工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板

8790f524 c111 4d17 a89d b0f163cc6976 - 工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板 施工管理 ソフト

工事看板・安全看板、安全標識のフリーソフトです。
作業主任者・技能資格者看板の作成、地山の掘削作業主任者、土止め支保工作業主任者、ずい道等掘削等作業主任者などの労働安全衛生法に記載の条文を使用、現場の安全標識や案内看板安全掲示板・工事安全標識・作業主任者の職務などの作成、お願い板・通行止め・片側通行・一時停止・ダンプ出入口・工事中などの工事看板、工事黒板などのおすすめフリーソフトが、無料でダウンロードできます。
ソフトは比較ランキングサイトなどで調べるとよいでしょう。

  1. 工事看板・安全看板のフリーソフト
    1. 安全看板は、工事看板の手前に設置
    2. 作業主任者一発看板 12種
    3. 匠 安全標識フリー(無料)作成 立入禁止編
    4. 工事看板くん
    5. 時間をかけずに ササッと作成 安全掲示板 決定版
  2. 安全標識のCADデータ
    1. 現場代理人な日々
    2. トラスト
    3. SketchUp 図集
    4. 安全施設 cad-data.com
    5. 安全看板 図面 Google
  3. 現場に合わせた工事看板を作成して、視覚に訴える現場を作りましょう
  4. 工事用看板には様々なルールがあります
  5. フリーの工事看板作成ソフトを活用して、現場のイメージアップをしましょう
    1. 工事看板は、近隣住民や歩行者などの目に毎日触れるもです。
    2. 工事標示板類は、次の事項を基本として設置するものとされています
  6. エクセルのテンプレートを活用して、わかりやすく安全な現場づくりに工事用看板を役立てましょう
  7. 工事看板・安全看板 ソフト、工事黒板蔵衛門
    1. 工事現場の工事看板の設置について検討します
    2. 施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します
    3. 工期の限度内で、経済的な工程を検討しなければなりません
  8. 工事看板・安全標識の作成はソフトを使ってポイントを押さえよう
    1. 工事看板のデザインのコツ!ソフトを使って作ってみよう
      1. 工事看板で最も重要なポイントは?
      2. 色は何色がいいのか?
      3. 案内掲示板の配色はどんな色がいい?
      4. 文字はどんな文字が好ましい?
      5. 写真やイラストはどの程度使えば適度か?
      6. ピクトグラムって?
      7. 日本語だけでなく、英語なども必要か?
    2. 安全標識とは?フリーソフトを使って作成するには
      1. 「見える化」がいかに大事か
      2. 安全標識の種類の基礎知識

工事看板・安全看板のフリーソフト

安全看板は、工事看板の手前に設置

工事看板とは、工事予告や工事中であることを、周辺に周知さえるための看板で、年度末等に良く道路上で見かける看板ツールです。代表的な物は、白地の看板に青枠と黒文字で作られています。工事看板には、工事の目的、工事期間、施主名、工事発注者、道路上の場合は占用許可番号や占用者を明記等、誰が何の目的で工事をしているかを明確にする必要があります。また、各自治体により看板の大きさや、表示する文字の大きさ及び内容等がマニュアルで決まっていることもあります。
安全看板とは、工事看板の手前に良く設置されていて、次のような物があります。「まわり道」「ダンプ出入口」「立入禁止」「通行止め」「路肩注意」等の、工事に対して安全予告をしている看板であり、工事看板と合わせて使われることが多くあります。
安全標識とは、工事現場内や立入禁止区域内等に設置されている標識で、次のような物があります。「高電圧」「火気厳禁」「安全第一、整理整頓」等、大きさ的にはコンパクトな物が多く、一目で分かるように黄色や緑等の目につきやすい色を用いて、注意をはらっているツールです。
工事黒板とは、工事写真を撮るときに添える小さな黒板です。工事黒板には、工事件名や場所などの情報を書きます。「蔵衛門」のような工事黒板アプリを使うと、スマホやタブレットで工事写真を撮り、デジタルの工事黒板を工事写真に合成できます。「蔵衛門」を使えば、工事黒板を誰かに持ってもらう必要がなく、ひとりで工事黒板を撮影することができて業務の効率化につながります。
また、「蔵衛門御用達」という工事写真台帳アプリと連携して、効率的に工事台帳を作成することも可能です。連携にはライセンスキーが必要となるシステムです。
「蔵衛門」はiPadやiPhoneに対応した人気の工事黒板アプリです。Android系のスマホやタブレットを使っている人は、似たような工事写真アプリを探す必要があります。

現在、公共工事では工事で撮影・作成した写真や図面、書類の電子納品が進んでいます。工事黒板アプリを選ぶ際は、監督省庁が定める電子納品の要領を満たしたものを使いましょう。

作業主任者一発看板 12種

作業主任者一発看板 12種0 - 工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板

建設現場で掲示が義務付けられている、作業主任者及び技能資格者看板を、一発作成できる人気のおすすめソフトウェアです。比較ランキングサイトなどでも人気があります。
看板につかえるテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)の内容は『地山の掘削作業主任者』『土止め支保工作業主任者』『ずい道等掘削等作業主任者』等12種類です。労働安全衛生法に記載の条文を使用しています。簡単なVBAを使用して、作業主任者の名前・会社名等を一発で入力できます。元請業者名も入力できます。建設現場担当者の御用達ソフトです。
作成したデータはクラウドに保存し、社内で共有すると必要な現場で随時看板を作ることができます。

匠 安全標識フリー(無料)作成 立入禁止編

匠 安全標識フリー(無料)作成 立入禁止編0 - 工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板

安全標識・注意表示など、様々な現場管理必須のポスターを作成することができる無料ツールです。安全標識を2クリックで即作成できます。建設現場で使いそうな禁止項目のテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)を収録しています。クリック操作で誰でも簡単に作成できる点が人気の秘密です。ダウンロード後、ライセンスキーなどは不要で即使用できるシステムです。
製作した看板やポスターなどのデータはクラウドに保存すれば、複数の人で共有することができます。

工事看板くん

工事看板くん0 - 工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板

工事現場で使用する、様々な工事用安全看板ツールの作成をします。印刷後、ラミネートすれば安価に色々な看板・標識ができておすすめです。お願い標識、作業工程標識、ご近隣の皆様へ、コンビネーションパネル、法廷表示板用、フラットパネル法定表示板、工事用車両標識、トラック出入口などの工事用安全看板、工事黒板のテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)。複雑なシステムはなく、ライセンスキーは不要です。

時間をかけずに ササッと作成 安全掲示板 決定版

時間をかけずに ササッと作成 安全掲示板 決定版0 - 工事看板・安全看板 ソフト、蔵衛門工事黒板

エクセル(excel)で安全掲示板・工事安全標識・作業主任者の職務等をササッと作成できる人気のツールです。掲示物・工事安全標識を中心にしたエクセル(excel)のテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)データ、全227種のサンプル付です。工事経験者以外の方でも、マニュアルなどを読む必要がなく時間をかけずに簡単に、作成することができます。全227種のサンプル付です。ライセンスキーなどは不要です。比較ランキングサイトなどでも人気があります。
作成したデータはクラウドに保存しておくと便利です。

安全標識のCADデータ

現場代理人な日々

現場代理人な日々

電光掲示板、コスモス、信号機、ガードフェンス、セーフティコーン、ガードマン、安全掲示板、工事標識、カードレール、保安施設配置図、交通標識、ゲート標識、車両出入口音声センサー、安全帯、工事黒板などの、人気の高いCADデータが、ダウンロードできます。
データはクラウドに保存しておけば、複数の人で共有ができます。

トラスト

トラスト

お願い板・通行止め・片側通行・一時停止・ダンプ出入口・工事中など、工事看板のイラスト集が、ダウンロードできておすすめです。構内交通標識、路肩注意標識、立入禁止標識、通路標識、階段標識、駐車禁止標識、交通安全標識、アイドリングストップ標識、工事黒板など。比較ランキングサイトなどでも人気があります。

SketchUp 図集

SketchUp 図集

工事看板、バリケード、カラーコーン、標識、ガードレールなどの安全施設、縁石、横断函渠、側溝などのコンクリート製品、鋼材など、SketchUpのCADデータが、あります。玉掛ワイヤロープの点検標識、高所作業車取扱い注意事項標識、重機作業の安全標識、工事黒板などのツールがあります。

安全施設 cad-data.com

安全施設 cad-data.com

安全施設 フリーCADデータがあります。多数のアイテムを表示できるシステムです。文字案内標識、事務所内掲示物、緊急時連絡表ポスター、服装・保護具着用標識、ローリングタワー使用上の注意標識、足場の積載荷重標識、建設用クレーンの標準合図法標識、工事黒板などのテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)がダウンロードできておすすめです。
作成したデータはクラウドに保存しておくと、社内で共有ができます。掲示物が必要となる現場で、その都度データを使うことができます。

安全看板 図面 Google

安全看板 図面 Google

安全看板 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できるシステムです。 安全帯使用標識、危険予知標識、開口部注意標識、足もと注意標識、脚立・うま足場の使用上の注意標識、ヒヤリハット投票箱、衛生十則標識、整理整頓標識、工事黒板など人気のイラストが揃っています。ライセンスキーなどは不要です。比較ランキングサイトなどでも人気があります。



現場に合わせた工事看板を作成して、視覚に訴える現場を作りましょう

工事現場には看板が欠かせません。

工事関係者御用達の工事看板は、伝えたい内容によって種類がたくさんあります。

工事をドライバーや歩行者に知らせるもの、工事に関する情報を歩行者や近隣住民に知らせるもの、工事の予告を行うもの、歩行者や作業員に危険を知らせるものなどがあります。

工事看板を現場で作成するメリットは?

工事看板は専門業者に発注して、購入やレンタルで現場に届けてもらっていますか?
出来上がった看板を選ぶ場合システムなら、納入までの期間も短く、現場ですぐ使用することができて便利ですよね。

でも、工事看板のいくつかは現場の工事名や工事期間などの現場固有の情報を入れる必要があり、特注品も少なくありません。
また、工事中に看板の情報を書き換える場面も、数多くあります。

そんな時、看板を購入やレンタルではなく、現場で製作できれば、より便利だと思いませんか?
製作に必要なソフトは、比較ランキングサイトなどで探しましょう。
外注せずに、現場で看板をするメリットがいくつかあります。

・デザインを工夫することができ、地元のゆるキャラや自治体のマークなどを採用することができる。
・絵を中心にしたカラフルな看板を作ることで、企業のイメージアップを図ることもできる。
・情報を頻繁に変更することができ、リアルタイムの情報を提供できる。

工事看板を購入やレンタルするのもいいですが、自分で簡単に作れれば、思いついた時にすぐ作成することができます。

また、購入やレンタルより価格も抑えることができ、現場の原価率低減に貢献することができるのでおすすめです。

そこで、このダウンロードサイトのリンク集では、看板作成を手助けしてくれるソフトウェアがいろいろ準備されています。難しいマニュアルなどがなく、簡単に操作できるものばかりです。
まずは、ご自分の作業にぴったりなソフトを探してみてください。


記事の後半では、工事用看板の様々なルールや、わかりやすく安全な現場づくりのための工事用看板の必要性ついて解説しています。

それではまず、工事看板・安全看板、安全標識のフリーソフトをお探しの方のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
使えるソフトを見つけてくださいね。


工事用看板には様々なルールがあります


国土交通省や地方自治体などは工事看板の設置基準を細かく定めています

文字の色、背景の色、余白サイズ、線の太さなどの看板の書式から、看板に記載する情報や、設置を始める期日なども基準マニュアルで決められています。

例えば、品川区では、看板の周囲に使用する緩衝材を文字色または背景色である青、または白に限定しています。
また、常設の看板には全周に緩衝材をつけなければいけないとしています。

工事看板は工事期間内だけ使用するわけではありません。
工事着手前には予告看板が必要であったり、通行止めの予告看板は2週間前から設置する必要があったりと、設置の方法についても様々なルールがあります。

また、マニュアルによると工事着手後は予告看板から「工事情報看板」に切り替えるというルールもあり、工事期間内に工事看板を変更する必要もあります。

このように、工事に必要な工事看板は、使用期間も種類も様々で、必要に応じて作成していく必要があります。

工事用看板は、これまで外注していたという方、自分で作成すると考えると、こんな考えが浮かびますよね。
 ・工事本体に追われて工事用看板を作成している時間がない。
 ・国交省や自治体などの基準を調べる時間がない
 ・作成に時間が掛かるのではないか

そこで、こんな理由で工事用看板を外注していた方、このダウンロードサイトのフリーソフトを活用して、現場で簡単に工事用看板ツールを作成してみませんか?

工事看板・安全看板、工事黒板の関連記事があります。
工事看板のエクセルソフトが現場の無駄を削減、フリーソフトも充実。


フリーの工事看板作成ソフトを活用して、現場のイメージアップをしましょう


工事看板は、近隣住民や歩行者などの目に毎日触れるもです。

現場で工事看板を作成して、看板のイメージが悪くなってしまった事例として、
 ・紙による切り貼りで情報を変更している
 ・ガムテープで図面を止める
 ・工事看板自体が古くて汚い
 ・説明文ばかりの看板で見づらい
などが挙げられます。

デザインや配色、配置などにも気を配り、現場のイメージアップにつながるようなものにしたいものです。

このダウンロードサイトで提供されているソフトウェアは、エクセル(excel)をベースにしているものが多いため、CADの扱えない人でも看板の作成ができるシステムです。難しいマニュアルなどもありません。

また、テンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)もたくさん用意されているので、工事経験者以外(新人・事務)の方でもカンタンに作成することができるシステムです。

出力をしたり、協力会社にデータを送ったり電子納品をする際などにも、特別なソフトを使っていないので、ファイルの共有が簡単なのでおすすめです。
どのソフトを使えばよいか迷う人は、ソフトの比較ランキングサイトなどを参考にしてみましょう。

一度作成してしまえば、後は現場名や工事期間を変更するだけで、次の現場での作業も、ぐっと楽になるはずです。

普段から、打ち合わせや書類作成で忙しい現場監督の方も、効率的に看板を作成して、現場の安全を守ることができます。

工事標示板類は、次の事項を基本として設置するものとされています

 ① レイアウトは単純明快にすること
 ② 工事の内容が簡単に確認できること
 ④ 設置する場所は見やすい位置であること
 ⑤ 必要最小限でもれなく情報を提供できること

このダウンロードサイトのリンク集に準備されたソフトウェアは、エクセル(excel)をベースにしているものが多いため、写真や画像の貼り込みも自由です。
作成したデータはクラウドに保存しておくと、複数の人で共有ができます。

外からは見えない現場の様子や、完成予想図など、わかりやすく情報を提供することも可能です。
工事用看板には、工事の情報を使えるだけでなく、現場内で安全管理や衛生管理などに用いられるツールもあります。

例えば、消火設備や足場など危険箇所に注意喚起を促すものや、廃棄物の分別管理などに用いられるものです。
これらの看板は色分けすることで、現場の設備が色だけで判別できるようになったり、危険度が一目瞭然にわかるようになったりします。

こういった看板も、外注せずに現場内で作成できれば、安全パトロールで気づいた危険箇所に、すぐに看板を設置したり、現場から上がったアイデアをすぐに看板の形にできたりします。
工事中に安全マニュアルを見直すような場合にも、すばやく対応できるのでおすすめです。

以上のように、工事看板を現場で作成するメリットはいろいろあります。
みなさんも一度お試しになってはいかがでしょう?
比較ランキングサイトを見れば、ソフトの評判が載っているのでソフト選びの参考になります。


エクセルのテンプレートを活用して、わかりやすく安全な現場づくりに工事用看板を役立てましょう


工事用看板を外注せずに自分で作成するメリットは、次のようなものがあります

・デザインを工夫することができ、写真や図面を使ってオリジナルの看板を作成することができます。
・安全パトロールなどで気づいた危険箇所に、すぐ注意喚起の看板を設置することができます。
・情報を頻繁に変更したり、リアルタイムの情報に更新したりと最新の情報が提供できます。
・外注するよりコストが掛からず、また納入されるまで待つ必要がありません。
・一度ひな形(雛形)を作ってしまえば、同じような工事の際にデータを再利用することができます。
・特別なソフトを使用していないので、データの受け渡しも簡単にできます。

守らなければいけない看板作成の基準もわからないし、センスのいい看板を作る自信もないという方にも、エクセル(excel)のテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)が数多く準備されたこのサイトのソフトウェアであれば安心して作成できるはずです。

また、普段CADソフトを使わない人でも、エクセル(excel)ならば慣れているのではないでしょうか?
そんなCAD操作に慣れていない人にも、マニュアルを読む必要がなく、看板作成を手伝ってもらうことができます。

現場から出た意見や近隣住民の方の意見も取り入れ、わかりやすく安全な現場づくりに工事用看板を役立てましょう。

工事看板・安全看板、工事黒板の関連記事があります。
工事写真、工事黒板 ソフト、エクセル・蔵衛門御用達


工事看板・安全看板 ソフト、工事黒板蔵衛門

工事現場の工事看板の設置について検討します

工事現場の工事看板の設置について検討します。工事期間は、支障を与える工事期間のうち、工事終了日、工事時間帯等を標示します。工事安全管理計画書、安全管理体系図、工事看板、安全看板、安全管理ポスター、工事ポスターなど、安全衛生管理・安全施工サイクル表・工事看板が無料でダウンロードできるフリーソフトです。ソフトで製作したデータはクラウドに保管しておくと便利です。
施設利用者に、工事の情報をわかりやすく提供することにより、円滑な施設利用を確保します。工事看板の設置をはじめとした、現場における標示施設、防護施設の設置・管理などが規定されています。
作業主任者・技能資格者看板の作成、労働安全衛生法に記載の条文を使用、お願い板・通行止め・片側通行・一時停止・ダンプ出入口・工事中などの人気の工事看板などの工事看板・安全看板、安全標識のフリー(無料)のソフトウェアです。
工事黒板は、工事写真を撮る際に添える小さな黒板です。狭い足場など工事黒板を置くのが難しい場合は、スマホやタブレットで工事写真を撮り、黒板を表示させるアプリを使って合成します。工事黒板アプリ「蔵衛門」は、撮影した工事写真に黒板画像を簡単に貼り付けることができます。誰かに黒板を持ってもらう必要がないので便利です。「蔵衛門」のダウンロードは無料です。「蔵衛門」は2500種類以上の黒板用テンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)を搭載し、工事現場に合った工事黒板を工事写真に合成することができます。
また「蔵衛門」は「蔵衛門御用達」というソフトウェアと連携すると、工事写真台帳を瞬時に差作成できます。「蔵衛門御用達」は工事写真台帳ソフトです。クラウドにデータをバックアップすることもできます。
「蔵衛門御用達」は「蔵衛門」アプリを入れたデバイスで撮影した写真を、工事現場別などに自動的に振り分け、写真整理の手間がかかりません。
さらに「蔵衛門御用達」で作成したデータは、国土交通省をはじめとするさまざまな監督官庁の電子納品出入力基準に対応しています。
ただし、「蔵衛門」はiPadまたはiPhoneでしか使えません。また、「蔵衛門御用達」はWindows系のパソコンのみで使えます。両者を連携させるにはライセンスキーが必要になります。
Android系のスマホやタブレットを使っている場合は、Android系のスマホ・タブレットに対応した工事黒板アプリを探して使いましょう。
Android対応の工事黒板アプリも「蔵衛門」と同様に、無料でダウンロードできるものがあります。ネットを検索して調べてみてください。
現在、国土交通省をはじめとする多くの公共工事では、工事に関わる図面や写真の電子納品が進んでいます。工事黒板アプリなどをうまく使い、業務の効率化を実現しましょう。

施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します

施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します。地山の掘削作業主任者、土止め支保工作業主任者、ずい道等掘削等作業主任者、現場の安全標識や案内看板、安全掲示板・工事安全標識・作業主任者の職務などの作成など、工事看板・安全看板、安全標識のソフトです。
必要事項を表示した標示板を工事区間の起終点に設置しなければなりません。安全管理、土木工事、安全書類、全建統一様式、エクセル(excel)書式、建設工事、安全衛生管理・安全施工サイクル表・工事看板のフリーソフトです。こうしたソフトを使うと電子納品ができるようになります。無料でダウンロードできるフリーソフトで、ライセンスキーなどは不要です。工事内容は、工事の内容、目的などを標示します。工事種別は、工事の種類を標示します。

工期の限度内で、経済的な工程を検討しなければなりません

求められる工期の限度内で、さらに経済的な工程を検討しなければなりません。工事進捗状況表、工事成績の逆算シミュレーション、工事進捗率の計算、作業日報から原価管理、労務管理、材料の数量管理、支払い業者別の管理など、施工管理の人気ソフトウェアです。作成した書類は電子納品が推奨されています。
地質や気象などの環境面、現場独自の自然条件についても十分に調査する必要があります。労務計画は、作業人員の移動を極力減少させることを想定して、工種毎の工程順序、所要日数を修正することが肝心です。
エクセル(excel)、施工計画書、作業計画書、安全施工サイクル、工程管理、工程表、工事看板などのフリーソフトが、無料でダウンロードできます。電子納品にも役立ちます。ライセンスキーはいりません。発注者より求められる工期が、施工者にとっていつも最良の工期とはいえません。

工事看板・安全看板、工事黒板の関連記事があります。
工事工程表 作成ソフト excel pro


工事看板・安全標識の作成はソフトを使ってポイントを押さえよう

工事看板のデザインのコツ!ソフトを使って作ってみよう

工事看板というものには通行人に対して工事を知らせる看板や、足元注意といった看板までさまざまな種類がありますが、注意喚起や安全のため、案内のためが目的であることは共通していると思います。それが工事看板・安全看板・安全標識というものです。そうした看板はデザインによってより良いものにすることもできます。

足場・資材置き場・迂回路・解体工事などなど…さまざまな現場で必要になる工事看板。作成や管理には無料でダウンロードできるフリーソフトがおすすめです。ソフトの導入が初めてで不安な場合も、無料ならお試しに始めて見ても良いでしょう。

工事看板で最も重要なポイントは?

工事看板を作成するときに最も大切なのが、「視認性の高いデザインにすること」です。視認性とは、誰にでも見やすいこと、ということです。

工事看板は、様々なモノが入り混じる通路や建物、工事現場の付近に立つことが多く、通行人や利用する人も様々な人がいます。そんな多種多様な場所、幅広い層の人に向けて注意喚起を行うのが工事看板です。「大きな文字」「分かりやすいイラスト」「目立つ色」などを使用することで、視認性の高い工事看板にすることができます。

色は何色がいいのか?

工事現場などで看板を見ていると、黄色・赤・黒の色がよく使われていると思います。赤や黄色は信号機にも使われているように、視認性が高く、「危険」や「注意」の色として広く認識されている色です。こうした意味を持つ色を使うだけで、見た人に「注意を促しているんだな」と分かってもらいやすいので、黄色や赤色を使うのがおすすめです。

また配色にも気を付けてみましょう。例えば看板の背景色を白にして文字を赤色にするよりも、背景色を赤、文字を白とした方が赤色の範囲が広くなる分目立つので、工事看板としては好ましい事例です。一般的な組み合わせとしては他にも「白と赤と黒」「黄色と黒」がよく使われています。

工事看板のCADデータをお探しなら、フリーでダウンロードできるサイトを探してみましょう。同じ意味を持つ看板でもさまざまな種類のデザインを見ることができます。使用したいデザインがあれば、サイトの規約に則って無料で使用することも可能です。自分で工事看板をデザインするよりも、効率的に作業することができておすすめです。

案内掲示板の配色はどんな色がいい?

注意喚起を促すよりも人に案内をするためにある案内掲示板では、黄色や赤色を多用した看板よりも、落ち着いた色味にした方が読む人にとって親切でしょう。白地にグレーとし、案内掲示板の文字だけ遠目からも分かるように大きく目立つようにすれば問題ないでしょう。

文字はどんな文字が好ましい?

工事看板や安全標識、工事標識などは、説明を長く書くよりもシンプルに単語で表現する方が一般的です。歩いている人、自転車の人、また工事車両にも読んでもらうには、一目で何が書いてあるか読めた方が安全だからです。

同じような理由で、フォントはシンプルな角ゴシックが使われることが多いですね。子どもに向けた看板の場合では丸ゴシックの場合もあります。ゴシックはどの辺も同じ太さで構成されているため、大きな文字も小さな文字も読みやすいメリットがあります。店舗の雰囲気に合うように明朝体を…というようなデザイン重視の考えもありますが、工事看板では避けた方が良いでしょう。

写真やイラストはどの程度使えば適度か?

掲示物として文字のみの工事看板を作成しても問題はありませんが、写真やイラストが入ると文字を読めない子どもや外国人などにも理解されやすくなるため、取り入れることができるなら取り入れてみましょう。
工事看板や安全看板の場合は、写真よりもイラストやピクトグラムを使った方が合っているでしょう。

ピクトグラムって?

トイレの男女のマークや、非常口を案内するマークなど、言葉の代わりにシンプルなイラストで案内や意味を伝える図柄のことをピクトグラムと言います。言葉が必要ないことによって言語を超えて理解してもらえる利便性があり、公共機関や施設などでもよく利用されています。
発祥はオーストリアという説があります。伝えたい物事を視覚化し、その物事であることが分かる限界のところまで必要な要素をそぎ落としていくことで、ピクトグラムを作成することができます。

フリーソフトや専門のソフトを使わなくても、パソコンにインストールされているエクセルを使うだけで誰でも簡単に工事看板を作成することができるのはご存じでしょうか。工事看板のテンプレートなどはネット上にも公開されていますので、参考にしてみましょう。エクセルを使うメリットには、①わざわざソフトを購入しなくて良い②思い立った時にいつでもすぐに作成することができる③オリジナルの看板を作成することができる④データの受け渡しも簡単にできるということが挙げられます。

日本語だけでなく、英語なども必要か?

電車やバスなどの交通機関では、英語や韓国語での同時表記が当たり前になりつつあります。工事看板においても、日本語だけでなく英語や韓国語などを表記できればより良いとは思われますが、工事看板の大きさ、デザインできる幅は限られていますので、必ず入れなくてはならないというわけではありません。文字は日本語だけでも、ピクトグラムなどのイラストを使用することでカバーできます。

安全標識とは?フリーソフトを使って作成するには

安全標識とは、特定の行動を禁止したり目的を明確化したりする、危険を警告するなどの意味を持つ標識のことを言います。例えば「消火装置設置場所」や「AEDキットの場所」を示すもの、非常口への誘導標識なども安全標識に部類されます。

安全標識を作成するなら、無料でダウンロードできるフリーソフトがおすすめです。また、無料でcadデータを公開しているサイトもあります。そうしたサイトは無数にありますが、人気ランキングサイトを活用すれば、どんな安全標識が人気か、使いやすいかを比較することができるので、ぜひ利用してみてください。

「見える化」がいかに大事か

安全標識は、見られることによって現場に潜む危険などから注意を促すことができるものです。ですから、見られなければ意味がありません。また、見た人がはっきりとその意味を理解することができ、瞬時に行動に移せることが何より重要です。さまざまな種類の人が働く工事現場では特に、安全標識のデザイン性、設置する場所、位置、高さなどが大きなポイントになります。

安全標識の種類の基礎知識

安全標識は、①禁止標識②指示標識③注意警告標識④安全状態標識⑤防火標識という5種類に分類されています。

①禁止標識
禁煙、立ち入り禁止、さわるな、火気厳禁など、赤丸に斜線を引いてそのものを禁止するマークがつくことが多いのが禁止標識です。

②指示標識
安全靴着用、防護服着用、ヘルメット着用など、行為を指示するために使われるものです。

③注意警告標識
転落注意、感電注意、段差注意など、危険が及ぶ可能性がある場所で注意を促すためのものです。

④安全状態標識
非常口、避難所、避難はしごなど、安全であること、ものを指すためのものです。

⑤防火標識
消火器、非常ボタン、非常電話など、消防機器の存在を示すためのものです。

安全標識は、ISOによって定められた作図の原則に沿って作成する必要があります。デザインを作成する場合は、そうしたルールを守って作成するように注意しましょう。




◇ よく読まれている関連記事と広告


施工管理 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました