ネットワーク工程表をエクセルで作成、納期管理も他にも活用できた

01 cc0333 - ネットワーク工程表をエクセルで作成、納期管理も他にも活用できた 施工管理 ソフト

ネットワーク工程表の利用価値は、大規模工事、多工種工事ほど高まる

前後の工程が込み入った工事や、多くの並行作業を伴う工事において、バーチャート工程表で施工管理を行うには限界があります。

規模が大きな工事や、様々な工種がある工事の施工管理に役立つのが、ネットワーク工程表です。
しかし、ネットワーク工程表を作成していない企業が多いのが実情です。

ネットワーク工程表を作成するには、エクセルのテンプレートを活用しよう

ネットワーク工程表は、無料でダウンロードできるエクセルのテンプレートを活用すれば、意外と簡単に作成することができます。

しかし、ネットワーク工程表のエクセルテンプレートの種類は多く、探す手間がかかります。

そこで、この記事では、ネットワーク工程表のエクセルテンプレートをダウンロードできるサイトへのリンク集を紹介します。
リンク先には、各テンプレートの特徴が記載されています。
きっと使い勝手のいいテンプレートが見つかるはずです。


また、この記事の後半では、ネットワーク工程表を作成しない企業の問題点、エクセルのテンプレートを用いてネットワーク工程表を作成したことで得られるメリット、などについて説明しています。


ネットワーク工程表を作成しない企業に潜む問題点あり

ネットワーク工程表を作成する必要性を感じていない理由とは

・バーチャート工程表を作成すれば、前後工程や並行作業の進捗状況がそれなりに把握できる。
・ネットワーク工程表の提出を求められるのは、大型公共工事などごく一部の工事だ。
・民間からの工事を請け負うときは、ネットワーク工程表の提出が不要なことが多い。
・使い慣れたバーチャート工程表なら、貼り出しておくだけで、全作業員に作業工程を共有できる。
・作業員の多くは、ネットワーク工程表に慣れていないため、見るだけでは理解できない。
・ネットワーク工程表で作業工程を共有する場合は、説明が必要になり時間の無駄だ。
などの理由が挙げられます。

ネットワーク工程表を作成しない理由とは

・手書きでもエクセルでも、バーチャート工程表なら容易に作成できるから。
・ネットワーク工程表を手書きやエクセルで作成するのは、手間がかかるし難しいから。
・ネットワーク工程表の作成ルールや作成方法を知らないから。
・ネットワーク工程表を作成できるソフトを購入するのがもったいないから。
などの理由からです。


引き続き、ネットワーク工程表を作成する際の問題点を解決する方法について説明しましょう。


ネットワーク工程表を作成することで得られるメリット

ネットワーク工程表は納期管理以外にも活用できる

・ネットワーク工程表を活用することで、並行施工が可能な作業を把握できます。
・並行施工が可能な作業を把握できれば、工期の短縮を図ることが可能です。
・工期の短縮が図れれば、仮設材・重機のレンタル料や労務賃金の削減につながります。

ネットワーク工程表は効果的な工程管理ができる

・バーチャート工程表は、作業の手順や進捗状況をある程度しか把握できません。
・作業の手順や進捗状況を明確に把握できるのは、ネットワーク工程表です。
・ネットワーク工程表を作成しておけば、ひとつの工程の遅延が他の工程にどれほどの影響を及ぼすのかを早く正確に把握することが可能になります。

ネットワーク工程表の種類

・ネットワーク工程表には、サークル形とアロー形があります。
・作業を丸印で記載しているのがサークル形であり、矢線で作業を表示しているのがアロー形です。
・主に、作成されるネットワーク工程表は、アロー形です。

アロー形ネットワーク工程表の基本事項

・アロー形ネットワーク工程表は、矢線と丸印、点線の矢印で表示されます。
・作業が進行する方向へ矢線を描きます。
・矢線の上部に作業内容を、下部に作業に要する日数を記載します。
・矢線の長さと、所要時間は無関係です。
・矢線は、アクティビティと名付けられています。
・各作業の開始・終了時点を丸印で表示し、作業順に従って番号を丸印の中へ記載します。
・丸印は、イベントと名付けられています。
・イベントに向かって引かれている矢線の作業が終わらなければ、イベントからのびる矢線の作業を始められません。
・架空の作業を表すのが、点線の矢印です。
・【 ?→③→ 】と【 ①→②→ 】と2つの工程が記載されたネットワーク工程表を例に説明します。これ以外に記載がなければ、?から③の作業と①から②の作業をそれぞれ行い、お互いの作業の進捗状況に関わりなく、各作業が終わり次第、③以降、②以降の作業を始められます。しかし、②から③へ向かって点線の矢印がのびていた場合、③以降の作業を開始するには、?から③の作業が終わるのは当然として、①から②への作業も完了しなければ、③以降の作業を始められません。
・点線の矢印は、ダミーと名付けられています。

ネットワーク工程表を簡単に作成する方法

・ネットワーク工程表を簡単に作成するには、エクセルテンプレートを活用しましょう。
・エクセルテンプレートの多くは、無料でダウンロードできます。
・ネットワーク工程表を作成できる無料や有料のソフトがあります。


まとめ/ネットワーク工程表を作成して工程管理の効率アップを図る


これまで、ネットワーク工程表を作成していない方も、以下のようなメリットがありますので、ネットワーク工程表の作成を検討されてはいかがでしょう。

ネットワーク工程表のメリット

・ネットワーク工程表は、工期短縮の検討に活用できます。
・工期短縮は、経費削減・利益拡大につながります。
・ネットワーク工程表は、作業の手順や進捗状況を正確に把握することが可能です。
・作業の遅延が、どれほど工事全体に影響するのかを判断することができます。

ネットワーク工程表の基礎知識

・ネットワーク工程表には、作業を丸印で表すサークル形と矢線で作業を表示するアロー形がある。
・一般的に作成されているのは、アロー形ネットワーク工程表です。
・アロー形ネットワーク工程表は、矢線(アクティビティ)と丸印(イベント)、点線の矢印(ダミー)で表示されます。
・作業内容は矢線の上に、所要日数を矢線の下に記載します。
・所要日数が長い作業だからと、矢線を長く引くことはありません。
・作業順序に応じて、丸印の中に番号を記載します。



◇ よく読まれている関連記事と広告


施工管理 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました