添景イメージに合った自動車cadデータの探し方と上手な貼り込み方

d08f7be9 cff4 45ea a057 cfc0f5f5170d - 添景イメージに合った自動車cadデータの探し方と上手な貼り込み方 乗り物 CADデータ

自動車CADデータは重要な添景データのひとつです。

プロジェクトの基本設計やプレゼンテーションの際、空間のスケール感やリアルな雰囲気を表現するためには、添景データは欠かせない重要なポイントです。添景データといえば人や植栽、自動車が代表的です。

自動車の添景データは軌跡図や平面図、立面図と組み合わせることで車寄せ駐車場の配置、車両から建物入口までの動線を確認することもできます。自動車の種類(乗用車・普通車・車両・軽自動車)にも注意が必要ですから、住宅ガレージや商業施設、公共施設の設計をする際には自動車の種類にも気をつけて良い添景データを使用したいものです。

自動車CADデータ・イラストデータを添景として手軽にダウンロードできます。

添景データはどこから手に入れるか、どんなデータを使用するかによって設計図面の出来栄えが左右される重要なポジションではありますが、あくまでもプレゼンテーションの脇役。手持ちの写真からphotoshopなどで自作しても良いかも知れませんが、あまり時間をかけずサクサクと手に入れましょう。

インターネットで探せば、あらゆる自動車のCADデータが手に入ります。
このページでは手軽にダウンロードできる自動車のCADデータをまとめてご紹介しています。
例えば

正面図・側面図・3Dcadデータ図面・平面図・立面図・軌跡・軌跡図

このような図面で使える自動車CADデータがあり、対応ソフトには以下のようなものがあります。

jww(jwcad)・dwg(autocad)・dxfなど

トヨタやホンダなど、自動車のメーカー別で探せるサイトもあります。
高級車から軽自動車まで、各自動車メーカーの様々なラインナップを揃えたサイトや、バスやトラックなど、公共のシーンのパースにも使える車、特殊車両や建設重機などを用意したサイトもあります。
イメージに合う添景データを見つけて、パースやプレゼンのクオリティを高めていきしょう。

記事の後半では、自動車CADデータを添景で使う際の問題点と、これらの問題を解消する方法について説明していきます。

自動車(軽自動車)CADデータのリンク集の紹介
それではまず、2D・3Dcadデータ、イラストデータ、平面図、立面図、図面、図形がすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。

 

  1. 2Dcadで使える!スケール感を表現できる自動車の添景データ4選
    1. 建築CADデータ
    2. MISCELLANEUOS DATA STORAGE
    3. arch web
    4. Ceco.Net
  2. 3Dcadで使える!よりリアルに伝える自動車の添景データ3選
    1. Free 3D
    2. TURBO SQUID
    3. Cad Nav
  3. 自動車・car・車両…あらゆる自動車系のイラスト素材まとめ3選
    1. pixabay
    2. Pinterest
    3. Adobe Stock
  4. 添景用に自動車CADデータを探す時にありがちなミスとは?
    1. 自動車CADデータは様々なものがあります
    2. 自動車のCADデータを添景として探す際の問題点
    3. 自動車のCADデータの取り込み後の問題点
  5. これらの自動車CADデータの問題を解決するには…
    1. 添景のイメージに合う自動車のCADデータの検索方法
    2. 作業効率を考えて自動車CADデータは最適なサイズに
    3. 自動車CADデータのダウンロードは信頼できるサイトから
    4. 添景として自動車のCADデータを貼り込む際に工夫すること
  6. まとめ ~添景として自動車CADデータを探す際のコツ~
    1. 添景イメージに合う自動車CADデータを探すには…
    2. 手に入れた自動車CADデータをうまく貼りこむには…
  7. 電気自動車・天然ガス自動車…未来の自動車を知っておこう
    1. 圧倒的なシェアを占めるハイブリッド自動車とは?
    2. ますます普及が期待されるEV(電気自動車)、そのメリットとは?
    3. 天然ガス自動車がトラックや路線バスに多く採用されるワケとは?
    4. ディーゼルタイプとオットータイプがあるメタノール自動車
    5. LPG自動車で圧倒的なシェアを誇っているタクシー
  8. 自動車事故をゼロに。自動車の安全機能の挑戦
    1. 自動車の安全性能の特徴
      1. 車の事故を未然に防ぐ「夜間走行サポート機能」
      2. 車の安定走行サポート機能
      3. 車両の出会い頭衝突防止機能
    2. 自動車のスタビリティコントロールとは
    3. 車の安全性を高めるオプションとは
    4. 車の環境対策にはどんなものがあるの?
    5. まとめ cadデータを使いこなすと自動車の奥深さが見える

2Dcadで使える!スケール感を表現できる自動車の添景データ4選

建築CADデータ

建築CADデータ
無料でCADデータをダウンロードできるサイトです。自動車、人物、家具などがあります。配布されているのは、技術ある建築家・デザイナーによって作成された正面図・側面図・平面図・立面図などのCADデータです。自動車の他には樹木、オフィス用品、ピクトサイン、雑貨などの小物の図形データもあります。jwc・jww(jwcad)・dwg(autocad)・dxfに対応しています。

MISCELLANEUOS DATA STORAGE

MISCELLANEUOS DATA STORAGE
Jw_cad用外部変形「ワンタッチハッチ」を主体としたフリーソフトを公開しています。図式展開でのサポートなどもあり、フリーのCADソフトを探している人におすすめです。車素材などが豊富に掲載され、正面図・側面図・平面図・立面図など全て無料で使用することが可能です。トヨタ・ホンダ・BMWなどがあります。jws・jww(jwcad)ファイルです。

arch web

arch web
イタリアの建築者用サイトで、建築用語からイベント告知まで、様々な情報が掲載されています。樹木データ等、1カテゴリのdwg(autocad)CADデータを販売されており、使い勝手の良いサイトです。記事の内容を読むために、知識として必要な、土木用語の分かりやすい解説があります。ジャガーやフェラーリはもちろん、トヨタ・ホンダ・三菱などの日本車もあり、正面図・側面図・平面図・立面図も揃っています。

Ceco.Net

Ceco.Net
Auto CADで使用できるCADデータを、無料でダウンロードすることができます。ダウンロードできるCADデータは、DWG(autocad)ファイルとDXFファイルを選択することができます。ダウンロードできるCADデータの数値は、ヤード・ポンド法表記とメートル法表記を選ぶことが可能です。トヨタやホンダの正面図・側面図・平面図・立面図もあります。

 

3Dcadで使える!よりリアルに伝える自動車の添景データ3選

Free 3D

Free 3D
フリーで3Dcadモデルがダウンロードできる、様々なジャンルが網羅された海外サイトです。人体や骨格、臓器、iPhoneのガジェットや図形など、専門的な分野の素材が探せることが特徴です。ゲームや映画のキャラクター、輸送機やドローンなど、他で探しにくい素材が見つかります。トヨタやホンダもあります。

TURBO SQUID

TURBO SQUID
海外の3D素材サイトです。有料コンテンツが多いですが中にはフリーでダウンロードできるコンテンツもあります。3Dなので購入前に無料コンテンツで概要を掴むことができます。3Dも立体やVチューバーなどのモデリング、ポリゴンなど豊富に分かれてます。

Cad Nav

Cad Nav
CADやCAE 、CAMのエンジニアや、CGIを扱うグラフィックデザイナーを対象としているサイトです。CadNavサイトには、3DモデルやCADモデルが50,000以上掲載されています。3DモデルやCADモデル以外に、Vray素材やテクスチャ、CAD図面などを無料でダウンロードすることができます。

 


自動車・car・車両…あらゆる自動車系のイラスト素材まとめ3選

pixabay

pixabay
1500万以上のフリー素材がダウンロード可能な写真素材サイトで、素材はすべて無料で使用することができます。商用利用もOKであり、その際に許諾なども基本的には必要ありません。日本人以外の人物写真などが多く、様々な場面での利用が可能で、カテゴリ別検索も対応しています。

Pinterest

Pinterest
グーグルアカウントやフェイスブックアカウントなどでログインできる、無料の素材サイトです。写真素材を中心にCAD用の立体イラストや図形、室内写真なども充実しており、SNSなどで使用することもできます。スマートフォンやタブレットPCにも対応し、素材の持ち運びなども簡単で、ダウンロードもワンクリックで行えます。

Adobe Stock

Adobe Stock
ロイヤリティフリーの写真、ベクター、イラストレーションなどの、ダウンロードサイトです。有料で高品質な画像やイラストが購入でき、料金は素材の種類、素材サイズ、解像度などによって異なります。設定した数の素材を、ダウンロードできる月々の定額プランは、多数の素材を必要とされる方に最適です。

 

お探しのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータや軌跡・軌跡図のリンク集をまとめて紹介しています。
自動車・乗用車・普通車・車両、CADデータのまとめサイト

 

添景用に自動車CADデータを探す時にありがちなミスとは?

自動車CADデータは様々なものがあります

自動車はメーカーや時代によって種類、色も様々なものがあります。
空間にどんな自動車を配置するかによって雰囲気も異なるるため、添景やシーンに合わせたものを選びましょう。

自動車のCADデータを添景として探す際の問題点

思い描いたイメージのデータが見つからない。
画像が粗い、解像度が高すぎる、背景がついていて使えない。
アングルに合った車の添景が見つからない。
軌跡・軌跡図がほしい。
jww(jwcad)ファイルで探したい。
dwg(autocad)やdxfファイルがほしい。

自動車のCADデータの取り込み後の問題点

自動車や人物データを多く配置したため重くなり、作業効率が落ちた。
大きなサイズの出力で画像の粗さが目立ち、添景が浮いた仕上がりになった。
異なるサイトから人物や植栽、車のCADデータを集めたため、添景がちぐはぐな印象になった。
実際の車の写真を元にしたリアルな2D・3DCADデータを使用したら、意匠権の問題が発生した。

 

引き続き、自動車のCADデータを探す際の問題点、取り込み後の問題点を解決する方法を説明します。

 

これらの自動車CADデータの問題を解決するには…

添景のイメージに合う自動車のCADデータの検索方法

自分のイメージに合う自動車のCADデータを見つけるには、選択肢を幅広く持つことが何より重要です。
そのためにはまず、英語での検索もおこなってみましょう。
自動車なら「car」や「truck」、「drive」なども良いでしょう。
海外のサイトも視野に入れると日本のデータとは異なった雰囲気の添景データも手に入れることができます。その際、背景が透明な画像データが必要な場合は、「png」形式で探すようにしましょう。

作業効率を考えて自動車CADデータは最適なサイズに

CADデータの解像度は数百ピクセルのものから数千ピクセルまで幅広くあり、どんな解像度でも使用することができます。

ただ、平面図や立面図といったA3くらいの用紙サイズで使うなら数百ピクセル程度、それよりも少し大きいポスターサイズの用紙なら3000ピクセル程度の解像度で十分でしょう。
高解像度のデータは綺麗ではありますが、多用するとサイズが重くなり、作業性が悪くなってしまいます。例えば用紙サイズに合わせて選択する、遠景には解像度の低いデータを使用する、というように状況に合わせてデータを選択しましょう。

もしそれでもファイルが重たい場合は、CADソフトによっては使用していないレイヤー、ブロック、文字スタイルなどを整理することができます。作業に必要のないレイヤーやブロックなどは閉じるようにして、ファイルを軽くしてみましょう。

自動車CADデータのダウンロードは信頼できるサイトから

CADデータをダウンロードする際は必ず、商用利用権のあるデータの提供サイトを利用しましょう。
商用利用権については各ダウンロードサイトによって規定が異なりますので、使用の注意事項などには必ず目を通すようにしましょう。加工OK、加工NGなどさまざまなルールがあるはずです。

また意匠権については、20年前などの古い旧車やオリジナルデザインのCADデータには意匠権は発生しません。1色でマスクしたタイプや、ラインを際立てて抽象化したもの、油絵のようなデザインも意匠権の心配がありません。

添景として自動車のCADデータを貼り込む際に工夫すること

複数の添景データを使用するときは、色々なサイトからデータを引っ張ってくることもあると思います。その際意匠性や雰囲気が異なる複数データをなるべく自然に見せるには、陰影、質感、色のトーン、高さを揃えて配置することがポイントになります。

また一つのテクニックとして、走行中の自動車を再現するには、輪郭をはっきりさせない方がスピード感が出る場合もあります。添景である車を目立たせないため、車高を実際の自動車よりも低くして配置したケースもあります。影や光の当たり具合、添景データの質感、色のトーンなどにも注意して、添景に統一感を持たせるとちぐはぐな印象がなくなります。

 

まとめ ~添景として自動車CADデータを探す際のコツ~

下記のコツを参考に、ぜひ条件に合うCADデータを探してみてください。

添景イメージに合う自動車CADデータを探すには…

・英語でも検索し、イメージに合うデータを探しましょう。
・透明な背景の“png”データは、背景切り抜きの手間がなくなります。
・出力サイズや配置する場所(近景・遠景)、使用する添景の数などから、必要なデータの画像のサイズを意識して検索しましょう。

手に入れた自動車CADデータをうまく貼りこむには…

・近景、遠景を意識してデータを配置。必要に応じて色や陰影をつけるなど、統一感をもたせましょう。
・添景は作品の脇役なので、目立たせない工夫も大切です。

 

電気自動車・天然ガス自動車…未来の自動車を知っておこう

自動車はガソリンで動くもの。そんな常識はもう昔のこと。今ではガソリンに代わる自然エネルギーを使った未来志向の乗用車もあり、実際にトヨタやホンダなど有名メーカーからも実用化されています。
ここでは今後スタンダードとなっていくであろう、ガソリンに代わる動力を持つ自動車を中心に、動力別の車両の特徴とメリット・デメリットをご紹介していきます。
自動車のことを知った上で、CADデータを適切にダウンロードできるようにしておきましょう。

圧倒的なシェアを占めるハイブリッド自動車とは?

ハイブリット自動車とはガソリン以外にもう一つの動力源を備えた車のことをいい、この頃最も普及しているのはガソリンと電気を備えた自動車です。車の速度が遅いときは電気のモーターで動き、ある程度速度が上がったら燃費の良いガソリンに切り替える「切り替え走行」を可能にしたことで、排気ガスの削減につながっています。

これが「地球に優しいエコな自動車」ということで人気を集め、一般家庭が持つ乗用車にも数多くのハイブリット自動車を見かけるようになりました。ハイブリット自動車は従来のガソリン自動車と操作方法などは変わりませんが、フリーでダウンロードできるCADデータも見つけることができます。中にはトヨタっぽいもの、ホンダっぽいものもありますので、図面作成に役立てることができるでしょう。

ますます普及が期待されるEV(電気自動車)、そのメリットとは?

EVとはElectric Vehicleの略で、電気自動車とも呼ばれています。以前は軽自動車と同等クラスの乗用車が中心でしたが、日産をはじめ、トヨタやホンダでも普通車が発売され、今後ますます普及が期待される車両の一つです。

従来のガソリンを燃やしてエネルギーを得る自動車とは異なり、電気自動車は電力とモーターを搭載しています。動力源が電気なので、電気料金が夜間に割安となる電力プランに加入するなどうまく工夫すれば、ランニングコストを抑えることが簡単であるのが一つの大きな特徴です。

もう一つ大きな特徴なのが二酸化炭素などの汚染物質を一切排出しないことです。電気自動車は地球温暖化防止への貢献が期待され、地球環境に優しい「次世代エコカー」の一つに分類されています。今後はガソリン自動車に代わる自動車業界の担い手として、日本だけでなく世界全国で生産が進められているのがEV車です。

EV車を自家用車として使用する場合は外構に専用のコンセントを設計しておかなければなりません。またEV車が普及してくると、スーパーや公共施設などのあらゆる施設の駐車場にもEV車専用の充電ステーションがますます設置されるようになります。
ガソリン自動車のみのこれまでとは異なり、EV車も視野に入れた設計が今後必要不可欠になるということです。そのためには、EV車のCADデータを集めておく、3DCADや軌跡図なども確認しておくことが大切なポイントとなってくるでしょう。

天然ガス自動車がトラックや路線バスに多く採用されるワケとは?

天然ガス自動車は、燃料供給系統を除いてガソリン自動車と基本的な構造は同じです。
点検や検査、メンテナンスについても燃料容器と燃料系統が異なるだけで、その他は通常の車とほとんど変わりありません。燃料である天然ガスは、ガス容器に高圧(20MPa)で充てんされ、ガス容器から燃料配管を通って、減圧弁で減圧されエンジンに供給されます。
自動車の燃料供給系には、過流防止弁、容器安全弁、主止弁などの安全装置が取り付けられており、ガス容器、配管・継手、機器類はすべて厳しい規格に適合したものを使用しています。また、ガス容器、遮断弁等の重要部品は、衝突の際に直接損傷のおそれのない位置に設置することにより、通常の自動車に対して同等以上の安全性が確保されています。
天然ガス自動車は、健康被害を及ぼすCO2やNOxなどを削減でき、環境にも優しい点が大きなメリットです。このため、天然ガス自動車は普通車や乗用車よりもトラックや路線バスに採用されることが多くなっています。

ディーゼルタイプとオットータイプがあるメタノール自動車

メタノール自動車はメタノールを燃料としている車両のことです。
純粋なメタノールを燃料とするタイプと、メタノールにガソリンを混合したメタノール混合燃料タイプの2通りがあります。メタノールはアルコールの一種で、天然ガスの主な成分であるメタン、石炭、木材などいろいろな資源から製造可能な燃料ですが、現在、世界中にあるメタノールの70%は天然ガスから作られています。
メタノール車には、ディーゼル車をベースに改造したディーゼルタイプとガソリン車をベースに改造したオットータイプがあります。どちらも黒煙や粒子状物質(PM)などをほとんど排出せず、窒素酸化物(NOx)排出量もディーゼル車の半分で、環境に優しいというメリットがあります。またメタノールはメタン、石炭、木材など様々な資源から製造できるため化石燃料の代替効果が期待できることもメリットのひとつとなっています。

現在ハイブリッド自動車や電気自動車と比べるとシェアは高くありませんが、メタノール燃料と燃料電池を組み合わせたメタノール燃料電池車なども開発され、注目は高まりつつあります。

LPG自動車で圧倒的なシェアを誇っているタクシー

LPGという燃料を使って動くLPG自動車というものがあります。LPGのみで動くLPG専用車、予備としてガソリンも使用できるバイフューエルという自動車、2つのタイプが存在します。

2006年には液体噴射システムLPIを採用した先進型LPG乗用車が登場し、燃料噴射システムはミキサー型から先進型・次世代型へと移行しつつあります。現在、乗用車やライトバンで普及しているのが、「LPガス電子制御燃料噴射方式」です。

一昔前まで「LPG車は性能が低い」と言われることもありましたが、日本でも技術開発が盛んで現在では性能は大幅に向上しています。実際にディーゼルトラックと比較しても出力・トルク等のエンジン性能は同等、車種によってはディーゼル車より高トルクの車両も増加しました。業務用に使用するLPG車も、ガソリン車と同等の出力になりました。冬場に始動性が悪い、ということもなくなりました。

そんなLPG自動車が最もよく使われているのが実はタクシー。最新のトヨタのハイブリッド車でもLGPを使用したハイブリッドパワートレインが採用されています。

 

自動車事故をゼロに。自動車の安全機能の挑戦

自動車に乗れば行動範囲が広がります。乗用車、トラック、タクシー、公用車…今日の自動車は本当にさまざまな用途で使われていて、私たちの生活には欠かせない存在になっています。

同時に考えなければならないのが、決してなくなることのない自動車による事故です。日本が誇るトヨタやホンダ、日産、スバル、さまざまな国産メーカーが行っている安全機能の取り組みや、環境への配慮について紹介したいと思います。

自動車の安全性能の特徴

自動車大手のトヨタやホンダなどのメーカーによっても違いますが、車両を守るために搭載されている機能を紹介します。

車の事故を未然に防ぐ「夜間走行サポート機能」

死亡事故の多くは視界の悪い夜間です。いかに自動車事故を防ぐかが課題になっています。そんな乗用車の車両の安全性を守るための機能のひとつに夜間走行サポート機能があります。道路の様子を鮮明に運転席にうつしだすカメラ、曲がる方向を照らすヘッドライトなどがあります。

車の安定走行サポート機能

乗用車の事故原因には操作中のミスが考えられます。車両がぶつかると大きな事故に繋がります。前を走る乗用車との間隔を自動で調整するのはもちろん、カメラで認識して脱線時にブザーで知らせる機能、いねむり防止や脇見運転防止などの機能もあります。ドライバーが判断ミスをするのを減らす効果が期待できます。

車両の出会い頭衝突防止機能

見通しの悪い交差点や十字路で、左右から近づいてくる自動車などの車両に気付かずに衝突してしまう事故は少なくありません。これらの出会い頭の衝突を防ぐために、バンバーの両側に小型カメラが埋め込まれています。左右の映像を確認しながら車の事故を確実に防ぐことができます。

車の安全性の取り組みの軌跡図(軌跡)も、cadデータの図面を使い、正面図や側面図から比較していきましょう。3dcadなどの図形もありますし、無料(フリー)の図面でも十分に使えるので、ダウンロードしてみてください。

ただし、jww、dwg、dxf、autocad、jwcadなどのファイル形式の違いによってもcadデータの図形や図面が使えないことがあります。使っているcadによっても違いますので無料(フリー)ダウンロードのときに確認するのを忘れずに行ってくださいね。

自動車のスタビリティコントロールとは

トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーで開発した、危険を避ける「スタビリティコントロール」という機能はご存じでしょうか。

例えば衝突を避けようとして急ブレーキを踏んだときに、車体が不安定になってしまいコントロールが難しくなることがあります。バランスを崩すと横転してしまう危険性もありますし、ガードレール衝突の危険性もあります。これらの危険性を回避するために、タイヤの回転がとまるのを防ぐ、障害物を避ける機能を搭載しています。

他にも衝突してしまったときの被害を最小限に留められるように、衝突安全ボディも作られています。衝突時の車体の変形をおさえることによって、乗っている人を守る目的があります。現在の車はほとんどに搭載されている機能です。

乗っている本人はもちろん、衝突した歩行者への被害を少なくするフェンダーやエンジンなどの間に空間を作り、衝撃を吸収する仕組みなどもあります。安全性向上の取り組みで有名なエアバックシステムなども、安全性を考慮して作られたものになります。

自動車のスタビリティコントロールも、図形、図面や3dcadで正面図や側面図から見るからこそわかります。jww、dwg、dxf、autocad、jwcadなどのファイルの変換で見られないときは、いろいろ試してみてくださいね。

車の安全性を高めるオプションとは

車本体の安全性向上だけでなく、取り付けることでより安全性を高めるものもあります。どの車にもついているシートベルトは必ず装着しなくてはならない安全装置になり、衝突時に乗員が座席から放り出されるのを防ぐ目的があります。

正しく装着しないと効果が少なくなり大きな怪我になります。また、チャイルドシートなども欠かせないものになり体が小さくシートベルトが使えない子ども専用のシートになります。チャイルドシートにも種類があり、取り付け方が変わります。

乳幼児用幼児用など年齢によっても種類が違います。車にあったチャイルドシートを選ぶようにしてくださいね。

車の安全性を高めるオプションは、cadデータの側面図や正面図を見て図形を比較してみましょう。正面図や側面図でjww、dwg、dxf、autocad、jwcad、3dcadに戸惑ったときは、落ち着いて対応すれば問題ありません。

軌跡図(軌跡)や図形だからこそわかることもありますし、無料(フリー)ダウンロードができるからこそ、ぜひ使いこなしてみてくださいね。

車の環境対策にはどんなものがあるの?

車の安全性も重要ですが、排出ガスの問題も一緒に考えていかなくてはいけません。法律によって排気ガスの少ない車を作る流れが促されています。1960年に排気ガスの公害が始まり、1970年に入り規制が行われるようになりました。規制の内容として、排出ガスのなかに含まれる窒素酸化物や炭化水素を減らすことを目的としています。

車体自体を見直す必要があり、メーカーがそれぞれ努力を重ねています。ガソリンの消費を減らしたエンジンだったり、有害物質を取り除くフィルターなどもあります。そんな試行錯誤もあり、規制値よりも大幅に排出ガスの少ない車が登場しました。

他にもガソリンを使えば使うほど排出ガスが発生してしまうので、燃費を減らした「低燃費車」が登場し、注目されています。それぞれに認定制度が導入され、乗員にも理解してもらうためのさまざまな取組が行われるようになりました。

車の環境対策も、cadデータを使ったフリー(無料)ダウンロードを使ってみてください。jww、dwg、dxf、autocad、jwcad、3dcadなどの違いもありますが、軌跡図(軌跡)を知るためにも欠かせません。正面図や側面図などの見え方も違いますし、フリー(無料)ダウンロードでここまで使えるのを驚く人もいると思います。

まとめ cadデータを使いこなすと自動車の奥深さが見える

自動車の安全性能や環境問題への取り組みを中心に紹介しました。自動車に乗っている人も知らないことがたくさんあったのではないでしょうか。自動車の正面図や側面図も、cadデータを使えば、しっかりと軌跡図(軌跡)が追っていけるのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました