カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

e2ccc1a729144e8102caa379369b2069 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト 測量計算 ソフト


写真・画像を用いた計測ができる測量ソフトは十分な実力がある

写真や画像から寸法を測る測量ソフトは、種類が多く、どのソフトを導入するか迷ってしまいます。
計測ソフトには、有償システムだけではなく、無償ソフトがあります。
無償で入手できるフリーソフトやテンプレートでも、十分に活用できる実力を備えています。
もちろん無料のソフトやシステムでも、以下のことはexcelの入力のように簡単に作業可能です。
写真の長さ測定写真の寸法を測る、写真からサイズを測る、写真から面積を求める、画像から距離測定、画像の長さを測る、画像から寸法測定、画像から面積を求める。
このようなランキングに入るようなおすすめアプリを集めましたので、ぜひご検討ください。

このページのダウンロードサイトからお目当てのソフトが見つからなかった場合は、次のページの画像処理、測定ツールのフリーソフトを覗いてみてください。
お目当てのデータが見つかるかもしれません。
05 cc0444 160x90 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト
写真や画像から、長さ・角度・面積を測定できるフリーソフト
画像処理、測定ツール、写真画像から寸法を測る、フリーソフトのダウンロードサイトを紹介しています。写真や画像を用いたフリーソフトで測定したからといって、計測結果が低下する訳ではありません。画像処理ソフト・距離測定ツールで写真や画像を使用すれば、測量の労力軽減、コスト縮減に貢献します。
  1. 写真や画像から、長さを測定する定規ソフト
    1. P-定規
    2. 四隅で測ろう
    3. 挟むものさし
    4. Measure
    5. 測ルンです
    6. Win Ruler
  2. カメラ・スマートフォンの画像・写真・地図から、寸法を測定するソフト
    1. 極楽画像計測 BMP_measure
    2. Click Measure
    3. 解像度計算ツール
    4. EXCEL de 災害写真作成支援
    5. FLand-日本地図 & 情報表示-で2点間の距離を測定する
    6. measAR note
    7. スケールポスト
  3. 写真や画像から、面積を計測するフリーソフト
    1. ImgWorks-簡単操作の面積集計
    2. menseki
    3. muscle Pointer
    4. 測屋平兵衛
  4. 写真や画像から、こんなものの面積も測定できるフリーソフト
    1. LIA for Windows
    2. TENTEN
    3. 葉面積測定
    4. OniCalc 面積計算
  5. 写真や画像からできる、写真測量、画像計測、位置情報取得ソフト
    1. 写真測量ソフト
    2. 3Dパノラマ画像計測システム 『PanoMeasure2』 評価版
    3. Graph Reader
    4. 画像位置情報取得ツール
  6. 画像計測の概要と利点、そのプロセス
    1. 画像計測とは
    2. 画像取得および前処理
    3. 特徴の抽出
    4. キャリブレーション
    5. 計測およびデータ解析
    6. 画像計測の活用方法とメリット
  7. 画像計測の具体的な応用事例
    1. 製造業の品質管理
    2. 自動運転車
    3. 医療画像診断
    4. 写真や画像からの長さ・面積の測定
  8. 画像計測の方法とその応用について
    1. 画像計測の概要と種類
    2. 二次元画像計測の特徴と応用
    3. 平面上の寸法計測
    4. 角度計測
    5. 面積計測
    6. ピクセル単位の計測
  9. 三次元画像計測の特徴と応用範囲
    1. 写真測量による空間の再現
    2. 形状計測の進展と応用
    3. 動的な計測とその重要性
    4. 医療画像における3D計測の進化
    5. 今後の三次元画像計測技術、応用範囲の広がりと新たな可能性

写真や画像から、長さを測定する定規ソフト

P-定規

P-定規0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

画面上のものの長さを測ることができるソフトウェアです。
長さの単位で測るものではなく、基準となる長さを設定して比率で長さを測定することができます。
地図の縮尺や顕微鏡写真を測るときなどに向いています。
縦と横の定規を表示可能です。

四隅で測ろう

四隅で測ろう0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

四角形の頂点付近のみを画面上に表示し、その四角形の幅と高さを表示するソフトウェアです。
操作方法は、四角形の四隅を測りたい物に合わせることで、距離を測定することができます。

挟むものさし

挟むものさし0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

画面上の四角形の距離を測るソフトウェアです。
測りたい物を二つの直線の間に挟み測定します。

Measure

Measure0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

画面上の画像をピクセル単位で計測する定規です。フリーソフトとなります。
アプリケーションを起動すると、定規が表示されます。
表示された定規を画像にあてがう事で、ピクセル数を計ることができます。
非常にシンプルな作りとなっていますので、使い方に迷うことはほとんどありません。
数値の測定は目測となっていますので、より正確な数値を必要とする場合は、他のソフトを検討しましょう。

測ルンです

測ルンです0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

デスクトップ上に表示されている物を測ることができるフリーソフトです。
対象物の幅・高さ、長さを測ることが可能です。
測定単位はピクセル・ミリ・画面専用ミリ・ポイント・インチ・Twip(VisualBasic用)に加えて、地図尺度(17種類の選択項目と任意尺度可)・フリースケール(任意の単位を5つ登録可)を選ぶことができます。
操作性にも優れている人気の高いソフトです。

Win Ruler

Win Ruler0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

Windows上で動作する半透明の定規で、あらゆるものをピクセル単位で測ることができます。
色・サイズ・形状の指定もできます。
各種ウィンドウのサイズ測定や、画像作成時の目安として、HTMLデザイン時、デスクトップアクセサリ等、使用方法は多彩です。

カメラ・スマートフォンの画像・写真・地図から、寸法を測定するソフト

極楽画像計測 BMP_measure

極楽画像計測 BMP_measure0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

デジタルビデオカメラ等から取り込んだ画像から計測を行うソフトウェアで、非接触で対象物の挙動を計測したい人向けのソフトウェアです。
静止画像上のマーカーを画面上でクリックすると、その座標がテキストファイルに記録されます(BMP_measure)。
また、別のフリーウェアソフトであるstick_viewerを用いることで、入力されたテキストファイルを連結してExcelで解析、あるいはスティック画像をBMP画像として再構築できます。

Click Measure

Click Measure0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

写真・画像から寸法を測定するソフトです。
画像内の基準となる寸法を登録して、画像内の寸法を測定できます。
画像データは、BMP、JPG、PNGやクリップボードの画像を読み込むことができます。
画像の中の基準となるものを設定することで測定するソフトウェアなので、マイクロスコープなどで写真とスケールを一緒に撮影しておくと設定がスムーズです。
測定した画像上に寸法など任意の文字を記入できます。
また、補正機能として寸法校正データ保存機能や、画像傾き補正データのCSV書き出し機能があります。

解像度計算ツール

解像度計算ツール0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

寸法から解像度を、解像度から必要寸法を簡単に算出するソフトウェアです。
CGのレンダリングの際や画像ファイルの印刷時に必要なドット数(ピクセル)を算出する計算補助ツールです。
「A4サイズの用紙に350dpiで印刷する」といった場合に必要なドット数を計算できます。

EXCEL de 災害写真作成支援

EXCEL de 災害写真作成支援0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

「EXCEL de 災害写真作成支援」は、EXCELのアドインツールです。
ワークシート上でCADのように寸法が作図できる寸法描画機能に加え、赤白リボン(距離スケール)や測量ポールを描画する機能、ワークシート上のXY座標を結線し図化する機能などがあります。
主に災害査定用写真の作成支援用のツールですが、現場写真や施工管理写真等の整理の際にも大変有用です。

FLand-日本地図 & 情報表示-で2点間の距離を測定する

FLand-日本地図 & 情報表示-で2点間の距離を測定する0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

日本地図の情報表示で、2点間の距離を測定するフリーソフトです。
日本世界の地図を取り扱う「FLand」というソフトを使用します。
使い方は簡単で、FLandの地図上で基準点となる場所を設定し、当ソフトで基準点設定ボタンを押して使用します。
当ソフト「FLaSok」はフリーソフトですが、「FLand」はシェアウェアとなっていますので、その点には注意が必要です。

measAR note

「measAR note」は、スマートフォンのAR機能を活用して家具や家電の大きさを計測し、更にメモや画像をスマートフォンに保存する機能を持った、スマートフォンアプリ向けSDKです。
カメラ機能を⽤いて撮影された写真に対し、距離を計測した⽮印や被写体に対するコメントを記載した画像を作成、編集できます。
AR 機能を利⽤して距離の計測を⾏ない、距離を計測した⽮印や被写体に対するコメントを記載した画像を作成、編集できます。

ダウンロードサイト: measAR note

スケールポスト

「スケールポスト」は、画像や写真の実際のサイズが測れるアプリです。
実際のサイズ感が手軽にわかるアプリです。
「オンラインショッピングで商品サイズがわかる」、「オンラインショップで試着ができる」、「お部屋のレイアウトも手軽に確認できる」、等のような使い方ができるアプリです。

ダウンロードサイト: スケールポスト

写真や画像から、面積を計測するフリーソフト

ImgWorks-簡単操作の面積集計

ImgWorks-簡単操作の面積集計0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

「ペイント」または「輪郭トレース」の手法で目的の画像領域を確定し、色(RGB)や面積・周囲長を計算するソフトウェアです。
拡大、縮小、移動、を制御キーで行いながら、マウスを使って領域を確定し、その面積を計算します。
ペイント領域には塗装密度の設定が可能で、集計結果に反映されます。
集計結果は様式ごとに纏められ、テキストファイルに出力されます。
「枠の除去」、「明度アップ」、「画像連結」の支援作業が可能です。

menseki

menseki0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

画像ファイル(24bitモードbmpファイル)内に使われている色の面積(実際にはピクセル数)を求めるプログラムです。
知りたい面積の場所をペイント等により色を付けて、その色のピクセル数を求めます。

muscle Pointer

「musclePointer」は、富士フィルムが販売している医療従事者向けのソフトウェアです。
腰部CT画像から椎体周辺にある大腰筋、および脊柱起立筋に相当するCT値面積を算出することができます。
musclePointerのレポート機能は、項目の自動入力やコメントの事前登録など簡単操作により、短時間で体脂肪と大腰筋の解析結果を作成できます。
また、解析画像をカラーDICOM形式やBMP形式で、解析数値をテキスト形式(CSV)で出力可能です。

ダウンロードサイト: muscle Pointer

測屋平兵衛

「測屋平兵衛」は、株式会社テレマが提供している、PCやモバイルデバイスに取り込んだ写真で面積計測ができるアプリです。
「庭に並べる予定の石畳の具体的な購入数が知りたい」、「屋根にソーラーパネルを置きたいけど、いくつ置けるのか知りたい」、「空地に駐車場を作りたいけど乗用車を何台置けるか知りたい」などの用途に利用することができます。
計測基準(面積の算出基準となる矩形)は 縦横ともに最大100,000mmまで設定が可能です。

ダウンロードサイト: 測屋平兵衛

写真や画像から、こんなものの面積も測定できるフリーソフト

LIA for Windows

LIA for Windows0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

LIA for Windows は、画像から葉の面積推定及び色解析を行うプログラムです。
現在のバージョンはスキャナーから読取ったフルカラーの画像のみが使用できます。
注意点として、ビデオ画像等の読取り精度(dpi)が事前に分かっていない画像では葉面積を推定することはできません。
このプログラムは、画像内の葉のエリアのピクセル数及びそのRGBの各デジタル値の平均・分散を計算することで、面積及び色解析を行っています。

TENTEN

TENTEN0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

TENTENは、JPEG、BMP画像の面積を測定し、植物の葉の面積や動物の足裏の圧力などを求めることができます。
TENTENはインストール不要で利用できます。
TENTENは、画面の点々(ピクセル数)をカウントするものなので、基準となる1円玉のような画像を使って、測定物の面積を比例計算する必要があります。
「植物」の学習では、葉の面積と葉の質量(成長),光合成などの関連を調べるのに利用でき、
「動物」の学習では,それぞれの環境で生活する動物の足裏の面積から圧力を求め、環境との関連を調べることができるでしょう。

葉面積測定

葉面積測定0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

葉面積を測定するソフトウェアです。
葉をなぞることで面積が求められます
葉の面積を求めることで、植物の蒸散量測定ために用いることができます。
測定物と基準図形を一緒に取り込み、両者を比較することで面積を求めます。
測定手順をワークシート型とし、マウスでなぞるという操作で面積を求めることができるため、簡単に測定操作を行えます。

OniCalc 面積計算

OniCalc 面積計算0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

『OniCalc 面積計算』 は、ごく簡単な操作でワッペンなどの面積を求めることができるソフトウェアです。
画像の輪郭をなぞり、縦横の長さを入力することで、面積計算をすることができます。
計算結果は、ワッペンなどの実物大画像および計算式とともに印刷されます。

写真や画像からできる、写真測量、画像計測、位置情報取得ソフト

写真測量ソフト

写真測量ソフト0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

デジタルカメラで撮影された複数の写真に対して、実際の形状の同じ点を設定することで、3次元形状を作成することができるソフトウェアです。
3次元形状はVRML、STL、DXF、IGES、MQO、OBJ形式のファイルで出力することが可能です。
なお、プログラムは64bit版になっています。
使用する端末が64bit版に対応している確認した上で、導入するようにしましょう。

3Dパノラマ画像計測システム 『PanoMeasure2』 評価版

3Dパノラマ画像計測システム 『PanoMeasure2』 評価版0 - カメラ・スマートフォンの画像・写真から、計測できる測量ソフト

リコーの360°パノラマ映像作成ツール「THETA」で撮影された360°画像を使用して、寸法計測や3D図面作成が可能となるソフトウェアです。
パノラマ画像を背景に寸法計測や3次元図面が作成することができます。
撮影した画像を取り込み、360°の画像をマウスや指先で直観的に確認することで操作が可能です。
作成した3次元図面データは、DXF形式やCSV形式で出力することができます。

Graph Reader

Graph Reader

グラフ画像で、マウスで選択したポイントの数値の読み出り、近似式作成などを行う人気ソフトです。
線形軸、対数軸に対応しています。
傾いた画像、歪んだ画像も判読できます。
各系列毎に、データ処理が可能です。
定義、読み取りデータの保存機能もあります。

画像位置情報取得ツール

画像位置情報取得ツール

画像の位置情報を取得するおすすめソフトです。
写真のExif情報に含まれている、GPS位置情報を取得し、地図で表示します。
GPS機能付きカメラや携帯電話で写真を撮影した場合、GPS緯度経度情報が付加される場合があります。
その情報を元に撮影位置をGoogle Mapで表示します。

画像計測の概要と利点、そのプロセス

画像計測とは

画像計測は、写真や画像から特定の情報を抽出・解析し、物体や空間の寸法、形状、状態、特性を測定するプロセスを指します。この技術は自動運転車のセンシング、医療画像診断、製造業の品質管理など、多岐にわたる分野で重要な役割を果たしています。画像計測の利用により、自動化が進み、精度が向上し、データ解析が効率化されるという多くのメリットが得られます。

画像計測のプロセスは主に以下の4つのステップで構成されています。

画像取得および前処理

まず、デジタルカメラやセンサーを使用して対象物や領域の画像を取得します。この段階では、ノイズを除去し、対象物を強調するための前処理が行われます。前処理には画像の補正、フィルタリング、境界検出などが含まれ、これによりデータのクオリティが向上します。

特徴の抽出

次に、画像内の重要な特徴を抽出します。抽出される特徴には画素の輝度の勾配や色の情報、エッジ、コーナー、テクスチャ、物体の輪郭や投影光、表面パターンなどが含まれます。これにより、画像内で解析すべき要素が明確になります。

キャリブレーション

画像計測の高精度を実現するためには、画像内の寸法を実世界の物理的な寸法に関連付けるキャリブレーションが不可欠です。カメラを用いたキャリブレーションにより、画素(ピクセル)と実世界の寸法との連携が確立され、正確な計測が可能になります。

計測およびデータ解析

最後に、画像内の対象物の寸法や特性を計測します。これは画像上の距離、面積、角度、形状などを基に行われます。計測したデータを解析することで、品質管理や品種判別、医療診断、地理情報システム(GIS)などさまざまな応用分野に活用されます。

画像計測の活用方法とメリット

画像計測の主な利点は以下の通りです。

精度の向上については、画像処理技術を用いることで、従来の手動測定よりも高精度な測定が可能です。

自動化については、機械学習やAIを活用することで、多くの作業が自動化され、労働力の削減と効率化が推進されます。

データ解析の効率化については、画像データから多くの情報を一度に取得できるため、データ解析が迅速かつ効率的に行えます。

画像計測の具体的な応用事例

製造業の品質管理

製造業における品質管理では、画像計測ソフトを用いて製品の寸法や形状が設計通りであるかを確認します。高精度な画像計測により、微細な欠陥も容易に検出できます。

自動運転車

自動運転車においては、センサーと画像処理技術を組み合わせて、道路の状況や他の車両、歩行者などをリアルタイムで認識し、正確なナビゲーションを実現します。

医療画像診断

医療分野では、MRIやCTスキャンなどの画像解析を行い、精密な診断をサポートします。画像計測による早期発見や診断の精度向上により、効果的な治療が可能となります。

写真や画像からの長さ・面積の測定

近年では、「長さを測定するソフト」や「面積を計測するソフト」も進化し、写真や画像から簡単に正確な計測が行えるようになっています。これにより、建設現場や農業などでも効率的な測定と管理が可能です。

画像計測技術は、今後もさらなる進化とともに新たな応用分野への展開が期待されています。技術の進歩により、人々の生活と産業においてますます重要な役割を果たすことでしょう。

画像計測の方法とその応用について

二次元画像計測は、画像や写真から多様な情報を得るための強力な手法です。長さを測定するソフトや面積を計測するソフトの技術が進歩することで、ますます多くの分野での応用が可能となっています。次回は、三次元画像計測について詳しく解説し、それぞれの技術の比較と応用例についてさらに深堀りしたいと思います。

画像計測の概要と種類

画像計測は、写真や画像から対象物の特定の情報を抽出し、測定や解析を行う技術の一環です。この技術には多岐にわたるアプローチが存在し、用途に応じてさまざまな方法が用いられます。主に「二次元画像計測」と「三次元画像計測」の2つに大別されます。本稿では、これら2つの手法について詳細に解説します。

二次元画像計測の特徴と応用

二次元画像計測は、写真や画像の平面情報に基づく測定技術です。主に静止画像や動画のフレームを分析し、対象物の寸法や角度、面積などを求めます。二次元画像計測は、迅速かつ比較的手軽な方法である一方で、対象の立体的な情報には限界があります。

平面上の寸法計測

平面寸法の計測は、画像上で対象物の長さや幅、高さなどを特定し、数値化するプロセスです。エッジ検出や輪郭検出といった高度な画像処理技術を駆使し、物体の正確な寸法や形状を解析します。この技術は、製造業での部品検査や建築分野の図面解析などに広範に利用されています。また、長さを測定するソフトウェアとしても市場に各種製品が存在します。

角度計測

角度計測は、画像処理によって二次元平面上のエッジや輪郭から角度を算出する方法です。これにより、部品間の角度関係や建造物の構造状態などを把握できます。精密な角度計測は、機械設計や建築計画など多岐にわたる分野で有用です。

面積計測

面積計測は、特定の領域や対象物の2D面積を算出する手法です。たとえば、都市計画における土地の面積計測や農地の耕作面積の測定など、幅広い応用範囲が存在します。面積を計測するソフトウェアも数多く開発されており、専門知識がなくても比較的容易に面積測定が行えるようになっています。

ピクセル単位の計測

ピクセル単位の計測では、画像内のピクセル数を基に対象物の寸法や面積を特定します。各ピクセルの色や輝度の変化から、非常に高精度な輪郭解析が可能です。ピクセル単位の測定は、医療画像分析や衛星画像の解析など、精密さが求められる分野で特に重要です。また、これらの技術は三次元画像計測にも拡張され、より詳細な情報が得られるようになっています。

三次元画像計測の特徴と応用範囲

三次元画像計測技術は、物体や環境の立体的な構造を詳細に捉えるための手法であり、それに加えて動的な情報も取得することが可能です。この技術を活用することで、多様で精緻なデータを得ることができ、さらに高度な分析や応用が可能となります。しかし、その一方で生成されるデータ量が膨大になることも特徴として挙げられます。ここでは、三次元画像計測の主な手法とその応用について詳しく解説していきます。

写真測量による空間の再現

写真測量は、対象物や空間を異なる角度から撮影した複数のデジタル画像を解析・統合することで、3Dモデルを生成する手法です。この手法は、都市の地形解析や建築物の測量、さらには工業製品の精密な3D座標測定においても幅広く利用されています。特に写真や画像から細部まで再現する能力が求められる分野で大いに活用されています。さらに、近年では測定ソフトを使用して、計測対象の長さや面積をより正確に把握することができるようになっています。

形状計測の進展と応用

形状計測とは、物体の表面形状や寸法、座標を三次元で精密に計測するための技術です。この手法には、従来の2D画像処理技術であるエッジ検出や輪郭検出が拡張して利用されています。形状計測は、製品の3D寸法や座標の検査にとどまらず、3D点群データをもとにリアルな3Dモデルを生成することにも応用されます。その他にも、表面の凹凸や微細な欠陥の検出など、広範な領域で利用されています。

動的な計測とその重要性

動的な計測技術は、物体の三次元的な動きや時間変化を捉えるための手法です。これは4D(3D+時間)情報として特に重要であり、物体の挙動や形状変化、応力分布の測定に用いられます。この分野では、モーションキャプチャーやデジタル画像相関法(DIC)といった画像ベースの計測手法が代表的です。また、光弾性法や熱弾性効果を利用した赤外線カメラによる応力測定など、応用範囲は非常に広範です。これらの手法は、物理的な変形や内部応力の解析において不可欠なツールとなっています。

医療画像における3D計測の進化

医療における3D計測は、CTやMRIといった医療画像技術を駆使して、人体の内部組織や臓器の三次元形状や体積を正確に計測する手法です。この技術は、診断精度の向上や治療計画の策定に不可欠です。また、CT技術は医療分野だけでなく、工業分野でも応用されています。たとえば、鋳造製品の内部欠陥の検出や電子部品の接合部の検査などが挙げられます。これにより、製品の品質管理や信頼性向上に大きく貢献しています。

今後の三次元画像計測技術、応用範囲の広がりと新たな可能性

三次元画像計測技術は、写真や画像から詳細かつ動的な情報を得るための革新的な手法です。これは、建築、工業、医療などさまざまな分野での応用に限らず、解析ソフトを用いた長さや面積の正確な計測にも活用されています。多様な技術と手法が発展し続ける中で、三次元画像計測の重要性とその応用範囲はますます広がりを見せています。これからも、この技術の進化がもたらす新たな可能性に期待が寄せられます。

タイトルとURLをコピーしました