ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

547e44b0 7876 4059 a64b a2d2cdca5652 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル 空調設備 ソフト

ダクト圧力損失計算、抵抗計算のフリーソフトです。
矩形、円形ダクトの圧力損失計算、ダクト要素・機器の損失係数計算、直管・弁類・継手類のデータの登録、空調換気設備のダクト抵抗計算、空調・換気ダクトサイズ決定の支援ツール、定圧法によるダクトサイズの決定、基準単位摩擦損失抵抗・基準風速の設定、決定ダクトの実損失抵抗・風速を表示などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

ダクト圧力損失計算、抵抗計算のフリーソフト

ダクトと空気の摩擦で、圧力損失が生じる

空調設備のダクトは、空調や換気用の空気を制限速度以下で流すための管路で、鉄板と保温材で構成されています。ダクトを設置するときの原則は、ダクトの占有率と送風機の動力が最もコストパフォーマンスが良いように、ダクトの形状と経路を選定することです。ダクトを決める手順は、送風量を決めてから等圧法や等速法などでダクトのサイズを決定します。それから、ダクトの最も長い経路に応じた圧力損失と、機器の圧力損失から、送風機の設計圧力を決定します。
ダクト内を空気が流れると、ダクト面と空気の間で摩擦が生じ、これがダクトの圧力損失となります。ダクトの直管部の摩擦損失を求める計算式が、ダルシ―・ワイスバッハの式です。この式から、摩擦損失は、ダクト長さと流速の2乗に比例し、ダクトの径に反比例します。しかし、ダクトは円形だけでなく矩形のダクトも多く使用されます。
そのために矩形ダクトの圧力損失を求める方法が、矩形ダクトから円形ダクトへの換算です。矩形ダクトの長辺と短辺から換算による円形の径を求めますが、換算表も出されています。さらに、ダクトの曲がり・分岐・拡大に対して発生する摩擦損失が、局部摩擦損失です。これは形状ごとに局部摩擦係数が決められていますが、局部摩擦をダクトの直管部として換算して計算することができます。これを局部抵抗相当長さといいます。

ダクト圧力損失計算

ダクト圧力損失計算0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

塩ビ管・鋼管・鋳鉄管・円形・角形ダクトの圧力損失計算を行います。ダクト要素、機器の損失係数計算機能があります。複数のブック、シートを切り替えながら作業ができます。各種図表を収録済みで、直管・弁類・継手類のデータは登録済です。

DuctChecker for Windows(R)

DuctChecker for Windows(R)0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

空調・換気ダクトサイズ決定の支援ツールです。定圧法によるダクトサイズを、簡単に決定できます。基準単位摩擦損失抵抗、基準風速を自由に設定できます。決定ダクトにおける実損失抵抗および風速等を表示します。空調機器や換気ダクトのサイズ計算です。

DP-Calc

DP-Calc0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

ダクト、配管の抵抗や口径を簡単に計算します。ダクトメジャーなどで管口径を求める必要はありません。ダクトや配管の抵抗や口径を簡単に計算することができます。管の口径、延長、器具等の摩擦抵抗により失われるエネルギーを計算します。

建築設備 : 空調・換気ダクトの設計

建築設備: 空調・換気ダクトの設計0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

シックハウス対策や一般換気計算は厄介で、換気・空調のダクト設備の設計確認は、現場監督の大変な労力を要します。それを簡単に処理できるように、ソフト化してあります。データの必要な「行」を複写して貼り付け、必要データを集計すれば設計書ができます。

シックハウス 一般換気の設計 空調・換気ダクトの設計

シックハウス 一般換気の設計 空調・換気ダクトの設計0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

シックハウス対策や一般換気計算を簡単に処理できるように、標準化してソフト化しています。このソフトは、データーの必要な「行」を複写して白紙計算シートに貼り付け、m数などの必要データーを入力して、集計すれば、設計書が出来ます。

ダクト圧力損失計算 エクセル、抵抗計算

空調設備・換気設備では、低速ダクトによる設計が一般的です

空調設備・換気設備では、低速ダクトによる設計が一般的です。ダクト圧力損失計算、保温厚さと放熱量の計算、送風機架台・横置圧力水槽・エアコン架台の構造計算、ポンプ圧送管・管水路・開水路のロス計算など、空調・ポンプのフリーソフトのリンク集です。
ダクトサイズの決定方法は、等圧法が最も計算が簡単で、概算計算を行う場合に適しています。送風機に近い吹出し口、吸込み口と、送風機から遠い吹出し口、吸込み口では、ダクトの抵抗が異なります。等圧法で設計を行うケースでは、留意する点がたくさんあります。
直管・弁類・継手類のデータの登録、空調換気設備のダクト抵抗計算、基準単位摩擦損失抵抗・基準風速の設定、決定ダクトの実損失抵抗・風速を表示など、ダクト圧力損失計算、抵抗計算のフリーソフトです。ダクトサイズが決定すれば、直管部、局部、エルボ・分岐部の圧損が求まります。
等圧法によるダクト設計法について検討します。送風機に近い吹出し口、吸込み口の系統では、ダンパ、シャッタなどで抵抗を増大し風量を調節します。器具、機器の圧損から、ダクト系の全抵抗、送風機の必要静圧が算出できます。




熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算のフリーソフトです。
水タンク・空気ダクトの放熱計算・加熱計算、加熱時間・必要ワット数・放熱による損失熱量の計算、必要な断熱材厚さの計算、保温厚さと放熱量の計算、2次元定常熱伝導解析を行うソフト、空調冷房負荷・熱負荷の計算、空調設備の熱量計算、熱交換器の流体温度・熱伝達率・熱通過率・圧力損失・伝熱諸元の計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。


熱伝導計算、放熱量の計算 フリーソフト

個体間の熱伝導と、流体と個体間の熱伝達がある

空調設備の容量を決めるときには、まず部屋の熱負荷を考えます。熱負荷には、窓ガラスから通過してくる外気温度による熱、人やパソコン機器などが発する熱などがあります。これらの熱負荷に対し室内温度を一定に保つように空調からの送風量を決定することが、空調の容量計算です。容量計算に当たっては、ダクトや配管から熱が流出する熱損失と空調機器自体の熱損失も考慮する必要があります。熱負荷を計算する際に必要なことが、熱がどのように伝わるかです。
熱の伝わり方、すなわち伝熱は、個体間で熱が伝わる熱伝導と、流体と個体間で熱が移動する熱伝達があり、熱伝導と熱伝達が交互に組み合わされて熱が移動します。こうした伝熱を総称して熱通過といいます。2つの流体の間に個体があるとして、2つの流体間を流れる熱量は、2流体の温度差と面積と時間に係数を掛けたものとなりますが、この係数が熱通過率です。2流体の間の個体が幾層かで構成されていれば、この熱通過率はそれぞれの層の熱伝達率・熱伝導率・厚さの関数で示されます。熱伝達率や熱伝導率は、材木やグラスウールなど材料によって決まっているため、メーカーの材料仕様から求められます。

伝熱計算

伝熱計算0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

水タンク、空気ダクトの放熱、加熱計算をします。加熱時間、必要ワット数、放熱による損失熱量、必要な断熱材厚さなどを計算します。熱伝導率が熱の伝わりやすさを表すのに対して、熱抵抗は熱の伝わりにくさを表します。熱抵抗は熱伝導率の逆数に比例します。

簡単熱伝導 2

簡単熱伝導 20 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

解析初心者向けの3層構造に限定した、FEM熱伝導解析アプリケーションです。構造モデルが3層と決まっていますから、データ入力がとても簡単です。層の厚さと材料定数を入力するだけです。非定常解析ができますから、時間変化する現象も手軽に解析可能です。

2次元定常 熱伝導解析

2次元定常 熱伝導解析0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

2次元定常熱伝導解析を行うソフトです。AutoCad2000,2004LTとExcelを使用して、熱伝導を有限要素法で解析します。計算された結果はExcelに転送されるので、結果の加工を容易にさせます。等温線のデータは、AUTOCADに転送され、等温線が作図されます。

2次元 熱伝導解析 セット

2次元 熱伝導解析 セット0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

有限要素法による汎用的な、2次元熱伝導解析ソフトです。有限要素法により温度変化を解析します。定常および非定常の解析が可能です。2次元熱伝導解析と、FEM断面データの2本のソフトから構成されています。熱伝導の式に熱量を代入して計算します。

温度くん 3

温度くん 30 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

2次元のパーソナルな熱伝導解析ソフトです。最大節点数は125です。個人向けの温度解析ツール、学習用として、工夫次第でいろいろなモデルが解けることと思います。伝熱解析は、電子製品の温度分布の把握や製品の小型・軽量化などに用いられます。

熱負荷計算、熱量計算、熱交換器 フリーソフト

熱負荷プロ

熱負荷プロ0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

エアコンの冷房負荷(熱負荷)を、自働計算するソフトです。入力は東西南北の壁の縦横高さと材質及び厚さのみです。その他の計算はデフォルト値を基に自働適合されます。集計単位は旧単位ですので、集計結果を単位変換する必要があります。

熱量計算

熱量計算0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

建築の空調設備の熱量計算をします。コメントに従って、添付データーを入力すると、国交省仕様に順じた熱量計算ができます。部屋では熱量の損失や除去が行われます。熱量の計算、熱負荷の計算を行うことで、冷暖房機器の容量を算出することができます。

空調設備の熱量計算

空調設備の熱量計算0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

計算はシート順に、記入欄の、表示されたコメントに従って、表から選定記入していくと完成します。方位シート、室条件シート、熱通過率、負荷一覧、各室負荷と欄を埋めていきます。熱通過率などの難しいものは、特別な条件以外は、既に例題で多数が作成されています。

建物の空調計画 : 熱量計算

建物の空調計画 : 熱量計算0 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

計算はシート順に、記入欄の表示されたコメントに従って、表から選定記入していくと完成します。方位シート、室条件シート、熱通過率、負荷一覧、各室負荷と欄を埋めるようになっています。熱通過率など特別な条件以外は、既に例題で多数が作成されています。

プレート式熱交換器伝熱予備設計支援ソフト PHEX36

プレート式熱交換器伝熱予備設計支援ソフト PHEX360 - ダクト圧力損失計算 ソフト、空調負荷計算エクセル

プレート式熱交換器の伝熱予備設計に迅速に対応できます。計算で求められるアイテムは、流体温度、熱伝達率、熱通過率、圧力損失、熱交換器概略寸法などです。省エネ(熱回収)用、既設熱交性能チェック等の熱交換器に対する予備計算ソフトとして活用できます。

空調負荷計算、熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算

天井内に設置するダクトは、梁下と天井の間のスヘースを確保します

摩擦抵抗計算、圧力損失計算、下水設計計算、ダクト圧力損失計算、熱量計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。天井内に設置するダクトは、甚だしい偏平ダクトとならないように、梁下と天井の間のスヘースを確保して、必要なケースでは梁貫通なども検討します。
ダクトの計画を行うときの留意点は、たくさんあります。ダクト板の振動はダクト板の増厚保や、金具による補強で防止します。空調機、送風機、吹出し口、吸込み口ができる限り最短距離となるように計画を行います。ダクトの計画は、室内の室温度・気流分布が均一で、一様となるように吹出し口、吸込み口を計画することからスタートします。ダクトスペースは、施工段階だけでなく、竣工後の保守管理にも負荷がかからないように計画します。
加熱時間・必要ワット数・放熱による損失熱量の計算、2次元定常熱伝導解析を行うソフト、熱交換器の流体温度・熱伝達率・熱通過率・圧力損失・伝熱諸元の計算など、熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算のフリーソフトです。

空調システムでは、外気冷房、蓄熱システムの運転制御方法などの検討を行います

空調システムでは、外気冷房、全熱交換器を併用したときの制御方法の検討、蓄熱システムの運転制御方法の検討、複数のエネルギー源の組合せの検討などのシミュレーションを行います。空調・ポンプのソフトは、空調機の床置き・壁取付け架台・架台無しの耐震計算、ポンプ圧送管・管水路・開水路のロス計算ダクト圧力損失計算、サービスタンク・水槽架台の耐震計算などがあります。
エネルギー消費量の予測位を使って、契約方法、季節、時間帯などにより単価が変化する電力会社、ガス会社の料金体系を考慮したランニングコストの計算ができます。ダクト、空調設備、伝熱計算、ダクト圧力損失計算、エアコン容量計算、オイルセパレーターなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。
空調システムは、建築・設備の計画案の比較検討、合理的な空調ゾーニングの検討、機器の部分負荷特性を考慮した台数分割、運転台数制御の検討などについてシミュレーションします。

冷媒方式は、冷媒外気と室内空気との間の熱搬送を行う方式です

機器はコンパクトに工場で製作されているので、設置スベースが小さくなり、運転操作や保守も簡単にできます。冷媒方式は、外気を熱源として、冷媒外気と室内空気との間の熱搬送を行う方式です。冷暖房機器では、夏は冷凍機による冷凍、冬はヒートポンプによる暖房が行われます。
ダクト、空調設備、熱交換器計算、圧力損失計算、熱伝導計算、熱解析、放熱計算、ダクト圧力損失計算、圧損計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。冷媒方式による熱搬送は、空気や水を使用した搬送と比較して、搬送エネルギーを節約できること、冷媒自然循環型の冷媒方式は、蒸発した冷媒は上昇し、液化した冷媒は下降する原理を利用して、圧縮機を使用せず動力なしで、冷媒を自然循環させて冷暖房する方式です。管内熱伝達計算、FEM熱伝導解析、タンクの伝熱計算など、熱伝導計算のソフトです。

ダクトの材料について

空調や換気のための空気を通す管のことをダクトといいます。ダクト材料に必要な条件は、ダクト内を流れる空気を汚染しないこと、ダクト内圧に対して変形を起こさない強度を保つこと、水分や腐食性ガスを含んだ空気に対する耐食性があること、表面が平滑で空気抵抗が少ないこと、不燃材であること、などがあげられます。
ダクトは、用途・使用場所により適切な材料を選ばなければなりません。一般的に使われている材料は、表面処理鋼板である溶融亜鉛めっき鋼板(亜鉛鋼板)であり、その他にもいろいろな材料が使用されています。
ダクトを製作し接続するためには。板材だけでなく鋼材、ボルト、ナット、リベット、タッピンねじ、ガスケット、シール材などの補助材料が使われます。

亜鉛鋼板は、ダクト用として最も多く使われている材料で、空調・換気ダクト系を構成し、ダクトを初めとしてほとんどの部材が亜鉛鉄板を加工してつくられています。
鋼板は、高温空気、ガスなどの薄板の亜鉛鋼板で制作できない溶接ダクトや野外設置のダクト、厨房のフードなどに用いられます。
塩化ビニルライニング鋼板は、水分や腐食性ガスを含む空気を流したりその雰囲気で使われるダクトに用いられます。
グラスウール板は、断熱性と吸音性を併せ持っているため、ダクト系の消音を配慮しなければならないホールやスタジオの天井内部分に用いられます。




◇ よく読まれている関連記事と広告


空調設備 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました