建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する

05 cc0555 - 建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する 数量計算 ソフト

建築積算ソフトの導入で、多忙な現場の事務負担を軽減する。

建築工事の積算業務は、躯体・内装工事に関わらず、原価確認や見積書の作成に不可欠なものです。
建築工事積算ソフトを用いることで、その積算業務を短時間で効率的に行うことが可能になります。例えば、工事積算・躯体積算・サイディング積算・屋根積算・外壁積算・住宅積算・内装積算・足場積算・鉄筋積算など、さまざまなソフトウェアやツールがあります。

積算ソフトは、将来も見据え機能や操作性、コストパフォーマンスを比較検討しよう。

建築工事の積算ソフトは、個人や中小工務店向けのものから大規模組織向けのソフト、エクセルテンプレートまで多くの種類があります。
費用についてもフリーソフトから有料版までさまざまです。
機能もたくさんの種類があります。
建築見積・図面拾い出し・土木積算・電気工事積算・概算工事費など、色々なことができるソフトウェアやExcelテンプレートが揃っています。
どれも人気で比較ランキングに入るようなツールやexcelテンプレートばかりです。

躯体積算・サイディング積算・屋根積算・外壁積算・住宅積算・内装積算・足場積算・鉄筋積算などの積算ソフトを導入するなら、現在の会社の状態だけでなく将来も見据え、機能や操作性、コストパフォーマンスなどを比較検討したいところです。
しかしそれは、情報を集めるだけでも大変な作業です。

そこで、こちらの記事では、さまざまな建築工事の積算ソフトを紹介しています。
リンク先では、それぞれのソフトの特徴が記載されています。
きっと目的にあった建築工事積算ソフトや建築見積アプリが見つかりますよ。
まずは無料のものからダウンロードしてみてください。


また、この記事の後半では、建築工事の積算ソフトを導入しない企業の問題点、建築工事の積算ソフトを導入したメリットなどについて説明しています。

建築工事の積算フリーソフトの内容を知りたい方のために、ダウンロードサイトを紹介しましょう。


  1. 建築工事の積算 躯体 フリーソフト
    1. Excel積算ソフト
    2. 躯体積算シート
    3. 汎用積算システム by エクセル
  2. 建築工事の積算 内装 フリーソフト
    1. 積算助っ人
    2. 木造住宅 積算・見積作成シート
    3. 意匠積算システム by エクセル V1
  3. 建築工事の積算ソフトを導入しない企業が抱える問題点
    1. 建築工事の積算ソフトの導入をしない理由は何か
    2. 「建築積算ソフトの選び方」と「使いこなせるか」に不安が集中
  4. 建築工事の積算ソフトの導入で得られるメリット
    1. 繰り返しの入力作業が削減できる
    2. 原価と見積額の把握が同時にできる
    3. 過去のデータの呼び出し、管理や分析が容易にできる
    4. 入力しやすいレイアウト、クラウドに対応したサポートもあり
  5. まとめ/建築工事の積算ソフトの導入は業務効率化に必須のアイテム
    1. 建築工事の積算ソフトの導入のメリットはこんなに多い
  6. 建築積算の方法と負担軽減のためにソフトを導入するということ
    1. 建築積算、工事積算、建築見積のための木材数量の図面拾い出しや積算方法
    2. 建築積算、工事積算、木造住宅積算の木材数量積算方法
      1. 住宅積算の際の図面拾い出し区分と順番
      2. 住宅積算の定尺拾い
      3. 住宅積算の際の木材の材積計算
    3. 建築積算、工事積算における非木造建築物の木材数量積算方法
      1. 構造材の躯体積算
      2. 造作材の内装積算
      3. 銘木類の内装積算
      4. 板類が主仕上の場合の数量
      5. 下地板類の数量
    4. 屋根積算、サイディング積算での屋根材数量の積算方法
      1. 屋根積算、サイディング積算のための屋根材の計測
      2. 屋根積算、サイディング積算のための屋根面積の計測、計算

建築工事の積算 躯体 フリーソフト

Excel積算ソフト

Excel積算ソフト

図面上から数量を拾い出す図面拾い出しにより、見積書を作成するランキング上位の人気ソフトです。工種別・部屋別・シート別集計に対応し、見積書と連動しています。比較機能で、以前の見積書との変更箇所を色表示できます。入力する手間を省ける、マスタ機能も搭載しています。

躯体積算シート

躯体積算シート

躯体数量の拾い出しを支援する、Excelのワークシートです。拾い出しと集計を、能率的に行うことができます。 手拾い用紙(躯体積算シートと雑シート)をアレンジしています。拾い出しは手作業なので、積算に関する基本的な知識は必要です。建築積算・屋根積算・外壁積算・住宅積算・内装積算・足場積算・鉄筋積算などさまざまな積算に対応しているため、ランキング上位の人気アプリです。

汎用積算システム by エクセル

汎用積算システム by エクセル

建築汎用積算システムが無料でダウンロードできます。手拾いに近い形式で、何にでも拾えそうな汎用的な建築積算システムです。ちょっと何かを拾いたい、そんなときに重宝しそうです。手拾いの様な拾い書に入力します。計算をすると、拾い書から集計表まで自動で作成されます。建築積算・サイディング積算などができる、ランキング上位の人気のソフトウェアです。


建築工事の積算 内装 フリーソフト

積算助っ人

積算助っ人

建築の積算業務を支援するおすすめソフトです。手拾い、ワープロ感覚で計算式を入力していくタイプです。計算式中にコメントが入れられます。グループで積算項目を区分し、あらゆる建築積算に対応します。材料データから、簡単に入力(登録)できます。

木造住宅 積算・見積作成シート

木造住宅 積算・見積作成シート
木造住宅の、積算・見積作成シートです。工事・資材単価設定を、実行単価と営業単価に分けて作成できます。最初のページに補足設定シートもあります。壁量検討、壁配置検討、全ての柱のN値計算法による仕口金物選定を行います。建築見積・土木積算・電気工事積算・概算工事費などの積算におすすめの無料アプリです。

意匠積算システム by エクセル V1

意匠積算システム by エクセル V1
内外部の建具積算システムが無料でダウンロードできます。手拾いに近い形式です。拾いにおいて、なるべくシステムのルールを無くし、汎用性の高いシステムの作りになっています。違和感なく拾い始められます。建築見積・図面拾い出し・土木積算・電気工事積算・概算工事費に使えるアプリです。ランキング上位の人気があるツールです。



建築工事の積算ソフトを導入しない企業が抱える問題点

建築工事の積算ソフトの導入をしない理由は何か

・どの積算ソフトが自社の業務に合うか判断できない。
・機能を活用するための準備やメンテナンス作業をする時間がない。
・導入費用やランニングコストに対してどれぐらい業務が効率化するか見えない。
・積算ソフトの使い方をマスターする自信がない。
・社内にパソコンに詳しい者がいないため、更新作業やトラブルに対応できない。
・柔軟なカスタマイズが出来ないので、自社の業務に合わないと感じている。

「建築積算ソフトの選び方」と「使いこなせるか」に不安が集中

建築工事の積算ソフトを導入する最初のハードルは、自社の業務に適したソフトを見極めることです。
何しろ、積算ソフトウェアには種類が多く、選ぶのも大変だからです。例えば、躯体積算・サイディング積算・屋根積算・外壁積算・住宅積算・内装積算・足場積算・鉄筋積算など、積算だけでこれだけの種類があるうえ、建築見積・図面拾い出し・土木積算・電気工事積算・概算工事費などもできればと考えると、比較検討しなければならないソフトウェアの範囲も広がります。
そのうえ、フリーソフトなら試験的に導入も可能でおすすめですが、使ってみてダメだったということも少なくありません。

せっかく導入したものが無駄にならないためには、まずは必要とする機能を明確にし、それにあった積算ソフトを選ぶことが必要です。
しかし、社内でその検討を行う時間と人材が不足していることが多いのが現実です。

また、自社の業務に適した建築積算ソフトを導入したとしても、その操作方法をマスターすることへの不安もあります。

ソフトを使用するたびに、社内の誰かに聞かないと進まない状態だと、一部のパソコンに詳しいスタッフに負荷が集中します。
その結果、建築積算ソフトを導入したことにより、社内に不満が溜まることになりかねません。

これらの理由で、躯体や内装工事を行う建築会社が積算ソフトやExcelテンプレートの導入に踏み切れていません。
しかし、次の章で解説する建築工事の積算ソフト導入のメリットや容易さを知れば、その不安が解消できるでしょう。


建築工事の積算ソフトの導入で得られるメリット

繰り返しの入力作業が削減できる

躯体・内装工事の積算では、同じような内容を繰り返し入力することに無駄を感じることがあります。
建築工事は、現場ごとに内容は違えど、項目や単価などが共通なことも多くあります。

積算ソフトには、繰り返し入力が必要なものをあらかじめ設定しておくことで、簡単に入力できる機能があります。
躯体工事なら柱のサイズや構造部材の単価を、内装工事なら壁紙や床材などの単価を設定しておけば積算が短時間で完了します。

作成した図面と連携できるソフトなら、図面から数量を自動で拾い出し、取り込みむことも可能です。図面拾い出しはもはやかなり身近なツールです。
登録しておいた単価と組み合わせて使えば、入力の手間がさらに減少します。

原価と見積額の把握が同時にできる

積算ソフトなら原価の変更や追加があっても素早く反映できます。
現場ごとの利益率や工事項目ごとの利益率などを正確に把握することもできます。

逆に利益率をあらかじめ設定しておくと、原価を入力するだけで見積額を算出するもできます。
エクセルでもそのような機能を持ったシートの作成は可能です。
しかし、雛形を作成したり内容を修正したりできるスキルが必要になります。

積算ソフトなら、あらかじめ決まった形式があるので導入後はすぐに使い始められます。
また、複数の担当者がいても単価情報を一元管理することができます。
そのため、会社全体の原価管理と利益率管理が容易になります。

過去のデータの呼び出し、管理や分析が容易にできる

過去の積算情報を一括で管理できるのが、積算ソフトやツールのメリットの一つです。
過去のお客様のデータを確認し、別現場の積算に利用することも簡単です。
各担当者のパソコンから、見積もり書を探す無駄な作業から解放されます。

また、同じ形式のデータとして入力されているため、年間の集計や担当者別の集計などを即座に確認することも容易です。
発注や請求との連携できる積算ソフトであれば、入力した積算データを利用し、登録済み施工業者へ発注を行うことも可能です。

入力しやすいレイアウト、クラウドに対応したサポートもあり

エクセルを利用して積算を行っていると、大切なデータを上書きしてしまったり、式が消えてしまって計算がうまくいかなかったりすることがあります。
一方、建築工事に特化して作られた積算ソフトの場合はそのような不安はありません。
入力しやすいレイアウトなので間違いも減少します。

また、現場に出ることが多いスタッフ向けに、スマホやタブレットPCなどからデータを入力できるクラウド対応型のソフトもあります。
その場合、web上でデータ管理を行うことで、インターネットにつながる環境であれば、どこからでもデータの入力が可能です。

サポートについても、インターネット上の詳しい説明やカスタマーサポート窓口がしっかりした積算ソフトメーカーが多いです。
そのため、社内のパソコンスキルに依存せず積算ソフトを活用できますので、おすすめします。


まとめ/建築工事の積算ソフトの導入は業務効率化に必須のアイテム

今回は積算ソフトの導入のメリットについて解説いたしました。
とっつきにくい印象で、建築工事の積算ソフトやテンプレートの導入を検討してこなかった方々も、参考になったのではないでしょうか。

建築工事の積算ソフトの導入のメリットはこんなに多い

建築工事に特化した積算ソフトを導入すれば、繰り返しの作業を減らすことができ、積算業務が効率化されます。
積算ソフトは継続的に使っていくことで、データが蓄積され、より業務にフィットしていきます。
スタッフ数や受注件数が増えれば、その効率アップの効果が明確になります。

積算ソフトの導入を成功させる重要な点は、どんな積算ソフトも完全ではありません。
ある程度ソフトに合わせて業務の流れを対応させる必要があることを理解しておくことが重要です。
積算ソフトには、フリーソフトや安価なものも存在するため、まずは使ってみて会社の成長に応じて乗り換えていくのも一つの方法です。

また、webを活用すれば、現場の空き時間を利用して外出先から入力できたり、お客様との打ち合わせ後すぐに修正を行うことも可能になります。
積算ソフトによっては、スマホやタブレットPC導入との相乗効果も見込めます。

このようなメリットから、今後も建築工事の躯体・内装工事に対応した積算ソフトは、業務効率化に必須のもとなっていくでしょう。
もちろん、ソフトやアプリが行える積算は、たくさんの種類があります。サイディング積算・屋根積算・外壁積算・住宅積算・内装積算・足場積算・鉄筋積算・土木積算・電気工事積算・概算工事費などさまざまなものがあります。まずは無料のものからダウンロードしてみることをおすすめします。

建築積算の方法と負担軽減のためにソフトを導入するということ

建築積算、工事積算、建築見積のための木材数量の図面拾い出しや積算方法

建築積算、建築見積、概算工事費算出の際、木材は他の材料と比較して、使用される範囲が広く、また材料の種類も非常に多いです。特に木材が主要材料の木造住宅積算では使用場所、名称ごとに材種別、等級別に躯体積算する必要があるため積算のレベルは鉄筋積算や足場積算、土木積算、電気工事積算と比較して非常に高いです。
一方、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの非木造建物では、躯体積算における木材の数量の比率は少なく、使用箇所は間仕切り壁、壁、床、天井などの下地材が主な使用箇所です。造作材では枠回り、幅木など部分的です。そのため、特殊な部材以外は使用目的により面積や長さなど部分別に躯体積算し、複合単価として工事積算することもあります。
木造建物と非木造建物で計算方法は異なりますが、木材の躯体積算方法は、計測した木材を材積計算し、体積換算で計上することは共通です。
建築見積や概算工事算出にはエクセルを使用したソフトウェアなどのシステム、ツールを使用することが一般的です。ソフトウェアは有料のものもありますが無料のフリーソフトをダウンロードすることもできます。ランキングサイトなどで人気のアプリを探すとよいでしょう。また、excelテンプレートを利用して土木積算や電気工事積算が行えるエクセルデータもあります。

建築積算、工事積算、木造住宅積算の木材数量積算方法

木造住宅積算の木材拾いは、原則として、市中材の定尺寸法に合わせて、切使いを考慮した1本拾いとします。ただし、化粧材や銘木など特殊な材料を除きます。そのため、予め躯体積算の順番を決めて範囲を区分しないと、二重拾いや拾い落ちなどのミスにつながりやすいです。ソフトウェアの中にはこういった計算を行いやすい、ツールやシステムがあるものがあります。無料でダウンロードできるフリーソフトやエクセルを用いたアプリも人気ですのでおすすめランキングを比較しましょう。

住宅積算の際の図面拾い出し区分と順番

建築積算、建築見積、概算工事費算出の際の数量拾いのミスを防ぐためには、拾う範囲をしっかりと区分し、予め順序を決めて図面拾い出しをすることが重要です。軸組の拾いを行う範囲の区分は、図面を確認し、床伏図、梁伏図、小屋伏図、屋根伏図など平面図から読み取るものと、軸組図などの立面図から読み取るものに分けます。さらに矩計図などの詳細図から内部造作などを拾うと図面拾い出しの間違いが少ないです。

住宅積算の定尺拾い

木材の数量拾いは定尺拾いを行い、端部の切りむだ、仕口、継手、相じゃくりなどの余長を考慮します。具体的には、柱材の有効長さを3mとした場合、端部の切りむだや仕口などを考慮した余長を20cmとすると必要な長さは3.2mになります。定尺4mのものを使用した場合、余った材は束などに使用します。
市中材の定尺は長さ3mと4mがベースです。内装積算の際は市場で一般的な寸法以外の長尺材、銘木類などは特別注文になりますので、一般材とは分けて本数、枚数などで計上します。図示が仕上がり寸法の造作材は、削り代を片面につき3mm、両面で5mm加えた寸法を計上します。

住宅積算の際の木材の材積計算

床組と軸組の材積計算をする場合は、一般的に土台は軸組と分類されることが多いですが、材積計算の際は床組として算定したほうが間違いが少ないです。
無料でダウンロードできるフリーソフトやシステム、ツール、アプリによっては分類がしやすいものもあります。人気のおすすめランキングを参考に比較し、自分にあったものを選んで、建築見積や概算工事費算出に活用しましょう。エクセルフォーマットやexcelテンプレートも便利です。

建築積算、工事積算における非木造建築物の木材数量積算方法

建築積算、工事積算におけるRC造、SRC造などの非木造建築物の木材数量は、原則として設計寸法による面積、長さ、箇所とします。ただし、材料としての木材の所要数量を計上する必要がある場合については、以下のように数量計算をして工事積算しますが、割増率などつい忘れてしまうものもありますので、自分が使いやすいツールやシステムのあるアプリを選びましょう。無料ダウンロードサイトにもおすすめランキングがあります。また、excelテンプレートも人気です。

構造材の躯体積算

構造材は、骨組みの下地材のことを指し、間仕切り、天井、床組などの下地材が挙げられます。木材の所要数量積算の際には、設計寸法による長さをm単位に切り上げた長さと設計図の断面積から求めた体積に5%の割増しを考慮した体積として図面拾い出しをします。また、長さが短い場合は切使いとします。具体的には、0.35mものを11本使用するとすれば、0.35m×11本=3.85mとなり、4mの部材として計上します。
また断面寸法は、小数点以下3位まで計測します。体積算定の際には、小数点以下5位を四捨五入して4位までとします。
a.間仕切り壁下地材の計測・計算
木材の間仕切り壁下地材は、外壁積算のように、原則として面積を数量として図面拾い出しをします。
b.床・天井の骨組下地材の計測・計算
床・天井の骨組下地は、床の場合は根太、大引等の根太より下の部分、天井では野縁、野縁受け、吊木等の野縁より上の部分を指します。その数量は仕様別、ふところ寸法別に主仕上げの面積とします。また材料としての所要数量は、間仕切り下地材と同様に面積を数量とします。

造作材の内装積算

内装積算での造作材は、見えがかり材のことを指し、開口部枠、幅木などの化粧材があります。数量は原則として設計寸法による長さまたは、箇所とします。ただし、材料としての所要数量を求める場合は、設計図の断面積と木材の長さとにより求めた体積に5%の割増し率を考慮します。
設計図で断面が仕上り寸法で示されているときは削り代として、片面削りの場合は3mm、両面削りの場合は5mmを加えた寸法を考慮して、内装積算をします。
断面の長さの計測と、小数点以下の丸め方については、構造材と同じとしましょう。
a.開口部の枠、額縁の数量
一般的に、開口部の枠、額縁の数量は、内法寸法による箇所数、または内法寸法による周長を数量とします。また材料としての所要数量を求める場合は、木材の長さは、内法寸法に接合部の長さを考慮して1割の割増率を考慮した長さとします。
b.幅木、回り縁、ボーダーなどの数量
設計図の寸法による長さとすることが一般的です。
また、材料としての所要数量を求める場合は、断面積と設計図の長さにより求めた体積に5%の割増し率を考慮します。そのため、枠材のような木材の長さは、設計図寸法そのままとします。

銘木類の内装積算

定尺寸法による本数、枚数または面積から内装積算します。

板類が主仕上の場合の数量

木材の板類が主仕上の場合の数量は、設計図寸法による面積とします。そのため、ロス等による不足分は数量では考慮せず、単価で考慮します。材料としての所要数量を求める必要がある場合は、突き付け:10%、相じゃくり等:15%、各種合板類:15%、各種フローリング:10%を割増率として考慮します。

下地板類の数量

畳下地、ラス下地、吸音板下地、壁胴縁などの下地板類は、主仕上げから求めた数量とします。特に壁胴縁は仕上げ材の下地の一部の数量としないよう注意しましょう。
また、下地板類を材料として所要数量を求める場合には、胴縁は、間仕切り下地と同様の算出方法とします。また、板類の割増率は統計値を参考とします。
これらの建築見積、概算工事費算出は無料でダウンロードできるソフトウェア・アプリやエクセルを利用したフリーソフトのツールを活用すれば、簡単に行うことができておすすめです。無料でダウンロードできるフリーソフトや、有償で販売されているシステムがあるので、導入前に比較検討する必要があります。おすすめのランキングサイトなどを参考に人気のあるものを選ぶとよいでしょう。また、木造だけでなく、足場積算や鉄筋積算、外壁積算などに特化したexcelテンプレートもあります。

屋根積算、サイディング積算での屋根材数量の積算方法

屋根積算、サイディング積算での屋根材の数量積算範囲は屋根材本体(瓦、スレート、金属および合成樹脂製屋根材)と、下地材のこけら板、防水材のルーフィングなどで構成された範囲とします。
また、屋根には様々な役物が使用されており、この役物は、設計図による長さまたは箇所として屋根積算することが原則となります。

屋根積算、サイディング積算のための屋根材の計測

a.屋根材の数量
設計図より、軒先を含んだ面積を算出します。また、天窓などの開口部の面積を控除して面積を算出します。ただし、面積が1箇所当り0.5m2以下の小開口の場合は面積を控除しません。
b.瓦葺きに使用する棟瓦、鬼瓦、軒瓦等
役物として取り扱い、設計図による長さまたは箇所を数量とします。
c.スレート、金属、合成樹脂製などの屋根材の役物等
瓦葺きに使用する棟瓦、鬼瓦、軒瓦等と同様に求めます。
d.ルーフドレイン、樋、養生管など
ルーフドレイン、樋、養生管などの数量も設計図による長さまたは箇所を数量とします。

屋根積算、サイディング積算のための屋根面積の計測、計算

屋根面積の計測は設計図の面積から屋根勾配を考慮して求めます。
建築見積、概算工事費算出のためのフリーソフト、システム、ツール、アプリを使用する際は、このような点にも注意して入力する必要があります。図面を確認して間違いのないようにしましょう。ソフトウェアはexcelシートのテンプレートを含めてたくさんの種類があり、どれを使っていいか迷ってしまいます。選ぶ際は人気のおすすめランキングを比較するとよいでしょう。積算ソフトには屋根積算だけでなく、外壁積算や足場積算、鉄筋積算、さらに土木積算や電気工事積算の概算工事費算出にも対応したソフトウェアがあります。




タイトルとURLをコピーしました