建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する

05 cc0555 - 建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する 数量計算 ソフト

建築積算ソフトの導入で、多忙な現場の事務負担を軽減する。

建築工事の積算業務は、躯体・内装工事に関わらず、原価確認や見積書の作成に不可欠なものです。
建築工事積算ソフトを用いることで、その積算業務を短時間で効率的に行うことが可能になります。

積算ソフトは、将来も見据え機能や操作性、コストパフォーマンスを比較検討しよう。

建築工事の積算ソフトは、個人や中小工務店向けのものから大規模組織向けのソフトまで多くの種類があります。
費用についてもフリーソフトから有料版までさまざまです。

積算ソフトを導入するなら、現在の会社の状態だけでなく将来も見据え、機能や操作性、コストパフォーマンスなどを比較検討したいところです。
しかしそれは、情報を集めるだけでも大変な作業です。

そこで、こちらの記事では、さまざまな建築工事の積算ソフトを紹介しています。
リンク先では、それぞれのソフトの特徴が記載されています。
きっと目的にあった建築工事積算ソフトが見つかりますよ。


また、この記事の後半では、建築工事の積算ソフトを導入しない企業の問題点、建築工事の積算ソフトを導入したメリットなどについて説明しています。

建築工事の積算フリーソフトの内容を知りたい方のために、ダウンロードサイトのを紹介しましょう。


建築工事の積算 躯体 フリーソフト

Excel積算ソフト
図面上から数量を拾い出し、見積書を作成するソフトです。工種別・部屋別・シート別集計に対応し、見積書と連動しています。比較機能で、以前の見積書との変更箇所を色表示できます。入力する手間を省ける、マスタ機能も搭載しています。

躯体積算シート
躯体数量の拾い出しを支援する、Excelのワークシートです。拾い出しと集計を、能率的に行うことができます。 手拾い用紙(躯体積算シートと雑シート)をアレンジしています。拾い出しは手作業なので、積算に関する基本的な知識は必要です。

汎用積算システム by エクセル
建築汎用積算システムです。手拾いに近い形式で、何にでも拾えそうな汎用的な建築積算システムです。ちょっと何かを拾いたい、そんなときに重宝しそうです。手拾いの様な拾い書に入力します。計算をすると、拾い書から集計表まで自動で作成されます。


建築工事の積算 内装 フリーソフト

積算助っ人
建築の積算業務を支援するソフトです。手拾い、ワープロ感覚で計算式を入力していくタイプです。計算式中にコメントが入れられます。グループで積算項目を区分し、あらゆる建築積算に対応します。材料データから、簡単に入力(登録)できます。

木造住宅 積算・見積作成シート
木造住宅の、積算・見積作成シートです。工事・資材単価設定を、実行単価と営業単価に分けて作成できます。最初のページに補足設定シートもあります。壁量検討、壁配置検討、全ての柱のN値計算法による仕口金物選定を行います。

意匠積算システム by エクセル V1
内外部の建具積算システムです。手拾いに近い形式です。拾いにおいて、なるべくシステムのルールを無くし、汎用性の高いシステムの作りになっています。違和感なく拾い始められます。



建築工事の積算ソフトを導入しない企業が抱える問題点

建築工事の積算ソフトの導入をしない理由は何か

・どの積算ソフトが自社の業務に合うか判断できない。
・機能を活用するための準備やメンテナンス作業をする時間がない。
・導入費用やランニングコストに対してどれぐらい業務が効率化するか見えない。
・積算ソフトの使い方をマスターする自信がない。
・社内にパソコンに詳しい者がいないため、更新作業やトラブルに対応できない。
・柔軟なカスタマイズが出来ないので、自社の業務に合わないと感じている。

「建築積算ソフトの選び方」と「使いこなせるか」に不安が集中

建築工事の積算ソフトを導入する最初のハードルは、自社の業務に適したソフトを見極めることです。
フリーソフトなら試験的に導入も可能ですが、使ってみてダメだったということも少なくありません。

せっかく導入したものが無駄にならないためには、まずは必要とする機能を明確にし、それにあった積算ソフトを選ぶことが必要です。
しかし、社内でその検討を行う時間と人材が不足していることが多いのが現実です。

また、自社の業務に適した建築積算ソフトを導入したとしても、その操作方法をマスターすることへの不安もあります。

ソフトを使用するたびに、社内の誰かに聞かないと進まない状態だと、一部のパソコンに詳しいスタッフに負荷が集中します。
その結果、建築積算ソフトを導入したことにより、社内に不満が溜まることになりかねません。

これらの理由で、躯体や内装工事を行う建築会社が積算ソフトの導入に踏み切れていません。
しかし、次の章で解説する建築工事の積算ソフト導入のメリットや容易さ知れば、その不安が解消できるでしょう。


建築工事の積算ソフトの導入で得られるメリット

繰り返しの入力作業が削減できる

躯体・内装工事の積算では、同じような内容を繰り返し入力することに無駄を感じることがあります。
建築工事は、現場ごとに内容は違えど、項目や単価などが共通なことも多くあります。

積算ソフトには、繰り返し入力が必要なものをあらかじめ設定しておくことで、簡単に入力できる機能があります。
躯体工事なら柱のサイズや構造部材の単価を、内装工事なら壁紙や床材などの単価を設定しておけば積算が短時間で完了します。

作成した図面と連携できるソフトなら、図面から数量を自動で拾い出し取り込みむことも可能です。
登録しておいた単価と組み合わせて使えば、入力の手間がさらに減少します。

原価と見積額の把握が同時にできる

積算ソフトなら原価の変更や追加があっても素早く反映できます。
現場ごとの利益率や工事項目ごとの利益率などを正確に把握することもできます。

逆に利益率をあらかじめ設定しておくと、原価を入力するだけで見積額を算出するもできます。
エクセルでもそのような機能を持ったシートの作成は可能です。
しかし、雛形を作成したり内容を修正したりできるスキルが必要になります。

積算ソフトなら、あらかじめ決まった形式があるので導入後はすぐに使い始められます。
また、複数の担当者がいても単価情報を一元管理することができます。
そのため、会社全体の原価管理と利益率管理が容易になります。

過去のデータの呼び出し、管理や分析が容易にできる

過去の積算情報を一括で管理できるのが、積算ソフトのメリットの一つです。
過去のお客様のデータを確認し、別現場の積算に利用することも簡単です。
各担当者のパソコンから、見積もり書を探す無駄な作業から解放されます。

また、同じ形式のデータとして入力されているため、年間の集計や担当者別の集計などを即座に確認することも容易です。
発注や請求との連携できる積算ソフトであれば、入力した積算データを利用し、登録済み施工業者へ発注を行うことも可能です。

入力しやすいレイアウト、クラウドに対応したサポートもあり

エクセルを利用して積算を行っていると、大切なデータを上書きしてしまったり、式が消えてしまって計算がうまくいかなかったりすることがあります。
一方、建築工事に特化して作られた積算ソフトの場合はそのような不安はありません。
入力しやすいレイアウトなので間違いも減少します。

また、現場に出ることが多いスタッフ向けに、スマホやタブレットPCなどからデータを入力できるクラウド対応型のソフトもあります。
その場合、web上でデータ管理を行うことで、インターネットにつながる環境であれば、どこからでもデータの入力が可能です。

サポートについても、インターネット上の詳しい説明やカスタマーサポート窓口がしっかりした積算ソフトメーカーが多いです。
そのため、社内のパソコンスキルに依存せず積算ソフトを活用できます。


まとめ/建築工事の積算ソフトの導入は業務効率化に必須のアイテム

今回は積算ソフトの導入のメリットについて解説いたしました。
とっつきにくい印象で、建築工事の積算ソフトの導入を検討してこなかった方々も、参考になったのではないでしょうか。

建築工事の積算ソフトの導入のメリットはこんなに多い

建築工事に特化した積算ソフトを導入すれば、繰り返しの作業を減らすことができ、積算業務が効率化されます。
積算ソフトは継続的に使っていくことで、データが蓄積され、より業務にフィットしていきます。
スタッフ数や受注件数が増えれば、その効率アップの効果が明確になります。

積算ソフトの導入を成功させる重要な点は、どんな積算ソフトも完全ではありません。
ある程度ソフトに合わせて業務の流れを対応させる必要があることを理解しておくことが重要です。
積算ソフトには、フリーソフトや安価なものも存在するため、まずは使ってみて会社の成長に応じて乗り換えていくのも一つの方法です。

また、webを活用すれば、現場の空き時間を利用して外出先から入力できたり、お客様との打ち合わせ後すぐに修正を行うことも可能になります。
積算ソフトによっては、スマホやタブレットPC導入との相乗効果も見込めます。

このようなメリットから、今後も建築工事の躯体・内装工事に対応した積算ソフトは、業務効率化に必須のもとなっていくでしょう。




タイトルとURLをコピーしました