ボーリングマシン CAD図面データ

65936d90 1de0 413d a49a 07e0065d891a - ボーリングマシン CAD図面データ 杭関連機械 CADデータ

ボーリングマシン・削孔機のCADデータ、図面、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
地盤改良機、ボーリングマシン、高圧グラウトポンプ、ミキシングプラント、マッハバキューム、スピンドルタイプ、ローヘッドタイプ、土壌汚染調査専用機、高速井戸掘専用ボーリングマシンなどのデータが、ダウンロードできます。
フリーの図面もあります。


また記事の後半では、ボーリングマシンの分類と、使用目的や場面による機械の選定基準について説明しています。

それではまず、ボーリングマシン・削孔機のCADデータや規格寸法図、図面がすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
ボーリングマシン・削孔機の役立つCADデータなどがダウンロードができますよ。
  1. ボーリングマシン cadデータ
    1. 不二ボーリング工業
    2. ジェコス
    3. 東亜利根ボーリング
    4. ボーリングマシン 図面cadデータ Google
  2. ボーリングマシン 規格寸法図
    1. 共伸機電工業
    2. 東邦地下工機
    3. 扶桑工業
  3. 削孔機 規格寸法図
    1. 株式会社 アント
    2. 鉱研工業
    3. アイチコーポレーション
  4. ボーリングマシン、回転式と衝撃式とは
  5. ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ
    1. ボーリングマシン cad-data.com
    2. たけもと工務店
    3. 株式会社 高知丸高
  6. ボーリングマシン・削孔機 3Dcadデータ
    1. 3D Warehouse
    2. 3D CAD BROWSER
    3. cgtrader
    4. CanStock Photo
  7. どう使う直接基礎、杭基礎、ケーソン基礎
  8. ボーリングマシン 規格寸法図
    1. 守谷鋼機
    2. ワイビーエム
  9. 削孔機 規格寸法図
    1. 軽量型ボーリングマシン研究会
    2. 古河ロックドリル
    3. 奥山工業 株式会社
  10. ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ
    1. 株式会社 ジオブレイン
    2. 横浜テクノス
    3. ジオ・フロント 株式会社
  11. ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ その2
    1. 地山補強土
    2. 株式会社 沖縄計測
  12. ボーリングマシンは、回転式と衝撃式に分類
    1. 建設工事の騒音振動対策について
  13. 多様な建築工事や土木工事に役立つボーリング掘削装置
    1. ボーリングマシンの3種の方式とそれぞれの特徴
    2. スピンドル型ボーリングマシンの基本構造について
    3. 多様化するボーリングマシンのcadデータの正確性

ボーリングマシン cadデータ

ボーリングマシン cadデータでは、不二ボーリング工業、ジェコス、東亜利根ボーリング、ボーリングマシン 図面cadデータ Google、などのサイトで、質の高いデータが紹介されています。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。

不二ボーリング工業

不二ボーリング工業
地質調査、ボーリング・グラウト工事、地すべり対策工事を手掛ける会社です。ボーリングマシン・削孔機、不整地運搬車・クローラダンプ・キャリアダンプ、ビケ足場・ビディ足場・枠組足場・単管足場などの、CADデータ、仕様書、カタログがフリーで揃っています。

ジェコス

ジェコス
仮設鋼材の販売・リースおよび仮設工事の施工会社です。ボーリングマシン・削孔機、自走式掘削機、杭打ち機・杭抜き機、バイブロハンマ、シートゲート、電光掲示板、単管足場、TSサポート、仮囲い、ローリングタワー、鋼矢板などの規格寸法図、仕様書、カタログがフリーで揃っています。

東亜利根ボーリング

東亜利根ボーリング
掘削機械の製造販売、土木工事を手掛けている会社です。ボーリングマシン・削孔機などの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。ボーリング機械を用いた掘削では、掘削孔の崩壊防止、スライム(堀くず)の排除などを目的に一般に循環水を送って作業を行います。

ボーリングマシン 図面cadデータ Google

ボーリングマシン 図面cadデータ Google
ボーリングマシン・削孔機・自走式掘削機のCADデータや図面が、多数紹介されています。フリーのものもあります。地中に円筒状の穴をあけるためのボーリングマシンは、圧力や打撃、もしくは回転力を利用して掘削する建設機械です。トンネルや井戸工事のほか、地質調査にも使われます。地面にねじ込む手動式の装置から、大型自走式装置までさまざまな機種があります。

ボーリングマシン 規格寸法図

ボーリングマシン 規格寸法図については、共伸機電工業、東邦地下工機、扶桑工業などのサイトで、高品質のデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

共伸機電工業

共伸機電工業
土木・建設機械のレンタル、販売およびプラントの設計、製作、改造、据付を手掛けている会社です。ボーリングマシン・削孔機などの規格寸法図、仕様書、カタログがフリーでダウンロードできます。パーカッションドリル、ロックボルトマシンミキサー等の資料もあります。

東邦地下工機

東邦地下工機
ボーリングマシン・ポンプ・ミキサー・小口径推進機・各種付属品の製造販売会社です。ボーリングマシン・削孔機などの規格寸法図、仕様書、カタログがフリーで公開されています。スピンドルタイプ、ローヘッドタイプ、トップドライブタイプなどのボーリングマシンがあります。

扶桑工業

扶桑工業
建設・土木用機器、地質調査用機器、特殊機械の製造販売会社です。ボーリングマシン・削孔機、ミキサー、パーカッションドリルマシンなどの規格寸法図、仕様書、カタログがフリーで紹介されています。ボーリングマシンのツールには、小型軽量タイプと標準タイプがあります。


削孔機 規格寸法図

削孔機 規格寸法図では、株式会社 アント、鉱研工業、アイチコーポレーションなどのサイトで、評判のデータが掲載されています。
きっとお役に立つと思います。

株式会社 アント

株式会社 アント
バイブロ打設引抜工事、鋼矢板油圧式打設引抜工事などの工事会社です。ボーリングマシン・削孔機、自走式掘削機、バイブロハンマ杭打ち機などの、規格寸法図、仕様書、カタログが無料で公開されています。ワイビーエム、コベルコ、シロタの低空頭先行削孔機のデータを閲覧できます。

鉱研工業

鉱研工業
ボーリング・グラウト機器メーカーのサイトです。ボーリングマシン・削孔機・自走式掘削機などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で紹介されています。パワースイベルタイプ、スピンドルタイプ、地盤改良工事特化型、大口径タイプ、温泉掘削仕様など様々なタイプがあります。

アイチコーポレーション

アイチコーポレーション

電力・電気・電話・通信工事用機械化車両、建設・荷役・造船・鉄道用等工事用機械化車両の製造・販売会社です。ボーリングマシン・削孔機、高所作業車・バケット車、橋梁点検車・トンネル点検車、などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で掲載されています。

ボーリングマシン、回転式と衝撃式とは


それでは、ボーリングマシンの分類と、使用目的や場面による機械の選定基準について説明しましょう。

ボーリングマシンとは、地質調査、グラウト注入孔、井戸工事、建築基礎杭等の削孔に使用される機械で、削孔深度、削孔径、対象地質、作業スペース等を考慮して機械を選定します。

ボーリングマシンの機械はロータリー式(回転式)とロータリーパーカッション式(衝撃式)とに大別されます。

ロータリー式は、ビット(刃先)に回転力と給進力を加えることにより地盤を削孔することができ、コアを採取する調査ボーリングで良く使われています。
ロータリーパーカッション式と比較し小型機械が多いため、施工箇所が狭い場合に使われます。

また、水平ボーリング専用の機械もあり、回転方向は右回転です。

一方、ロータリーパーカッション式はロータリー式に油圧による打撃力を加えることにより急速削孔を可能にした機械です。

ボーリング時に騒音が発生するため市街地での施工は制約がかかることがありますが、玉石混じりの地層等、強固な地盤でも施工が可能で、回転方向は左回転です。


ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータ、3Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
地中に円筒状の穴をあけるためのボーリングマシンは、圧力や打撃、もしくは回転力を利用して掘削する建設機械です。
トンネルや井戸工事のほか、地質調査にも使われます。
国内のメーカーでは、東邦地下工機、鉱研工業等が製造しています。
ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータ、3Dcadデータがダウンロードできます。


また、記事の後半では、建設基礎工の分類とそれぞれの活用方法について解説しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータや3Dcadデータのデータを覗いてみましょう。
ご希望のCADデータを製図や設計などにお役立てください。

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータでは、ボーリングマシン cad-data.com、たけもと工務店、株式会社 高知丸高、などのサイトで、利用できるデータがダウンロードできます。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

ボーリングマシン cad-data.com

ボーリングマシン cad-data.com
ボーリングマシンのフリーCADデータがあります。大型のボーリングマシンは、深井戸や温泉ボーリング、探鉱調査など深いボーリングを得意とします。中型のボーリングマシンは、基礎杭や地すべり抑止杭、井戸ボーリングなどの施工に用いられます。

たけもと工務店

たけもと工務店
はつり工具・建設機械のオートシェイプ図形素材などが掲載されています。ボーリングマシン、バックホウ、路面切削機、などの2Dcadデータが無料でダウンロードできます。作業員の側面図は、加工して作業姿勢を変えることができ、他のデータと組み合わせ可能です。

株式会社 高知丸高

株式会社 高知丸高
大口径岩盤削孔、橋梁基礎工事など特殊基礎工事を専門にしている会社です。ボーリングマシン、杭打ち機、アースオーガーなどの2Dcadデータが無料で紹介されています。ドーナツ・ダブルオーガ工法、油圧ハンマー・フライングハンマー工法などの解説があります。

ボーリングマシン・削孔機 3Dcadデータ

ボーリングマシン・削孔機 3Dcadデータでは、3D Warehouse、3D CAD BROWSER、cgtrader、CanStock Photo、などのサイトで、使えるデータが揃っています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。

3D Warehouse

3D Warehouse
豊富な3Dフリーデータをダウンロードできるサイトです。ボーリングマシン・削孔機、杭打ち機・杭抜き機、ユンボ、ホイールローダ、ユニック車、タワークレーン、キャリアダンプ、パッカー車、バケット車、工事看板、鋼矢板などのデータが揃っています。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER
3Dメッシュ3Dモデルと3D CADソリッドオブジェクトをダウンロードできる登録制サイトです。ボーリングマシン・削孔機、クラムシェル、ホイールクレーン、ミニクレーン、不整地運搬車、振動ローラ、エアポンプ、高所作業車、カラーコーンなどのデータがあります。

cgtrader

cgtrader
3Dモデルの販売サイトです。多くのデータが掲載されています。ボーリングマシン・削孔機、バックホウ、クローラクレーン、キャリアダンプ、生コン車、タイヤローラ、ランマー、バケット車、安全施設、保安施設、支保工、脚立などのデータが購入可能です。

CanStock Photo

CanStock Photo
質の高い3Dcadデータのダウンロードサイトです。ボーリングマシン・削孔機、バックホウ・ユンボ、コンクリートホッパー、ホイールクレーン、フォークリフト、路面切削機、コンプレッサ、A型・B型バリケード、立ち馬などの3Dcadデータが数多く紹介されています。

どう使う直接基礎、杭基礎、ケーソン基礎


この項では、建設基礎工の分類とそれぞれの活用方法について解説していきます。

建設基礎工とは、上部構造から作用する鉛直荷重や、地震や風といった水平方向の荷重を、地盤に伝達させるための構造物です。
直接基礎、杭基礎、ケーソン基礎などの種類があります。

直接基礎は、構造物を、基礎地盤上に直接支持させる形式の基礎です。
1本の柱を支持する独立フーチング、フーチングを地中梁で連結したものがあります。
他にも、べた基礎などの、単一の版で多くの柱や壁を支持するものなど、種々の形式があります。
地表面から比較的浅いところに、良好な支持層がある場合は、経済的に有利な工法となります。

杭基礎は、既製杭や、場所打ち杭を用いる深い弾性体基礎であり、支持層が深いです。
直接基礎が適用できないような場合に、よく用いられます。
ケーソン基礎と並ぶ深い基礎の一つですが、一般に工費および工期の面では、ケーソン基礎に比べて有利とされています。

ケーソン基礎は、地上で製作した箱、状、たは筒状の基礎躯体(ケーソン)を、底部から地盤を掘削しながら、沈下させて設置する工法です。
古くから、橋梁基礎をはじめ、重要構造物の基礎に用いられ、多くの施工実績があります。


ボーリングマシンのCADデータ、規格寸法図のデータサイト紹介です。
ボーリングマシンには、単管足場上で使えるコンパクトなものから、バックホウにドリルを取り付けたものまであります。
また、ドリルをクレーンと組み合わせたものといった、重機タイプがあります。
製造メーカーは東邦地下工機、鉱研工業等が挙げられます。
ボーリングマシンのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。

ボーリングマシンの規格寸法図をお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。

ボーリングマシン 規格寸法図

ボーリングマシンの規格寸法図は、守谷鋼機、ワイビーエム、ボーリングマシン などのサイトで、多くの種類のデータが紹介されています。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

守谷鋼機

守谷鋼機

ワイヤロープの加工・販売及びPC鋼より線のテンドン加工、アンカー機器材の製造・販売会社です。ボーリングマシン・削孔機などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で掲載されています。ボーリングマシンはロータリータイプにダウンザホールハンマーの組み合わせです。

ワイビーエム

ワイビーエム

土壌地下水汚染調査・浄化機器、鉱山調査用機器の製造販売会社です。ボーリングマシン・削孔機、杭打ち機・杭抜き機などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で掲載されています。そのほか、土壌調査機、泥水処理装置、ph処理装置、地盤改良機なども取り扱いがあります。


削孔機 規格寸法図

削孔機の規格寸法図については、軽量型ボーリングマシン研究会、古河ロックドリル、奥山工業 株式会社などのサイトで、お探しのデータが掲載されています。
きっとお役に立つと思います。

軽量型ボーリングマシン研究会

軽量型ボーリングマシン研究会

二重管掘削方式が可能なロックボルト工法専用機を開発した研究会のサイトです。ボーリングマシン・削孔機などの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。エアーキッドは、エアホースのみでの駆動が可能な軽量型ボーリングマシンです。

古河ロックドリル

古河ロックドリル

鉱山・土木・建設機械の研究開発・製造・販売会社です。ボーリングマシン・削孔機、油圧ブレーカーなどの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。油圧ブレーカは、油圧ショベルに取付けて岩盤の掘削、岩石の小割、コンクリートの破砕などに使用されています。

奥山工業 株式会社

奥山工業 株式会社

土木工事、ほ装工事、造園工事などの工事会社です。ボーリングマシン・削孔機などの規格寸法図、仕様書、カタログが無料で掲載されています。クローラードリルの紹介があります。ボーリングマシン・削孔機を導入した道路新設・改修、舗装工事等をメイン業務としています。


ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
ロータリー・ボーリングマシンは、注水を行いながら回転掘削を行う機械です。
パーカッション・ボーリングマシンは、ロッドを打撃して掘削するもので、比較的柔らかい岩質に使用します。
この打撃ロッドに回転を加えたものが、ロータリー・パーカッション・ボーリングマシンです。
ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータが、ダウンロードできます。


記事の後半では、ボーリングマシンの分類で、回転式と衝撃式について解説しています。

まずは、このページのダウンロードサイトのリンク集から、ボーリングマシン・削孔機の2Dcadデータ・図面をチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータについては、株式会社 ジオブレイン、株式会社 フジヤマ、横浜テクノス、ジオ・フロント 株式会社、などのサイトで、使えるデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出ていますよ。

株式会社 ジオブレイン

株式会社 ジオブレイン

ボーリングマシン・削孔機などの2Dcadデータ・図面が紹介されています。平地足場仮設状況図、傾斜地足場仮設状況図、傾斜ボーリング仮設状況図、水平ボーリング仮設状況図、海上ボーリング仮設状況図、水上ボーリング仮設状況図、孔内原位置試験などのデータがあります。

横浜テクノス

横浜テクノス

ボーリングマシン・削孔機などの2Dcadデータが掲載されています。標準貫入試験、現場透水試験、孔内水平戴荷試験、揚水試験、湧水圧試験は、ボーリング孔を使用して行います。ボーリング孔使用しない原位置試験には、平板戴荷試験、現場CBR試験などがあります。

ジオ・フロント 株式会社

ジオ・フロント 株式会社

ボーリングマシン・削孔機などの2Dcadデータ、地質調査方法の解説があります。掘削深度が深く井戸径も大きい場合、パーカッション式のボーリングマシンや大型ロータリー式の削孔機が用いられます。掘削深度が浅く井戸径が小さい場合は小型の自走式掘削機が使用されます。

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ その2

ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータでは、地山補強土、株式会社 沖縄計測、などのサイトで、高品質のデータが揃っています。
一度試してみてはどうでしょうか。

地山補強土

地山補強土

ロータリーパーカッション式ボーリングマシンの足場を設置しアンカー工を施工する場合の、アンカー工足場数量の算出方法についての解説があります。足場幅は4.5mを標準とする、アンカー施工端部の足場の余裕幅は2.5mを標準とする、足場数量は階段形状で算出するなど。

株式会社 沖縄計測

株式会社 沖縄計測

地質調査、測量、磁気探査などの土木調査会社です。ボーリングマシン・削孔機などの、規格寸法図、図面、仕様書、カタログが掲載されています。実際のボーリング調査の様子や概念図、サンプリングやサウンディングの資料、地下水調査の様子などが掲載されています。

ボーリングマシンは、回転式と衝撃式に分類


この項では、ボーリングマシンの分類で、回転式と衝撃式について説明しましょう。

ボーリングマシンとは、地質調査、グラウト注入孔、井戸工事、建築基礎杭等の削孔に使用される機械です。
削孔深度、削孔径、対象地質、作業スペース等を考慮して機械を選定します。

機械はロータリー式(回転式)とロータリーパーカッション式(衝撃式)とに大別されます。

ロータリー式は、ビット(刃先)に回転力と給進力を加えることにより地盤を削孔することができ、コアを採取する調査ボーリングで良く使われています。
ロータリーパーカッション式と比較して、小型機械が多いため、施工箇所が狭い場合に使われます。
また、水平ボーリング専用の機械もあり、回転方向は右回転です。

一方、ロータリーパーカッション式は、ロータリー式に油圧による打撃力を加えることにより、急速削孔を可能にした機械です。
ボーリング時に騒音が発生するため市街地での施工は制約がかかることがありますが、玉石混じりの地層等、強固な地盤でも施工が可能で、回転方向は左回転です。

建設工事の騒音振動対策について

騒音、振動対策については、騒音、振動の大きさを下げるほか、発生期間を短縮するなど全体的に影響の小さくなるように検討しなければなりません。騒音、振動の発生を防止すること、騒音・振動が発生しても大きさを低減すること、発生期間を短縮することなどが重要になります。
建設工事の実施にあたっては、必要に応じ工事の目的、内容等について、事前に地域住民に対して説明を行い、工事の実施に協力を得られるように努めようにします。
騒音、振動対策として、施工法、建設機械、作業時間帯を指定する場合には、仕様書に明記しなければなりません。騒音、振動対策に要する費用については、適性に積算、計上しなければなりません。起業者、施工者は、騒音、振動対策を効果的に実施できるように協力しなければなりません。
建設工事は、その周辺の生活時間帯や生活時間帯を考慮して、その作業時間帯を決定し、その継続性についても検討を行う必要があります。


多様な建築工事や土木工事に役立つボーリング掘削装置

円筒の状態に穴をあける「ボーリング」は、建設関連の作業において幅広い分野で活躍を見せています。地盤改良や基礎工事、道路工事などのほか、地質調査や地下資源の探査、開発、災害対応など、多様な建築工事や土木工事に役立っています。こうした多様な用途に対応するように、ボーリングの装置や器具などについても色々と開発が行われています。

ボーリングマシンの3種の方式とそれぞれの特徴

ボーリングマシンは「削孔機」とも呼ばれ、その主要用途や動作方法により「打撃式」、「回転式」、「回転打撃式」の3種類に区分けされます。
「打撃式」として区分されているのが、「綱掘り型(ロープ式ドリル)」、「ロッド掘り型(ロッド式ドリル)」です。
「回転式」に区分されているのが、「スピンドル型」、「ロータリーテーブル型」、「スピンドル・ロータリーテーブル併用型」、「パワースイベル型(トップドライブ型)」、「ドライブヘッド型」に区分けされます。また、スピンドル型は「油圧フィード式」、「ハンドフィード式」、「スクリューフィード式」にさらに分類されます。
「回転打撃式」には、「ロータリーパーカッションドリル」と「振動型ドリル」があります。
地質調査や探査など、地質資料を採取するコアリングを主目的に開発されたのが、現在、最も多く使われている「油圧式スピンドル型削孔機」になります。また、同様の用途が主目的となるのボーリングマシーンには「ハンドフィード式削孔機」も存在します。こちらのマシンは、掘削作業時の現況が、直接手元に伝わってくるという特徴があり、作業員がその感触を確かめながらボーリングを行うというのが特徴です。
一方で、石油やガスといった資源の探査などを行うために開発されてきたのが「ロータリーテーブル型削孔機」です。さらには、地熱や温泉といった資源を調査・開発するボーリングマシンとして開発されているのが、スピンドル型とロータリーテーブル型の良いところをハイブリッドした、「スピンドル・ロータリーテーブル併用型削孔機」で、現在ではこちらも主流となってきています。
回転式よりも打撃式のほうが掘削効率がより良い観点から、土木建築工事や土壌汚染調査などにおいては「回転打撃式」や「振動式削孔機」などが主流です。
最近では、ボーリングに対する用途が多様化していて、その多様化に対応するようにボーリングマシンや工法も開発・発達しています。そのため、ボーリングマシンのcadデータも数多く存在する状態です。無料のフリーダウンロードcadデータによる図面チェックや作業図、その他cad図面など、無料cadデータの活躍する場面も増えてきているのです。また、これだけボーリングマシンの種類が増えてくると、cadデータやcad図面も複雑化していきます。フリーや無料のダウンロードcadデータや図面を整理整頓しておくだけではなく、フリーや無料のダウンロードcadデータや図面が、最新のマシンなのか最大の注意を払う必要があります。また、新たなアタッチメントや仕様変更が図面などに加わっていないかなど無料やフリーのcadデータをチェックして、常に手元にあるcadデータを最新の状態に保つようダウンロードに務めるようにしましょう。

スピンドル型ボーリングマシンの基本構造について

ボーリングマシンの多様な種類については理解できたはずです。そこで、ボーリングマシンの構造について、ここではスピンドル型削孔機を例に説明します。
ボーリングによりつかみとったロッドに、回転や推力を伝える役割を果たしている構造部が「せん孔装置」です。ボーリングロッドに回転および進退運動を加えることで、ボーリングの先端となる「ビット」に掘削能力を与えています。スピンドルが回転する部分と、ロッドを固定するチャックやフィード装置で構成されています。スピンドル型における回転運動は、原動機からの動力をトランスミッションを経由して伝達する「間接駆動方式」ですが、ほかにも油圧モーターやエアモーターなどを直結する「直接駆動方式」が存在します。進退運動に対しては、油圧フィード式が主に採用されていますが、ほかに「ハンドフィード式」や「スクリューフィード式」があります。スピンドルに装着されているチャックには、「油圧チャック」と「スクリューチャック」があります。油圧チャックは、操作性が簡易的なのに加えて作業効率と安全面にも優れていると特等があります。一方の「スクリューチャック」は手動式となります。
ドリル・ストリングを坑内に下ろしたり引き揚げたりするのが「ホイスト」です。ボーリングを行う際は、ドリル・ストリングを坑内に下ろしたり引き揚げたりする、ドリルストリングスによる「揚降管」が数多く行われます。そのため、ホイストのような巻上装置が必要となるのです。上げ下げの機構は、ワイヤロープをドラムに巻き付ける「巻上」と、ドリルストリングスの重さでワイヤロープにブレーキ制御をさせる「制動」を備えています。また、ボーリングの管を上げ下げする作業では、始動や停止のほか、低速・高速といった切り替えなど、途切れることなく繊細な操作が求められます。そのため、こうした操作を可能にするための「プラネタリーギヤ」が採用されています。
せん孔装置とホイストに回転を与える「トランスミッション」は、原動機の回転数を変速させて、せん孔装置のスピンドルやホイストのドラムに伝えます。スピンドルの回転数や巻上速度を希望とする値に上げるために、入力されてきた回転をギヤの組み合わせで変速比を生み出すことで、3段から6段程度まで変速することが可能となっています。
原動機からの動力伝達はを伝える「クラッチ」は、せん孔装置やトランスミッション、ホイストなどに動力を原動力から伝達する装置です。クラッチには、主に摩擦力を利用した「乾式ディスククラッチ」が用いられていますが、マシンの性能や能力に対応する形で「単板式」や「多板式」も用いられています。
「ハイドロダンパ」という機構は、水を制御する装置です。水を満タンにしたケース内の回転ローターを、ドリルストリングスといった部分の落下によりドラムの回転数を増速させます。ケース側面にある固定ローターとの間で水の回転動流が遠心力により生み出されることで、回転ローターに大きな抵抗を発生させます。この発生した抵抗を活用することにより、ハイドロダンパで制動エネルギーを吸収させるのことができるようになります。こういったことから、重量のあるドリルストリングなどが降管される時に、ドラムは高速で回転を行っていても、この水制動機の抵抗が発生しているおかげで、一定となる制限速度以上の回転に制動されているのです。
そのほかにも「油圧装置」、「操作装置」などがボーリングマシンの基本構成となっています。

多様化するボーリングマシンのcadデータの正確性

ボーリングマシンは先にも紹介したように、多様性に長けているため、専門的な発展をそれぞれに遂げているマシンが少なくありません。そのため、無料のcadデータやフリー素材といったダウンロード可能なデータは、数は多いものの探すのが困難な場合もあります。こうした場合、無料cadデータやフリー素材に頼るのではなく、メーカーのカタログをダウンロードするなどして、寸法や図面を基にcadデータを作り上げるのが最も良い方法かもしれません。
自分自身で作り上げたcadデータでクライアントへプレゼンを行ったり、作業場の配置図を作り上げたりすることで、より信頼感のあるcadを作り上げることができるはずです。もちろん、無料やフリーのcadを流用して、効率よくそして正確性を持ってデータを作り上げるようにするのは、言うまでもありません。



◇ よく読まれている関連記事と広告


杭関連機械 CADデータ
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました