配管継手・塩ビ管継手・DV継手のCADデータ(KITZ キッツ・日立金属・ダイドレ)

ba5c4ced 1f46 475b 9584 648684cf6a9a 1 - 配管継手・塩ビ管継手・DV継手のCADデータ(KITZ キッツ・日立金属・ダイドレ) 配管設備 CADデータ

配管などの組み立てで欠かせないもの一つ言えば、配管継手といえます。
「配管の接続などに用いる継手」とJISでは定義されており、液体の方向転換や分岐などのほか、集合にも使われます。
塩ビ管継手、DV継手などの配管継手は、管の接続はもちろんのこと、径間の異なる管同士を接続する時にも用いられます。
管と管を接続したり、管とバルブを接続したりするなど、管を任意の経路に引き込むために必要な配管の部品だとこうことです。
このほかにも、配管継手は、計器、バルブの取り付け、誇張や収納などといった場合の吸収、そして、管の回転や曲げなどにも用いられる場合があります。

配管継手・塩ビ管継手・DV継手のCADデータ

KITZ キッツ、日立金属、ダイドレのCADフリーデータです。
マエザワ、クリモト、クボタ、東洋バルブ、長谷川鋳工所、中部コーポレーション、KITZ キッツ、日立金属、ダイドレなど。排水器具、弁・ボックス類、ルーフドレン、継手などの、CADデータが、ダウンロードできます。

KITZ キッツ

KITZ キッツ

各種バルブなど配管材料の、CADデータが、ダウンロードできます。バタフライ弁、ゲート弁、グローブ、チャッキ、ストレーナー、ボール、ラムダポート、継手、ニードルなどのデータが掲載されています。

日立金属

日立金属

ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手、ドレネジ継手、排水鋼管用可とう継手、メカニカル継手、管端防食管継手、分岐継手、ガス埋設配管用外面防食継手などの、CADデータが、ダウンロードできます。

マエザワ

マエザワ

TS継手、HI継手、給水特殊継手、量水器ボックス、散水栓ボックス、バルブボックス、水栓柱、ビニベンゲート、バタフライなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

クリモト

クリモト

ステンレス製バタフライ弁などの、CADデータが、ダウンロードできます。

クボタ

クボタ

空気弁などの、取扱説明書が、ダウンロードできます。

ダイドレ

ダイドレ

排水器具、弁・ボックス類、ルーフドレン、グレーチング、MDジョイント、ドレネージ継手、フロアーハッチなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

東洋バルヴ

東洋バルヴ

バルブの姿図、CADデータが、ダウンロードできます。

巴バルブ

巴バルブ

バタフライバルブ、三重偏心プロセスバルブ、二重偏心ハイパフォーマンスバルブ、ロータリーコントロールバルブ、フッ素樹脂ライニングバルブ、ゴムシートバルブ、チェッキバルブなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

長谷川鋳工所

長谷川鋳工所

排水金物、ドレン、排水トラップ、ルーフドレン、可とう継手などの、CADデータが、ダウンロードできます。

中部コーポレーション

中部コーポレーション

排水金具、排水トラップなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

Jw_cad 設備設計情報室

Jw_cad 設備設計情報室

設備用記号・シンボルの、CADデータが、ダウンロードできます。水栓記号、換気設備部材・スパイラル・アルミフレキ・ダンパー、排水設備用 DV継手、小口径マス・シンボル、天井換気扇記号などのデータがそろっています。


継手・塩ビ管継手・DV継手のCADデータ

継手、塩ビ管継手、DV継手のCADフリーデータです。
ねじ込み式管継手、TS継手、HI継手、給水特殊継手、AV継手、DV継手、VU継手、エルボ、ソケット、フランジ、プラグ、チーズ、キャップ、ベンド、ニップルなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

TOZEN

TOZEN

ゴム製継手、ゴム製可とう伸縮継手、ゴム被覆フッ素樹脂可とう管、フッ素樹脂製継手、ステンレス製継手、防振材、バルブ、圧力計、温度計などの、CADデータが、ダウンロードできます。

RIKEN リケン

RIKEN リケン

ねじ込み式可鍛鋳鉄製間継手、ライニング鋼管用のねじ込み式管継手、圧力配管用のねじ込み式管継手、消火用外面被覆鋼管継手、ステンレス配管用継手、LAカップリングなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

昭和電工建材

昭和電工建材

ケイプラ継手、耐火二層管継手、排水用集合管継手などの、CADデータが、ダウンロードできます。

東亜高級継手バルブ製造

東亜高級継手バルブ製造

管継手の、CADデータが、ダウンロードできます。エルボ、クロス、ソケット、フランジ、ロックナット、プラグ、チーズ、キャップ、ブッシュ、ベンド、ニップル、ユニオン、リフトフィッティングなどのデータがそろっています。

ドラフティングの希望舎

ドラフティングの希望舎

JIS規格管継手のCADデータが、ダウンロードできます。ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手、ねじ込み式鋼管製管継手、一般配管用鋼製突合せ溶接式管継手、配管用鋼製差込み溶接式管継手、水道用硬質塩化ビニル管継手 TS継手、硬質塩化ビニル管継手などがあります。

ジオックス

ジオックス

建築設備・プラント設計の、施工図作成に必要な、継手シンボル集が、ダウンロードできます。

建築設備 セツビット

建築設備 セツビット

継手、塩ビ管継手、DV継手などの、CADデータが、ダウンロードできます。

伊藤鉄工

伊藤鉄工

管材製品の、PDFカタログが、ダウンロードできます。排水鋼管用可とう継手、排水金具、排水トラップ、鋼製グレーチング、ルーフドレン、ベンチレーター、バルブボックスなどの資料を確認することができます。

PISCO

PISCO

継手、制御機器、手動弁、ポンプ、バルブ、圧力計・スイッチなどの、CADデータが、ダウンロードできます。

トーステ

トーステ

継手の、CADデータが、ダウンロードできます。配管継手類は、クランプバンド、へルール、キャップ、メタルタッチ、ユニオン、サニタリーフランジなど。溶接用継手は、エルボ、Uベンド、溶接用チーズ、コンセントレジューサー、エキセントレジューサーなどがあります。

継手 cad-data.com

継手 cad-data.com

継手のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。水道用HI継手の径違いチーズの口径20×13~30×25A、水道用HI継手の90°エルボの口径13~50A、SUS鋼管継手13A-60A、バルブソケットVS13~100A等のデータが揃っています。

継手 図面 Google

継手 図面 Google

継手の図面、写真、イラストが、見れます。配管継手には、用途や目的、材質、接続するパイプの種類などによって、たくさんの種類の配管継手があります。主な配管継手の種類にはエルボ、ベンド、レジューサー、ティー、Y、クロス、ソケット、カップリングなどがあります。

配管継手の役割と用途

配管などの組み立てで欠かせないもの一つ言えば、配管継手といえます。
「配管の接続などに用いる継手」とJISでは定義されており、流体の方向転換や分岐などのほか、集合にも使われます。
塩ビ管継手、DV継手などの配管継手は、管の接続はもちろんのこと、径間の異なる管同士を接続する時にも用いられます。
管と管を接続したり、管とバルブを接続したりするなど、管を任意の経路に引き込むために必要な配管の部品だとこうことです。
このほかにも、配管継手は、計器、バルブの取り付け、誇張や収納などといった場合の吸収、そして、管の回転や曲げなどにも用いられる場合があります。

配管継手にはたくさんの種類があります

配管継手は、使い方や目的によって、材質などパイプの種類が異なります。配管継手の種類は数多く存在します。
材質には鋼製やステンレス、アルミ合金などがあり、用途によっても変わります。この様なそれぞれの材質や用途に対してJIS規格で各種配管継手が定められています。

ベンド
角度を付けて二本の管を繋げる配管継手で、管軸の方向を変更させる時に用います。緩やかな曲がり具合が特徴となる継手で、45度、90度、180度などの曲がり角度で分類されています。
ベンドの外径の曲げ半径により、ロングベンドとショートベンドの、2種類に分けられます。

エルボ
角度を付けて二本の管を繋げる配管継手で、管軸の方向を変更させる時に用います。ベンドと同様に45度、90度、180度などの曲がり角度で分類されています。
エルボの外径の曲げ半径により、ロングエルボとショートエルボの、2種類に分けられます。一般的にはロングエルボが使用されます。

ソケット
管の経が同等な2本の管を接続する際に使用されます。接続方法にはソケット溶接形やねじ込み形などがあります。

クロス
四本の管を十字でつなぐことが出来る継手で、十字形状で四方向から管を接続します。ねじ込み型や差し込み溶接型が主流となっています。装置の配管などで用いられることは少ないです。

45度Y
分岐が一本で、三本の管をY字に接続できる継手です。分岐は45度の角度で二股に分かれています。主に、土の中に埋設される給水管および排水管に使用されます。

チーズ
45度Yと同様に、三本の管を接続できる継手です。45度Yと違い、T字型に分岐しています。経の大きさなどによりさまざまな種類があります。

レデューサー
二本の経が違う直管を真っすぐにつなぐ時に使用されます。直管のサイズ変更に対応する時などにも用いられます。
口径が異なる管に対して、中心線が一直線になるものを「同心レデューサー」、一直線ではなく平行に位置している物を「偏心レデューサー」として区分されます。

ユニオン
ユニオンナット、ユニオンつば、ユニオンねじといった構成の管継手を「ユニオン継手」」といい、別名「ユニオン式」と言います。
管の接続や分離を行う際に、ナットだけを回す事で接続・分離ができるのが特徴です。また、施工後にもナットを緩めるだけで管を取り外すことができます。

プラグ・キャップ
管の末端をふさぐために用いらる資材として、プラグやキャップがあります。

塩ビ管継手は配管継手の最も代表的な資材

塩ビ管継手の基礎知識を把握することで、現場だけではなく、cad図面の作成にも活用できるはずです。

塩ビ管継手の種類

塩ビ管継手は、DV継手、VUDV継手、TS継手、HITS継手に分類されます。
DV継手とVUDV継手は、排水用、無圧力用として使用されます。
TS継手とHITS継手は、給水用、圧力用として使用されます。
高温用の継手として、HT継手は給湯用、HTDV継手は給湯排水用といったものがあります。

DV継手・VUDV継手・TS継手・HITS継手

DV継手とVUDV継手は、主に排水用途で使用されます。接着代が短いDV受口を利用するのが通常とされています。なお、DV継手にはVP管を接続し、VUDV継手にはVU管の肉厚に合わせるといった仕様になります。
TS継手とHITS継手は、給水用に用いられます。接着代が長いTS受口を使用するのが一般的です。

塩ビ管継手に接続する塩ビ管

塩ビ管には大きく分けて2つの種類、VP管、VU管があります。
当初はVP管のみが使用されていましたが、より薄く使用するため、VU管がVP管よりも細い配管として採用されました。

塩ビ継手の用途

塩ビ継手が種類分けされているのは、その用途が異なるためです。

VU管は、排水用途に使用されるのが一般的となります。埋設する際には、自然流下としての用途である下水用や土木用、排水用として使用します。また、住宅で使用される場合は、低層住宅の排水系統で用いられる場合があります。

VP管は、上農水道埋設用や建築給水用といった圧力用として用いられます。VU管に比べるとたわみにくいという特長があるため、埋設して排水用として用いられる場合もあります。また、集合住宅における排水および通気配管にも用いられる場合があります。

塩ビ管の耐衝撃性が向上しているものをHIVP管といいます。主用途としては、水道用途となります。外気温が低温になったとしても、その優れた耐衝撃性を保持しているため、寒冷地などで用いられます。

配管継手だけではなく、支持金物類も重要な材料です

配管支持金物の選定方法

配管工事においては、配管継手だけでなく各配管を支えるための配管支持金具が必要となります。配管支持金具は「パイプサポート」とも呼ばれます。配管継手やバルブ、計器など、配管に係わる全ての部品構成の荷重を支えるための金具や金物、装置を意味しています。

配管に係わる荷重には、パイプ自体の重量のほか、バルブや制御弁などの配管部品の重荷、積雪の荷重、熱による管の伸縮による荷重、振動や地震などに対する荷重などが含まれます。
こうした荷重は、配管や設備の機能を低下させるだけではなく、破損などのトラブルを招く元となります。

配管支持金具を用いるには、まずは金具を用いる位置を決める必要があります。位置の決定には、水平配管と垂直配管のサポート間隔を決定します。また、サポートの方法を決定するため、固定支持にするか自由支持にするかなど、配管支持金具の種類を確定します。

また、配管支持金具でサポートするための荷重計算を行う必要があります。荷重計算には、パイプやフランジ、バルブといった材料のほか、管内の液体などの荷重も考慮します。水圧試験に必要となる短期荷重を考えるほか、地震荷重や積雪荷重、風荷重など、自然災害に対応するための荷重を想定することも重要なポイントです。

こうした想定を行った後に、配管支持金具を配置するための図面を作図します。図面では、標準図への適用のほか、特殊サポートへの対応を考慮します。
さらには、配管図面中に配管支持金具を図式で示します。主な配管図は、配管組立図、配管相立図、アイソメ図などとなります。

その後、使用する配管支持金具の集計や手配を行います。必要に応じて工場での生産を発注したり、現場での製作を採用するかなどを決定します。
このように、配管支持金具は、配管などの荷重を支持するための重要な材料、要素となっています。このような配管図を作成することで、安全で効率的な配管支持金具の施工を行うことができるのです。

配管継手に係わる配管支持金物の種類

配管の材料に合わせて配管支持金具を選ぶ必要があり、cad図面を作成するためには、支持金物類の種類を把握しておくことも重要なポイントです。

吊配管支持金具
配管を天井などから吊り下げる時に、横走り配管で使用するものです。

立配管支持金具
立配管で使用する金具で、振れ止めとして用いられます。

床貫通配管支持金具
床貫通配管で使用する金具で、振れ止めとして用いられます。

吊り金具・ハンガー類
吊ボルトを吊り下げる時に使用する金具で、SEハンガーなどがあります。デッキプレートに穴を開ける必要がないのが特徴です。

より正確な配管cad図面を作成するポイント

配管cad図面作成では各種材料を意識する

配管のcad図面を作成する時に大切なのは、どういった種類の配管継手を使用する必要があるかを把握することです。
配管継手の種類や材料を知らなければ、cad図面で配管図を作成することができません。

配管継手の選択には、配管の種類や材料を把握することが重要で、さらには、支持金具も考慮する必要があります。
配管cad図を作成する時には、これらの情報を掌握しつつ、各場面に適用した種類の配管、配管継手、支持金具を割り当てなければなりません。

また、配管支持金具の配置にも図面作成が必要となります。全ての材料に対して正確な情報を収集する必要があり、それらを確実に図面に反映することが求められます。
どのように材料の情報を集めるか、どのように資材を把握するかというのが、配管のcad図面作成では、最も重要なポイントとなります。

配管cad図面の作成には各種ソフトやネットを利用する

cad図面を作成する時には、記憶している知識だけでは補え場合がほとんどです。全ての規格や種類を覚えられるのであれば問題ありませんが、実際には難しいとも言えます。

配管資材の新たな規格や材料については、サイトから最新の情報を取得するようにしましょう。
ソフトやネットを利用することで、効率の良いcad図面を作成することが可能となります。
配管cad図面を作成する際には、こうしたソフトやサイトを自らのツールとして使用することをおすすめします。

さらに、各企業のサイトでは、資材や材料などのcad図面が提供されていることがあります。こうした図面を上手に活用して、より正確なcad図面を作成するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました