CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ

c4d54647 ecd4 4bb2 a633 a0e3d240d1ef - CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ 配管設備 CADデータ

配管工事の施工に必要な図面は、平面図、立体図、配管系統図、配管アイソメ図です。
配管施工図には、平面図や立体図などがあり、役割に応じて使います。
施工図のひとつである、配管アイソメ図は、配管ルートを立体的に描写したもので、配管接続の要領が明確に理解できます。

CADソフトを使用すれば、アイソメ図を簡単に作図できます。
しかし、作図要領を知っておかなければ、CADソフトを用いてもアイソメ図の作図は難しいでしょう。

このページでは、配管アイソメ図を作成できるソフトを紹介しています。

アイソメ図を作成できるCADソフトの種類は多く、個々に特徴的な機能を有しています。
 ・強度計算との提携機能
 ・平面図、施工図から出図
 ・アイソメ図から施工図を作成
 ・部品仕様と積算システムを連携させ見積もり作成

アイソメ図を作成できるCADソフトには、一定期間、全機能を試せるものがあります。

また記事の後半では、配管アイソメ図がなぜ管理できないのかの問題点を解明し、CADを使ってアイソメ図の作成する解決策も提示しています。

配管アイソメ図を作成できるサイトのリンク集を紹介
それではまず、配管アイソメ図を作成できるソフトの内容を知りたい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。


配管アイソメ図 2Dcadデータのダウンロード

A-PIPING/2D 配管図作成支援ツール
平面図とアイソメ図に特化した、オートCAD、CAD LT専用のソフトです。型鋼、ボルト・傾斜座金等、配管シンボルが数多く収載されています。配管シンボルを自分の好みに色変え、配置する事ができます。継手類フランジなどのライブラリが豊富で、ポケットブックなしでも楽に作図できます。

LPGCad R1
LPG配管図を作成できるCADシステムを紹介しているサイトです。平面配管図やアイソメ配管図、建物図を描けます。LPG配管図を作成するために必要となる、機器シンボルが用意されていて、シンボルの追加も可能です。部材シンボルに属性を設定することで、保安情報などのレポートを出力できます。

aisome CAD
アイソメCADは、ノンスケールの配管立体構造を、アイソメ図で2次元中に描くために使用します。配管同士の接続状態を、分かり易くするため、ノンスケール描画です。配管の寸法線やシンボルを、ドラッグ&ドロップの簡単操作で直接平面図中に描けます。配管シンボルはユーザー独自の追加が可能です。

配管 アイソメ図面 Google
配管アイソメ図面、写真、イラストが、見れます。配管の状態を図示する方法は、正投影法により二次元的に表現する方法と、等角図・アイソメ図により図示する方法があります。配管との接続方法の違いによるバルブ図記号などが掲載されています。


イメージ通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、配管アイソメ図のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
配管アイソメ図、CADデータのまとめサイト


配管アイソメ図がなぜ管理できないのかを解明

配管アイソメ図の管理上の課題は…

配管図面が適正に管理されていないと、配管トラブル発生時に復旧工事を即座に行えないという問題があります。
水道管やガス管などでトラブルが起きれば、甚大な被害をもたらすおそれがあります。
既設配管設備の改造工事を行う場合に、余計な時間とコストがかかってしまうこともあります。
図面が古いままの配管設備の定期工事や改造を行う場合、まず、現場を見て配管アイソメ図の作成を行わなければいけません。
しかし、配管設備は保温施工されているため、配管図を作成するとなれば、保温部材を取り除く必要があるからです。

図面がなぜ古いままなのか、なぜ管理できないのか

設備変更を行う度に、配管図の変更をしていないので、古い図面が残ってしまうのです。
トラブルが起き、図面変更は後回しで緊急工事を行うケースなどは、工事終了後に図面変更を忘れてしまうことがあります。
エリアごとに設備変更の担当部署が異なる場合、部署間の連携がなく、図面の変更ができていないことも原因のひとつです。


引き続き、配管アイソメ図のCADデータやソフトを利用することで、配管図管理の問題点を解決する方法について説明しましょう。


常に最新の配管アイソメ図はCADデータの使用から

アイソメ図を見やすくするポイントは…

配管アイソメ図は、配管図を等角投影法で表すことで、配管ルートを立体的に把握できる図面です。
線やバルブ、継手、計器などの接続部品・接続機器は、記号で表します。
アイソメ図を見やすくするポイントは、平行な配管の向きを合わせ、交叉する配管の前後関係を明確にすることです。

アイソメ図は配管工事や維持管理に必要

配管アイソメ図は、配管設備施工時や、更新・改造工事の既設配管ルート・サイズを変更、追加するときに用います。
日常点検で異常を発見した場合には、配管アイソメ図を用い、配管のルートやサイズ、構成部材などの確認、および、取替などを検討します。

配管アイソメ図を常に最新にする方法は…

配管図面が最新かを確認する確実な方法は、時間を要しますが、配管系統を一点ごとに追うことです。
配管の改造工事を行うときは、図面の承認後に施工するため、工事前に図面を作成しています。
改造を行った際の図面と既存設備の精査を行い、図面を修正しましょう。
複数部署に図面が保管されている場合は、全部署の図面を同時に差し替えることがポイントです。
大規模設備なら、3次元スキャニングで配管系統を把握する方法もあります。

CADデータ、アイソメ図ソフトを使うことで配管図の管理が簡単に

CADソフトなら、配管アイソメ図の作成は容易です。
改造を行った際のデータを残せるので、管理が容易です。
アイソメ図が多い場合は、業務効率化につながります。
配管以外に、フランジやエルボ部材の数を把握できるため、積算、および、見積もりが可能です。
一部の配管アイソメ作図ソフトなら、CADデータや配管仕様から、配管流量や圧力損失などの自動計算が可能です。


まとめ/CADを使ってアイソメ図の作成をさらに強力に

アイソメ図は配管工事に欠かせない強力ツール

配管アイソメ図は、配管工事の管理に必要なツールです。
設備の現状に合致した最新の図面になっていることが重要です。
トラブルで即、緊急工事を行う場合は、最新の配管アイソメ図が欠かせません。

アイソメ図が最新でない場合の対策は…

最新の図面となっていなければ、現場をチェックし図面に反映させます。
過去の設備変更時の図面を元に修正し、図面を最新にしましょう。

アイソメ図の作成はCADを使うとさらに強力に

アイソメ図が多い場合は、CADソフトやアイソメ図作成ソフトを用いることで、管理が容易になります。
CADソフトには、配管平面図からアイソメ図に、アイソメ図から平面図に変換できるものがあります。
CADやアイソメ図のデータから、流量計算・見積作成が可能なソフトがあり、業務の効率化が図れます。




タイトルとURLをコピーしました