現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点

988f792e ba63 4661 aaab 3b784e74f968 - 現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点 未分類

コンクリートポンプ車は、使用頻度の高い重機CADデータの1つです。

コンクリートポンプ車は、現在の建設現場や土木現場には、無くてはならない存在です。コンクリートポンプ車には、大きく分けて2つの種類があります。ミニポンプ車と普通のポンプ車の2つがあります。ミニポンプ車は2tポンプ車~4tポンプ車程度であり、普通のポンプ車は8tポンプ車~25tポンプ車まであります。2t ポンプ車などのミニポンプは、住宅などの比較的小さなコンクリート工事に使います。
特に、4tポンプ車や8tポンプ車が使われます。
メーカーは極東開発工業株式会社・プツマイスターの2社が有名です。

CADデータを使って図面に表す際にも、プレゼンに使用する施工図や、実際に使われる指示書に添付する図面にも多く使われます。

他にも、使用重機の安全対策書類等に用いられたりする等、使用頻度の高い重機CADデータの1つです。そのため、2t ポンプ車などのサイズや圧送能力、極東開発工業株式会社やプツマイスターなどのメーカーの違いははっきりとさせておかなければなりません。

コンクリートポンプ車本体の用途も様々です

建築工事では、建物の基礎の打設や、超高層建築物等に利用されます。
土木工事では、ダム工事や鉄塔基礎工事に使用されることが多い建設車輌です。

車輌形状、搭載されているポンプの設備やブームの長さも様々あり、多くの現場で活用されています。

その為、建築図面や土木図面においても、工事内容に合せたコンクリートポンプ車のCADデータの選定が要求されます。

この記事では、現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点について説明しています。

コンクリートポンプ車のCADデータは、下記の記事で紹介しています。

コンクリートポンプ車 CADデータ、4t 8t

現場に合わせたコンクリートポンプ車CADデータの活用が求められている

現場での使用頻度が高く、凡庸性に優れているコンクリートポンプ車

コンクリートポンプ車は「大は小を兼ねる」の言葉通り、大型車輌でも生コンの使用の少ない現場で活用できます。小型に拘る必要はありません。

また、生コンを送る為に荷台にブームを搭載しているので、高所への生コンの打設や、コンクリートポンプ車を設置した場所から、多少離れた場所への生コンの供給を可能にしてくれます。

しかし、それはあくまで現場での状況判断で行う事なので、計画書や積算用の図面の場合は、現場や工事内容に合致したコンクリートポンプ車のCADデータを使用しなければなりません。

施主や元請けに対し、施工図に合ったCADデータの提出でなければ、図面の正確性や仕事の取り組みに疑いをかけられてしまいます。
例えば2t ポンプ車を使うなら2t ポンプ車のCADデータを、小型なら小型のCADデータを用意しましょう。
そしてできれば、メーカーも極東開発工業株式会社・プツマイスターなど、使う機種に合わせたデータを使用しましょう。

プレゼン用には、3DCAD図データを使用して、客先にわかりやすく丁寧な図面の提出が求められます。

他にも、現場に指示書に添付する図面やコンクリートポンプ車のCADデータを提出する時にも、図面サイズに合わないコンクリートポンプ車のCADデータを使用して提出すると、このサイズのコンクリートポンプ車を用意するのか?という誤解を招く可能性もあります。

現場環境や、使用方法にあったCADデータの使用は重要であり、現場での使用頻度が高く、凡庸性に優れているコンクリートポンプ車だからこそ、図面上においてはしっかりと現場状況に合致した、コンクリートポンプ車CADデータの使用が求められます。無料のフリーサイトなどからCADデータをダウンロードする際には、サイズやメーカー、圧送能力などをしっかり確認しましょう。
また、dwgやjwwといったファイル形式にも注意しましょう。

2種類のコンクリートポンプ車があります

コンクリートポンプ車の主流は、折りたたみ式の4段ブーム付きのブーム車と、ブームを車体に搭載しておらず、直接配管を敷設して生コンを圧送する配管車とがあります。

ブーム車は、高所や配管の難しい場所への生コンの圧送ができ、配管を敷設する作業員の手間も省くことが出来るので、建築、土木に関わらず、あらゆる現場で使用されています。

配管車はブームを搭載していないので車高が低く、アウトリガーなども搭載されていないので、設置に制限のある現場や山間部での作業において、超高圧使用の配管車がよく利用されています。

2種類のコンクリートポンプ車は、それぞれに違った特性を持っているので、図面上にコンクリートポンプ車のCAD図データを落とし込む場合には、圧送能力などを鑑みて現場環境に合ったコンクリートポンプ車のCADデータを落とし込むのが良いでしょう。

たとえば、ブーム車の場合、ブームの長さは、輸送できる架装シャシの重量で変わります。そのため、cadで図面を作成する際には、架装シャシにも注目してブームの長さを把握しましょう。一般的には、2tポンプ車で11メートル、4tポンプ車で16から18メートル、8tポンプ車で21~26メートルなどとなっています。


続いて、現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点についてお伝えしましょう。

 

現場の使用状況に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方

車輌寸法、ブーム寸法に注意が必要

建築工事では、主に、折りたたみブーム付きのコンクリートポンプ車を使用します。

車輌のサイズも大小ありますので、CADデータを使用する際には、サイズだけではなく、建築現場の大きさや圧送能力、コンクリートの打設量、メーカーも考慮したコンクリートポンプ車の選択が必要です。

極東開発工業株式会社・プツマイスターなど、車輌メーカーの提供CADデータは勿論のこと、無料でダウンロードできるフリーCADデータサイトや、重機リース会社のホームページ等もよくチェックしましょう。CADデータには、jwwやdwgといったファイル形式があるので、使用しているcadソフトに対応しているものを選びます。jwwは「jw_cad」、dwgは「Auto cad」というcadソフトに対応しているファイル形式です。

建設現場だからと言って、主流の4段ブーム車を使用するとは限りません。

高さ制限や幅員に制限のある建設現場では、ブーム車は車高やアウトリガーの設置の点で問題があるので利用には向きません。

また、高層ビル建設の場合もブームが届きませんので、この様な場合には、配管車が現場ではよく利用されます。

図面上に落とし込む際には、この点をよく注意して、コンクリートポンプ車CADデータを選定して、図面に落とし込みましょう。

使用状況をヒアリングしてからCADデータを選択しましょう

3DCADデータの場合、依頼者や住民説明会といった場面において、相手に解りやすく、納得のいく図面に仕上げなければなりません。

無料のフリーサイトから、安易にコンクリートポンプ車のCADデータをダウンロードして落とし込むのではなく、施工管理者などの現場担当者に、使用状況をヒアリングしてからCADデータを選択しましょう。そうでなければ、サイズやメーカーの違いは顕著に出てしまいます。極東開発工業株式会社・プツマイスターは決して同じ機体ではありません。

コンクリートポンプ車は、ほとんどの現場で利用します。

車高、幅、ブームの寸法、圧送能力等を考慮した上、建造物の種類や現場の状況も鑑みながら、図面にCADデータを利用するようにしましょう。

 

コンクリートポンプ車の作業範囲が変わる。2t・4t・8tポンプ車

建設現場などで使われている「コンクリートポンプ車」といえば、大きく迫力もある力強い存在です。小さなものだと2t程度の小型のもあれば、4tポンプ車や8tポンプ車など種類もたくさんあり、最大25t級のコンクリートポンプ車も存在します。具体的な役割や働き、仕組みについても説明します。

コンクリートポンプ車はブームを使って送り出す

コンクリートポンプ車は別名「コンクリート作業車」と呼ばれることもあります。同じコンクリートポンプ車と言ってもブームがついているタイプもあれば、ついていないものもあります。

コンクリートポンプ車は後方についている、40mもの長いブームを使います。ポンプを使って作業を行うことからこの名前で呼ばれています。離れた場所や高い場所にコンクリートを送り出す役割を担っています。

コンクリートポンプ車が打設箇所に近寄れない場合でも、問題なく作業を進められます。40m以上の高さになるとコンクリートポンプ車だけでは対応できなくなるので、手動で配管を引いてポンプのみを設置して使うこともあります。

コンクリートポンプ車の大きさによっても対応できる作業範囲や圧送能力が変わります。例えば一番小柄な2tは11m程度、4tポンプ車になると16m~18m、8tポンプ車になると21m~26mまでブームを伸ばせます。

コンクリートポンプ車には種類がたくさんあり、世界には最大60m以上の範囲をカバーできるものもあります。他にもミキサー車の役割を担っているコンクリートポンプ車もあります。幅広い機能を搭載するなど、常に進化し続けています。

また、ブームのついていないタイプは、配管車と呼ばれておりポンプから配管を直接敷設して圧送しコンクリートを送ります。アウトリガーもないので、作業スペースをほとんど取ることもありません。

作業スペースも通常のトラックとも変わりません。高さ制限のある場所だったりするなど、超高層ビルなどの作業にも使われています。圧送能力など機能性の高い超高圧仕様の配管車もあるなど、使う場所によってさまざまな形があるのも特徴です。

コンクリートポンプ車などのcadデータは、効率的な図面を作成するのに欠かせません。
フリーのcadデータをダウンロードして説得力のある図面を作りましょう。

コンクリートポンプ車の基本構造は5つからなる

コンクリートポンプ車の基本構造は「運転席」「ブーム」「アウトリガー」「操作パネル」「ホッパ」になります。運転席は主に運転のみを行う場所になり、ブームの操作は行いません。

ほとんどトラックと同じ形になるので、トラックの運転に慣れている人には問題ありません。4tポンプ車や8tポンプ車でもこのあたりについては違いはなく、基本的にブームを移動するなど動かすのは後方にある「操作パネル」です。

ブームには4tポンプ車や8tポンプ車などの種類によっても違いますが、現在の主流は4つ折にたためるものになり、コンパクトな外見をしています。それなのに40mもの長い範囲までコンクリートを運べるので、驚く人もいるのではないでしょうか。

アウトリガーは、ブームを使用するときに車が傾かないように安定させる役割があります。張り出し脚のような役割をしているため、設置する際に大きな幅がないと対応できないこともあります。

コンクリートポンプ車は取り扱いが難しい部分もあり、風の影響を受けやすいこと操作方法も簡単とはいえません。ブームによって軽量化されているものもあり、他の車体を運転したことがある人でも難しく感じることもあります。

それぞれの構造に役割があるので、一つとして欠けてしまうと、コンクリートポンプ車として機能しなくなってしまいます。

また、コンクリートポンプ車には「ピストン式(押し出し式)」と「スクイーズ式(絞り出し式)に分類されます。ピストン式は、コンクリートピストンが後退するときに、ホッパ内にある生のコンクリートをシリンダの中に吸い込ませます。

前に進むときに押し出し圧送する仕組みになります。スクイーズ式は円筒ドラムの内側にセットしたチューブを歯磨きのように、ローラで絞り出しながら圧送します。それぞれにコンクリートを無駄なく排出してくれる優れた方法といえます。

cadデータを使えば、無料のフリー図面のダウンロードもできるので、図面を書くときにも便利です。Cad図は慣れてしまえばさまざまなところに使えます。小型の4t・2t ポンプ車や極東開発工業株式会社・プツマイスターなどが揃っています。また、どのように機械を配置できるのか、jwwなどのcadデータをダウンロードして活かすこともできます。

コンクリートポンプ車はどんな用途で使われるの?

コンクリートポンプ車の4tポンプ車や8tポンプ車具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。建設現場などでよく見かけますが、主にビルの基盤工事のコンクリート詰めに使い、道路の崖崩れの防止工事などに使われます。

ブームは縦だけでなく横にも大きく伸ばせるので広い範囲をカバーできます。長いブームとホースを使いながら狙っている場所にコンクリートをしっかりと流し込んでいきます。ホースの先端は職人さんが手動でコントロールするため、熟練の技が必要になります。

コンクリートポンプ車のなかにあるコンクリートは、トラックのミキサー車から挿入されたものを使います。車体の後ろにあるホッパを開閉してコンクリートを流しこみ使います。ミキサー車は一緒に使われる機会が多く、セットのようなものです。

使われるコンクリートは、主に「フレッシュコンクリート」もしくは「生コン」と呼ばれるものになり、PTOポンプで発生させた油圧力を使い、ドロドロとした形状のものを固まらないように混ぜながら運んでいきます。

また、その機能を生かして過去に災害支援を行った例もあります。過去、ナホトカ号重油流出事故が起きました。重油を取り除く作業としてスクイーズ式のポンプを使い逆転させ回収した事例もあります。他にも福島で燃料棒冷却の放水にも役立つなど、柔軟に対応できる機能もありさまざまな場所で活躍しています。

これだけ優秀なコンクリートポンプ車もcadデータやcad図でみると、いろいろな発見があります。Jwwなどのcadデータにフリーダウンロードとして使用することで、無料の図面も手に入ります。Cad図で困っている人にとっても無料だと役立ちますね。極東開発工業株式会社・プツマイスターなどメーカー別、あるいは4t・2t ポンプ車、小型など重量別で揃っています。

コンクリートポンプ車は誰でも運転できるのか?

コンクリートポンプ車は、高い技術を必要とします。また、労働安全衛生法によって厚生労働省が定めた法律があり、危険性がある有害な業務に労働者を働かせるときは、その業務に関する、安全または衛生のための特別な教育を行わなくてはいけないとしています。建設機械のなかには22種類が該当しますが、そのなかの一つにコンクリートポンプ車も含まれます。

そのため、車両系建設機械の作業装置に関わる特別教育を修了していることが条件として定められています。この資格は小型、2t ポンプ車、4tポンプ車や8tポンプ車どれも関係なく“重量無制限”になり、どんなポンプ車の操作にも対応できます。もちろん、この資格とは別に車の免許を持っていることも運転するうえでは必須になります。

Cadの図面を使えば、無料のフリー図面などもあり活用できます。余計な費用をかけずにCadを取り込みたい人にとってもフリー(無料)で使えるのは大きいですね。フリーCADのjwwデータならもっといいですね。極東開発工業株式会社・プツマイスターなどメーカー別、小型などサイズ別のデータも揃っていますよ。

コンクリートポンプ車は建設現場に関わらず、さまざまなところで活躍しています。所定の資格が必要なものにはなりますが、災害時にも活躍できる優秀な車といえるのではないでしょうか。Cadを無料のフリーデータで落とし込む際は、メーカーやサイズ、圧送能力などを十分に確認したうえでダウンロードを行うようにしてくださいね。

 

コンクリートポンプ車のCADデータのリンク集まとめ
次のページでは、コンクリートポンプ車のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
コンクリートポンプ車のCADデータのリンク集まとめ

 

 

タイトルとURLをコピーしました