RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

b74098e8 e0d9 4da9 82a3 505470382b7d - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定 構造計算 ソフト

RC断面の計算のフリーソフトです。
許容応力度法によるRC断面計算、RC柱梁の断面算定、骨組構造3次元解析、RC計算規準のワークシート、鉄筋コンクリート部材・梁・柱・スラブの断面算定、RC造梁貫通孔補強筋の算定、C柱・梁幅の配筋による最小寸法の算定などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

RC断面の計算 フリーソフト

RC断面計算

RC断面計算0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

RC断面計算ソフトです。モーメント・せん断力・軸力、断面形状・鉄筋径を入力して、応力計算をします。「鉄筋コンクリートの新しい計算図表」を参考にしています。土木設計事務所が開発したフリーソフトで、エクセルシートで計算を行います。

RC柱梁断面算定 / 断面算定図表作成

RC柱梁断面算定 / 断面算定図表作成0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

RC柱梁の断面算定、断面算定図表の作成を行うソフトです。RC規準の算定表を印刷することができます。算定図表作成機能は、柱、梁とも圧縮鉄筋とコンクリートの重複を考慮しない方法により算定されます。データのファイル化、せん断の検討などの機能もあります。

構造設計ツール集

構造設計ツール集0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

骨組構造3次元解析、RC計算規準に即したワークシート、S構造断面算定のツール集です。RC計算規準のExcelシートは、梁断面算定表、柱断面算定表、手計算ツールなどのフリーソフトが収録されています。

RC造梁貫通孔補強筋の算定

RC造梁貫通孔補強筋の算定0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説に基づき、RC造梁貫通孔補強筋の算定を行うソフトです。長期、短期及び終局時に対して算定を行うことができます。RC梁貫通孔補強の計算シートと、補強形式という補強筋の諸元表で構成されていて、表の各数値は変更が可能です。

RC柱・梁幅の配筋による最小寸法

RC柱・梁幅の配筋による最小寸法0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

柱・梁の配筋等の条件による、必要幅を算定した一覧表を表示させるエクセルのワークシートです。異形鉄筋、交互フック、先曲げ異形鉄筋、フックなし、溶接閉鎖等について、算定が可能です。日本建築学会「鉄筋コンクリート構造配筋指針」を参照しています。

RC断面の計算 フリーソフト その2

許容応力度設計法によるRC断面計算 (円形)

許容応力度設計法によるRC断面計算 (円形)0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

弾性解析によりコンクリート圧縮応力度、鉄筋引張応力度、せん断応力度を算定する、RC円環断面の断面算定プログラムです。平均せん断応力度を算定し、算定式としてS/A、またはS/bhを適用できます。M-N曲線に他の断面を表示することもできます。

許容応力度設計法によるRC断面計算 (長方形ばり)

許容応力度設計法によるRC断面計算 (長方形ばり)0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

弾性解析によりコンクリート圧縮応力度、鉄筋引張応力度、せん断応力度、付着応力度を算定する、長方形ばりの断面算定ログラムです。利用機会の多い長方形ばりについて、曲げモーメントのみを受ける部材、軸力と曲げを同時に受ける部材の断面算定ができます。

RC計算規準 (手計算ツール)

RC計算規準 (手計算ツール)0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

建築学会のRC計算規準に準拠した書式の手計算ツール集です。手計算ツールA、手計算ツールB、梁断面算定表、柱断面算定表の4つのツールが収録されています。すべてフリーソフトで、Excelで計算や編集を行います。使い勝手が良いソフトです。

RC壁式構造

RC壁式構造0 - RC断面計算 ソフト、許容応力度法、RC柱梁の断面算定

RC壁式構造の新告示に対応した壁量を概算的に算出します。計画段階で必要な壁量を概算したい場合には、作業を省力化でき、便利に使えます。コンクリート強度を上げた場合や壁厚を増やした場合の低減された必要な壁量がすぐにわかります。

鉄筋の欠点は、コンクリートの利点によりカバーされます

鉄筋の錆びやすく熱に弱いという欠点は、コンクリートのアルカリ性と耐火性の利点により、カバーされることになります。単純ばり、断面諸元、鉄筋のたわみ計算、土木構造計算ソフト、四辺固定、RC断面計算など、RC断面計算・RCスラブの設計のフリーソフトのリンク集です。
コンクリートは圧縮には抵抗できますが引張りには脆弱で、鉄筋は引張りには抵抗できますが圧縮には脆弱であるといえます。RC造は、コンクリートの固化に時間を要し、作成過程も複雑になり、工事期間が長くなってしまいます。鉄骨造と比較して、構造体の自重が重いことがあげられます。
許容応力度法によるRC断面計算、RC柱梁の断面算定、鉄筋コンクリート部材・梁・柱・スラブの断面算定などのRC断面の計算ソフトがあります。鉄筋コンクリート造は、コンクリートが固化した後は、素材が安定するため変化が遅くなり、火や熱に耐えられるようになります。

RC構造の終局限界状態設計法について

許容ひび割れ幅以上の大きなひぴ割れや、大きなたわみが生じても最大耐力や変形能(ねばり強さ)により、落石や大地震の過大な荷重に耐えることができれば、人命や財産の保全に大きく寄与できる。一般的な表現では、常用荷重に荷重係数を乗じ、不測の大荷重を見込む手法を採用し、これを設計荷重とする。

断面破壊の終局限界状態に対する検討は、次のように表される。

① 設計断面力Sdは、設計荷重Fdを用いて断面力S(SはFdの関数)を算定し、これに構造解析係数γaを用い、次式で与えられる。
Sd = Σγa・S(Fd)
② 設計断面耐力Rdは、設計強度fdを用いて、断面耐力R(Rはfdの関数)を算定し、これに部材係数γbを用い、次式で与えられる。
Rd = R(fd)/γb
以上から、構造物係数γiを用い
γi・Sd/Rd ≦ 1.0、すなわち、Rd/(γi・Sd) ≧ 1.0
ここで、
γa=1.0、γb=1.15~1.3、γi=1.0~1.2

設計断面耐力の計算は、以下の仮定に基づいて行う。
① 維ひずみは中立軸からの距離に比例する
② コンクリートの引張応力は無視し、引張応力はすべて鋼材のみで分担させる
③ コンクリートの応カ-ひずみ曲線は、計算の簡略上、等価応力ブロックを用いる
④ 鋼材の応カ-ひずみ曲線は、バイリニア形によるのを原則とする。

               参考文献:「鉄筋コンクリート工学」共立出版

一体として作成できるため、形や素材に連続性が保てます

一体として作成できるため、形や素材に連続性が保てるようになります。コンクリートに割れ目が発生して、流水の侵入、鉄筋の腐食、凍結融解など、成分の劣化原因となります。骨組構造3次元解析、RC計算規準のワークシート、RC造梁貫通孔補強筋の算定、C柱・梁幅の配筋による最小寸法の算定など、RC断面の計算のフリーソフトです。
RC構造計算、たわみ計算、辺固定スラブの計算、単純梁、RC梁、大型ブロック、単純橋梁、などのフリーソフトが、ダウンロードできます。コンクリートと鉄筋は、2つの材料の利点を組み合わせて、欠点を補ったものが鉄筋コンクリート造になります。
鉄筋とコンクリートには、それぞれの利点と欠点があります。型枠にコンクリートを流し込んで製作するので、形の自由度が高くなります。コンクリートと鉄筋は、温度が変化することにより膨張率も同一になり、両立できる組成です。

RC構造における、せん断力に支配される引張鉄筋の付着応力度について

はりの微小要素(dL)の水平方向の平衡について検討します。

部材高さが変化する場合の水平方向の平衡条件は、次式で与えられる。
τo = V1/u・j・d = V1/u・z
ここに、
d:有効高さ
z:内力間距離
u:鉄筋断面の周長
V1:せん断力
τo:コンクリートと鉄筋との付着応力度

引張鉄筋の不平衡力(dT)は、コンクリートと鉄筋との付着応力度(τo)により、引張りコンクリートに伝達され、さらに、引張側コンクリートの水平任意断面のせん断力と平衡する必要がある。

鉄筋の付着応力度の解析は、せん断応力度の解析と関連している。

                参考文献:「鉄筋コンクリート工学」共立出版

「鉄筋コンクリート工学 共立出版」は、構造計算の流れがわかりやすく説明されている参考書です。具体的な例題も、たくさん掲載されています。




◇ よく読まれている関連記事と広告




構造計算 ソフト
建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
タイトルとURLをコピーしました