建設・土木工事に需要の多いコンクリートポンプ車のCADデータ

988f792e ba63 4661 aaab 3b784e74f968 - 建設・土木工事に需要の多いコンクリートポンプ車のCADデータ 運搬機械 CADデータ

コンクリートポンプ車は、使用頻度の高い重機CADデータの1つです

コンクリートポンプ車は、現在の建設現場や土木現場には、無くてはならない存在です。コンクリートポンプ車には、大きく分けて2つの種類があります。ミニポンプ車と普通のポンプ車の2つがあります。ミニポンプ車は2tポンプ車~4tポンプ車程度であり、普通のポンプ車は8tポンプ車~25tポンプ車まであります。ミニポンプは、住宅などの比較的小さなコンクリート工事に使います。
特に、4tポンプ車や8tポンプ車が使われます。

CADデータを使って図面に表す際にも、プレゼンに使用する施工図や、実際に使われる指示書に添付する図面にも多く使われます。

他にも、使用重機の安全対策書類等に用いられたりする等、使用頻度の高い重機CADデータの1つです。

コンクリートポンプ車本体の用途も様々です

建築工事では、建物の基礎の打設や、超高層建築物等に利用されます。
土木工事では、ダム工事や鉄塔基礎工事に使用されることが多い建設車輌です。

車輌形状、搭載されているポンプの設備やブームの長さも様々あり、多くの現場で活用されています。

その為、建築図面や土木図面においても、工事内容に合せたコンクリートポンプ車のCADデータの選定が要求されます。

コンクリートポンプ車のCADデータをまとめて紹介
このページでは、コンクリートポンプ車のCAD図データのリンク集をまとめて紹介しています。
ダウンロードしたデータは、図面や施工図の作成の際に活用してください。


記事の後半では、現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点について説明しています。


現場に合わせたコンクリートポンプ車CADデータの活用が求められている

現場での使用頻度が高く、凡庸性に優れているコンクリートポンプ車

コンクリートポンプ車は「大は小を兼ねる」の言葉通り、大型車輌でも生コンの使用の少ない現場で活用できます。

また、生コンを送る為に荷台にブームを搭載しているので、高所への生コンの打設や、コンクリートポンプ車を設置した場所から、多少離れた場所への生コンの供給を可能にしてくれます。

しかし、それはあくまで現場での状況判断で行う事なので、計画書や積算用の図面の場合は、現場や工事内容に合致したコンクリートポンプ車のCADデータを使用しなければなりません。

施主や元請けに対し、施工図に合ったCADデータの提出でなければ、図面の正確性や仕事の取り組みに疑いをかけられてしまいます。

プレゼン用には、3DCAD図データを使用して、客先にわかりやすく丁寧な図面の提出が求められます。

他にも、現場に指示書に添付する図面やコンクリートポンプ車のCADデータを提出する時にも、図面サイズに合わないコンクリートポンプ車のCADデータを使用して提出すると、このサイズのコンクリートポンプ車を用意するのか?という誤解を招く可能性もあります。

現場環境や、使用方法にあったCADデータの使用は重要であり、現場での使用頻度が高く、凡庸性に優れているコンクリートポンプ車だからこそ、図面上においてはしっかりと現場状況に合致した、コンクリートポンプ車CADデータの使用が求められます。無料のフリーサイトなどからCADデータをダウンロードする際には、しっかり確認しましょう。
また、dwgやjwwといったファイル形式にも注意しましょう。

2種類のコンクリートポンプ車があります

コンクリートポンプ車の主流は、折りたたみ式の4段ブーム付きのブーム車と、ブームを車体に搭載しておらず、直接配管を敷設して生コンを圧送する配管車とがあります。

ブーム車は、高所や配管の難しい場所への生コンの圧送ができ、配管を敷設する作業員の手間も省くことが出来るので、建築、土木に関わらず、あらゆる現場で使用されています。

配管車はブームを搭載していないので車高が低く、アウトリガーなども搭載されていないので、設置に制限のある現場や山間部での作業において、超高圧使用の配管車がよく利用されています。

2種類のコンクリートポンプ車は、それぞれに違った特性を持っているので、図面上にコンクリートポンプ車のCAD図データを落とし込む場合には、現場環境に合ったコンクリートポンプ車のCADデータを落とし込むのが良いでしょう。

たとえば、ブーム車の場合、ブームの長さは、輸送できる架装シャシの重量で変わります。そのため、cadで図面を作成する際には、架装シャシにも注目してブームの長さを把握しましょう。一般的には、2tポンプ車で11メートル、4tポンプ車で16から18メートル、8tポンプ車で21~26メートルなどとなっています。


続いて、現場に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方と注意点についてお伝えしましょう。


現場の使用状況に合ったコンクリートポンプ車CADデータの選び方

車輌寸法、ブーム寸法に注意が必要

建築工事では、主に、折りたたみブーム付きのコンクリートポンプ車を使用します。

車輌のサイズも大小ありますので、CADデータを使用する際には、建築現場の大きさや、コンクリートの打設量も考慮したコンクリートポンプ車の選択が必要です。

車輌メーカーの提供CADデータは勿論のこと、無料でダウンロードできるフリーCADデータサイトや、重機リース会社のホームページ等もよくチェックしましょう。CADデータには、jwwやdwgといったファイル形式があるので、使用しているcadソフトに対応しているものを選びます。jwwは「jw_cad」、dwgは「Auto cad」というcadソフトに対応しているファイル形式です。

建設現場だからと言って、主流の4段ブーム車を使用するとは限りません。

高さ制限や幅員に制限のある建設現場では、ブーム車は車高やアウトリガーの設置の点で問題があるので利用には向きません。

また、高層ビル建設の場合もブームが届きませんので、この様な場合には、配管車が現場ではよく利用されます。

図面上に落とし込む際には、この点をよく注意して、コンクリートポンプ車CADデータを選定して、図面に落とし込みましょう。

使用状況をヒアリングしてからCADデータを選択しましょう

3DCADデータの場合、依頼者や住民説明会といった場面において、相手に解りやすく、納得のいく図面に仕上げなければなりません。

無料のフリーサイトから、安易にコンクリートポンプ車のCADデータをダウンロードして落とし込むのではなく、施工管理者などの現場担当者に、使用状況をヒアリングしてからCADデータを選択しましょう。

コンクリートポンプ車は、ほとんどの現場で利用します。

車高、幅、ブームの寸法等を考慮した上、建造物の種類や現場の状況も鑑みながら、図面にCADデータを利用するようにしましょう。



タイトルとURLをコピーしました