ダンプトラックのCADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと

192e8279 fe2d 4eb5 9f7a bb477ce3eb6c - ダンプトラックのCADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと 運搬機械 CADデータ

コンピューターを利用して機械や建築などの図面を描くCADは、様々な分野で活用されています。

特に、手書きでは難易度が高く手間のかかるダンプやトラックのCADデータは貴重です。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものはダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。また、整地されていない土地を走るのに適したキャリアダンプもあります。

トラックには日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。

実際の建設車両のCAD図・イラストデータデータを利用すればプレゼン資料はリアリティが増し、建築パースのスケール感が伝わりやすいというメリットもあります。
ダンプやトラックのCADデータは、建設工事のシミュレーションや道路使用許可に必須のデータです。CADデータには、dxf・dwg・jwwといった種類のファイルがあります。

このページでは、ダンプやトラックのCADデータ、イラストデータのリンク集を紹介しています。

リンク集には、2t、4t、10tトラックなどの汎用性が高いもの、各メーカーごとの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

ダンプやトラックの形状も豊富にそろっているので、お探しのイメージに合ったCADデータを手に入れることができるでしょう。フリーで無料ダウンロードできるものもあります。

こちらの記事の後半部分では、ダンプトラックCADデータの問題点・イメージ通りのCADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なことなどについて説明しています。

それではまず、dxf・dwg・jww などのCADデータがすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
ダンプやトラックのフリー無料CADデータ、規格寸法図、仕様書、旋回軌跡図、カタログのダウンロードができます。


  1. ダンプ・トラック 2Dcadデータのダウンロード
    1. イマギイレ
  2. ダンプ・トラック 3Dcadデータのダウンロード
    1. Hum 3D
  3. ダンプトラックのCADデータ探しは多くの情報が必要で難しい
    1. ダンプトラックのCADデータは多種の情報が必要
    2. ダンプやトラックのCADデータは探すのが難しい
    3. 目当てのCADデータが見つからない時は検索方法を変える
    4. 製作物に合わせて解像度などの優先項目を変える
    5. 商用利用可能なデータと意匠権に注意
    6. まとめ/CADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと
      1. 目的通りのダンプトラックのCADデータを探すコツ
      2. 目当てのCADデータが見つからない場合に大事なこと
  4. トラックの安全性に貢献する旋回軌跡図とCADデータをチェック
    1. 多種多様なトラックの軌跡を求める旋回軌跡図
    2. ダンプカーの主な取り扱いメーカーは日野トラックや三菱ふそう
    3. ダンプカーのcadデータや平面図・正面図などがダウンロードできる
    4. フルトレーラーと呼ばれる車両は平ボディのトラック
    5. タンクローリーは石油やガスなどを運搬している車両
    6. 材木を運搬するトラックはヤンマーなどの農機具メーカーが取り扱っている
    7. トラック後方にある荷台部にタンクを備えているバキュームカー
    8. その他のトラック車両はこんなにある
    9. 高床と低床、最近では低床トラックの人気が高まっている
    10. トラックの積載量による区分、小型・中型・大型トラック
    11. トラックの軌跡図は安全面に貢献している
    12. 平ボディや低床トラックなどの軌跡を確認する
    13. トラックの立面図や正面図、軌跡図をダウンロードしてみよう
  5. トラックの基本構造とボディ、主要諸元表と運転免許
    1. トラックの基本構造と乗用車との違い
    2. トラックのボディと特徴
    3. 主要諸元表の見方
    4. トラックの運転免許の分類

ダンプ・トラック 2Dcadデータのダウンロード

イマギイレ

イマギイレ
建設機械、環境リサイクル機械、情報化施工機器、微細水ミスト噴霧器などの幅広い商品を取り扱っています。ダンプや移動式クレーンなどの建設車両の仕様や写真、車両外観図などが掲載されています。商品は、カテゴリ別に分けられて見やすく、写真も豊富で目的の商品を見つけやすくなっています。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものをダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。また、整地されていない土地を走るのに適したキャリアダンプもあります。

ダンプ・トラック 3Dcadデータのダウンロード

Hum 3D

Hum 3D
車のモデルのクリップアートを中心とんした、3Dモデルを購入できるサイトです。ユニック車・トラッククレーン、クローラクレーン、ホイールローダーなどの3Dデータがあります。そのほか、家具、自動車部品、動物などの、車以外のデータも豊富に取り揃えています。


思い通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトからダウンロードしてください。
次のサイトでは、ダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプ・トラック、CADデータのまとめサイト



ダンプトラックのCADデータ探しは多くの情報が必要で難しい

ダンプやトラックのdxf・dwg・jwwの CADデータを探す際には必要になる情報が多く、目的に合うCAD図データを探すのが難しいです。以下に、注意しておきたいポイントを紹介します。

ダンプトラックのCADデータは多種の情報が必要

ダンプトラックは荷台を上げたときの高さ・クレーンの伸長幅などがわかる規格寸法図や平面図・立面図・正面図・旋回軌跡図などの図面が必要になってきます。
メーカーによってデザインや形状が異なるため、使用する図面の用途に合わせたCADデータを見つけなければなりません。
トラックには日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものをダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。また、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。また、整地されていない土地を走るのに適したキャリアダンプもあります。

ダンプやトラックのCADデータは探すのが難しい

ダンプやトラックのCADデータは、乗用車やバスより形状が複雑なことから制作の難易度が高く、CADデータ自体が少ないという難点もあります。
トラックやダンプは必要な企画寸法図や平面図・正面図などのCADデータが見つからないこともあります。
フリー利用できる無料のCADのデータサイトは、商用利用や意匠権の問題に注意が必要です。
意匠の権利がクリアされていないデータは、トラブルに発展する可能性があるため注意してください。


CADデータを利用する際の問題解決法について
平面図・正面図・旋回軌跡図といった図面作成など、目的に合ったダンプやトラックのCADデータを探して、利用する際の問題点を解決するにはどうすればいいか、次の項目で解説します。


目当てのCADデータが見つからない時は検索方法を変える

ダンプやトラックの平面図・正面図などのCADデータを探すときには、車種やメーカー名・データ形式を指定すると希望のものを見つけやすくなります。
同じCAD図データでも、dxf・dwg・jww 、PNG、PDF、JPEGなど、様々なファイル形式が存在するため、確認してください。
探す順番はメーカー公式サイト、他国内サイト、海外のサイトで検索するのがおすすめです。
トラックには日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。

製作物に合わせて解像度などの優先項目を変える

CADデータの扱いに慣れていないと、目的に合わないCADデータを選んでしまうケースがよくあります。
ダンプトラックの用途によって、必要になるデータの解像度が異なることは知っておきましょう。
例を挙げると、旋回軌跡図や施工計画書などの図面作成に高い解像度は必要ありません。
むしろ作業効率を高めるためには、容量の軽いデータが適しています。
しかし、印刷物に使用するためのデータには、ある程度高解像度のデータが必要になります。
3DCADのモデリングの際は、データ容量が大きくなりすぎないように調整しましょう。

商用利用可能なデータと意匠権に注意

業務上でCAD図データを利用する場合は、商用利用が可能かどうかと意匠権の確認が必要です。
フリーの無料CADデータサイトにも商用利用可能データはありますので探してみてください。
意匠権とは、形状、色彩、模様など、外観のデザインの権利で、登録から20年間設定されています。
両方ともよく確認しなければトラブルにもなりかねません。
商用利用権や意匠権をクリアしたCADデータを探すためには、信頼できるサイトからダウンロードするようにしてください。
きちんとした素材サイトであれば、商用利用権や意匠権について必ず明記されているため、そのCADデータがどんな用途で使えるかを確認することができます。

まとめ/CADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと

乗用車に比べて、ダンプやトラックのCADデータは手軽に利用できるものが少ないです。
各箇所の長さなどの情報量が多く、それが検索の難易度を上げています。

目的通りのダンプトラックのCADデータを探すコツ

検索キーワードは、車種やメーカー名、データ形式などを入力してください。
トラックには日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーがよく知られていますが、ダンプ・トラックのメーカーは日野ダンプが有名です。
トラックには荷台の四方が開く平ボディタイプ、床の高さが低い低床トラックなど、分類の方法によってさまざまな名称のものがあります。荷台が傾斜するものをダンプ・トラックまたはダンプカーとよばれています。また、整地されていない土地を走るのに適したキャリアダンプもあります。
トラックは積載量によって2t・3t・4t・6t・7t・8t・10t・11t・15tトラックなどがあり、10t~15t程度のものを大型トラックといいます。また、ダンプカーには2t・3t・4t・8t・10tダンプカーがあります。
メーカー公式サイト、他国内サイト、海外のサイトという順番で検索すると見つけやすいため、ぜひ試してみてください。
用途に合う解像度のものを検索すると、作業効率や仕上がりがうまくいきます。

目当てのCADデータが見つからない場合に大事なこと

イメージ通りのデータが見つからなくても、業務に使う場合は必ず商用利用可能なCADデータを使用するようにしてください。
まれに素材によっては改変可能なCADデータもあるので、それをベースに自作することができます。
ダンプトラックのCADデータを使った添景や図解は、制作物のメインではないので、似たデータで工夫するとよいでしょう。
自動車には20年の意匠権があるので、実在する車種のCADデータを使用する際は、意匠権がクリアされているものか確認することが重要です。


トラックの安全性に貢献する旋回軌跡図とCADデータをチェック

多種多様なトラックの軌跡を求める旋回軌跡図

cadで図面を表す時に、多種多様なトラックを取り扱う事があるはずです。再開発地域では街中を走る特殊トラックが、作業場や現場ではクレーン車などのトラックが、土木などの現場では1tトラックや2tトラックといったダンプカーなどをcad図で扱われることでしょう。
トラックというと、大型トラックや小型トラックといった種別や平ボディや低床トラック、2tトラック、3tトラックといった積載量の区別、さらには日野トラックや三菱ふそうといったメーカーでの区別などがあります。
ここでは、cad図で図形や図面を表す時や、車両の軌跡を表す軌跡図・旋回軌跡図などといった図面を利用・作成する時、また平面図や正面図を活用することが多いであろうトラックについて記述します。

ダンプカーの主な取り扱いメーカーは日野トラックや三菱ふそう

荷台に傾斜をつけることにより積荷を積み下ろす、いわゆるダンプする装置が備わっているトラックをダンプカーといいます。ダンプカーは工事現場や砕石現場など、主に産業廃棄物や土砂・石を運ぶ時に活用されます。そのため、工事現場などのcad図面作成では、必ずと言ってよいほどcadデータが必要となるトラックと言えます。ダンプカーのことを「ダンプ」と略して呼ぶこともあります。「ダンプ」と言われればダンプカーと捉えて間違いはないでしょう。
ちなみに、ダンプする車でダンプカーという名前は和製英語です。ダンプは「どさっとおろす」という意味があり、ダンプカーという英語は日本語で言うところの「鉄道車両」となります。ダンプカーを英語で表現するのであれば、ダンプするトラックという意味で「ダンプ(dump)トラック(truck)」と表記します。
ダンプカーは2tトラック・3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラックといった小・中型車両から、10tトラック・11tトラック・15tトラックといった大型トラックまで多種多様です。
取り扱いメーカーも日野トラックや三菱ふそうなど、数多くのメーカーが手掛けています。

ダンプカーのcadデータや平面図・正面図などがダウンロードできる

ダンプカーは、種類の多さや扱うメーカーの多さから、cadデータや平面図・正面図などがメーカーサイトだけではなく、フリー素材がダウンロードできる無料のcadデータを取り扱うサイトでも数多く見ることができます。
小型トラックから大型トラックまで、ダンプカーには非常に多くのcadデータが存在するため、2tトラック・3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラック・10tトラック・11tトラック・15tトラックそれぞれの図形やcadデータを混同しないように注意しましょう。

フルトレーラーと呼ばれる車両は平ボディのトラック

フルトレーラーは、トレーラーの荷重が牽引される側の車両ではなく、トレーラーそのものがほとんど担っているトラックです。一般的にフルトレーラーと呼ばれる車両は、平ボディのトラックとなります。
車体の形状により、「バンフルトレーラー」、「冷凍冷蔵フルトレーラー」など名称が変わります。
平ボディのフルトレーラーは、屋根が備わっていない分、荷物を多く積むことが可能です。そのため、2tトラックといった小型トラックから、3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラックなどの中型、10tトラック・11tトラック・15tトラックなどの大型まで多くの種別で見ることができます。

タンクローリーは石油やガスなどを運搬している車両

液体だけではなく、個体や気体などを運搬するトラックがタンクローリーです。街中などでよく見かけるタンクローリーは、石油やガスなどを運搬している車両だと思います。また、積載量の面から見ると、大型車やセミトレーラの車両をよく見かけます。
日本車輌製造や昭和飛行機工業、新明和工業、東邦車両などが国内の主なメーカーです。

材木を運搬するトラックはヤンマーなどの農機具メーカーが取り扱っている

材木を運搬するトラックです。山間部などで切り出した原木などを製材所や材木置場などに運搬します。原木を積み込む作業が伴うため、クレーンやアームといった装備を備えています。
公道を走れる車両以外にも、工場や作業場などのみで活躍を見せるクローラータイプの車両も存在します。
小型のものになると、建機メーカーよりもヤンマーなどの農機具メーカーが取り扱っている場合が多く、cadデータや平面図・正面図なども各農機具メーカーで取り扱っています。

トラック後方にある荷台部にタンクを備えているバキュームカー

トラック後方にある荷台部にタンクを備えており、吸引ホースで液体などを吸い込む車を「バキューム車」または「吸引車」と呼びます。
糞尿の収集だけに利用されると思われがちですが、実はタンクの清掃や汚泥の回収、河川の浚渫などにも活用されています。そのため、土木作業場のcad図などでは、度々cadデータが必要になる車両です。
国内の取り扱いメーカーは、モリタエコノス、新明和工業、東邦車輛などが存在します。

その他のトラック車両はこんなにある

その他にも清掃車、バルク車、コンテナトレーラートラック、マルチトレーラートラック、カーキャリアといったそれぞれの産業に特化したトラックや、郵便車や集配車、移動図書車など生活に密着したトラックも存在します。
また、コンクリートミキサー車や散水車、保線用軌陸車、高所作業車、トラックショベルなど、土木作業現場で多く見かけるトラックも、cadで図面を作成する時には多く利用するトラックだと言えるでしょう。

高床と低床、最近では低床トラックの人気が高まっている

トラックには高床トラックと低床トラックがあります。これは、車両の違いやメーカーの違いによる種別ではなく、トラックの床の高さの違いによるものです。
一般的には日野トラックや三菱ふそうといった販売元が提供した規格のままですが、タイヤの大きさを変更して、あえて高床トラックを低床トラックにする場合もあります。
それは、高床トラックはタイヤが大きいため、荷台などに振動が強く伝わりやすいというデメリットがあるからです。荷物の運搬や破損しやすい部材を取り扱う場合、低床トラックの方が揺れに対するリスクが少ないのです。
また、低床トラックは荷物の積み下ろしなどの負担も軽減されるため、最近では低床トラックの人気が高まっているといわれています。

トラックの積載量による区分、小型・中型・大型トラック

積載量による区分は、用途による種別やメーカーによる違いはなく、どのトラックにおいても同様です。
2tトラック以下のトラックを小型トラック、3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラックを中型トラック、10tトラック・11tトラック・15tトラックなど10tを超えるトラックを大型トラックと呼びます。

トラックの軌跡図は安全面に貢献している

cad図面の活躍の場は、作業場の配置確認やクライアントへのプレゼンだけではありません。トラックの軌跡を表す軌跡図や旋回軌跡図は、作業場などの安全面で非常に重要な役割を担っています。
2tトラックなどの小型トラックよりも、3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラックの中型トラックが、3tトラック・4tトラック・6tトラック・7tトラック・8tトラックの中型トラックよりも10tトラック・11tトラック・15tトラックといった大型トラックのほうが軌跡は大きくなります。そのため、軌跡図や旋回軌跡図の図形もおのずと大きくなるので注意が必要です。
さらには、10tトラック・11tトラック・15tトラックといった大型トラックよりも16t以上の超大型トラックのほうが軌跡は大きくなるのです。

平ボディや低床トラックなどの軌跡を確認する

平ボディや低床トラックなどの違いによっても、トラックの軌跡は変わってきます。cad図などで軌跡を表す軌跡図や旋回軌跡図などを図形で作成する時には、平ボディなどのcadをダウンロードするのに合わせて、平面図・正面図といった平ボディなどのcadをダウンロードしておくと良いでしょう。

トラックの立面図や正面図、軌跡図をダウンロードしてみよう

cadで図面を作る時に良く見る「dxf」、「dwg」、「jww」といった拡張子は、cadデータの代表的な拡張子です。そのため、「dxf」、「dwg」、「jww」が扱える環境であれば、版権フリーのcadデータなど無料提供しているサイトを見つけるのは難しくありません。また、トラックの「dxf」、「dwg」、「jww」といったcadデータやcad図であれば、フリーダウンロードサイトなどで見つけるのは難しくないはずです。
ただし、軌跡を表す軌跡図や旋回軌跡図などは、日野トラックや三菱ふそうといったトラックを取り扱うメーカーであっても提供していない場合があります。加えて、軌跡を表す軌跡図や旋回軌跡図は、無料cadデータをフリーダウンロードできるサイトなどでも取り扱いが少ないのが現状です。
こういった存在しないデータを扱いたい場合は、日野トラックや三菱ふそうなどのメーカーが無料提供しているcadデータや、フリーダウンロードのサイトに頼るのではなく、カタログなどの性能表や車両の図面・平面図・正面図を活用して自作をする必要があります。
トラックの平面図や正面図といった図形は、日野トラックや三菱ふそうおよび無料のcadダウンロードサイトなどで「dxf」、「dwg」、「jww」で提供されている場合があります。場合によっていはフリーデータが「dxf」、「dwg」、「jww」ではなく「jpg」などの画像データで無料ダウンロードが可能な場合もあるでしょう。そういった場合は、jpgデータや性能表などを基にして、平面図や正面図といった図形を自作しましょう。その際に、「dxf」、「dwg」、「jww」などの形式で保存しておけば、汎用性が高いデータとなります。


トラックの基本構造とボディ、主要諸元表と運転免許

トラックの基本構造と乗用車との違い

トラックを扱う際には、各部位の名称と機能を知っておくことが大切です。そこで、トラックの名称と各部品を確認していきましょう。特に通常の乗用車と違う部分は要チェックです。
まず、車両積載量8t以上、もしくは最大積載量が5t以上のトラックにはキャブの上に速度表示灯という黄緑色のライトが3つついています。1つだけ点灯している場合は40km/h以下、2つだと40~60km/h、3つだと60km/h以上であることがすぐにわかります。日野ダンプを始めとするダンプカーは、2tダンプカー、3tダンプカー、4tダンプカー、8tダンプカー、10tダンプカーと各種ありますが、8tダンプカーと10tダンプカーには必ず速度表示灯がついています。
通常の乗用車と違う部分は他にもあります。例えば、昔のトラックはボンネットタイプのキャブが多かったのですが、現在は荷台スペースを増やすために前方にせり出していないタイプが主流です。フロントバンパーは可変式で、乗用車とは違って固定されていないので、キャブとの間が発信・停止で変化します。タイヤの基本構造は変わりませんが、通常よりも高い圧力がかかるため、内部構造が強固で重量約50kgと乗用車の7倍もあります。
内部の構造もかなり強固にできています。リアサスはリーフスプリングを使用したリジットタイプのサスペンションが採用されています。また、電子部品を運搬するなど、路面の衝撃を吸収するために、比較的フリーなサスペンションであるエアサスのトラックも増えてきています。さらに、乗用車や軽量トラックにはリアタイヤが搭載されていませんが、大型トラックになると8本ものリアタイヤが備え付けられます。
エンジンも乗用車とは大きく違います。大型トラックはディーゼルエンジンで、直接6~V12気筒まであり、排気量は乗用車の10~20倍です。また、燃料タンクの容量は200Lを並列に配置されています。最近は樹脂製のタンクも発売されています。
こうしたトラックの詳細を確認したい場合はメーカーが提供しているフリーの軌跡図や寸法が記載されている図面やcad図などを参照するとよいでしょう。2tダンプカー、3tダンプカー、4tダンプカー、8tダンプカー、10tダンプカー、キャリアダンプカーについても同様のことが言えます。特に10tダンプカーは2tダンプカーと比較して強靭な性能が必要になるので、CADデータやCAD図が似通っているからといって混同しないようにしましょう。

トラックのボディと特徴

オーソドックスなボディタイプは、平ボディとドライバンす。平ボディは荷台が平面になっていて、大きな荷物を積みやすいタイプです。荷台周囲のアオリはトラックによりますが、自由度が高い点が特徴です。ドライバンは荷台を箱で覆っているボディタイプで、冷蔵バンや保冷バンなど食べ物を運ぶ際に使用されます。また、トラクターヘッドはトレーラーを牽引するための車両で、牽引するトレーラーによって複数の仕様がが用意されています。
ダンプカーはボディを油圧によって持ち上げ、主に工事現場で使用されています。2tダンプカー、3tダンプカー、4tダンプカー、8tダンプカー、10tダンプカー、さらにはキャリアダンプまであります。有名なのは日野ダンプの製品でしょう。それ以外にコンクリートを運ぶミキサー車、石油やガソリンを運搬するタンクローリーがあります。車両によって首振りの自由度が違うので、軌跡図も確認してトラック全体を把握するように努めるとよいでしょう。
ただし、ボディについては寸法や軌跡図を見ただけではその特性が掴みにくい可能性があります。その場合はCADデータやCAD図を参照して視覚的に図面を確認するとよいでしょう。CADデータについては無料で使用できるツールやフリーで配布されている場合がほとんどです。読み込みができない場合は体験版など、無料で利用できるものを活用しましょう。

主要諸元表の見方

トラックには主要諸元表と呼ばれる寸法などを記した書類があり、これによって規格を確認できます。特に基本的な部分について説明します。
まず、ホイールベースは「A+B=C」と表記されることがありますが、これはAが1軸目のホイールベースのことです。Bが1軸と2軸目の距離で、Cはその合計を表しています。定員は2名が基本ですが、中型トラックの中には4~5名のタイプもあります。バッテリーは老いるネーター出力が24V-50Aと記載されていれば電装は24Vです。ディーゼルエンジンは始動にかなりの電力が必要なので、バッテリーを2個搭載しています。
特に注目しておくべきはトラックの荷台から地面の距離を示す床面地上高です。これは荷物を出し入れする際の目安になります。この寸法を間違えると対応するフォークリフトがないなど大惨事を引き起こす可能性もあります。また、最小回転半径ですが、数字を見てみると大型トラックの半径は意外と小さいことがわかります。圧縮比はディーゼルエンジンで20前後です。乗用車が11程度であることを考えるといかに高いかがわかります。また、キャリアダンプの主要諸元表はわかりにくいので、担当者から詳細な説明を求めて理解に努めてください。
床面地上高や最小回転半径は数値で確認してもわかりにくいことが多いので、できれば寸法が示された書類だけではなく、軌跡図や図面も参照するとよいでしょう。CADデータやCAD図を導入すれば、視覚的に確認することができるので直感的な理解に役立ちます。2tダンプカー、3tダンプカー、4tダンプカー、8tダンプカー、10tダンプカーがありますが、例えば日野ダンプは取り扱いのあるものについては無料でCADデータを提供しています。フリーダウンロードできる無料のcad図を参照し、寸法の書面や軌跡図・図面と比べてどれだけわかりやすいかを確認してみるのもいいかもしれません。

トラックの運転免許の分類

最後に法律上の扱いについて解説します。トラックの分類は主に車両の大きさや重量を制限する道路法、運転免許や交通ルールについて定めている道路交通法によって規定されています。
運転できる免許は普通免許で最大積載量2t未満、車両総重量3.5t未満であればよいので、一部の2tトラックであれば運転可能です。3tダンプカーや4tダンプカーは中型トラックに属するため、車両総重量7.5t未満・最大積載量4.5t未満の準中型免許が必要です。8tダンプカーと10tダンプカーは大型免許があれば運転できます。他にもキャリアダンプや日野ダンプを代表とするダンプがありますが、例外なく法律に従って運用されています。ちなみにキャリアダンプは不整地運搬車運転技能講習
を受けなければ操作をすることができません。
このように2tダンプカー、3tダンプカー、4tダンプカー、8tダンプカー、10tダンプカー、さらにはキャリアダンプや日野ダンプなど、多くの種類がありますが、運転するのに必要な免許が異なるため、注意が必要です。図面をみるだけではわからないので、こちらは仕様書を確認しましょう。図面に最大積載量や車両総重量が記載されているとわかりやすくてよいでしょう。実際の運用を考える場合は軌跡図やCADデータ、CAD図も併せて参考にしてください。
購入を検討している方は日野ダンプなど、有名どころをチェックしつつ、無料のカタログやフリーダウンロードできるデータを参考にしましょう。無料やフリーで利用できるものがない場合は、専門業者に依頼することも検討してみてください。



タイトルとURLをコピーしました