集水桝と側溝の構造計算、フリーソフトの不安を一掃する導入メリット

08 cc0444 - 集水桝と側溝の構造計算、フリーソフトの不安を一掃する導入メリット 構造計算 ソフト

集水桝と側溝の構造計算ソフトは各規格基準に応じて対応、コスト削減につながる

集水桝と側溝の構造計算ソフトは、各規格基準に対応した計算が可能ですので、構造物の精度がひと目で明確に伝わります。

構造設計事務所に頼ることなく専門的な計算が可能で、部材検討においてもコストと時間の削減にもつながります。

集水桝と側溝の構造計算ソフトは色々な種類があるため、情報を集めるだけでも一苦労です

集水桝と側溝の構造計算ソフトは、たくさん種類がありますが、どれを使っていいかわかりにくいかと思います。

そこで、こちらの記事では、さまざまな集水桝と側溝の構造計算ソフトのダウンロードサイトへのリンク集を紹介しています。
リンク先ではそれぞれのソフトの特徴が記載されています。
きっとソフト導入の参考になるはずです。


後半の記事では、集水桝と側溝の構造計算ソフトを導入ない時の問題点や、集水桝の構造計算ソフトを導入したメリットなどについて説明しています。

それでは、側溝・集水桝 構造計算フリーソフトの紹介です。
ダウンロードサイトから、目的のフリーソフトを探してください。
側溝・集水桝の構造計算ソフトを活用して、作業の手間を省き、コスト削減に繋げましょう。


集水桝の構造計算 フリーソフト

現場打ち集水桝 計算書作成
現場打ち集水桝の材料計算書作成プログラムです。エクセルで作成できます。シンプルな操作画面で、簡単に入力ができます。流入、流出数の合計が、2箇所~4箇所までの入力が図面を見ながらできます。円形、矩形の選択もできます。蓋なしの場合のみに対応しています。

桝図面作成支援
集水桝図面の作成支援プログラムです。河川の設計、宅地造成、道路設計に必要な、排水や集水に設けられる桝の作図と数量表を出力します。桝の寸法と接続側溝の種類と位置を入力するだけで作図が可能です。出力は、dxfファイルです。線種や線の太さは、好みに応じて手を加えます。


側溝の構造計算 フリーソフト

U型側溝 構造計算
エクセルによる、土木構造物U型側溝構造計算用ソフトです。側壁と底版隅角部の構造計算、側壁や底版に鉄筋が必要かどうかの判定、鉄筋が必要な場合は鉄筋量の検討が行えます。自由に形状や荷重条件、設計条件等の変更修正、アレンジが可能です。土木設計のプロが重宝しそうなソフトです。

EXCEL U型水路 構造計算
コンクリートU型水路の計算ソフトです。コンクリートU型水路の、応力計算及び応力度計算を行います。外圧(土圧・水圧・側壁集中荷重)及び内水圧を検討します。プログラムは、随時改良・修正されています。

フルームの設計
フルームの設計計算プログラムです。土地改良事業計画設計基準・設計「水路工」基準書・技術書に準拠しています。フーチング付きの構造や、たて壁外側筋の段落としの検討にも対応しています。適用基準がわかりやすい画面構成で、出力される計算書も必要十分なレベルです。



集水桝と側溝の構造計算ソフトを導入しない企業にはどのような問題があるのか

集水桝と側溝の構造計算ソフトを導入しない理由とは

十分なパソコン知識のある従業員がいないから。
パソコンが扱えるようになるまで勉強をしている時間がないから。
パソコンを使える人に構造計算の知識がないため、教える時間がかかるから。

入力ミスをしたら戻れない気がするから。
構造計算書がきちんと作れるか不安だから。
手計算の方が早いと思っているから。

コストをかけてソフトを導入しても使えるのか、本当に必要かわからないから。
フリーソフトと有料ソフトの違いがわからないから。
手計算で行うか、構造設計事務所にお願いすれば済むから。

このような理由で集水桝と側溝の構造計算ソフトを導入しない企業が多くなっています。
しかし、本当にそうでしょうか。

引き続き、集水桝と側溝の構造計算ソフトを使用する際の問題点を解決する方法について説明しましょう。


集水桝と側溝の構造計算ソフト、導入時の問題解決を考えてみた

集水桝と側溝の構造計算ソフトは誰にでも使える

一番の不安点である操作についてですが、集水桝と側溝の構造計算ソフトはとても操作が簡単です。
集水桝と側溝の構造計算ソフトはシンプルな画面なので、入力箇所もわかりやすくなっています。
そのため、パソコン操作に慣れていない方でも安心です。

設計条件、断面寸法などの設計条件を入力していくだけで計算をしてくれます。
構造計算の知識がない人でも簡単に計算ができます。
常時だけではなく、地震時の安定計算および構造計算も可能なので、安心して使うことができます。

計算結果は即時表示されるので、検討しながらの作業も可能です。
手計算や構造設計事務所に依頼するよりも早く結果がわかります。
入力数値の変更も簡単なので、作業の手間やコストを省くことができます。

集水桝と側溝の構造計算ソフトは計算するだけではなく、コスト削減につながる

集水桝と側溝の構造計算ソフトは、鉄筋が必要かどうかも判断してくれます。

もし、鉄筋が必要な集水桝ならば、必要な鉄筋量も検討してくれます。
余分な鉄筋や作業をせずに済み、結果としてコスト削減に繋がります。

わかりやすい操作で構造計算書の作成が可能です

構造計算書についても、桝の作図と数量表の両方を作成するプラグラムがあります。

こちらも桝の寸法や接続する側溝の種類や位置さえ入力すればすぐに作図が可能になっているので、時間の節約になります。

線種や線の太さも好みで変えられるソフトもあるので、より見やすい作図にすることも可能です。

フリーソフトと有料ソフトを使い分けよう

フリーソフトと有料ソフト、どちらを使うべきかも悩みどころだと思います。

まず、フリーソフト(サンプル版)を使ってみて、大丈夫なようなら有料ソフトに移行しましょう。
いきなり有料ソフトを使うのにはリスクがありますので、必ず手順を踏んでください。

フリーソフト(サンプル版)で十分満足なようでしたら、そのままフリーソフトを使えば、コストも削減できます。

有料ソフトがなく、フリーソフトだけの製品の場合は、フリーソフトならではのリスクを理解しておく必要があります。

それは、動作の保証がないことです。
万が一不具合やバグがあっても、作者に責任はありません。
まれに連絡をすると修正をしてくれる作者もいますが、これは完全な好意だということを理解しておきましょう。


まとめ/集水桝と側溝の構造計算ソフト導入のすすめ

集水桝と側溝の構造計算ソフトはとても操作が簡単です。
常時だけではなく、地震時の安定計算および構造計算も可能で安心です。

計算結果は即時表示されるため、検討しながらの作業も容易です。
入力数値の変更も簡単なので、ミスの修正はもちろん、検討時にも便利です。

鉄筋が必要かどうかも判断してくれます。
鉄筋が必要な集水桝ならば、鉄筋量も検討してくれるため、部材検討のコストや手間が削減されます。

わかりやすい構造計算書の作成が容易です。
線種や線の太さも変更可能です。

フリーソフトと有料ソフトのポイントさえわかれば、コスト削減ができます。
側溝の構造計算ができるフリーソフトの中には、集水桝間隔の計算が可能なソフトもあります。

側溝の構造計算ソフトについても集水桝の構造計算ソフトと同じメリットがあります。
一緒にご検討されることをおすすめします。



タイトルとURLをコピーしました