ホッパーとは、セメント・砂利・土を仮受けし、下部はき出し口から目的の場所へ流し込むための装置です。

イマギイレ

イマギイレ

建設機械器具などのレンタル・販売・修理を手掛ける会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ダンプなどの無料の規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

瀧冨工業

瀧冨工業

建設機械・産業機械のレンタル・修理・販売会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、カニクレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

太陽建機レンタル

太陽建機レンタル

土木・建設機械器具、各種トラック・高所作業車などのレンタル、建築工事業などを手掛けている会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル、ブルドーザー、ホイールローダなどの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で揃っています。

株式会社 トキワ

株式会社 トキワ

建設・産業・農業機械器具、仮設材のレンタル・リース、販売修理を手掛けている会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ホイールローダなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

リョーキ

リョーキ

建設機械・発電機・コンプレッサーなどの販売、建設機械・産業機械・車輌などのレンタル・リース会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ミキサー車などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で紹介されています。

カナモト

カナモト

建設機械器具のレンタル、鉄鋼製品の販売等を手掛けている会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルなどの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で揃っています。


更に、記事の後半では、コンクリートホッパーの機能と、2つの排出方式について説明しています。

コンクリートホッパーとは


この項では、コンクリートホッパーの機能と構造、種類別の活用方法ついて説明していきます。

コンクリートホッパーは、コンクリートミキサー車から生コンクリートを受けて、生コン打設工事現場に搬送します。

そのあと、基礎工事などの工事箇所に、生コンを流し込むための機器です。
広い上部から生コンを入れ、出口の下部に向かって次第に口径が狭まっていく構造をしています。

出口の開閉の型式は2種類あります。
手動で開く型式と、自動で開く型式の2つです。

通常は、手動ハンドルを上下して扉の開閉を行います。
開閉操作はある程度の力を必要とするため、自動式の出番となります。

自動で開くものでは、ウォームギアで出口の開度を調整することにより、排出量や排出速度を細かく調整できるものがあります。

コンクリートホッパーの移動は、クレーンで運ぶことが多いのです。
クレーンを使わずにフォークリフト可搬型などの特注品も製作可能です。

コンクリートホッパーの使い方として、生コンクリートを大容量ホッパーに受けてクレーンで高所まで運び、高所では基礎工事を終了した場所にコンクリート打設するシステムが考えられます。
このようなシステムのプレゼンや導入計画書作成のために、コンクリートホッパーのCADデータ、cad図が便利です。

CADデータ、cad図には、寸法の入った機器図や360度の視点で俯瞰できる3D図などがあります。
メーカーのサイトやフリーのCADページからダウンロードが可能です。

コンクリートホッパーの2つの排出方式


この項では、コンクリートホッパーの機能と、2つの排出方式について説明しましょう。

コンクリートホッパーは、コンクリートバケットとも呼ばれ、生コンクリートを打設場所まで運搬するための容器です。

建設工事の現場などで使用され、生コンクリートを流し込み、移動式クレーンなどで吊り上げて運搬します。

生コンクリートを、ミキサー車(生コン車)から打設場所へ、直接流し込むことが困難な場合に使用します。

コンクリートホッパーには、さまざまな形状のものがありますが、多くは円形の筒状でコンクリートを流し入れる上部が広く、排出を行う下部は狭くすぼまっています。

ほかにも、筒が四角の形状をしたものや、壁際などの障害物がある場所でもコンクリートを打設できるように、樋状のシュートを取りつけて、横方向に排出するものがあります。

コンクリートホッパーの排出方式については、スイッチで排出口の開閉を行う電動式のものもありますが、ハンドルを人力で操作して開閉を行う、手動式のものが主流です。
排出を途中で止めて、小出しすることができるものや、途中で止めず一気に排出するものがあります。

条件が悪い場所でもコンクリート打設が可能なコンクリートホッパー

コンクリートホッパーは、土砂やコンクリートといった種類の部材を、運搬したり打設するための容器兼施工道具です。コンクリートホッパーは、「コンクリートバケット」とも言われています。建機が入ることができない場所の作業図作成などで、度々コンクリートホッパーがcad図でも登場することがあるのは、地形的に条件が悪い場所でも生コンクリートの打設を可能としているからです。
使用用途は一般土木工事や護岸・港湾での工事はもちろんのこと、消波ブロック打設や砂防、堰堤、電力設備などの工事でも利用さています。また、コンクリート二次製品製造においても、コンクリートホッパーならびにコンクリートバケットは使用されることがあります。コンクリート二次製品製造工場のcad図面を作成する時にも、cadデータを取り扱うことがあるはずです。

コンクリートホッパーによる打設方法のメリット

コンクリートを打設する際には、大きく分けて3つの工法があると言われています。
まず一つ目が、コンクリートポンプによる打設です。この方法は、コンクリート圧送車や生コン車などにより運ばれてきた生コンクリートを、ポンプを使って基礎などに流し込みます。ポンプ車のブームを動作させることにより、コンクリートを狙った場所に流し込めるだけではなく、高い場所でもポンプが届く場所であれば流し込むことが可能です。建築現場や橋梁工事で多く見ることができる方法だと言えます。
次に配管による打設です。配管をつなぎ合わせて、その配管内をつたいコンクリートを流し込みます。ポンプでは届かないような高層マンションなどの場所や、ミキサー車などのポンプがたどり着きにくい難所でも、コンクリート打設の作業を可能としています。また、トンネルのコンクリート打設などではよく用いられる方法で、配管を常に配置しっぱなしにすることにより、圧送車などを呼びつけて作業するよりはコストが安く済みます。
最後の一つがコンクリートホッパーおよびコンクリートバケットの方法です。バケットをクレーンで吊るしてコンクリートを打設する方法で、バケットからは手動によりコンクリートを流し込みます。打設量が少なかったり打設場所が広域になる場合は、この手法を取り入れることが多いようです。こちらの方法も、コンクリートミキサー車などポンプが入りにくい場所へのアクサスが可能といったメリットがあります。
どの打設方式を採用するかは、作業現場や環境によって変わります。cadで図面を作成する時にも、作業現場や周りの環境に配慮しながら、打設方式について注目してみると良いでしょう。

コンクリートに振動を与え空気を排出して品質を均一化

コンクリート打設で重要なのは、流し込む道具や方法だけではありません。コンクリート打設は、型枠に対して均一に全体的にそして素早く行う必要があります。こうした作業工程では空気が混入しやすく、空気の混入による空洞が打設の質の低下につながり、仕上がりの品質低下や劣化を早めてしまうなどの問題を招いてしまいます。
こうした空洞の入り込みを防ぐ方法として「バイブレーター」というものがあります。バイブレーターは、流し込んだコンクリートに振動を与えることにより、入り込んでしまった空気を排出して品質を均一化する効果があるのです。

コンクリートホッパーの利点と作業をする際のリスク

コンクリートホッパーならびにコンクリートバケットの利点は、生コンクリートをそのままの状態で運搬し打設できるところです。通常のポンプ圧送での生コンクリートの流し込みに比べると、材料の分離が少なくかつ骨材などに損傷を与えにくいメリットがあります。また、ポンプ圧送では難しいとされている「固練りコンクリート構造物」に対しても打設がしやすいようです。さらに、作業効率の良さや清掃のしやすいさからくるメンテナンスの容易さなどがメリットとなっています。
一方で、打設を行う際のクレーン作業などにおいては、接地や横転などといった不安定さがコンクリートホッパーならびにコンクリートバケットにはあるため、コンクリートミキサー車などと作業をする際にはリスクとして問題となります。

コンクリートホッパーの作業に合わせた打設口の形状

コンクリートホッパーならびにコンクリートバケットは、打設口となる場所の形状の違いにより、作業や用途に合わせた効率的な打設が行えるようになります。「片開き型」の場合は、生コンクリートの小出しが可能なため、少量での仕様に適しています。また、「両開き型」の打設口になると、オーソドックスな打設を可能とします。さらには、リモコン操作による開閉が可能なものやフォークリフトでの移動が可能なものまでさまざまです。
多くの場合は、それぞれのコンクリートホッパーならびにコンクリートバケットの打設口に対応したcadデータが、メーカーから手に入れることができます。また、寸法などが記載されているcadや図面をフリーでダウンロードすることが可能です。
メーカーによってさまざまなサイズ・形状があるのが、コンクリートホッパーならびにコンクリートバケットの特徴です。それぞれのメーカー公式サイトから、対応しているcadデータをフリーダウンロードして、図面に使用したりプレゼンのcad図で使用したりすると良いでしょう。
また、メーカーに存在しないコンクリートホッパーならびにコンクリートバケットも作業場では使われることもあります。こういった場合は、まずは無料でcadをダウンロードできるフリーサイトを探してみましょう。もしダウンロードできるcadデータが存在しない場合は、メーカーサイトから無料のカタログをフリーダウンロードして、寸法や仕様などを図面などで確認します。その上で、自作でcadデータを作成して、cad図面に表していく必要があるでしょう。

河川改修工事におけるコンクリートホッパーに関する事故

コンクリートホッパーならびにコンクリートバケットは、その機体の大きさや作業方法、機体の形状などから災害事故も少なくありません。河川改修工事における護岸工事の際に、ホッパーの落下により作業員1人が尊い命を落としてしまった事故を紹介します。
これは、法枠ブロックに間詰コンクリートを打設する作業を行っていた際に発生した災害でした。ドラグ・ショベルで吊り上げたホッパーに、生コンクリートをコンクリートミキサー車から流し入れ、打設を行う位置まで運搬しました。打設位置には作業員4人が待機しており作業を始めたものの、生コンクリートがグラウトホッパーから少量ほどしか流れ出なかったようです。こうしたことから、作業を一時的に中断していたところ、少量流れ出した生コンクリートを、ホッパーの下で1人の作業員が均していました。ドラグ・ショベルを運転していた作業員は、ホッパー下に人がいることに気が付きクラクションを鳴らしましたが、その直後にホッパーを吊っていたワイヤロープが切断。総重量約1トンものホッパーが落下し、作業員にあたり死亡してしまいました。

コンクリートホッパーのcadデータを使用する場合は正確性のあるものを

先に紹介した事故は、作業員の不注意と設備のメンテナンスがもたらした痛ましい事故ですが、こういった作業の安全性を確保・確認させるのもcadなどで作成する図面の役目です。
cad図は、建機や機材の寸法や尺度を表しているだけのcadデータだけではありません。そのcadデータを用いて、現場を疑似体験させるというのも一つの大きな役割です。
cadデータは、フリーや無料でダウンロードできる図面なども少なくありません。特にコンクリートホッパーならびにコンクリートバケットのような大きく比較的な単純な動作を行う建機の場合、無料やフリーでダウンロードしたcad図をそのまま使ってしまう場面が少なくありません。しかし、そのcadデータの正確性は誰も保証していません。cadで図面を作成したりプレゼンをする時、無料やフリーのダウンロードcadデータだとしても、そのcad図を使用している場合は使用した人の責任となります。無料やフリーでダウンロードできるcadデータだからといって盲目的に信じてcad図面に当て込むのではなく、まずはそのcadが正しい情報なのか、そしてcad図面に当て込んだ際に、自分が求めていたcadデータなのか、図面を一つ一つ確認していくと良いでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました