舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

fc7962de 0710 4e43 9d4e b0110a174558 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算 道路設計 ソフト

切削オーバーレイ、舗装温度管理、舗装面積計算、ヘロン展開図のフリーソフトです。
切削オーバーレイの断面計画、舗装横断図・縦断図・面積計算・体積計算、舗装路盤・路床の現場密度試験の作成、アスファルト舗装の温度管理図の作成、路盤・舗装の出来形管理・管理図表の作成、ヘロン展開図・平積展開図・接続ヘロン展開図の作成などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

切削オーバーレイ、舗装温度管理 フリーソフト

切削オーバーレイと舗装の温度管理もできる

道路切削とオーバーレイの断面計画のためのソフトです。横断図、縦断図、面積・体積計算などができ、切削値、計画値を変更したシミュレーションや、各種計算書の作成が可能です。計算結果は、Excelなどの表計算ソフトや、CADソフトに出力することができます。切削厚、オーバーレイ厚を横断面毎に指定したり、中央分離帯、構造物などを設定したりすることで、現場の状況を精度よく再現することが可能です。
アスファルト舗装では、出荷時から敷均し時までのアスファルト合材の温度を、110℃~170℃に保つ必要があります。アスファルト合材の温度が低ければ、均一に敷き均すことができません。逆に最適温度より高い温度で敷くと、路面に波が出来る・細かいひび割れが発生するなどの症状が出ます。温度管理図作成ソフトでは、アスファルト合材の温度管理を目的として、搬入するダンプごとの出荷時、到着時、敷き均し時、転圧時など温度を計測して入力します。その結果をグラフ付きの帳票や一覧表にして出力します。

HS 切削・オーバーレイ (+HO_CAD)

HS 切削・オーバーレイ (+HO_CAD)0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

切削とオーバーレイ断面計画の統合ソフトです。横断図、縦断図、面積・体積計算ができます。HO_CADが自動作図(DXF保存可)できます。切削厚さは左車線、右車線別々の設定ができます。

HS 現場密度試験 (落砂法・突砂法)

HS 現場密度試験 (落砂法・突砂法)0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

舗装路盤(路床)の現場密度試験作成ソフトです。落砂法(国交省)、突砂φ15法・φ25法(公団)の3タイプが作成できます。エクセルに出力(保存)できます。データの参考試算(合格データ)ができます。

HS 舗装温度管理図

HS 舗装温度管理図0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

アスファルト舗装工の温度管理図作成ソフトです。舗装温度データの入力で、折れ線グラフ図が作図されます。データリストに複数のデータ登録ができます。最大データ個数(ダンプ台数)は60まで入力できます。

出来形管理図表 3点管理

出来形管理図表 3点管理0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

出来形管理で、3点の管理図表を作成します。路盤、舗装等の左、中、右など3点管理用に使用することができます。出来形管理図表による管理を行う場合は、バラツキが判定できるように、50%と80%に相当する部分に線引きをして提出します。

舗装面積計算、ヘロン展開図 フリーソフト

HS ヘロン・平積展開図 (+HO_CAD)

HS ヘロン・平積展開図 (+HO_CAD)0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

ヘロン、平積、接続ヘロンの3タイプの展開図が簡単に作成できるHO_CAD自動作図(DXF保存可)ソフトです。ヘロン展開図は無制限に分離作図できます。平積展開図は自在に段替え作図できます。

HS 面積展開図2 (+HO_CAD)

HS 面積展開図2 (+HO_CAD) 0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

面積計算書及び展開図(+HO_CAD)作成ソフトです。面積計算の単距離及び幅員の入力で展開図を自動作図します。ボタン1つでHO_CADソフトに作図(DXF保存可)できます。面積計算書はエクセルに作成します。

ヘロン展開図+

ヘロン展開図+0 - 舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

Excelマクロにて現場監督のお手伝いをするヘロン面積計算、展開図作図シート(台形対応、プレビュー付)です。三角形各辺又は、台形要素及び接続情報の入力によりCADなど使わずに手軽に展開図を作図できます。




舗装温度管理 ソフト、切削オーバーレイ、舗装面積計算

舗装の補修は、緊急の対策が必要な損傷に対し、補修工法を選定して行います

舗装の補修は、定期調査、巡回観察などで発見された路面の損傷において、緊急の対策が必要な損傷に対して、補修工法を選定して行います。舗装の維持は、舗装の性能の保持、わずかの向上を目的に行われます。
舗装横断図・縦断図・面積計算・体積計算、アスファルト舗装の温度管理図の作成、ヘロン展開図・平積展開図・接続ヘロン展開図の作成などの切削オーバーレイ、舗装温度管理、舗装面積計算、ヘロン展開図ソフトが、ダウンロードできます。機能的破損とは、舗装強度の低下が原因でない破損であり、表層・基層のアスファルト混合物だけの破損措置になるケースが多いです。
舗装が破壊した場合は、全層の打換えを行い、新設時と同様な性能に回復します。舗装、切削オーバーレイ、舗装展開図、舗装温度管理、ヘロン展開図、オーバーレイ舗装などのフリーソフトが、ダウンロードできます。修繕された舗装は、性能が回復されますが、交通量の増大にともない、また性能が低下することになります。

構造的破損は、路床、路盤層にまで及ぶケースもあります

突砂法、アスファルト舗装、アスファルト舗装オーバーレイ仕様、横断図作成ソフトなど、舗装・切削オーバーレイのフリーソフトのリンク集です。構造的破損は、舗装強度の低下が原因で破損することで、路床、路盤層にまで及ぶケースも多くあります。
舗装の維持は、目地の充てん・パッチング・薄層オーバーレイなど、構造を強化しない維持管理をいいます。切削オーバーレイの断面計画、舗装路盤・路床の現場密度試験の作成、路盤・舗装の出来形管理・管理図表の作成など、切削オーバーレイ、舗装温度管理、舗装面積計算、ヘロン展開図のフリーソフトです。
アスファルト舗装の補修・修繕・維持について検討します。舗装の破損は、破損の原因と程度から区別され、構造的破損と機能的破損があります。舗装の修繕とは、舗装の構造強化などのために行うもので、オーバーレイ・切削オーバーレイ・打換えなど、性能を回復することをいいます。

石灰安定処理工法について

下層路盤の石灰安定処理路盤は、現地発生材、地域産材料または、これらに補足材を加えたものを骨材とし、これに石灰を添加して処理する工法です。
石灰安定処理路盤材は、中央混合方式により製造することもありますが、一般には路上混合方式によって製造します。この工法は、骨材中の粘土鉱物と石灰との化学反応によって安定させるものであり、強度の発現はセメント安定処理に比べて遅いですが、長期的には耐久性、安定性が期待できます。石灰は一般に消石灰を用いますが、含水比が高い場合には、生石灰を用いることがあります。
石灰の適した骨材であっても、PIが大きい場合などには、石灰系安定材、固化材を用いた方が効果的な場合もあります。
対象とする骨材の粒度、PIについては、セメント安定処理工法と同様とします。

タックコートについて

タックコートは、歴青材料を所定量均一に散布し養生します。
タックコートは、舗設する混合物層とその下層の歴青安定処理層、中間層、基層との付着、および継目部の付着をよくするために行います。タックコートには、通常アスファルト乳剤(PK-4)を用い、散布量は、一般に0.3~0.6L/m2が標準です。
寒冷期の施工や急速施工の場合、歴青材料散布後の養生期間を短縮するために、加温して散布する方法、ロードヒータにより加熱する方法および、所定の散布量を2回に分けて散布する方法などをとることがあります。
開粒度アスファルト混合物や,、改質アスファルト混合物を使用する場合などにおいて、層間接着力を特に高める必要がある場合には、ゴム入りアスファルト乳剤(PKR-T)を用いることもあります。




◇ よく読まれている関連記事と広告




道路設計 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました