ボーリングマシンのCADデータ、デキる探し方を実感する

068236ee 50b4 4a66 a7ec 82b60263c80b - ボーリングマシンのCADデータ、デキる探し方を実感する 未分類

ボーリングマシンとは、地質調査、井戸工事、建築基礎杭等の目的で地中に穴を掘るときに使用する掘削機械の総称です。自走式・定置式などがあります。

ボーリングマシンは、次のの3種類に分けられます。
・注水を行いながら回転掘削を行う、ロータリー(回転式)ボーリングマシン
・ロッドで岩盤に衝撃を与えて掘削する、パーカッション(衝撃式)・ボーリングマシン
・両者の要素を併せもつ、ロータリー・パーカッション・ボーリングマシン

どのタイプ機械を使用するかは、工事の削孔深度、削孔径、対象地質等で判断します。

ボーリングマシンのCADデータや図面には、機械の形状や仕組みなどが記載されています。
そこから、ボーリングマシンの性能や構造を知ることができます。

 

  1. ボーリングマシンのCADデータの選別で問題となること
    1. 事前に必要なボーリングマシンのデータ仕様を調べておくこと
    2. ボーリングマシンの細かな仕様を確認すること
  2. ボーリングマシンのサイズや種類の違いの確認、CADデータ探しのポイント
    1. 建設現場の環境とのマッチングを考慮する
    2. 工法の特徴によって適するボーリングマシンを知ること
    3. ボーリングマシンの種類の違いを知ること
    4. 個人の共有サービスからボーリングマシンを探してみよう
  3. 油田や温泉、地質調査で活躍するボーリングマシン
    1. 回転式、打撃式、圧力式があるボーリングマシンの方式
    2. 重なる岩盤をも貫通する力を備えたクローラドリル
    3. ボーリングマシンのcadデータはメンテナンスでも有効
    4. 図面作成でのボーリングマシンcadデータの素材の必要性
    5. ボーリングマシンを利用した工法をしっかりと調査しておく
    6. ボーリングマシンのcad作成は信ぴょう性と信頼性に注意する
  4. ボーリングマシンのCADデータを無料ダウンロードするポイント
    1. 地質調査でコアの採取に用いられるロータリーボーリングマシン
    2. ボーリングマシンの部品名称とそれぞれの働き
      1. ボーリングビット
      2. コアチューブ
      3. ボーリングロッド
      4. ケーシングパイプ
      5. スイペルヘッド、ドライブパイプ、セジメントチューブなど
    3. ボーリング孔の最下層まで下ろして使うコアチューブの特徴
    4. 掘削をスムーズにする上で大きな役割を果たすボーリングロッド
    5. ボーリングマシンの種類や部品のほか働きや運転方法を知っておく
  5. ボーリングマシンのCADデータや図面を活用するポイント
      1. ロータリーパーカッションドリル(RPD)
      2. ロータリーテーブル型ドリル
      3. ロータリーテーブル
      4. ケリードライブブッシング
      5. ドローワークス
      6. ドライブヘッド型ボーリングマシン
      7. トップドライブ型ボーリングマシン
      8. スピンドル・ロータリーテーブル併用型ボーリングマシン

ボーリングマシンのCADデータの選別で問題となること

ボーリングマシンなどの削孔機のCADデータは、インターネット上に各メーカーが提供するフリーダウンロードのデータが数多く配布されています。
キーワード検索等で見つけて使用することができます。

例えば、日本建設機械商事株式会社や東亜利根ボーリングといったボーリングマシン、削孔機の製造・販売を行っている企業は、自社サイトでCADデータやカタログ、仕様書を無料で公開しています。

また、メーカーのサイト以外にも、個人のダウンロードサイトでも、ボーリングマシンのCADデータがダウンロードできます。
フリーのものもあります。

事前に必要なボーリングマシンのデータ仕様を調べておくこと

数が豊富であるために、ボーリングマシンのCADデータを探すときには次のような問題が生じます。

・必要なCADデータが見つからない
・CADデータを見ただけでは細かな仕様がわからない
・CADの拡張子が異なるためファイルが開けない

設計図書や施工計画書の作成が目的で、ボーリングマシンの目的のCADデータや図面を見つけるためには、
事前に必要なデータの仕様を調べておくことが重要です。

ボーリングマシンの細かな仕様を確認すること

ボーリングマシンのCADデータや図面には詳細な仕様が記載されています。
機械の細かな仕様に注目し、目的に合ったものを選びましょう。

・掘削口径
・穿孔能力
・機械のサイズ
・現場に対応できるサイズか

 

ボーリングマシンのサイズや種類の違いの確認、CADデータ探しのポイント

建設現場の環境とのマッチングを考慮する

削孔機は種類が多いので、建設現場の場所や地質、岩盤の硬さなど、環境によって必要なボーリングマシンの種類が変わります。
大きさの違いや自走式・定置式等の違いを把握しておくと、目的に合ったCADデータを見つけやすくなるでしょう。
また、無料のものを使うかどうかも事前に検討しましょう。

工法の特徴によって適するボーリングマシンを知ること

ボーリングの工法は、ロータリーボーリング工法、トップドライブリバース工法、マッハ工法など、使用する機器やサイズもさまざまです。

作業現場の環境が低く狭い場所か、地層の硬さはどれくらいか、騒音振動レベルはどれくらいかなどで適する工法が異なります。
したがって、ボーリングマシンの選別も工法に合わせる必要があります。

例えば、狭小な敷地でボーリングを行う場合は、施工機械が小型でコンパクト性に優れているボーリングマシンを採用します。
マシンの組立・解体に重機を必要としない、騒音・振動が低レベルのロータリーボーリング工法に適するマシンを選ぶことになります。

ボーリングマシンの種類の違いを知ること

3種類のボーリングマシンの特徴、どんな場所、地層に適しているかを把握しておきましょう。

ロータリー式は、比較的柔らかい地盤から岩盤までの岩盤を掘削するのに役立ちます。
地盤構成の把握、地質調査のコア採取等の用途で使用されます。

パーカッション式は、深度が浅く、比較的柔らかい岩質で掘削するのに使用します。
主にグラウトの注入で使用されますが、パーカッション(打撃)の騒音が発生するため、都市部や住宅地での使用には向いていません。

ロータリーパーカッション式は、パーカッション式のロッドに回転力を加え、掘削のパワー、スピードを強化したタイプです。
強固な場合や玉石混じりの地層、深部の深い岩盤で使用します。

個人の共有サービスからボーリングマシンを探してみよう

メーカーのサイト以外でCADデータを探すなら、個人が作成したCADデータを共有しているサイトも見てみましょう。
メーカーのサイトになかったタイプのボーリングマシン、拡張子が異なるものなどが見つかる場合がありますよ。
フリーでも品質の良いものが多いので、一度見てみてください。
ただし、無料でも有料でも、ダウンロードしたcadデータは、著作権について一度サイトポリシーを確認しましょう。

 


油田や温泉、地質調査で活躍するボーリングマシン

油田や温泉、そして地質調査などで用いられるボーリングマシン(削孔機)は、小型なものから大型なもの、自走式・定置式など、多種多様に発展を遂げてきました。穴をあけるだけの機械と思われがちですがその役目は幅広く、多くの作業場所の図面作成においてcadデータが必要とする場面も少なくありません。

回転式、打撃式、圧力式があるボーリングマシンの方式

ボーリングマシン(削孔機)は、原理の観点から見ると「回転式」、「打撃式・圧力式」に分けることができます。
回転式のボーリングマシン(削孔機)は、「ロータリー・ボーリングマシン」と言われます。地質調査で、コアの採取を行う時に主に用いられます。水を加えながらロッドの先端を回転させて掘り進んでいきます。
グラウト注入などで用いられるボーリングマシン(削孔機)は「パーカッション・ボーリングマシン」と言われる打撃式です。先端にビットが付いているロッドを打撃することで掘り起こします。そのため、コアの採取が必要な地質調査では用いられず、グラウトの注入などで活躍を見せています。ただし、ボーリングマシン(削孔機)の打撃音が発生してしまうため、人が多い住宅街や都市部などでは使用を制限されている場合もあります。
さらには、双方の良いところを取り入れたボーリングマシン(削孔機)として「ロータリー・パーカッション・ボーリングマシン」が存在します。打撃をしながら回転力を与えることで、掘削をより強い力で行うことが可能となっています。

重なる岩盤をも貫通する力を備えたクローラドリル

一例として、「クローラドリル」という岩盤に穴をあけるなどが主要なボーリングマシン(削孔機)を取り上げます。クローラドリルは、主にセメントの原料となる石灰石などを砕く仕事をしています。クローラドリルで穴を開けた岩盤に火薬を詰め込み、爆発させることで岩を砕くというわけです。
また、クローラドリルは直径約6センチメートルから12センチメートル、深さ20メートル以上の穴をあけることができ、複数にも重なる岩盤をも貫通する力を備えています。
ちなみに、クローラドリルはドリフタという箇所を備えている「打撃式」のボーリングマシン(削孔機)です。また、穴をあける部分は、複数の部品をつなぎ合わせて岩盤を砕いていく仕様となっています。

ボーリングマシンのcadデータはメンテナンスでも有効

ボーリングマシン(削孔機)のcadデータは、一時的なマシンのメンテナンスにも有効です。もちろん、故障などのトラブルは専門の技士などが取り扱うべき案件ですが、軽微な故障やアタッチメントの装着については、cadデータの図面を基に簡易的に行えることができる場合もあります。わざわざ専門の技士などを呼び寄せたりすると、作業を再開させるのに時間を有してしまい、思いもかけず工期にまで影響を及ぼす場合もあります。こういったトラブルを避けることができる可能性が、cadデータの図面にはあるのです。ただし、少しでもわからない部分があれば、無理をしてメンテナスを進めていくのはご法度です。必ず専門の技士などを通して取り扱いをしてもらようにしてもらいましょう。

図面作成でのボーリングマシンcadデータの素材の必要性

さて、ボーリングマシン(削孔機)を使用する作業現場などをcadデータなどを用いた図面作成するにあたり、どういった素材が必要となるでしょうか。
まず必ず必要なcadデータは、「ボーリングマシン(削孔機)」です。ボーリングマシン(削孔機)は、どういった現場で作業を行うかにより、取り扱うタイプが変わります。地質調査にはコアを採取できるタイプが、法面工事であれば岩盤を砕けてなおかつ法面上に移動できるタイプを、温泉などの採掘であれば固定式の大型ボーリングマシンが必要となるはずです。
小型から中型のボーリングマシン(削孔機)のcadデータであれば、メーカーサイトなどの無料cadデータからフリーダウンロードが可能なはずです。一方で、大型のボーリングマシン(削孔機)の場合は、メーカーサイトでも一部では無料cadデータをフリーダウンロードが可能となっているはずです。しかし、より現場に専門的なボーリングマシン(削孔機)の場合は、現場の環境や状況に見合った、現場専用の図面を作成する必要があります。図面を作成する時には、簡易的なcadデータを使用して作業を進めていく方法もありますが、基本的には寸法や仕様を確認しながら作成することとなるでしょう。
また、掘削をした土砂を運ぶ建機のcadデータも必要となります。ダンプトラックやキャリアダンプなどといった運ぶタイプのマシン以外にも、ショベルカーやクレーンといった建機も必要な場合があるでしょう。こういった建機のcadデータもメーカーサイトから無料でダウンロードできるはずです。また、メジャーな建機であれば、メーカーサイト以外に無料でcadデータを取り扱っている、著作権フリーのサイトからダウンロードすることができるはずです。
さらには、法面での作業を取り扱う場合には、足場などの建材を取り扱うことが多いのも特徴です。足場の図面は、レンタルの場合は足場レンタルメーカーが提示してくれる場合がほとんどです。ただし、複雑な法面などは、法面業者などが主導となって図面を作成する場合も少なくありません。また、足場上にボーリングマシン(削孔機)を持ち上げていく作業なども発生するたため、ボーリングマシン(削孔機)のcadデータを扱いながら図面を作成していく形となるはずです。
その他にも、細かい部分でcadデータや図面を取り扱うことがあるはずです。多くの場合はcadデータが無料で提供されていますし、著作権フリーの素材などをダウンロードできるはずです。

ボーリングマシンを利用した工法をしっかりと調査しておく

ボーリングマシン(削孔機)を取り扱った工法というのもいろいろあります。工法というのは、各メーカー・各団体が発案した工法に沿ったそれぞれの手順に従って作業を行うのが基本的です。そのため、工法を知りたいのであれば、まずはメーカーや各団体に問い合わせるのが大切です。
また、インターネットなどではそれぞれの工法を簡易的に説明しているサイトなども存在します。無料で見ることができるものがほとんどですが、中には会員登録をすることで情報をダウンロードできるものもあります。
加えてさまざまな工法は、フリーで使用できるものから、使用料金を支払うもの、協会や団体などに所属することで使用できるものなどさまざまです。どの工法を取り入れて作業を行うかは自由ですが、その工法をどういった手法で手に入れられるかは、しっかりと調査しておく必要があるでしょう。
工法により扱う建機も違うため、cadデータも変わってきます。取り扱う建機のcadデータなどは、工法を取り扱うメーカーや団体に問い合わせれば、フリーの素材を提供してもらえるでしょう。また、そういった提供されたcadデータや図面に独自の情報を加えていくことで、より現場にマッチした図面などが完成していきます。

ボーリングマシンのcad作成は信ぴょう性と信頼性に注意する

ボーリングマシン(削孔機)だけではなく、cadデータを取り扱う時に最も注意したいのが、そのデータの信ぴょう性です。適当で安易なcadデータや図面は、信ぴょう性だけではなく安全をも脅かすものとなってしまいます。より信頼性の高いcadデータや図面を作成するには、日頃より建機や工法などの最新の情報に対してアンテナを高くしておくことです。そして、妥協すること無くより詳細なデータを作り上げていくことです。フリー素材や無料のcadデータをダウンロードして使う場合も、ただそれをなんとなく配置したりしているだけでは、いつまでたっても質の高いcadデータや図面を作り上げることができません。一つ一つのcadデータを大切に取り扱うことで、より安心感のある図面を作成することができるようになるでしょう。

 

ボーリングマシンのCADデータを無料ダウンロードするポイント

建築物を建てる上で欠かせないのが建築場所の地盤構成を把握することです。
地盤構成の調査はボーリング調査と呼ばれ、円筒状の穴を掘削して、建築場所の地質を調べます。掘削を行う削孔機(ボーリングマシン)はその役割を果たす重機で、施工管理者には馴染み深く、作業を行ううえで欠かすことのできない重機となっています。
また地質調査や土木工事などのほか、石油や天然ガス掘削現場でもボーリング作業が行われ、ボーリング運転者は、海外の建設現場で活躍できる資格として注目されています。
今回はボーリングについて理解を深め、ボーリングマシンのCAD図面をフリーダウンロードサイトなどで無料ダウンロードするため、ボーリングマシンの部品名称と特徴を紹介していきます。

地質調査でコアの採取に用いられるロータリーボーリングマシン

日本語で削孔機と呼ばれるボーリングマシンの種類には、「ロータリーボーリングマシン」、「パーカッションボーリングマシン」、「ロータリーパーカッションボーリングマシン」の3種類があります。また、自走式・定置式があります。
まず、主に地質調査を目的としてコアの採取を行う際に用いられるのが、ロータリーボーリングマシンです。ボーリングロッドの先端を回転させ、注水を行いながら掘削を行います。
次に、深度が浅く砂岩や泥岩など比較的柔らかい岩質に用いられるのが、パーカッションボーリングマシンです。先端にボーリングビットが取り付けられたロッドを打撃しながら掘削し、コアを採取はできないため、主にグラウト注入などの用途に用いられます。また、作業時に打撃音が生じるため、都市部や住宅街ではあまり用いられません。
そして、パーカッションボーリングマシンのロッドに回転力を加え、より掘削が容易になるよう改良されたものが、ロータリーパーカッションボーリングマシンです。深部や硬い基岩を掘削する場合に用いられています。
CAD図面を無料ダウンロードする場合、ボーリングマシンの種類によって形状も異なりますので、注意が必要です。

ボーリングマシンの部品名称とそれぞれの働き

ボーリングマシンは削孔機とも呼ばれ、文字通り地面に穴を掘るための重機です。自走式・定置式があります。建築物を建てる前に必要な地盤構成を確認のほか、災害調査や地下水位を観測する目的にもボーリングマシンは使われるため、使う機会は多岐に渡っています。無料ダウンロードサイトで適切なCAD図面をフリーでダウンロードしたい場合に必須となる基礎知識となりますので、しっかり確認しておくことをおすすめします。

ボーリングビット

まず、ボーリングマシンの中心部といえるのがボーリングビットです。ボーリングロッドの先端に取り付けられたボーリングビットは、直接地面を掘り起こす部分で、地質に応じて選定を行うのが一般的となっています。

コアチューブ

ボーリングロッドとボーリングビットの間にあるのがコアチューブで、目標となる深さまでロッドを繋いでいきながら、ボーリング孔の最下層まで下ろす働きをします。

ボーリングロッド

ボーリングでは削孔部の摩擦熱を軽減するため水を流しながら作業しますが、ボーリング用の水をボーリングビットまで届ける働きを持つのがボーリングロッドです。

ケーシングパイプ

ボーリングは時として崩れやすい地盤で作業を行わなければならないときがありますが、崩れやすい地盤の孔の状態を維持する働きを持つのが、ケーシングパイプです。

スイペルヘッド、ドライブパイプ、セジメントチューブなど

ここまでは削孔機として使用する場合に重要な働きをする部品を紹介しましたが、このほか、スイペルヘッドやドライブパイプ、セジメントチューブなど、工法によって構成部品も異なってきますので、フリーダウンロードサイトでCADデータを無料でダウンロードする場合は、どの工法で使用するボーリングマシンかということをあらかじめ確認しておきましょう。

ボーリング孔の最下層まで下ろして使うコアチューブの特徴

コアチューブは目標となる深さまで、ロッドを繋いでいきながらボーリング孔の最下層まで下ろして使う部品です。コアチューブを下ろした後はロッドを機械に取り付け、掘削してコアを取ったあと、地面の上まで引き上げて回収します。ボーリング工事の中で、最もメインとなる働きを担う部品だといえます。
またコアチューブにはさまざまな地盤の質に対応するため、水や泥を採取する種類もあります。水を採取するコアチューブには、引き上げる際採取した水が落ちないよう工夫が施されているのが特徴です。
フリーダウンロードサイトでCAD図面をダウンロードするときは、コアまでの長さや地質だけでなく、採取するコアの種類を把握しておくこともポイントとなります。

掘削をスムーズにする上で大きな役割を果たすボーリングロッド

ボーリングロッドは、機械からの回転や給圧の力をボーリングビットに伝えるという働きを持ちます。さらに、ポンプから流れる水を供給すると同時に、摩擦熱を軽減するためボーリングビットを冷やすという効果もあるので、掘削をスムーズにおこなう上で大きな役割を果たしています。
ボーリングロッドは、掘削する深さによって長さも異なりますので、フリーダウンロードサイトでCAD図面を無料ダウンロードする場合は、掘削部の深さにも注目しましょう。

ボーリングマシンの種類や部品のほか働きや運転方法を知っておく

ここからは、削孔機を運転する際に必要な「ボーリングマシン運転業務特別教育」についてご紹介します。
CAD図面をフリーでダウンロードする際も、ボーリングマシンの種類や部品、自走式・定置式などのほか、実際の働きや運転方法を知っておくことで、希望の図面をスムーズにダウンロードできるようになりますので、知識として身に付けておくことは無駄にはなりません。
まずボーリングマシン運転者となれるのは、前述の「ボーリングマシン運転業務特別教育」を修了する必要があります。
研修を実施していない者をボーリング作業に就かせた場合、事業者は6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金に処されることがあります。
ボーリング運転者となると、地質調査や土木工事などの現場でボーリング作業を行うことができます。具体的には、マンションや住宅を建てる前に地質調査の業務が可能となったり、石油や天然ガス掘削現場でも活躍することができます。ボーリング運転者は、海外の建設現場で働く際にも役立つ資格とされています。
「ボーリングマシン運転業務特別教育」は、学科と実技に分かれて行われ、まず学科教育で、ボーリングマシンの種類や用途、原動機、動力伝達装置、作業装置、巻上げ装置や附属装置の構造や取扱い方法などボーリングマシンに関する知識を4時間、ボーリングマシンの運転に使う力学や土質工学、土木施工の方法、ワイヤーロープや補助具についてなどボーリングマシンの運転に必要な一般的事項に関する知識2時間、法・令及び安衛則中の関係条項などの関係法令を1時間学習します。
その後実技教育で、基本操作、定められた方法の基本施工および応用施工などボーリングマシンの運転を4時間、手や小旗などを用いて行う合図についてなど、ボーリングマシンの運転のための合図1時間学習します。
そして特別教育を行った場合、事業者は科目の内容や受講者の情報について3年間保存することが義務付けられています。
一見CAD図面をダウンロードするのに、これらの知識までは必要ないと思われるかもしれません。しかしこの研修は単に運転者を育成する目的だけではなく、研修を通じてボーリングマシンの正しい運転方法や危険性について学び、災害を事前に防ぐことにつなげられています。興味がある方は、ぜひボーリングマシンの運転方法を学んでみることをおすすめします。

 

ボーリングマシンのCADデータや図面を活用するポイント

ボーリングマシンは、地中を掘削する機械です。削孔機とも言います。
ボーリングマシン(削孔機)には、ロータリー式やロータリーパーカッション式、自走式・定置式などがあります。ロータリー式ボーリングマシン(削孔機)は、ケーシングに回転と押込み力を与えて削孔する削孔機です。ロータリーパーカッション式ボーリングマシン(削孔機)は、ケーシングに回転と空気圧か油圧による打撃を加え、削孔する削孔機です。
削孔機には、足場上で作業できる軽量な機械、バックホウ先端にドリルを取り付けた機械、クレーンでドリルを吊り上げる機械など、小型から大型まで幅広い型式の削孔機があります。
無料のCADデータのダウンロードサイトは、メーカーのサイトだけでなく、フリーのダウンロードサイトからもボーリングマシンの無料のCADデータや図面が得られることがあります。工事に使う機種と同じものでなくとも、自走式・定置式さえ間違えなければ、ボーリングマシンの無料のCAD図面を使ったプレゼンテーションを行えば、顧客から好評を得られます。

 

ロータリーパーカッションドリル(RPD)

ロータリーパーカッションドリルは、打撃部と回転部が一体となっている全油圧式ドリルです。ロータリーパーカッションドリルは、打撃と切削によって砕いて掘削する仕組みです。油圧による打撃力は、打撃部内にあるピストンを油圧で急速に移動させることで得られ、油圧モータの駆動によって強力な回転力が得られます。
全油圧式のため、打撃力も回転力も無段階の調整が任意にでき、どのような地層であってもほぼ対応が可能です。地層によっては、シングル掘りか二重管掘りが適用されますが、その中でも二重管掘りによる掘削は、崩壊層・破砕帯・砂礫層などの地層で、効率よくできることが特徴です。
広く利用されるドリルが開発され、工事が困難と言われている法面安定アンカ、土留壁アンカ、建築基礎永久アンカのような局面の工事でも対応ができるようになっています。また、サンプりングが困難とされてきた砂礫層、転石混入軟弱地層、硬岩中断層破砕帯などでコア採取が難しいとされていましたが、パーカションワイヤラインサンプラーの開発によって採取が可能です。ロータリーパーカッションドリルには、クローラーマウントタイプ、ハイパワータイプ、スキッドベース搭載型など、いろいろな型式があり、メーカーによっても動く範囲が異なります。
そのため、ロータリーパーカッションドリルを使用するときは、使う型式のドリルを製作するメーカーの製品ダウンロードサイトから、無料のCADデータ、CAD図面をダウンロードして、工事計画書や工事要領に反映することが必要です。
ロータリーパーカッションドリルでも型式によって、水平・垂直の旋回半径が異なりますし、重量や大きさも異なります。したがって、それらのCADデータや図面をもとに周囲に人やモノが近づけないような安全対策を立て、監視人や誘導員を的確に配置することで、安全な工事が進められます。
メーカーのダウンロードサイトには、CADデータがない場合も多く見受けられますが、カタログやpdfファイルはフリーでまた無料でダウンロードできますので、ぜひ工事計画に反映してください。

ロータリーテーブル型ドリル

ロータリーテーブル型ドリルは、大口径で深い場所にある坑井での石油・ガス・地熱などの資源探査や開発・地下水開発・土木工事に使用されます。このドリルを使う主要なものは、ドリルストリングス(ドリルステム)に回転を与えるロータリー装置(回転装置)と、ドローワークス(巻上装置)です。

ロータリーテーブル

ロータリー装置の構成部の一つで、ロータリーテーブルは、坑井の中心に水平に、台座上に設置されます。回転するテーブル面の上には、ケりードライブブッシングが設置され、ケリーを通してドリルストリングが回転します。その回転を、先端に取り付けられたビットに与えるのが、ロータリーテーブルです。
また、ロータリースリップを使うことで、坑内にあるドリルストりングスやケーシングストりングスの重量全体を支えることができます。一般的にはチヱーンを使って、ロータリーテーブルの回転がドロ—ワークスから伝えられますが、直接接続した電動モータや油圧モータがロータりーテーブルに回転を伝えることもあります。

ケリードライブブッシング

ロータリー装置の構成部の一つで、ケリードライブブッシングは、ロータリーテーブルの回転を、断面が四角形か六角形のケリーに伝達する装置です。内部ではケリーの各面に接触してケリーの上下動とともに回転するローラーが組み込まれています。ロータりーテーブルで、ケリードライブブッシングを回転させる方式には2つあり、一つはスクエアドライブ方式で、もう一つがピンドライブ方式です。一般的に、大型のロータリーテーブルは、ピンドライブ方式となっています。
ケリーの役割は、ケリードライブブッシングの回転をドリルストリングスに伝えることです。

ドローワークス

基本的な掘削装置には、ロータリーテーブル、泥水ポンプなどがあり、ドローワークスもその一つの装置で、ウインチの1種です。ドラム軸には、主ブレーキと補助ブレーキがあります。主ブレーキは、ドラムを停止させるためのもので、補助ブレーキは、ワイヤロープを繰り出すときにドラムの回転スピードを制御します。
ドローワークスの選定に当たっては、(掘削作業やケーシング作業時の最大静荷重)+(吊具荷重)に安全率を考慮して選定します。
ボーリングマシンは車両に乗せて移動ができ、固定が不十分でボーリングに入ると、軟弱地盤や傾いた地盤では動き、事故の原因となります。アウトリガーを張り出すときの重量や反力を調査して対策する必要があり、そのためにフリーのダウンロードサイトから当該機種の形状や重量などのCAD図面やCADデータを無料でダウンロードし、安全計画に反映することで事故防止が図れます。

ドライブヘッド型ボーリングマシン

ドライブヘッド型ボーリングマシンは、玉石層・礫層・破砕岩盤のような条件の悪い大きい口径の坑を切削するために、強力な掘削機として開発されました。地すべり対策杭、基礎杭、大型さく井、地熱調査、温泉開発などで使用されています。
ボーリングマシンの構造は、回転変速装置から垂直に立ち上がったドライブシャフトによってスイベルヘッドに回転が伝達されます。給圧荷重は油圧シリンダの作動力を利用し、スイベルヘッド全体がガイドフレームに沿って上下に摺動します。

トップドライブ型ボーリングマシン

トップドライブ型ボーリングマシンは、構造上スピンドル型機とは違っていて、スイベルヘッドに油圧モータや電動機を直結して回転させています。パワースイベル型とも呼ばれています。
フィード方式には、フィード長さを長くするために、油圧シリンダとローラチェーンやワイヤロープを併用し、倍速でフィードする機構となっています。回転数や回転トルクの制御が簡単に行え、無段階で制御できるため、どのような地層にも対応できることが特徴です。
そのため、水平方向に長深度の掘削を行うトンネルの先進調査ボーリングなどに適しています。
深く坑を掘るときには、フィードを立てるか櫓を組み立てるかなどで、高所へワイヤーを導きます。その時問題となるのが、高所にある架線への接触や断線です。当たり具合では、漏電による感電も予想されるため、CADで図面をフリーでダウンロードして、高さや周囲への障害を調べることが需要です。フリーのダウンロードサイトでCAD図面が用意されていない場合でも、pdfの図面があるため、安全の確認ができます。

スピンドル・ロータリーテーブル併用型ボーリングマシン

スピンドル・ロータリーテーブル併用型ボーリングマシンは、スピンドルとロータリーテーブルの二つの機構を備えています。あるいは、ドライブへッドとロータリーテーブルの二つの機構を備えています。ロータリーテーブルの回転は、ドライブシャフトを介してスピンドルを回転させます。
本体を移動することによって、同一の機械で、スピンドルによる掘削とロータリーテーブルによる掘削ができ、その切換えも容易に行うことができます。このボーリングマシンは、深さのある場所の掘削用として開発され、標準装備として、強力で確実な油圧チャックを備え、チャッキングの省力化を図っています。
ボーリングマシンを使うときは軟弱な地盤ではしっかり固定することが大事です。また、ボーリングマシンを設置する周囲に障害となるものへの防壁などの対策を検討します。そのため、機械の重量や形状をボーリングマシンのCADデータやpdfファイルのフリーのダウンロードサイトから図面やCADデータをダウンロードして、安全に削孔作業できる計画を立て、作業計画書を作成し、顧客に提出することで、信頼が得られるでしょう。

 

ボーリングマシンのCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、ボーリングマシンのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ボーリングマシンのCADデータのリンク集まとめ

 

 

タイトルとURLをコピーしました